Twitter

無料ブログはココログ

« Absinthe/Dominic Miller | トップページ | Little Big/Aaron Parks »

2019/03/08

Rocks/Randy Brecker & NDR Bigband

Randyrocks
今日はランディ・ブレッカーの新譜です。聴きはじめた時、けっこうカッコいいと思ったら、ブレッカー・ブラザースのトリビュート的な意味合いもあったようですね。この中でベーシストがNDRビッグバンドのメンバーなので、クレジットには入れなかったですけど、ベーシストがけっこうキモのような気がしています。Christian Dienerというベーシストで、エレクトリックもアコースティックも弾けます。昔ブレッカー・ブラザースの洗礼を受けているからかもしれませんが、今風になかなかカッコいいアルバムとなりました。ビッグバンドもそのファンク的な雰囲気に合わせているので、サウンド的にもかなりいいですね。


Rocks/Randy Brecker(Tp, Flh) & NDR Bigband(Jazzline)(輸入盤) - Recorded January 2017 and May 2018. David Sanborn(As), Ada Rovatti(Ts, Ss), Wolfganf Haffner(Ds), NDR Bigband - The Hambrg Radio Jazz Orchestra - 1. FIrst Tune Of The Set 2. Adina 3. Squids 4. Pastral 5. The Dipshit 6. Above ANd Below 7. Sozinho 8. Rocks 9. Threesome

(19/03/04)クレジットには作曲者名が書いてありませんが、ランディ・ブレッカーと共に、主にブレッカー・ブラザースのゆかりの楽曲を演奏するとのことで、聴いてみるとメロディを知っている曲が並びます。ビッグ・バンドとの共演ですが、フロントの3人(いずれもなかなかのメンバー)とベース、ドラムスが全面に出ていて、タイトル通りに「Rocks」(8曲目のタイトル曲でもあります)のイメージのフュージョンサウンドになっていて、けっこうカッコいいキメもあります。けっこう押し出しの強いサウンド。ビッグ・バンドもうまく全体のサウンドを支えていて、ある意味ビッグ・バンド・ジャズというよりは、フュージョン/ファンクの域なのに息の合ったところを聴かせてくれます。やっぱりカッコいい曲が多いです。その中でも4曲目は比較的静かか。

« Absinthe/Dominic Miller | トップページ | Little Big/Aaron Parks »

音楽」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rocks/Randy Brecker & NDR Bigband:

« Absinthe/Dominic Miller | トップページ | Little Big/Aaron Parks »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト