Twitter

無料ブログはココログ

« You Must Believe In Spring/Bill Evans | トップページ | Music Of Bill Evans/Kronos Quartet »

2020/01/29

Chagall Blue/Masahiko Satoh with Eddie Gomez

Satochagall エディ・ゴメスの競演・参加作の27日目。今日から他のミュージシャンとの演奏なんですが、ビル・エヴァンス以後、今日のアルバムまでで手持ちの参加アルバム15枚がすでにコメントが直っている状態。なので、これからは少し飛び飛びでの紹介になってしまいます。時期は3年飛んで’80年。佐藤正彦とのデュオアルバムですが、今聴いてもけっこう難易度が高い演奏で、改めて聴いてびっくりしてしまいました。それを難なくこなしてしまうゴメスのベースは、もはや超人的と言わねばなりません。元はソニーからのLP発売だったようですが、ここでは’98年にヴィレッジ・レコードからのCDでの再発になっています。

 

Chagall Blue/Masahiko Satoh(P, Key Synth) with Eddie Gomez(B)(Village Records) - Recorded September and October, 1980. - 1. Empei Dance 2. Two Blocks Away 3. An Impressionistic Dusk 4. Samghati 5. Toll Road Ahead 6. Chagall Blue 7. Struttin' With Some Korean Barbeque 8. For A Lonely Hearted Pierrot

東京でのスタジオ録音。この2人のメンバーであれば、当然ながら緊密なデュオが展開されています。7曲目のみエディ・ゴメスの作曲で、他は佐藤允彦作曲。曲によってエレクトリック・ピアノやシンセサイザーも使用しているのは当時の時代性。静かで内向的な曲もあります。1曲目の出だしから強烈なユニゾンだったりベース・ソロだったりしていて、ラテン的なリズムではあるものの、キメが多くてさすがとうなってしまいます。2曲目もそうだけど、テーマが12音階的で複雑。難曲の嵐になっています。それにあっさりついていってしまうベースが見事。一聴してすんなり入ってくる曲も、テーマやコード進行を楽譜にすると難しそうな展開の曲ばかり。4曲目のある種日本的なシンセサイザーとベースのアルコ奏法が印象に残ります。

« You Must Believe In Spring/Bill Evans | トップページ | Music Of Bill Evans/Kronos Quartet »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« You Must Believe In Spring/Bill Evans | トップページ | Music Of Bill Evans/Kronos Quartet »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト