Twitter

無料ブログはココログ

« 私的2019年ジャズCDベスト3 | トップページ | ECM Catalog 増補改訂版/50th Anniversary(書籍) »

2019/12/02

Not Far From Here/Julia Hulsmann Quartet

2664 ECMの新譜が1枚届いたので、先に聴いていきます。実際に聴いたのは11月30日だったので、今年のベスト選定には何とか間に合いました。ジュリア・ハルスマンは、ECMでは初めてのクァルテットのアルバムではなかったかな。今まではトリオだったと思います。サックスがうまい位置関係にあるので、変化が出て、ECMらしく少々ミステリアスなアルバムに仕上がったような気がしています。例年12月はECMは新譜がお休みなので、年内はこれが最後かな。分割出荷だったり1枚の注文だったり、数日前まで続々とCDが来るのであせりましたけど。12月はCDの入手は少ないと思います。

 

Not Far From Here/Julia Hulsmann(P) Quartet(ECM 2664)(輸入盤) - Recorded March 2019. Uli Kemoendorff(Ts), Marc Muellbauer(B), Heinrich Kobberling(Ds) - 1. The Art Of Failing 2. Le Mistral 3. This Is Not America 4. Weit Weg 5. Streiflicht 6. Not Far From Here 7. No Game 8. Einschub 9. If I Had A Heart 10. Colibri 65 11. You Don't Have To Win Me Over 12. Wrong Song 13. This Is Not America(Var.)

(19/11/30)Julia Hulsmann作が1、4-7曲目、Marc Muellbauer作が2、12曲目、Uli Kemoendorff作が8、11曲目、Heinrich Kobberling作が9-10曲目、デヴィッド・ボウイとパット・メセニー、ライル・メイズとの共作が3、13曲目。59分で13曲収録なので、比較的曲は短めのものが多い。ECMらしいピアニストだけど、穏やかなだけではなく、2、4-5、7-9、11曲目のような少しミステリアスな雰囲気の曲も多めにあります。サックスも少し丸いようでいて速いフレーズもけっこうイケる感じ。3、13曲目はメロディアスなんだけどだんだん深みにはまりこむような感じ。浮遊感があって漂っていくボッサ的なリズム(変拍子?)のタイトル曲の6曲目、ややスピード感のある10曲目、じっくり盛り上がる12曲目など変化に富んでます。

« 私的2019年ジャズCDベスト3 | トップページ | ECM Catalog 増補改訂版/50th Anniversary(書籍) »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

ECM2651-2700番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私的2019年ジャズCDベスト3 | トップページ | ECM Catalog 増補改訂版/50th Anniversary(書籍) »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト