Twitter

無料ブログはココログ

« Diminuito/Rolf Lislevand | トップページ | Phantasy Of Spring/Carolin Widmann/Simon Lepper »

2009/11/14

Othmar Schoeck/Notturno

2061
Othmar Schoeck/Notturnoは20世紀スイスのロマン派の作曲家とのことなんだけど、現代音楽的にも聴こえてしまうなあと思いました。やっぱり20世紀って前半でもそういう時代なのかな、と思います。


Othmar Schoeck/Notturno(ECM New Series 2061)(輸入盤) - Recorded December 2007. Christian Gerhaher(Baritone), Rosamunde Quartett: Andreas Reiner(Vln), Diane Pascal(Vln), Helmut Nicolai(Viola), Anja Lechner(Cello) - Notturno: 1. Ruhig 2. Presto 3. Unruhig bewegt 4. Ruhig Und Leise 5. Rasch Und Kraftig (Quasi Recit.)

(09/11/13)Othmar Schoeckは20世紀スイスの現代音楽家。ここでは歌曲が収められていて、19世紀の詩人Nikolaus LenauとGottfried Kellerの詩が取り上げられています。Notturnoの曲は1931-33年の作曲。ロマン派と言われていますが、曲調からすると現代音楽とクラシックの間にあるような感じのサウンドです。バリトン(Christian Gerhaher)が歌っていますけど、メロディや音程などそう簡単には歌えないだろうなあ、と思うプロの世界。

« Diminuito/Rolf Lislevand | トップページ | Phantasy Of Spring/Carolin Widmann/Simon Lepper »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

ECM2051-2101番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Othmar Schoeck/Notturno:

« Diminuito/Rolf Lislevand | トップページ | Phantasy Of Spring/Carolin Widmann/Simon Lepper »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト