共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Litany/Arvo Part | トップページ | ドッグス・オブ・グレイト・インディファレンス/ジム・ブラック »

2006/10/06

The River/Ketil Bjornstad, David Daring

1593
ジャズ度という観点からすると、全然ないので、これをジャズのカテゴリーに入れていいのか、と自問自答しています。ただ、ボーダーレスとはいえ、ジャズがECM、クラシックや現代音楽がECM New Seriesという分け方があるので、とりあえずはそれに従っておこうと思います。でも、これはやっぱり書き譜の音楽だよねえ、と思いながら。タイトルも曲調もあいまいなままになだらかに進んでいく感じなので、曲ごとのイメージではとらえにくく、今回は聴いた心象風景も取り入れてコメントを書かざるを得ませんでした。どの曲もゆったりとしていて、癒されることは癒されるのですが。


The River/Ketil Bjornstad(P), David Daring(Cello)(ECM 1593) - Recorded June 1996. - The River 1 - 12

全曲ケティル・ビヨルンスタの作曲。ピアノとチェロのデュオです。しかもアルバム中の12曲のタイトルは 「1」から「12」。書かれた譜面による演奏なのでしょうか。視覚的には上流で川ができてから、河口にたどり着くまでをドラマチックに表現しているというイメージ。クラシックかヒーリングミュージックという印象に近いかも。1曲目から穏やかなメロディのゆったりしたデュオではじまります。2曲目で短調になって、もやのかかった情景になり、水が川になって流れていくドラマが曲を追うごとに進んでいきます。そして、長調、短調が入り交じりながら比較的なだらかなヨーロッパの川の風景、それも森や田園風景を通っていくのを想像させるような。急速調の曲がないところからもうかがえます。静かな中でも8曲目がやや盛り上がるか。

« Litany/Arvo Part | トップページ | ドッグス・オブ・グレイト・インディファレンス/ジム・ブラック »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

ECM1551-1601番」カテゴリの記事

コメント

工藤さん,こんにちは。

温故知新という訳でもないのですが,このアルバムもアップしてしまいました。工藤さんも書かれている通り,ジャズにカテゴライズするのは無理がありますよねぇ。それでもこの静謐な美しさってのはECMならではって気がします。

つくづくDavid Darlingが亡くなってしまったのは惜しいと思いました。

ということで,当方記事のURLを貼り付けさせて頂きます。
https://music-music.cocolog-wbs.com/blog/2021/10/post-ed2785.html

>中年音楽狂さん

こんばんは。

このアルバム、カテゴライズするのは難しいのですが、逆にアイヒャーはよくこういう音楽を認知させたなあ、とその点なかなか面白いことになってくるので、こういう音楽もアリかなあ、と思います。やはりECMらしいですよね。

今はECMも、もう長老と若手と、という感じになってきたので、やはりこの当時は良かったなあ、と思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The River/Ketil Bjornstad, David Daring:

« Litany/Arvo Part | トップページ | ドッグス・オブ・グレイト・インディファレンス/ジム・ブラック »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト