Twitter

無料ブログはココログ

« The Secret Between The Shadow And The Soul/Branford Marsalis Quartet | トップページ | SEIKO JAZZ 2/松田聖子 »

2019/04/07

Come What May/Joshua Redman Quartet

Joshuacomewhat_1 今日も続けてサキソフォン・クァルテットのアルバムです。それにしても、昨日のブランフォード・マルサリスといい、いいアルバムはほとん同時期に出てますね。内容的には方向性はそれぞれ個性があって違うんだけど、甲乙つけがたいと思います。今日のアルバムはジョシュアのメロディというか、その個性が前面に出てきている感じで、ブランフォードがモーダル的にバリバリ吹いているイメージとはやはり違いますね。ブランフォードのバンドも静かな曲はあるけど、全体的にジョシュアのバンドの方が少しソフトかな。比較するのも面白いので、この際、今回は2枚まとめて買って、比べて聴くのもいいのかなあと思います。メンバーもそれぞれにスゴいですし。なかなか貴重なリスニング体験をしました。

 

Come What May/Joshua Redman(Ts) Quartet(Nonesuch)(輸入盤) - Recorded September 23 and 24, 2018. Aaron Goldberg(P), Reuben Rogers(B), Gregory Hutchunson(Ds) - 1. Circle Of Life 2. I'll Go Mine 3. Come What May 4. How We Do 5. DGAF 6. Stagger Bear 7. Vast

(19/04/06)全曲ジョシュア・レッドマン作曲。なかなかスゴいメンバーで、やはり直球ど真ん中の今のジャズを演奏しています。ジョシュアのサックスがやや前面に出ている印象。引っ掛かりと愁いと浮遊感のある、メロディアスな感じでもある1曲目、メロディのテーマがけっこう強力に感じる8ビート的な2曲目、しっとりした優しい演奏が続くバラードでタイトル曲の3曲目、メカニカルかつクロマチックなフレーズが続いていて、そこにリズムのアクセントが加わり、途中から割とアップテンポの4ビートになる4曲目、5連符?の続くテーマから自在な方向に展開していく5曲目、メロディアスながらテーマが変拍子的にせまりアドリブは割と普通のビートになる6曲目、東洋的な雰囲気もあるやや静かなところからカチッと盛り上がる7曲目。

« The Secret Between The Shadow And The Soul/Branford Marsalis Quartet | トップページ | SEIKO JAZZ 2/松田聖子 »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Secret Between The Shadow And The Soul/Branford Marsalis Quartet | トップページ | SEIKO JAZZ 2/松田聖子 »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト