Twitter

無料ブログはココログ

« Natural Selection/Quest | トップページ | Of One Mind/Quest »

2019/02/04

Chant/David Liebman & Richard Beirach

Davechant
デイヴ・リーブマンのアルバムの16日目。今日はリッチー・バイラークとのデュオですが、フリー性がけっこう高いです。CMPレーベルというのも理由のひとつなのでしょうか。ライナーにも東洋の「間」を意識していると書いてあります。このアルバムに関しては好き嫌いが分かれるのではないかと思いますが、2人のファンにとってみると、こういう演奏もけっこう聴きごたえがあります。私、意外にフリー的な演奏が好きなもので。ここでは、たぶん、一部に簡単な譜面があって、そこで合わせているのではないかと思われる部分もあります。そして、やはり2人の緊密度が、長く一緒にやっているだけあって高いですし。


Chant/David Liebman(Ss)& Richard Beirach(P)(CMP) - Recorded July 1989 - 1. Incantation 2. Invocation

1曲目(3章からなります)がリッチー・バイラークの、2曲目(4章からなります)がデイヴ・リーブマンの作曲ということですが、私には2人のフリー・インプロヴィゼーションに聴こえます。それでも息の合った2人のこと、かなり内省的な演奏が主体ながら、密度の濃い57分間のやり取りを聴くことができます。 ただ、こういう方面が好きでないと、静かな場面やフリーなやり取りの部分が多いので、聴いてて合わないということがあるかもしれません。1曲目の出だしから静かにゆったりとはじまって、少しずつ前に進んでいく感じ。それでも、盛り上がったり、フレーズを合わせている部分もあるので、ドラマチックです。アルバムのジャケ写も「音」と漢字が大きく書かれていて、東洋思想に影響を受けているというのは考え過ぎでしょうか。

« Natural Selection/Quest | トップページ | Of One Mind/Quest »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Chant/David Liebman & Richard Beirach:

« Natural Selection/Quest | トップページ | Of One Mind/Quest »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト