Twitter

無料ブログはココログ

« Trio '65/Bill Evans Trio | トップページ | Bill Evans At Town Hall »

2020/03/06

Bill Evans Trio With Symphony Orchestra

Billsymphonyビル・エヴァンスのリーダー作の15日目。今日はクラウス・オガーマンとのコラボ企画で、オーケストラとの共演になってます。ジョージ・ラッセルとのアルバムより実験色がなくて、むしろイージー・リスニング的に聴けてしまう感じのアルバムですけど、これはこれでいいと思います。時代は’65年で、このアルバムでドラマーのラリー・バンカーが脱退することになりますが、ベーシストが交代するよりはインパクトは薄目かなあ、という気もしています。それにしても暗めのジャケット、何とかならなかったのかなあ。もう少し明るめだと、購入意欲ももっと増すのではないかなあ、と思います。

 

Bill Evans(P) Trio With Symphony Orchestra(Verve) - Recorded September 29, October 18 and December 16, 1965. Chuck Israels(B), Larry Bunker(Ds), Claus Ogerman(Arr, Cond) with Symphony Orchestra & Strings - 1. Granadas 2. Valse 3. Prelude 4. Time Remembered 5. Pavane 6. Elegia(Elegy) 7. My Bells 8. Blue Interlude

ビル・エヴァンスの曲が4、7曲目、クラウス・オガーマンの曲が6曲目、他の曲はグラナドス、バッハ、スクリャービン、フォーレ、ショパンとクラシックから曲の題材を求めていますが、その選曲もいい感じ。当然、他のアルバムで聴くことができない曲が多めです。トリオの演奏を中心に据え、そこにオーケストラが溶け込んでいくようなアレンジは、さすがにオガーマン。ただし一歩間違うとイージーリスニングになってしまうかも。まあ、クリード・テイラーのプロデュースだから、という面もあると思います。でも、オーケストラでグーンと迫ってきたかと思うと、トリオだけでの演奏の場面も多めなので、ジャズとして楽しめるところもあると思います。それでもどの曲もエヴァンス節になってしまうのは、やはり彼の個性が強いからでしょうね。

« Trio '65/Bill Evans Trio | トップページ | Bill Evans At Town Hall »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Trio '65/Bill Evans Trio | トップページ | Bill Evans At Town Hall »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト