Twitter

無料ブログはココログ

« Improvisations For Cello And Guitar/David Holland/Derek Bailey | トップページ | Clouds In My Head/Arild Andersen »

2019/09/28

Vanessa/Michael Naura

1053 ECM未CD化作ストリーミング聴き5日目(以後多くなりそうなので、何日目かは書きません)。このアルバム、一度は国内盤で数年前にCD化される予定だったのが中止になってしまっています。理由は、おそらくだけど、このアルバムのうち何曲かはファンクの要素がけっこう強く、かなり賑やかなところもあったりするので、マンフレート・アイヒャーが許可を出さなかったんじゃないかな、なんて勘ぐってしまいます。アルバムとしては、別に内容的に問題があるわけではないし、積極的に聴きたかった種類のサウンドなので、今回日の目を見て良かったと思います。今回数枚を除き、ほとんど聴けるようになったのは、毎日のように書いてますが、やはりうれしいですね。

 

Vanessa/Michael Naura(P)(ECM 1053)(ストリーミング配信) - Recorded September 1974. Walfgang Schluter(Vib, Marimba, Per), Ebarhard Weber(B), Joe Nay(Ds), Klaus Thunemann(Bassoon) - 1. Salvatore 2. Hills 3. Baboon 4. Vanessa 5. Listen To Me 6. Black Pigeon

(19/09/23)全曲Michael Nauraの作曲か共作。変わった楽器の取り合わせだけど、エヴァ―ハルト・ウェーバーの個性的なベースと合わせて、不思議なサウンドを奏でています。幻想的にエキゾチックなサウンドではじまって中盤ファンク的な16ビートとベースも一部メロディ楽器として動いているような感じで進んでいく1曲目、ドラムスの激しいビートに乗っかって、リードベース的に突き進んでいくような2曲目、バスーンのテーマからベース(4ビート的?)に引き継いでアップテンポになりゆったりバスーンに戻る3曲目、ヴァイブラフォン主体のしっとり感の高いバラードの4曲目、静かにはじまったと思ったら、ミディアムのファンクビートになって、カッチリ進む5曲目やはり出だしはゆったりだけど、中盤16ビートで進んでいく6曲目。

« Improvisations For Cello And Guitar/David Holland/Derek Bailey | トップページ | Clouds In My Head/Arild Andersen »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

ECM1051-1100番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Improvisations For Cello And Guitar/David Holland/Derek Bailey | トップページ | Clouds In My Head/Arild Andersen »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト