Twitter

無料ブログはココログ

« The Life Of A Trio: Sunday/Paul Bley, Jimmy Giuffre, Steve Swallow | トップページ | If We May/Paul Bley Trio »

2019/09/14

Caravan Suite/Paul Bley

Paulcaravan ポール・ブレイの24日目。今日はデューク・エリントン集でソロ・ピアノの作品集。聴いた感じは、やはりいつものスタンスで、エリントンの曲をモチーフに即興でアルバム1枚分完成させてしまう、という感じ。まあ、弾き方はアグレッシヴなところはなく、普通のオーソドックスなピアノとして聴けます。スティープル・チェイスはこの時期企画ものが多かったのですけど、他レーベルで硬派なフリー・インプロヴィゼーションをやっているのと同じような感覚で、本人はピアノを弾いていたのかな、と思います。まあ、1時間近い収録時間を、1日の録音で仕上げてしまうので、相当な腕のあるピアニストなことは確かです。

 

Caravan Suite/Paul Bley(P)(Steeple Chase) - Recorded April 18, 1992. - 1-4. Caravan Suite 5. I Got It Bad And That Ain't Good 6. In My Solitude 7. I'm Beginning To See The Light

ソロ・ピアノによる全曲デューク・エリントン集。特に、1曲目から4曲目まで、「キャラバン」をモチーフに、様々なインプロヴィゼーションが展開され、飽きさせません。この部分だけで33分あるので、聴くときもここがやはりキモか。原曲が良いという事もありますけど、それなりにメロディアスなので、割とオーソドックスなソロ・ピアノとして聴けます。豪快な部分もありますが、かなり自由で、エリントンはあくまでも題材という弾き方ですけど、なかなか味わいがあります。このレーベルのこの時期は、何か特集を決めて割とオーソドックスに弾いていく、という感じで、他レーベルが割とゴリゴリなインプロヴィゼーションで攻めていくのと一線を画しています。それでうまくバランスを保っている感じ。フレーズの湧き出るような雰囲気がいい。

« The Life Of A Trio: Sunday/Paul Bley, Jimmy Giuffre, Steve Swallow | トップページ | If We May/Paul Bley Trio »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Life Of A Trio: Sunday/Paul Bley, Jimmy Giuffre, Steve Swallow | トップページ | If We May/Paul Bley Trio »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト