共同企画(’21年終了)

Twitter

無料ブログはココログ

« Rouge/Louis Sclavis Quintet | トップページ | 野球の基本、ジャズを聴くことの基本 »

2006/06/10

Forgetten Peoples/Veljo Tormis

1459
Forgetten Peoples/Veljo Tormis(ECM New Series 1459/60)(輸入盤) - Recorded February 1990. Estonian Philharmonic Chamber Choir, Tonu Kaljuste(Cond) - 1-5. Livonian Heritage 6-12. Votic Wedding Songs 13-22. Izhorian Epic 23-32. Ingrian Evenings 33-46. Vepsian Paths 47-51. Karelian Destiny

(04/01/02)20世紀エストニアの作曲家の、無伴奏の合唱の作品。現代の音楽にしてはストレートな 比較的分かりやすい旋律で、そのサウンドの中にほのかにある民族(エスニック)色が印象的。東欧から旧ソ連にかかるラインにあって、ちょっと昔の宗教的な合唱を聴いている雰囲気で、 ひと味違う、その民族的な哀愁、ある場面ではすがすがしさとエキゾチックさがエッセンスになっています。一部には歌だけでなく語りの場面も。

« Rouge/Louis Sclavis Quintet | トップページ | 野球の基本、ジャズを聴くことの基本 »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

クラシック・現代音楽」カテゴリの記事

ECM1451-1500番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Forgetten Peoples/Veljo Tormis:

« Rouge/Louis Sclavis Quintet | トップページ | 野球の基本、ジャズを聴くことの基本 »

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト