Twitter

無料ブログはココログ

2020/04/02

Out To Lunch/Eric Dolphy

Ericoutto トニー・ウィリアムスの13日目。マイルス・デイヴィスのバンドへの参加作は当分先送りか、やらないので、ブルーノートのアルバムが続きます。ビル・エヴァンスをやっていたときはそんな兆候はなかったのだけど、このあたりの時代はフリーに首を突っ込んでいく時代でもありました。ブルーノートの諸作品でも、トニーのブルーノートの初期作品でもフリーに行ってますね。私はけっこうフリーの洗礼を受けている方なので抵抗はありませんけど、今日のアルバムでもある程度の割合で拒否反応を起こす人もいるかもしれません。私はエリック・ドルフィーのアルバムではこれが一番大好きなのですけれども。

 

Out To Lunch/Eric Dolphy(As, Fl, Bcl)(Blue Note) - Recorded February 25, 1964. Freddie Hubbard(Tp), Bobby Hutcherson(Vib), Richard Davis(B), Anthony Williams(Ds) - 1. Hat And Beard 2. Something Sweet, Something Tender 3. Gazzelloni 4. Out To Lunch 5. Straight Up And Down

はじめて聴いたときのアヴァンギャルドな印象は相変わらず。と言うより、エリック・ドルフィーひとりの個性で引っ張ってきているのかも。全曲彼の作曲。あえてブルーノートおなじみのミュージシャンを揃えて同レーベルで録音した、ドルフィーのアルバムで個人的に一番好きなアルバム。ミステリアスな曲調で、フレーズはフリーなんだけど、そこまで行きそうで行かないバックとのバランスがいい1曲目、ベースのアルコとドルフィーのフレーズが絡み合う出だしから、不思議な感触のバラードになる2曲目、モーダルな4ビートの上を華麗に舞うフルートが印象的な3曲目、出だしは落ち着いた4ビートだけど、テーマやソロが落ち着かなくて徐々にフリー的になるタイトル曲の4曲目、いななくようなテーマで少しユーモラスな感じの5曲目。

2020/04/01

My Point Of View/Herbie Hancock

Herbiemypoint トニー・ウィリアムスの12日目。今日からサイド参加作になります。そして手直しで残っているハービー・ハンコックとの共演のアルバムがちらほらあって、いわゆる重複手直しができる最後のチャンスでもあります。’60年代のマイルス・デイヴィスの黄金のクァルテット時代は、とりあえずは外してあるので、メインはV.S.O.P.の時代になってくるとは思いますけど。そんな中で今日は’63年のアルバムまでさかのぼります。久しぶりにブルーノートレーベルを聴きましたが、いいですねえ。1500番台と4000-4100番台をコンプリートで集めている人が多いのもうなずけますね。そして、分かりやすさとブルーノートっぽさの両立。自分がその収集に加わらなかったのを今になって後悔しています。

 

My Point Of View/Herbie Hancock(P)(Blue Note) - Recorded March 19, 1963. Donald Byrd(Tp), Grachan Moncur 3rd(Tb), Hank Mobley(Ts), Grant Green(G), Chuck Israels(B), Anthony Williams(Ds) - 1. Blind Man, Blind Man 2. A Tribute To Someone 3. King Cobra 4. The Pleasure Is Mine 5. And What If I Don't

全てハービー・ハンコックの作曲。収録時間は34分ほど。1曲目のようにジャズロック風の曲(当時としては進んでいたのかも)もあれば、3曲目のようにコード進行もメロディもちょっと変わった進歩的な曲もあり、演奏だけでなく曲作りについてもその実力が分かります。ただし、まだオーソドックスな部分も多いかもしれません。ベースが変わったとりあわせ。テーマがあってアドリブのソロがあって、というパターンはやはり当時のものだし、3管のアレンジもそんなに凝ってはいないけど、むしろこれぞブルーノートという感じで聴けるジャズとして、安心できる部分です。ほんわかとした、少しゆっくり目のジャスでリラックスできる2曲目、しっとりした淡い色合いのバラードの4曲目、少しお茶目で4ビートも混ざる、ミディアムの5曲目。

2020/03/31

Young At Heart/Tony Williams

Tonyyoungat トニー・ウィリアムスの11日目。これが彼のリーダー作で一番最後の作品だと思う。亡くなる5か月ほど前。アメリカ人は、医療制度の関係からか若くして亡くなる方が多いので、残念です。もっと長生きしてくれたら、またジャズの世界も違ったものになるのではないかと思いました。でも、彼もリーダー作でスタンダード集、しかもピアノ・トリオでの作品と、けっこう丸くなったなあ、という印象も。ドスドスくる曲もあるけれど、ブラシを持って静かに叩く、という場面も多いです。と思ったら、ソニーの東京スタジオでの録音か。こういう方向も分かるような気がする。さて、次回からはサイド参加作品になっていきます。あと24枚。

 

Young At Heart/Tony Williams(Ds)(Sony) - Recorded September 24 and 25, 1996. Mulgrew Miller(P), Ira Coleman(B) - 1. Promethean 2. Young At Heart 3. On Green Dolphin Street 4. Farewell To Dogma 5. How My Heart Sings 6. Fool On The Hill 7. Neptune: Fear Not 8. You And The Night And The Music 9. Body And Soul 10. This Here 11. Summer Me, Winter Me

69分収録。スタンダード曲中心なので、いつもよりはおとなしい曲がタイトル曲の2曲目を含め、多めです。ピアノ・トリオだし、トニー・ウィリアムスでもこういう世界もたまにはいい。とはいうものの、地味な部分が多めながら、曲によっていつものドスドスいうドラムは健在。トニーの曲は7曲目のみ(再演曲)で、ここでのマルグリュー・ミラーはオリジナルを2曲提供(1、4曲目)していて、ピアノもけっこういい感じ。 1曲目はアップテンポでモーダルな感じのあるスリリングな曲になっています。4曲目は淡い感触のあるボッサの曲で、これもなかなか渋くていい感じ。5曲目は出だしはビル・エヴァンスを意識しているのかな、と思わせて自分のペースにアドリブで戻ります。7曲目もホーン入りからピアノ・トリオになって洗練された感じ。

2020/03/30

Tokyo Live/Tony Williams

Tonytokyo トニー・ウィリアムスの10日目。今日はブルーノートでの最終作で、しかもCD2枚組のライヴ。収録時間も141分とかなり長いので、土曜を選んで聴きました。新生ブルーノートからの再演作ということですが、1曲あたり10分を超える曲がかなりあるので聴きごたえは十分。スタジオ録音でのドラムスは少々大きい入力かなあ、と思っていたのですが、ライヴになると音量的にはあまり絞ってない、というか同じかもしれないですけど、もっとバランス良く聴こえます。まあ、収録時間が長いということで、今まではなかなかハードルが高かったのですけど、いざ聴いてみると、非常に良かったアルバムの1枚になりました。最近はこういうこと、多いですね。

(追記)トランぺッターのウォレス・ルーニーがコロナウィルスが原因で3月31日に亡くなったそうです。奇しくもこのアルバムを含め、彼の参加作品を連日聴いてきてました。RIP

 

Tokyo Live/Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded March 2-8, 1992. Wallace Roney(Tp), Bill Pierce(Ss, Ts), Mulgrew Miller(P), Ira Coleman(B) - 1. Geo Rose 2. Blackbird 3. Ancient Eyes 4. Citadel 5. Warriors 6. Angel Street 7. Sister Cheryl 8. The Slump 9. Mutants On The Beach 10. Civilization 11. Crystal Palace 12. Life Of The Party 13. The Announcements

邦題は「ザ・ブルーノート・ライヴ」で2枚組。収録時間も141分とかなり長め。2曲目を除き、トニー・ウィリアムスの作曲。やはりライヴだと1曲あたりの演奏時間も長くなるので、それだけ曲にひたることができると思います。再演曲ばかりで、新生ブルーノート時代の演奏が取り上げられていますが、このグループならではのまとまりと、ライヴの臨場感で、ここでもドラムスはパワフル。ただ、ライヴと言うことで、スタジオ録音ほどにはドラムスを目立たせていないような感じ。「Civilization」からの曲が多いですけど、それはあまり気にはなりません。7曲目とか、このメンバーとは違うメンバーでのスタジオ録音もあったので、比較してみると面白いかも。このアルバムが彼のブルーノート最後のアルバムで、集大成的な要素もあり。

2020/03/29

The Story Of Neptune/Tony Williams

Tonythestory トニー・ウィリアムスの9日目。メンバーはほぼ同じでも、アルバムごとに趣向を少し変えて出してくるので、興味は尽きません。今回は組曲形式で出だしの3曲をやったということと、オリジナルではない曲を3曲演奏したことでしょうか。ブルーノートではこの後にライブ盤を出して、このレーベルではそれが最後の録音ということになるんだけど、さらにその後、他レーベルからリーダー作を2枚出していますね(うち1枚は紹介済み)。マイルス・バンドにいた時代も好きだったけど、やはりこの新生ブルーノートの時期が、個人的にはけっこう好きです。それにしてはこのところ全然聴いてなかったというのはありますけど。あとは老後のお楽しみか。

 

The Story Of Neptune/Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded December 2 and 3, 1991. Wallace Roney(Tp), Bill Pierce(Ss, Ts), Mulgrew Miller(P), Ira Coleman(B) - 1. Neptune: Overture 2. Neptune: Fear Not 3. Neptune: Creatures Of Conscience 4. Blackbird 5. Crime Scene 6. Poinciana 7. Birdlike

最初の3曲は組曲の構成。その組曲は少々分かりにくいかもしれませんが、独自の世界を展開しています。ある意味3曲で急、やや緩、ドラムス中心の曲というようなドラマ性を見せています。プログレ風ジャズとでも言うべきか。また、久しぶりに全曲オリジナルでなく、ビートルズ(4曲目)その他、他人の曲を3曲(6-7曲目)演奏しています。クループとしてもかなり完成されてきたかなという印象。ビートルズのイメージをあまり崩さないような軽い感じでソロは一部4ビートも混じる4曲目、やや淡いサウンドで繊細な面もある8ビート基調の5曲目、有名な曲を少し静かに割とオーソドックスに料理している6曲目。どの曲もすごいことはすごいけど、7曲目の激しい急速調の曲に対し、ドラムスがすごいとしか言いようがありません。

2020/03/28

Native Heart/Tony Williams

Tonynative トニー・ウィリアムスの8日目。彼の新生ブルーノートでのリーダー作が続きますが、今入手が容易なのかどうか分かりませんけど、いいアルバムを残しているなあ、という印象です。曲ごとに聴いていてもニュー・スタンダードとして残しておいてもいいなあと思える曲が続きます。ドラマーとしてはメロディ・メイカーでもある、数少ないひとりであったかと思います。それでいてドラマーとしての目立ち根性(と言っては失礼かもしれないけど)も健在で、随所にドラマーの目立つ場面はあるし、7曲目はドラマーのソロの曲でもあります。でも、こういうタイプの曲良し、演奏良しのドラマーは多くないんじゃないかと、改めて聴き直した感想です。

 

Native Heart/Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded September 11-13, 1989. Wallace Roney(Tp), Bill Pierce(Ss, Ts), Mulgrew Miller(P), Ira Coleman(B on 1-2, 6), Bob Hurst(B on 3-5) - 1. Native Heart 2. City Of Lights 3. Extreme Measures 4. Juicy Fruit 5. Two Worlds 6. Crystal Palace 7. Liberty

全曲トニー・ウィリアムスの作曲。相変わらずドラムは非常に元気ですが、テーマのメロディがどの曲も分かりやすくなっています。それだけグループと曲の完成度が高くなったのでしょうか。ベーシストが交代し、ここでは2人で3曲ずつの参加。穏やかな出だしでゆったりとした印象を受けるも、そのメロディの強度があるタイトル曲の1曲目、ドラムスのプッシュと、ややアップテンポでテーマが分かりやすい、なかなかいい感じの2曲目、メロディはゆったりしているように見えてリズムはしっかり盛り上げる3曲目、定番になりそうなテーマが印象的な、ある意味シャッフルの8ビート的な4曲目、アップテンポでノリ良く進んでいく5曲目、テーマが印象的である意味シャッフル的とも言える6曲目。7曲目は何と5分以上のドラムソロの曲。

2020/03/27

XI Live/大西順子セクステットプラス

Onishixilive かなり久しぶりに新譜が届いたので先に聴きます。コロナに関してここ数日の情報の急変で、いつまで連続更新できるかな、と心配もしているのですけど。それにしても、相変わらず大西順子はやってくれますねえ。ライナーを読むと、もしかするとこのライヴの収録の続編もあったら期待できるかも、と思います。その分残してくれてあるようで。やっぱりこういう硬派な演奏を聴きたいですし、メンバーがある程度対等に曲を出し合っているので、そういう意味では6人の(今回はプラスアルファで2人いますが)グループなのかなあ、とも思います。いずれも腕利きの集まりなので、よし聴いてやろう、と思う人は多いんじゃないかと。音に跳ね返されないように、心して聴くのがいいのかなあと。

 

XI Live/大西順子(P、Key)セクステットプラス(Somethin' Cool) - Recorded November 22-24, 2019. 吉本章紘(Ts、Ss、Fl)、広瀬未来(Tp、Flh)、片岡雄三(Tb)、井上陽介(B)、高橋信之介(Ds)、吉田サトシ(G)、David Negrete(As) - 1. Water Reflection 2. Rain In March 3. Unity 1 4. 2 Laps Behind 5. Route 43 6. Peace In CHaos 7. Gate Crasher 8. Apple Of My Eye 9. To The End Of The World With You 10. Lost And Confident 11. Magic Touch

大西順子作が8-9曲目、吉本章紘作が1、7曲目、井上陽介作が2、11曲目、広瀬未来作が3-4曲目、高橋信之介作が6曲目、片岡雄三作が10曲目で、全員のインプロヴィゼーションが3曲目。メインのメンバー全員が曲を提供しているので、対等なイメージもあります。75分収録。ライヴ3日間で全部で28曲を演奏して、そのうち11曲を収録ということでレベルの高さがうかがえます。曲はイケイケという感じではなく、けっこう考えられた複雑な要素を持つものが多く、このメンバーの熟練性が分かるアルバムになっていると思います。その分曲ごとに変化に富んでいてファンにはうれしい内容。全体的にゴリゴリとした、ある意味男っぽい硬派なサウンドで、他ではあまり聴かないので貴重かも。ただ、少々聴く人を選ぶかも。(20年3月25日発売)

2020/03/26

Angel Street/Tony Williams

Tonyangel トニー・ウィリアムスの7日目。新生ブルーノート作では3枚目になります。自己のバンドでは安定の2枚目ですけど、やはり彼のリーダー作のせいがドラムスが目立ってますね。いくらリーダー作でももう少しミキシングで抑えればと思うのですが、プロデューサーにも彼の名前もあるし、彼の性格から言えば、ある意味必然なのかなあとも。それでもいいのですけど、トニーの作曲した曲がけっこういいので、普通に聴いてみたかったなあ、という気持ちもあったりします。何枚も出た新生ブルーノートのリーダー作ですが、どれも密度は高めだし、今考えると彼の好きなように作って、結果として良かったのだなあ、とも思えますしね。

 

Angel Street/Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded April 4-6, 1988. Wallace Roney(Tp), Bill Pierce(Ss, Ts), Mulgrew Miller(P), Charnette Moffett(B) - 1. Angel Street 2. Touch Me 3. Red Mask 4. Kiss Me 5. Dreamland 6. Only With You 7. Pee Wee 8. Thrill Me 9. Obsession

同じメンバーでの2枚目。ジャズだけど曲は全曲彼のオリジナルで、全然オーソドックスではありません。「~・ミー」とタイトルがつく1分前後のドラム・ソロの曲が3曲あります(2、4、8曲目)。こういう勝負ができるのも彼ならではかも。他の曲もドラムが前面に出ていて、聴くのにちょっと体力がいります。ただ、1曲目のタイトル曲は当時らしさのあるやや穏やかな4ビートの曲で、独自の叩き方とドラムスの特徴的なサウンドがけっこう印象に残ります。他の曲もまあまあオーソドックスなジャズであるとも言えるし、久しぶりに聴いてみると、ミキシング以外は、意外に普通の現代ジャズ感が漂っています。5曲目のファンク的なビートの曲もなかなか。7曲目のバラードもセンスがけっこういい。そして、ハードなアップテンポの9曲目。

2020/03/25

Civilization/Tony Williams

Tonyciviliトニー・ウィリアムスの6日目。彼のブルーノートでのリーダー作が続きますが、前作はオールスター的なアルバムだったのに対し、今回は自己のバンドという点が違います。少し地味な感じもありますけど、個人的な好みのバンドという点では、やはりこちらの方かな。当時の若手を率いていますけど、皆それなりに有名になっていますし。マルグリュー・ミラーはかなり若くして亡くなってしまったのは残念でしたけど。このあたりのアルバムは’80年代に出ているので、CDジャケも、曲名やミュージシャン名がカタカナで書いてあるので時代を感じさせます。でも、今聴いてもけっこういいアルバムですね。

 

Civilization/Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded November 24-26, 1986. Wallace Roney(Tp), Bill Pierce(Ss, Ts), Mulgrew Miller(P), Charnette Moffett(B) - 1. Geo Rose 2. Warriors 3. Ancient Eyes 4. Soweto Night 5. The Slump 6. Civilization 7. Mutants On The Beach 8. Citadel

彼のバンドのメンバーを率いての録音。当時は割と若手だったのでしょうけど、名の知れたメンバーです。全曲彼の作品で、意気込みが感じられます。前作よりもっとジャズ寄りですが、1曲目のようにファンク的な8ビートの曲もあり、何よりもリズムが新鮮です。ただそれでもジャンル分けするとジャズになっています。アドリブの部分が4ビートの曲が多めだけど、トニーの叩き方はブラインドしやすいのでは。4曲目は今っぽいスピリチュアルさの入っている8分の6拍子。静かな6曲目ではもちろんドラムスの音も控えめでバランスをとっていますが。やはりここからの自己のバンドの時期が一番良かった時代ではと思います。リーダー作のせいかバランス上、ドラムの音がけっこう目立ってます。フレーズ的にも面白いと思います。

2020/03/24

Foreign Intrigue/Tony Williams

Tonyforeign トニー・ウィリアムスの5日目。三連休中いろいろあって、聴く方が追いつかなくなってきましたが、やっと新生ブルーノートのリーダー作になったので、聴いていて楽しいです。ここまでジャズっぽくないドラムスをしかもシンセ・ドラムも時に使って演奏していたのだなあ、と、本当に久しぶりに聴いてイメージが変わりました。昔は何度も聴いていたアルバムのはずだったんですけれどもねえ。でも演奏もトニーのものと分かるくらいに派手だし、作曲の方もなかなかいいし、やはり彼は、特にこの時期からのリーダー作を量産するのは必然だったのか、と思います。’97年に若くして亡くなっているのが惜しいです。

 

Foreign Intrigue/Tony Williams(Ds)(Blue Note) - Recorded June 18 and 19, 1985. Wallace Roney(Tp), Donald Harrison(As), Bobby Hutcherson(Vib), Mulgrew Miller(P), Ron Carter(B) - 1. Foreign Intrigue 2. My Michele 3. Life Of The Party 4. Takin' My Time 5. Clearways 6. Sister Cheryl 7. Arboretum

うれしい久しぶりのジャズのリーダー・アルバム。ただしジャズと言ってもオーソドックスな4ビート以外の曲もあります。メンバーも大物ばかりで演奏が楽しめます。全曲トニー・ウィリアムスの作曲で、プレイヤーとしてだけでなく、コンポーザーとしても際立った個性が印象に残ったアルバム。ジャズの演奏だけど、やはりドラムスの演奏は個性的で、これこそがトニーのドラムスだというところを見せてくれます。パワフルで、シンセ・ドラムも使っています。メンバーが素晴らしいということもあるけど、曲としてもかなりいい感触の印象。タイトル曲の1曲目から、聴く人の耳をとらえて離しません。’80年代の新伝承派的な印象があり、当時としての現代ジャズと言ってもいいくらい。各ソロもいいし、特に6曲目は今でも耳に残っています。

«現在のジャズを聴くオーディオ環境

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

メールアドレス

友人が運営しているサイト