共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

« 音楽配信売上げがCDシングル抜く | トップページ | The Process/Edward Simon Trio »

2007/02/24

Desert Poems/Stephan Micus

1757

ステファン・ミクスのアルバム。もう何枚も出ていますが、1枚ごとにそれぞれ微妙な特徴があって、これは何かな、と思うのですが、タイトルを見ると「砂漠の詩」となります。確かに、曲を聴いているとそのような情景描写が出てくるような気がしています。とは言いつつ、彼はいつものマイペースで曲を作っているとも思うのですが。ただ、こういう音楽に似たものを探せ、となると、なかなかないですし。なぜ、彼がECM初期の頃から(もっと前はJAPOの時代から)たくさんのアルバムを出し続けることができたのか、分かるような気がしています。

 

Desert Poems/Stephan Micus(All Instruments and Voice)(ECM 1757)(輸入盤) - Recorded 1997 - 2000. - 1. The Horses Of Nizami 2. Adela 3. Night 4. Mikhali's Dream 5. First Snow 6. Thirteen Eagles 7. Contessa Entellina 8. Shen Khar Venakhi 9. For Yuko

(01/04/01)すでにステファン・ミクスのアルバムは何枚も出ていますが、ここでも多重録音による自作自演をしています。ジャズ度はなく、民族楽器が多いので地域不明の映画音楽を聴いているような印象。無国籍的なコーラスが流れている1曲目、民族楽器なのに西洋的なストリングスのカラーを持つ2曲目、沈黙の中から浮かびあがってくるような3曲目、カリンバの上をヴォーカルがさまよう4曲目、尺八のソロなのでかなりスペイシーで想像通りの曲調の5曲目、エキゾチックな香りが漂う6曲目、スペイシーで地の底から静かに響くようなヴォイスのみの7曲目、これのみトラディショナルで厳かに響く8曲目。幻想的で静かなサウンドが支配する9曲目は、邦楽の香りもちらほらと見え隠れしています。

« 音楽配信売上げがCDシングル抜く | トップページ | The Process/Edward Simon Trio »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

ECM1751-1801番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Desert Poems/Stephan Micus:

« 音楽配信売上げがCDシングル抜く | トップページ | The Process/Edward Simon Trio »

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト