Twitter

無料ブログはココログ

« Forgotten Fantasies/David Liebman & Richard Beirach | トップページ | Quest »

2019/01/28

Omerta/Richard Beirach/David Liebman

Richieomerta
デイヴ・リーブマンのアルバムの9日目。リッチー・バイラークとのデュオのアルバムが2日続きました。レーベルが違うし、こちらにはスタンダードも入っているので比較は難しいんですけど、どちらもいいというのが正直なところ。ちょっとジャケットがアレなんで、今こういうデザインが通るかどうかはさておき、再発する場合は差し替えという手もあるし、なんてことを考えてしまいましたが、実際の入手可能性はどうなんでしょうね。今はちょっと難しいかもしれませんね。基本的にECMレーベルというものが好き、という手前に、彼らを中心とするアルバム群が好き、という時代が自分にはあったのだと、今考えると、そう思います。


Omerta/Richard Beirach(P)/David Liebman(Ts, Ss, Afl)(Break Time) - Recorded June 9-10, 1978. - 1. Omerta 2. On Green Dolphin Street 3. 3rd. Visit 4. Eden 5. Spring Is Here 6. Cadaques 7. To A Spirit Once Known 8. In A Sentimantal Mood

リッチー・バイラークの作曲は1、4曲目、デイヴ・リーヴマンの作曲は3、7曲目、共作(インプロヴィゼーション?)が6曲目、2、5、8曲目がスタンダードないしジャズメン・オリジナル。デュオの場合はシリアスな対話の面白さというか、スタンダードの曲もリハーモナイズしてコード進行を変えたり、メロディーが変わったり、すんなりと聴き流させてくれないところが印象に残ります。2曲目も、あまり派手ではないけれど、手が加わったスタンダード、心地良い。5曲目はかなりいじってます。3曲目は豪快系の曲だけど、コードと調性が複雑なのか、モーダルかつ浮遊感があります。リーブマンは曲によって3種の楽器を持ち替えるのが的確。6曲目はフリーモーダル系だけど、日本情緒も少し。8曲目はテナー・サックスのみのソロで。

« Forgotten Fantasies/David Liebman & Richard Beirach | トップページ | Quest »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Omerta/Richard Beirach/David Liebman:

« Forgotten Fantasies/David Liebman & Richard Beirach | トップページ | Quest »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト