Twitter

無料ブログはココログ

« Magic Windows/Herbie Hancock | トップページ | Paradox/Steps »

2018/12/27

Three Quartets/Chick Corea

Chickthree
マイケル・ブレッカーの共演・参加作の7日目。なかなかスゴいアルバムが続きます。ここでもエディ・ゴメスとスティーヴ・ガッドなんですが、当時は売れていたからなあ。まあ、STEPSと違い、こちらは新しいけれど、フュージョン路線なしの割とハードなジャズで行ってます。そして何よりも、マイケルの露出度がかなり高いです。個人的には、アルバムの狙いとしては追加曲が無い方がいいんだけど、マイケルを聴くには追加曲があった方が楽しめる、というジレンマを抱えつつ聴いてました。でもなかなかいいアルバムだということを、これまた20年もほったらかしておいて、再度聴いて、改めて思います。


Three Quartets/Chick Corea(P)(Stretch) - Recorded January and February 1981. Eddie Gomez(B), Steve Gadd(Ds), Michael Brecker(Sax) - 1. Quartet No.1 2. QuartetNo.3/Quartet No.2 3. Part 1 (Dedicated To Duke Ellington) 4. Part 2 (Dedicated To John Coltrane) 5. Folk Song 6. Hairy Canary 7. Slippery When Wet 8. Confirmation

ラスト4曲はCD化の時の追加曲。8曲目以外はチック・コリア作曲。ワン・ホーン・クァルテットでシリアスでハードな演奏、しかもマイケル・ブレッカーがかなり目立っていますが、当然他のメンバーも半端でなく素晴らしいです。タイトルは抽象的だけど、ジャズの興奮度はけっこう高く、このクァルテットの演奏が物語っているくらい完成度が高いです。正式には4ビートではないかもしれなけれど、正統派ジャズに戻って来たカッコ良さがあります。不思議とスティーヴ・ガッドもミキシングのせいか、かなりジャズしています。このアルバムは4曲目までのトータルアルバムとして統一感があり、5曲目以降は追加曲ですが、聴くと意外にこれも統一感があります(8曲目のチャーリー・パーカー作を含めて)。でも追加曲はなくてもいいと思う。

« Magic Windows/Herbie Hancock | トップページ | Paradox/Steps »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Three Quartets/Chick Corea:

« Magic Windows/Herbie Hancock | トップページ | Paradox/Steps »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト