Twitter

無料ブログはココログ

« Faces/John Clark | トップページ | Easy As Pie/Gary Burton Quartet »

2019/10/30

Music By/Barre Phillips

1178 ECM未CD化作のストリーミング配信聴き。実は、7月から8月にかけて、ECMとJAPOの未CD化アルバム40枚を順次配信するという情報が出てきたときに、バール・フィリップスのアルバムはその中になかったんですよね。ある方からの情報で、バール・フィリップスのECM2枚とJAPO1枚は昨年からすでにハイレゾで配信されている、ということを教えていただきました。というわけで、その情報がなければ、今このアルバムを聴く機会を逸していたかもしれないわけです。感謝いたします。マングレート・アイヒャーがプロデュースをやっていて、これまたなぜCD化されなかったのか分からないアルバム。まあ、今聴くことができただけでも収穫は大きいんですけど。

 

Music By/Barre Phillips(B)(ECM 1178)(ストリーミング配信) - Recorded May 1980. Aina Kemanis(Voice), John Surman(Ss, Bs, Bcl), Herve Bourde(As, Ts, Fl), Claudia Phillips(Voice), Pierre Favre(Ds, Per) - 1. Twitter 2. Angleswaite 3. Pirthrite 4. Longview 5. Entai 6. Double Treble 7. Elvid Kursong

(19/10/26)6曲目のみHerve Bourdeとの共作で、他は全曲バール・フィリップスの作曲。作詞は彼とClaudia Phillipsその他もろもろ。小刻みにプッシュするドラムスと、暴れまわるヴォイスとバリトンサックスという構図で、ベースが登場しない1曲目、空間的なフリーではじまって、ベースと2本のサックス、ヴォイスのやり取りからフリーで盛り上がっていく2曲目、マイナー調の出だしから宇宙に突き進むようなエコーのかかったヴォイスが印象的な3曲目、同一音のベースの上を2人のヴォイスと、同様にサックスも万華鏡のように飛び回る4曲目、ベース1本のソロからヴォイスとサックスのユニゾンが浮遊感をもたらす5曲目、2人だけの演奏ではないが即興ソロに近い6曲目、2ヴォイスに絡むベースとサックスでのフリーの7曲目。

(’18年から配信されている)

« Faces/John Clark | トップページ | Easy As Pie/Gary Burton Quartet »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

ECM1151-1200番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Faces/John Clark | トップページ | Easy As Pie/Gary Burton Quartet »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト