Twitter

無料ブログはココログ

« 館山のコンコルドの佐久間さん、亡くなられる | トップページ | キコエル 木村昌哉トリビュート/藤井郷子オーケストラ東京 »

2018/12/16

XII/大西順子セクステット

Onishixii
12月に入ってくるアルバムが今日も、またいいですねえ。個人的ベスト3を11月締め切り、というのはもったいないかもしれない。今日のアルバムは大西順子の3管編成のセクステットのアルバム。もうここまでくると、彼女独自のサウンドの世界(楽曲は全員が提供しているにしても)ではないかなあ、と思います。拍子とか3管のハーモニーに深入りするとちょっと難しい感じがあるので、今回はあくまでも流れていくというか、進んでいくにまかせて聴いていましたけど。いろいろな曲があるので、変化に富んでいるのもいいですね。でもやはり現代ジャズはこういう方向なのかな。少し聴く人を選ぶかもなあ、なんてことも思いました。


XII/大西順子(P、Key)セクステット(Somethin' Cool)
XII/Junko Onishi(P, Key)Sextet(Somethin' Cool) - Recorded August 29 and 30, 2018. Akihiro Yoshimoto(Ts, Fl), Miki Hirose(Tp, Flh), Yuzo Kataoka(Tb), Yosuke Inoue(B), Shinnosuke Takahashi(Ds) - 1. One Lap Beyond 2. Falling Rocks 3. Apple Of My Eye 4. Dr. Pu! Poon 5. Baby I'm Yours 6. July 7. Teenager 8. Dark Chime 9. Head Towards The Light 10. Cura De Gatos 11. Unity 1 12. Remembering Spring

大西順子作が3、7曲目、全員の曲が11曲目、広瀬未来作が1、6、12曲目、吉本章紘作が2、8曲目、井上陽介作が4-5曲目、片岡雄三作が10曲目、高橋信之介作が9曲目と全員がまんべんなく曲を提供。曲の感じも3管の良さを生かしながら、サウンド的には新しめ。響き的には懐かしい部分もありますが、拍子とかハーモニーを聴いていると、けっこうな難曲なのでは、とも思わせます。ゴリゴリと、時にラテンやボッサ的に、時にスマートなバラードで、ロックビート的な曲もあったりと。カッコいい今のジャズの演奏が12曲60分ほど続きます。ジャズにしては曲を短めに凝縮した感じがスタジオ録音としてはいいかも。2曲目のようにフェンダーローズなどのエレキピアノを使っている曲も多め。とにかく表現の幅が広いです。(18年12月5日発売)

« 館山のコンコルドの佐久間さん、亡くなられる | トップページ | キコエル 木村昌哉トリビュート/藤井郷子オーケストラ東京 »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

バリエーションのあるジャズな曲を広く配したような作品でありながら、あまり散漫な印象にはなってなく、大西らしい作風に仕上がっていると思います。

本人もノってる感じありそうなので、しばらくは新作を楽しめるんじゃないかと期待してます。


TBありがとうございます。逆TBさせていただきます。

https://blogs.yahoo.co.jp/pabljxan/64728211.html

>oza。さん

コメントどうもありがとうございます。

彼女のアルバムは過去にも何度かベスト3にあげたと思いましたが、これもまた、なかなか良かったでした。いろいろな方向にチャレンジしていて、いい時期ですよね。頭一つ飛びぬけている感じがします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XII/大西順子セクステット:

« 館山のコンコルドの佐久間さん、亡くなられる | トップページ | キコエル 木村昌哉トリビュート/藤井郷子オーケストラ東京 »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト