Twitter

無料ブログはココログ

« Modern Chant/Paul Bley Trio | トップページ | Spectrum/上原ひろみ »

2019/09/20

Emerald Blue/Paul Bley Trio

Paulemerald ポール・ブレイの28日目。前回の「モダン・チャント」とこの「エメラルド・ブルー」は同じ日の録音ながら、動と静、陽と陰のような関係になっていて、シンセサイザーの曲もそうですけど、静かで暗めな曲がこちらには多くなっています。まあ、1日でアルバム2枚分録り終えているのだから、録音した後で配列を考えたのだろうと思いますけど。このアルバム、ブレイファンの私にはけっこう面白かったのですけど、一般にはどうなのでしょうね。インプロヴィゼーションではあるけれども、ジャズ色という点では薄いような気がするからです。まあ、ある程度時系列的に聴けたので、私は満足ですが。やはりこの2枚は彼の中では異色のアルバムだったかも。

 

Emerald Blue/Paul Bley(P, Synth) Trio(Venus) - Recorded September 17, 1994. David Eyges(Cello), Bruce Ditmas(Ds) - 1. Rainbow Cry 2. Orchid Smile 3. Emerald Blue 4. Hymn 5. Spiral 1 6. Spiral 2 7. Downward Spiral 8. Foolishly 9. Chanted Evening 10. Dialogue 11. Interiors 12. After Me

「モダン・チャント」と同日の演奏。同じくグレゴリオ聖歌からインスピレーションを得て作ったアルバム。こちらは1曲目からシンセサイザーのソロがあり、もっとジャズから離れたスタンスのアルバムです。もちろん全曲3名の作曲者になっているので、フリー・インプロヴィゼーションかと思われます。2曲目は静かながら一部にジャズっぽいノリも。3曲目までシンセサイザーがメインなのですが、その後からはピアノも出てきます。インスピレーションという点では、こちらの方がグレゴリオ聖歌のイメージ的には近い感じ。ゆったりと静かで淡いサウンドのイメージだけど、時にはポール・ブレイのヒリつくようなフレーズを垣間見ることができます。ピアノ(シンセ)比率が高いですけれど、後半に行くにつれて、だんだんトリオのイメージが。

« Modern Chant/Paul Bley Trio | トップページ | Spectrum/上原ひろみ »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Modern Chant/Paul Bley Trio | トップページ | Spectrum/上原ひろみ »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト