Twitter

無料ブログはココログ

« ECM(JAPO)の未CD化作品40タイトルが配信されるそうだ | トップページ | 「STEREO」8月号に長男の自作スピーカーケーブルが掲載されました »

2019/07/21

World Synfonia/Al Di Meola

Aldiworld アル・ディメオラの14日目。時代は既に’90年代に入ってます。やっとここにきて、独自のアコースティック・サウンドというか、タンゴへの接近で安定してきた感じはあります。これとエレクトリックな方面と並行して2つをやっていますけど。バンドネオンのディノ・サルーシはECMでけっこう有名ですけど、私がこのアルバムのコメントを最初に書いた時は、あまり意識してなかったのかな、と思われます。まあ、このサウンドでも、そう派手ではないのでセールスに貢献はあまりしていないでしょうが、じんわりとしみ込んでくるサウンドがいいですね。とうとうここまで来たか、とコメントにも書いてありますけど、まさにアルバム1枚トータルで方向性が決まっている感じです。

 

World Synfonia/Al Di Meola(G)(Jimco) - Recorded October 1990. Dino Saluzzi(Bandoneon), Arto Tuncboyaci(Per, Vo), Gumbi Trtiz(Per), Chris Carrington(G) - 1. Perpetual Emotion 2. Orient Blue 3. Tango Suite Part 1 4. Tango Suite Part 3 5. Falling Grace 6. Last Tango For Astor 7. No Mystery 8. Lustrine 9. Little Cathedral 10. La Cathedral

アコースティック・ギター2本とパーカッション、バンドネオンで語られる無国籍ミュージックでアルゼンチン寄りといった、渋いサウンド。聴く人を選ぶかもしれませんが、タンゴの曲も数曲あり、はたまた「ノー・ミステリー」のこの編成での再演もあります。ジャズ度は非常に薄いかもしれませんが、インプロヴィゼーション度は高いです。アルバム中に「アストル・ピアソラ」に捧ぐ、とあります。「タンゴ組曲」はピアソラ作品。曲に作曲者名がかかれていないので、はっきりしないのですが、他はアル・ディメオラの作曲と思われます。何だか非常に懐かしいようなタンゴ風味がいい。これもしっかりとした技術に裏打ちされた演奏だろうと思います。もう一人のChris Carringtonというギタリストもバランスよく仕事をしています。ここまで来たか。

« ECM(JAPO)の未CD化作品40タイトルが配信されるそうだ | トップページ | 「STEREO」8月号に長男の自作スピーカーケーブルが掲載されました »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ECM(JAPO)の未CD化作品40タイトルが配信されるそうだ | トップページ | 「STEREO」8月号に長男の自作スピーカーケーブルが掲載されました »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト