共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Kenny Davis/Kenny Davis | トップページ | Turnaround/The Dave Liebman Group »

2010/06/28

’10年上半期の私的ジャズベスト3

Bradhighway Davepath Anthonyinter 私も購入枚数、減ってるんですが、候補は7-8枚出てきて、困りました。では、以下です。

 

総合部門

Highway Rider/Brad Mehldau(P, Key, Pump Org, Vo, Orchestral Bells, Handclaps)(Nonesuch)(輸入盤) - Recorded February 16-28 and May 12-19, 2009. Jeff Ballard(Ds, Per, Snare Brush, Vo, Handclaps) Joshua Redman(Ss, Ts, Vo, Handclaps), Larry Grenadier(B, Handclaps), Matt Chanberlain(Ds, Per, Vo, Handclaps), Dan Coleman(Cond, Vo) and Orchestra - 1. John Boy 2. Don't Be Sad 3. At The Tollbooth 4. Highway Rider 5. The Falcon Will Fly Again 6. Now You Must Climb Alone 7. Walking The Peak 8. We'll Cross The River Together 9. Capriccio 10. Sky Turning Grey (For Elliot Smith) 11. Into The City 12. Old West 13. Come With Me 14. Always Departing 15. Always Returning

ジャズとかジャズじゃないとか、好き嫌いが分かれる演奏ですけれど、このCD2枚組の物語性にガツンときました。実際オーケストラのところは記譜された部分が多いようなんで、これをジャズか、というと、ちょっと困るんですが(笑)。

ジャズ部門

Pathways/Dave Holland(B) Octet(Dare2 Records)(輸入盤) - Recorded January 7-11, 2009. Antonio Hart(As, Fl), Chris Potter(Ts, Ss), Gary Smulyan(Bs), Alex "Sasha" Sipiagin(Tp, Flh), Robin Eubanks(Tb), Steve Nelson(Vib, Marimba), Nate Smith(Ds) - 1. Pathways 2. How's Never? 3. Sea Of Marmara 4. Ebb And Flow 5. Blue Jean 6. Wind Dance 7. Shadow Dance

変拍子やそれに基づくアンサンブルなど、難しいことを8人で平気でやってしまうところにスゴみを感じます。これまたスウィングするジャズとは立ち位置が違いますけれど。

フュージョン部門

Interspirit/Anthony Jackson(B)/Yiorgos Fanakas(B)(Abstract Logix)(輸入盤) - Recorded October 2008 - September 2009. Frank Gambale(G on 1, 5-7, 9), Mitch Forman(P, Key on 1-2, 4-9), Dave Weckl(Ds on 1-2, 4-9), Mihail Iosifov(Tp on 1, 4-7, 9), Manos Theodosakis(Tp on 1, 7), Antonis Andreou(Tb on 1-2, 4-9), Velislav Stianov(Tb on 1, 7), Takis Paterelis(As on 1-2, 4-5, 7, 9, Fl on 2, 5, Ss on 2, 8), Sam Marlieri(Ts on 1), Todor Tzachev(Bs on 1, 7), Kinisis String Quartet Of Colours Orchestra: Odysseus Korelis(Vln on 3-4, 6, 8), Franc Shestani(Vln on 3-4, 6, 8), Elias Sdoukos(Viola on 3-4, 6, 8), Vangjel Nina(Cello on 3-4, 6, 8), Tasos Kazaglis(B on 3-4, 6, 8), Tony Lakatos(Ts on 4-7, 9), Enrique Bu(Per on 5-9) - 1. Inner Power 2. Footprints 3. Coure Vibes Part 1 4. Coure Vibes Part 2 5. Interspirit 6. Seviglia 7. Caldera 8. Ionio 2 9.Parhelia

共作とはいえ、アンソニー・ジャクソンのファーストアルバム。もう物量作戦なんですが、ここまでやるか、という演奏が見事。CD聴きの会で1曲目をかけました。けっこうスゴいフュージョンアルバムでした。

それでは、よろしくお願いします。

« Kenny Davis/Kenny Davis | トップページ | Turnaround/The Dave Liebman Group »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

上半期・年間ベスト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Kenny Davis/Kenny Davis | トップページ | Turnaround/The Dave Liebman Group »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト