共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« アンプを買い換えた(ヤマハ DSP-AX2700) | トップページ | Take Five/Manhattan Jazz Quintet »

2007/05/21

Tituli/Cathedral In The Thrashing Rain/Stephen Hartke

1861
Tituli/Cathedral In The Thrashing Rain/Stephen Hartke(ECM New Series 1861)(輸入盤) - Recorded February 2003. The Hilliard Ensemble: David James(Countertenor), Rogers Covey-Crump(Tenor), Steven Harrold(Tenor), Andreas Hirtreiter(Tenor), Gordon Jones(Baritone), Michelle Makarski(Vln), Lynn Vartan(Marimba, Cynbals, Shakers, Cup Bells, Wood Block), Javier Diaz(Marimba, Cynbals, Shakers, Cup Bells, Wood Block), Donald Crockett(Cond) - 1-7. Tutuli 8. Cathedral In The Thrashing Rain

(03/11/19)ECM初のSACD/CDハイブリッドディスク。Stephen Hartkeは’52年生まれの現代音楽家で、上記の曲は’99年から’00年にかけて作曲されたもの。前者は5声、ヴァイオリン、2人のパーカッションのための曲で、古いラテン語の詩。宗教音楽(かどうか分かりませんが)的な荘厳な部分もありますが、現代的な音使いも。2曲目は4声の曲で、日本語の詞(高村光太郎)からの翻訳との事。とはいうものの旋律は西洋的。

« アンプを買い換えた(ヤマハ DSP-AX2700) | トップページ | Take Five/Manhattan Jazz Quintet »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

ECM1852-1900番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Tituli/Cathedral In The Thrashing Rain/Stephen Hartke:

« アンプを買い換えた(ヤマハ DSP-AX2700) | トップページ | Take Five/Manhattan Jazz Quintet »

Amazonへのリンク

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト