Twitter

無料ブログはココログ

« Super Blue/Freddie Hubbard | トップページ | This Is For You, John/Benny Golson »

2019/04/17

Fathers And Sons

Fatherssons ジャック・ディジョネットの参加作の10日目。彼の参加作は直したほうがだいぶ多いので、年代的には’82年まで来てます。今となってはスゴいメンバーのアルバムなんですけど、この少し前まではエリス・マルサリスはニューオリンズのローカルでの活動だったので、ほぼ無名だったらしいことがライナーに書かれてました。2つの親子を組み合わせた企画もののアルバムですが、こういうものは今となっては珍しいアルバムでもあるので、持っていて良かったなあ、と思います。年代的にはまだLPの時代なので、収録時間は43分ほどと、長くはないですけどね。まあ、企画ものなので、久しぶりに聴いて、そう言えばこういうアルバムも持っていたなあ、としみじみ。

 

Fathers And Sons(Sony) - Released 1982. (1-5曲目のパーソネル)Ellis Marsalis(P), Wynton Marsalis(Tp), Branford Marsalis(Ts, Ss) Charles Fambrough(B), James Black(Ds), (6-9曲目のパーソネル)Von Freeman(Ts), Chico Freeman(Ts), Cecil McBee(B), Jack DeJohnette(Ds), Kenny Barron(P) - 1. Twelve It 2. A Joy Forever 3. Nostalgic Impressions 4. Futuristic 5. Lush Life 6. Jug Ain't Gone 7. Time Marches On 8. I Can't Get Started 9. Tribute To Our Fathers

前半がマルサリス親子兄弟(1-5曲目)、後半がフリーマン親子という、当時だからできたアルバム。エリス・マルサリス作が1-4曲目、ヴォン・フリーマン作が6-7曲目、チコ・フリーマン作が9曲目、5、8曲目がスタンダード。ジャック・ディジョネットはフリーマン親子とのセッション(6-9曲目)に参加。演奏はどちらも当時のメインストリーム系ですが、曲の構成が複雑なものもあって楽しめます。両方のバンドの演奏ともに、サウンド的には違いはありますが、今聴いてもなかなかカッコいい演奏。後半の方がよりオーソドックスかなと思いますが、そういうノリも楽しい6曲目、フリーキーな部分とアップテンポが交互に来る7曲目、ヴォンの優しいサックスが心地良い8曲目、8分の9拍子の部分が多くて、カチッとして進む9曲目。

« Super Blue/Freddie Hubbard | トップページ | This Is For You, John/Benny Golson »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Super Blue/Freddie Hubbard | トップページ | This Is For You, John/Benny Golson »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト