共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

« Bela Bartok 44 Duos For Two Violins/Andras Keller/Janos Pilz | トップページ | Detente/The Brecker Brothers »

2007/01/29

Signs, Games And Messages/Gyorgy Kurtag

1730

クルタークはルーマニア(旧ハンガリー)出身の現代音楽家。Holderlinという、ドイツの詩人の詩を使っていると思われるのですが、それを現代的に内面に向かっていたり、時々叫ぶような大きな音(声)を使って、全体を表現しているような感じです。ちょっと難解な部分もあって、ヴォーカルというのか、オペラがメインであって、楽器は全面的に入っているわけではないので、やはりこれも聴く人を選ぶアルバムになっているのかもしれません。

 

Signs, Games And Messages/Gyorgy Kurtag(ECM New Series 1730) - Recorded February and March 2002. Kurt Widmer(Baritone), Orlando Trio: Hiromi Kikuchi(Vln), Ken Hakii(Viola), Stefan Metz(Cello), Mircea Ardeleanu(Per), Heinrich Huber(Tb), David LeClair(Tuba) - 1-6. Holderlin-Gesange For Baritone, Op.35a 7-25. Signs, Games And Messages For Strings 26-59. ...Pas A Pas - Nulle Part... Poemes De Samuel Beckett Et Maximes De Sebastien Chamfort For Baritone Solo, String Trio And Percussion, Op.36

(03/08/03)Gyorgy Kurtagは20世紀の現代音楽家で、ここの3曲は’90年代の曲。1曲目がバリトンの歌唱で一部にトロンボーンとチューバが入り、2曲目はストリングスのトリオまたはソロでの演奏。3曲目はその両者にパーカッションが加わるという編成。曲を聴いているというよりは、内面へのつぶやきに似た旋律、時々叫ぶような大きな音(声)というような、現代音楽らしい複雑な曲調です。短い部分が連なってできている感じです。

« Bela Bartok 44 Duos For Two Violins/Andras Keller/Janos Pilz | トップページ | Detente/The Brecker Brothers »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

ECM1702-1750番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Signs, Games And Messages/Gyorgy Kurtag:

« Bela Bartok 44 Duos For Two Violins/Andras Keller/Janos Pilz | トップページ | Detente/The Brecker Brothers »

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト