Twitter

無料ブログはココログ

« 24丁目 ニューヨーク・デュオ/神保彰Xウィル・リー | トップページ | Nuage~ニュアージュ~/木住野佳子 »

2019/01/05

25番街 ロサンゼルス・トリオ/神保彰

Jimbo25thavenue
1月1日発売の神保彰の2枚目。前年出た「23ウエスト・バウンド/神保彰」が、音的に非常に良くて、長男の昨年のオーディオのリファレンスのアルバムになっていたので、そこからベースがエイブラハム・ラボリエルに交代したこのアルバムが、果たして彼の耳に合うかどうか気になる(結果彼がオーディオ的に好きな方は残念ながら「23」ではありましたが)ところではありますが、音はいいですね。そこからプラス・アルファの要素がどれだけ出ているのか。少なくとも音楽的にはけっこういい感じで、既にこのアルバム、3回目を聴いています。心地よく感じます。ここでは2曲にゲストを加えていて、アクセントになっています。


25番街 ロサンゼルス・トリオ/神保彰(Ds、Prog)(Electric Bird)
25th Avenue LA Trio/Akira Jimbo(Ds, Prog)(Elecrtic Bird) - Released 2019. Abraham Laboriel(B), Russell Ferrante((P, Key), Guest: Rick Braun(Tp Flh on 2, 7) - 1. Reaseons 2. Let Me Move 3. Catch Me In The Sun 4. October Rain 5. Come With Me 6. September Moon 7. Promises 8. June Butterfly 9. May Flower

全曲神保彰の作曲。前作までのオトマロ・ルイーズに代わって、ラッセル・フェランテが入ってきます(もう1枚の前作のジミー・ハスリップに代わってエイブラハム・ラボリエルが入ったという説も)。これだけで今までの雰囲気がだいぶ変わり、もっとスマートで聴きやすいスムース・ジャズになったという感じ。やはりテクニックを競い合うような場面はなく(そもそもスゴいところはあるのですが)、いかに心地よく聴かせるか、というところに焦点を合わせています。音もいいですし。神保のメロディアスな曲は、それだけいいということもあります。中には日本的なメロディを出した曲もありますけど、マーケットは日本というよりはアメリカではないかなあ、という感じも。とにかく毎年2枚ずつ新譜を出していく、演奏力とアイデアには脱帽です。(19年1月1日発売)

« 24丁目 ニューヨーク・デュオ/神保彰Xウィル・リー | トップページ | Nuage~ニュアージュ~/木住野佳子 »

音楽」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 25番街 ロサンゼルス・トリオ/神保彰:

« 24丁目 ニューヨーク・デュオ/神保彰Xウィル・リー | トップページ | Nuage~ニュアージュ~/木住野佳子 »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト