Twitter

無料ブログはココログ

« Opening Night/Enrico Rava Quartet | トップページ | Everyman Band »

2019/11/15

Picture This/Gary Burton Quartet

1226ECMの未CD化アルバムストリーミング配信聴き。何でこのアルバムがCD化されないんだ、という問題、なかなか基準が難しいのですが、他の人がプロデューサーをやっている’80年代初期までのアルバムは、CD化されてない確率が高いですね。結果として、アルバムが普通のジャズになってしまっていたり、ECMにありがちな温度感が、マンフレート・アイヒャーのプロデュースたものよりも温かみのあるものになってしまっていたりと、まあ、こういうわけですね。ただ、ゲイリー・バートンの未CD化の前作はアイヒャーのプロデュースでしたが。ECMでストリーミング配信のもの(別番号CD化を含む)を聴いていく作業も、あと聴けるのは5枚にまで減りました。

 

Picture This/Gary Burton(Vib) Quartet(ECM 1226)(ストリーミング配信) - Recorded January 1982. Jim Odgren(As), Steve Swallow(B), Mike Hyman(Ds) - 1. Tanglewood '63 2. Waltz 3. Dream So Real 4. Tierra Del Fuego 5. Duke Ellington's Sound Of Love 6. Skylight

(19/11/06)Michael Gibbs作の1曲目、チック・コリア作の2曲目、カーラ・ブレイ作の3曲目、Jim Odgren作の4、6曲目、チャールズ・ミンガス作の5曲目。プロデューサーはHans Wendl。ノリの良い明るい曲調で、フュージョン的な雰囲気も醸し出している、やや一本調子だけどメロディアスな1曲目、アップテンポのワルツなんだけど、コード進行も複雑そうだし、演奏も難しそうな2曲目、再演曲だけれども、こちらの方が何だかホンワカとしてしまう、バラードの3曲目、フュージョン色が強めのサックスのテーマの、時に4ビートやラテンのリズムも入るカッコいい4曲目、ミンガスらしい優しいメロディと、心もち温かみのあるバラードの5曲目、やはりフュージョン的なテーマの勢いのある曲で、これまた4ビートやラテンビートが入る6曲目。

(’19年7月より順次配信)

« Opening Night/Enrico Rava Quartet | トップページ | Everyman Band »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

ECM1201-1250番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Opening Night/Enrico Rava Quartet | トップページ | Everyman Band »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト