Twitter

無料ブログはココログ

« Big Fun/Miles Davis | トップページ | The Song Of Singing (plus 2)/Chick Corea »

2019/02/21

Consciousness/Eric Kloss

Ericconscious
デイヴ・ホランド参加作の10日目。エリック・クロスとは縁があり、ここに取り上げたアルバムでもう2枚目。まだあと1枚出てくる予定です。ジョニ・ミッチェルの曲を取り上げているあたり、やはり’70年代に入ってきたかな、という感じです。今までの流れを追ってくると時代のせいか、完全フリーとまでは行かなくても、ここのアルバムでも何曲かはソロでかなりフリーのフレーズを弾いているものがあります。珍しくそこにパット・マルティーノも乗っかってしまっている曲があるので、けっこう貴重だし迫力でもありますね。それにしてもスゴいメンバーが集まったものです。まあ、当時は皆若手ではあったから、そういう意識はなかったんでしょうけれども。


Consciousness/Eric Kloss(As, Ts)(Prestige) - Recorded January 6, 1970. Pat Martino(G), Chick Corea(P, Key), Dave Holland(B), Jack DeJohnette(Ds) - 1. Sunshine Superman 2. Kay 3. Outward Wisdom 4. Songs To Again Children 5. Consciousness

エリック・クロス作は2曲目(5曲目は共作)で、3曲目にパット・マルティーノ作、4曲目にジョニ・ミッチェル作など。ギターにマルティーノもいて、なおかつすごいバックメンバー。エレピや変拍子も入り、当時としては新しいサウンドです。パット・マルティーノのソロは一度聴くと病みつきになってしまいます。チック・コリアのアプローチにも注目です。8分の7拍子でポップスっぽい曲を演奏しているも、その進行はブルースに近い気がする1曲目、スピーディーな8分の6拍子のカッコよくて自由な(フリー?)フレーズ連発の2曲目、今で言えば速いメカニカルなテーマとでもいうのか、その後超アップテンポの4ビートで攻めまくる3曲目、8ビート的なリズムでフレーズは速いもポップス的なサウンドの4曲目、これぞフリーで展開する5曲目。

« Big Fun/Miles Davis | トップページ | The Song Of Singing (plus 2)/Chick Corea »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Consciousness/Eric Kloss:

« Big Fun/Miles Davis | トップページ | The Song Of Singing (plus 2)/Chick Corea »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト