Twitter

無料ブログはココログ

« 現在のジャズを聴くオーディオ環境 | トップページ | Civilization/Tony Williams »

2020/03/24

Foreign Intrigue/Tony Williams

Tonyforeign トニー・ウィリアムスの5日目。三連休中いろいろあって、聴く方が追いつかなくなってきましたが、やっと新生ブルーノートのリーダー作になったので、聴いていて楽しいです。ここまでジャズっぽくないドラムスをしかもシンセ・ドラムも時に使って演奏していたのだなあ、と、本当に久しぶりに聴いてイメージが変わりました。昔は何度も聴いていたアルバムのはずだったんですけれどもねえ。でも演奏もトニーのものと分かるくらいに派手だし、作曲の方もなかなかいいし、やはり彼は、特にこの時期からのリーダー作を量産するのは必然だったのか、と思います。’97年に若くして亡くなっているのが惜しいです。

 

Foreign Intrigue/Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded June 18 and 19, 1985. Wallace Roney(Tp), Donald Harrison(As), Bobby Hutcherson(Vib), Mulgrew Miller(P), Ron Carter(B) - 1. Foreign Intrigue 2. My Michele 3. Life Of The Party 4. Takin' My Time 5. Clearways 6. Sister Cheryl 7. Arboretum

うれしい久しぶりのジャズのリーダー・アルバム。ただしジャズと言ってもオーソドックスな4ビート以外の曲もあります。メンバーも大物ばかりで演奏が楽しめます。全曲トニー・ウィリアムスの作曲で、プレイヤーとしてだけでなく、コンポーザーとしても際立った個性が印象に残ったアルバム。ジャズの演奏だけど、やはりドラムスの演奏は個性的で、これこそがトニーのドラムスだというところを見せてくれます。パワフルで、シンセ・ドラムも使っています。メンバーが素晴らしいということもあるけど、曲としてもかなりいい感触の印象。タイトル曲の1曲目から、聴く人の耳をとらえて離しません。’80年代の新伝承派的な印象があり、当時としての現代ジャズと言ってもいいくらい。各ソロもいいし、特に6曲目は今でも耳に残っています。

« 現在のジャズを聴くオーディオ環境 | トップページ | Civilization/Tony Williams »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 現在のジャズを聴くオーディオ環境 | トップページ | Civilization/Tony Williams »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト