共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

« Le Pas Du Chat Noir/Anouar Brahem | トップページ | 「アルルの女」「はげ山の一夜」「展覧会の絵」 »

2007/03/28

Robert Schumann/Zehetmair Quartett

1793

シューマンの弦楽四重奏の作品のアルバム。シューマンの弦楽四重奏は地味だと言われているらしいですが、そこをあえて取り上げているのは、New Seriesらしいなあ、と思います。新しい解釈を加えて、発表した時に、いろいろな賞をこのアルバムで取ったらしいです。そういう表現の内面の表現的なものにこだわらなくても、聴いていていいと思えるアルバムなので、機会があったら一度聴いてみてもいいのでは、と思います。

 

Robert Schumann/Zehetmair Quartett(ECM New Series 1793) - Recorded August 2001. Zehetmair Quartett: Thomaz Zehetmair(Vln), Matthias Metzger(Vln), Ruth Killius'Viola), Francoise Groben(Cello) - 1-4. Streiquartett Nr. 1 In A-moll Op. 41-1 5-8. Streiquartett Nr. 3 In A-dur Op. 41-3

邦題「シューマン:弦楽四重奏曲第1番・第3番」。19世紀作曲家のシューマンの作品の中では、地味だと言われる弦楽四重奏曲にスポットを当てたアルバム。ここの演奏は情熱的で解釈が斬新なのだそうですが、そういう点はよく分かりません。なるほど「第1番」の4楽章や「第3番」の2楽章の盛り上がる部分などが、そういう雰囲気か?温度感はやや高めな気も。ドラマチックに展開していく風景が心地良く感じられます。(03年3月26日発売)

« Le Pas Du Chat Noir/Anouar Brahem | トップページ | 「アルルの女」「はげ山の一夜」「展覧会の絵」 »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

ECM1751-1801番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Robert Schumann/Zehetmair Quartett:

« Le Pas Du Chat Noir/Anouar Brahem | トップページ | 「アルルの女」「はげ山の一夜」「展覧会の絵」 »

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト