共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

« The Suspended Step Of the Stork/Music Composed By Eleni Karaindrou, For The Film By Theo Angelopoulos | トップページ | Different But The Same/David Liebman & Ellery Eskelin »

2006/06/08

Conte De I'incroyable Amour/Anouar Brahem

1457

アヌアル・ブラヒムのリーダー作。クラリネットは入っているものの、基本的にはアラブ系の音楽と言っていいのではないかと思います。ジャズに入れてしまうのはもったいないのだけど、民族音楽というカテゴリーを作ってないだけに、やむを得ないなあ、といったところ。やはり彼は才能があるのでしょうね、その後もECMでアルバムを作り続けています。今回は民族度高めだけど、折衷系のジャズなどにも参加していて、その守備範囲の広さはなかなかなものだと思います。ウードの個性的な響きがまた、郷愁を誘うようなところがあるのかもしれません。

 

Conte De I'incroyable Amour/Anouar Brahem(Oud)(ECM 1457)(輸入盤) - Recorded October 1991. Barbaros Erkose(Cl), Kudsi Erguner(Nai), Lassad Hosni(Bendir, Darbouka) - 1. Etinecelles 2. Le Chien Sur Les Genoux De La Devineresse 3. L'oiseau De Bois 4. Limiere Du Silence 5. Conte De I'incroyable Amour 6. Peshrev Hidjaz Homayoun 7. Diversion 8. Nayzak 9. Battements 10. En Souvenir D'lram 11. Iram Retrouvee 12. Epilogue

(99/04/19)相変わらずエキゾチックなアラブ(チュニジア)音楽を奏でるアヌアル・ブラヒム2枚目の作品。12曲中10曲が彼のオリジナル。彼の演奏は単にアラブ音楽にとどまらないとのことですが、旋律がエキゾチックながらも西洋にやや近いのかな、と思えるフレーズにあるような気がします。他者の2曲の方がアラブ音楽、といった雰囲気が伝わります。編成もクラリネットの他は民族楽器ですが、クラリネットの旋律も十分同化しています。ちょっと空間の多めな、いわゆるECMのワールドミュージック系統。編成は4人が揃うことはなく、ウードのソロが6曲あって、デュオが4曲、トリオが2曲。エコーも深めにかかり、音がクリアで気持ち良い。タイトル曲の5曲目は徐々に盛り上がっていく10分台の曲。

« The Suspended Step Of the Stork/Music Composed By Eleni Karaindrou, For The Film By Theo Angelopoulos | トップページ | Different But The Same/David Liebman & Ellery Eskelin »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

ECM1451-1500番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Conte De I'incroyable Amour/Anouar Brahem:

« The Suspended Step Of the Stork/Music Composed By Eleni Karaindrou, For The Film By Theo Angelopoulos | トップページ | Different But The Same/David Liebman & Ellery Eskelin »

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト