共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

« Odradek/Gidon Lewensohn | トップページ | Visions Of An Inner Mounting Apocalypse »

2007/03/19

Toshio Hosokawa/J.S. Bach/Isang Yun/Thomas Demenga

1782

細川俊夫、イサン・ユンとバッハを組み合わせた2枚組アルバム。演奏のリーダー格はトーマス・デメンガで、なるほど、彼の場合はバッハも含め新旧取り合わせて発表するのが常態だったので、ここでもそれを踏襲しているようです。細川という日本人の曲を取り上げたのはNew Seriesでは初めてではないかと思います。やはり内省的な複雑な曲想を持っていて、東洋の作曲家ということで神秘的でもあったのかどうか。難解ではありますけれども。

 

Toshio Hosokawa/J.S. Bach/Isang Yun/Thomas Demenga(Cello)(ECM New Series 1782/83) - Recorded July 1985, December 1998 and November 2000. Asako Urushihara(Vln), Teodoro Anzellotti(Accordion), Aurele Nicolet(Fl), Heinz Holliger(Oboe), Hansheinz Schneeberger(Vln), Thomas Larcher(P) - Toshio Hosokawa 1. In Die Tiefe Der Zeit 2. Dur Fur Violine Und Violoncello 3. Winter Bird J.S. Bach 5-9. Suite Nr.5 IN C-moll Fur Violoncello Solo(BWV 1011) 10-15. Suite Nr.6 In D-dur Fur Violoncello Solo(BWV 1012) Isang Yun 16. Gasa 17. Escape 1 18. Images

現代音楽家の細川俊夫、イサン・ユンの作品と、バッハの無伴奏チェロ組曲の作品2つとを組み合わせたCD2枚組のアルバム。前者は現代的な、内省的な複雑な曲想を持った曲で、楽器編成もソロ、デュオ、もっと大勢の人の演奏と、曲によってさまざまです。バッハの曲はやはりバッハらしい素直で深みのある印象ですが、両者のカップリングでアルバムのやりたいことが浮かび上がってくるような気がします。(02年9月25日発売)

« Odradek/Gidon Lewensohn | トップページ | Visions Of An Inner Mounting Apocalypse »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

ECM1751-1801番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Toshio Hosokawa/J.S. Bach/Isang Yun/Thomas Demenga:

« Odradek/Gidon Lewensohn | トップページ | Visions Of An Inner Mounting Apocalypse »

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト