共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

2024/04/15

なぜか残してあるECM2500番以降とCriss Cross1400番以降

240415cd 昨春のCD処分の時には時間がなくてあまり考える余裕もなかったのだけど、区切りよくECM2500番以降とCriss Cross1400番以降だけ残してあります。それが写真で、CDラック3段と半分のECMと、その下に20枚弱のCriss Crossになってます。逆に言うと、ECMのそれ以前のものでは100枚ほどお気に入りを残して処分、Criss Crossに至っては、全部処分してしまいました。普通の人ならば、番号を関係なく、好きなミュージシャンなりアルバムなりを残すと思うので、その点自分は特異なのだなあ、とも思います。どっちみち、ストリーミングに頼ることが多くて、CDラックから常に出して聴くかというとそうでもなく。

なんでそうしたかというのは、今となってはあまり思い出せませんけど、過去のレーベルコンプリートをやっていた当時の名残りで、ここより後はまだ持っていたい、と思ったのかもしれません。他に、ジャズ新譜一般の方はもっと少なく、CDラック1列に満たないほどしか残ってないですし。そもそも処分したのは、CDがラックにぎちぎちに前後2段に入っていて、取り出すのも容易ではなくなったので、それならなくても同じではないか、と思ったのも理由のひとつです。保管に気を使っていても、どうしても古いCDは紙の部分やライナーなどにシミやカビが出てくることもあり、その経年劣化も理由にはなるかなあ、と思います。

ECMとCriss Crossは、いろいろ今後とも参考になるレーベルではありますが、ストリーミングで聴ける割合がけっこう高いレーベルでもあります。そういう意味で、ブログにも全記録を残していることもあって、ばっさりとやってしまったのだろうなあ、と考えています。実際に、手元にあるCDでもストリーミングであれば、そっちで聴くことが多いですし。また、たぶんやらないとは思うけど、今手元にあるのは新譜中心なので比較的買取価格が高いため、いざとなったら、新しい方の処分にも手をつけるかもしれないな、なんてことを考えてしまいます。まあ、金銭的に困っているわけではなくて、実際買っているのはまだ働いているので、自分の小遣いからなんですけどね。こういう残し方をする人も珍しいと思うので、書いて残しておこうと思いました。まあ、昨年から補聴器をつけて聴いている状態なので、聴き疲れして以前ほどには長い時間聴けなくなっている、ということもありますが。

(追記)とうとう一時1ドル154円行ってしまいましたね。輸入CD派にとってはつらい数字です。ここで天井になるのか、ここよりさらに安くなるのかで、今後のこともいろいろと考えねば、、、

2024/04/14

中古CDの価格は再び上がっていくのか

今日時点で1ドル153円を超えていて、新譜CDの購入に関しては、輸入盤はまだまだ高くなりそうな予感がしてます。一部通販などで、輸入盤の方が国内盤の価格より高いものも出てきたりして、困ったものです。輸入盤を買うことが比較的多い身としては、以前の1ドル108円ぐらいがちょうどいい感じだったのにねえ。輸入物はかなりのものが1.5倍に値上がりしていて、購入時に厳選しても厳選しきれない感じです。

さて、LPの中古価格が上がっているのはご存じの通りで、今やその値段で買えるのは海外からの買い付けや観光客ではないか、と思えるほど。そんな中で、現状のCDの中古価格もこれから上がっていくんじゃないか、というご意見も見かけるようになりました。どうなんでしょうね。このところ、一部の希少価値のある盤や中古での人気盤を除くと、もう下がるところまで下がって、これ以上下がると、買取不可のCDが続出するんじゃないか、ってところまできてますね。実際、CDの買取をやめたリユース品のお店も増えていますし。

個人的には、今後、CDの中古価格が買取価格を含めて(一部の希少価値のあるものを除く)、上がっていくことは難しいんじゃないかと見てます。ジャズでいうと国内の廉価盤があちこちで出ていて、ただでさえ市場に出回っている数量が多いと、買い取り価格がその販売価格に影響を受けて下がる一方ですし、ストリーミングが欧米並みに普及率が高まってくれば、なおのことCDはダブついてその傾向は強まるでしょう。ただ、まだ日本では現物を持っていたいという人の割合が多くて救われている面はありますけど。ちなみに廉価盤の影響は、ディスクユニオンの人から出張買取の時に話を聞いています。

私も、昨年春にCDを処分してますが、昨年暮れより新しい試みとして、国内盤SACDハイブリッドを揃える、ということをしています。実は、今回そのSACDって、以前持っていたか、現在も持っているか、っていうのが7割ぐらいあって、通常のCDで買い戻しするのもしゃくだなあ、という気持ちもあるのと、SACDはまだ買取は比較的高めなので、以前と趣向を変えた集め方をしています。これで流れを変えることができるかどうかは分かりませんけど、自分の気力がなくなるか、年齢でオーディオが無理になる時までは、いろいろ考えながら、再び集めていきたいと思います。

2024/04/08

CDの買い戻しと買い増し

このところのまとめ買いと手配の状況で、4月下旬まではほとんど新譜CDが入って来ない予定なので、その分今は昨春に買取に出したときの買い戻しや、買い増しが目立っています。特にタワーレコード限定のSACDハイブリッド盤が多かったです。名盤の関係は、SACDで残しておこうか、という判断でもあります。実は買取に出した直後に買戻ししたので、持っている予定だったのに間違えて出してしまったもの4枚がありますが、その中身は発表しなくてもいいでしょう。値段も中古なので安かったですし。

今回は、その後に間違えて買取に出したことが分かって、その買い戻しや、最近になってやっぱり持っていた方がいいなあ、と思ったものもあり、それらの枚数は昨春買い戻したのを合わせても8種類ぐらいです。それプラス、前にも持っていたけど、どうせ買うならSACDで聴きたいと思ったもの、全く新しく買ったものも結構あります。今までにはブログで’70年代以降の音源のSACDのアルバム群に関してはアルバムコメントを書いてきてはいますけど。今回はその後の経過を、これは「ゲッツ/ジルベルト」と同じく、’60年代の有名盤が多いため、購入したけどブログにはアップしない予定のものをまだこれからも何枚か出てくるので書き出してみます。今日は4月8日ですが、後日購入したものも書き加えていくかもしれません。

 

3/28 Some Enchanced Evening/Art Gartfunkel(Vo)(Warner Bros.)(中古で買い戻し)
4/4 ゲッツ/ジルベルト/スタン・ゲッツ(Ts)&アストラッド・ジルベルト(G、Vo)(Verve)(未開封中古)
4/5 Crystal Silence/The ECM Recordings 1972-79/Gary Burton(Vib)/Chick Corea(P)(ECM 2036-39)(中古で買い戻し)
4/5 Odyssey In Studio & In Concert/Terje Rypdal(G, Synth, Ss)(ECM 2136-38)(中古で買い戻し)
4/7 コルトレーン/ジョン・コルトレーン(Ts, Ss)(Impulse)
4/8 バラード/ジョン・コルトレーン(Ts)(Impulse)
4/11 デューク・エリントン(P)&ジョン・コルトレーン(Ts, Ss)(Impulse)(中古)
4/11 Watching The Snow/Michael Franks(Koch Records)(中古で買い戻し)
4/11 ジョン・コルトレーン(Ts、Ss)・アンド・ジョニー・ハートマン(Ts)(Impulse)
4/11 至上の愛/ジョン・コルトレーン(Ts)(Impulse)
4/11 スタン・ゲッツ(Ts)&ビル・エヴァンス(P)(Verve)
4/13 エイプリル・イン・パリ/カウント・ベイシー・オーケストラ(P、Cond)(Verve)
4/13 ハーフ・ノートのウェス・モンゴメリー(G)とウィントン・ケリー(P)(Verve)(たぶんこれで打ち止め)

2024/04/04

名盤「ゲッツ/ジルベルト」が届いたけど

240404getzgilberto 本当は買うつもりではなかったんだけど、タワー限定の「ゲッツ/ジルベルト」SACDハイブリッド盤がディスクユニオンで未開封中古が出ていて、郵送料入れてもタワーの割引価格よりも安かったものだから、つい注文してしまい、今日届きました。こういうものの未開封中古ということは、もしかして遺品かもしれないなあ、と思いつつ。

すでに一度書いていると思うのですが、新たに届いたCD等を、全部ブログ等にアップするのは最近はやめています。とは言うものの、入手しておいて言及してないのはごくわずか(数枚)だったのですけど。今回のような名盤中の名盤は、私なんかがアルバムコメントを書かなくても、検索すればいくらでも出てくるし、ここまでの名盤をどう料理しようか迷うところもあるので、今回は入手したという報告にとどめておきます。実は1年前に処分した中にも、このアルバムとカップリングになってCD3枚組(だったかな?)のものを持っていました。

収録時間は34分と短めですけど、やっぱり何度聴いてもいいですねえ。’50-60年代にはこのような名盤がゴロゴロ転がっているので、聴く分にはけっこう楽しいです。ただ、自分の守備範囲が主に’70年代以降のジャズ/フュージョンにしているので、あえて自分が書かなくても、というのは思っています。最初にホームページをはじめたのは’97年のことで、あれから26年半が経ち、ちょうどその時で、’70年頃と、今現在と、時間の距離が真ん中あたりに来てしまったんですね。そろそろマスターテープの劣化の問題も出てきて、最近は技術も発達はしてきましたが、今になってCD初期の頃にプレスされたCDに多少ですが人気が集まっている、というのもなるほどなあ、と思っています。

なお、今回の「ゲッツ/ジルベルト」、オビの説明には「初出時LPのオリジナル通りのパンニング(アストラッド・ジルベルトのヴォーカルを左チャンネル)にて収録」と、芸の細かいところを見せてくれています。

2024/04/03

峰/峰厚介五重奏団

Minemine TBM(スリー・ブラインド・マイス)のSACDハイブリッドの3日目にして一段落。次は6月発売か。待ちきれるか、楽しみではある。前回の廉価盤CDでの発売の時は相当数の種類が発売されたようだけど、全部聴いていると追っかけ切れなくなるので、自分としては今回のペースでいいかな、と思っています。それにしてもTBM1枚目で出たこのアルバムは、けっこう迫力がありました。自分の思い描いていた、もう少し王道路線というのは、’60年代の日本のジャズだったのかもしれないです。しっかり当時としては新しいジャズをやっていたんですね。実は’80年代の半ばに市川秀男の出ているライヴに行ったことがあって、カッコいいと思ったものでした。’70年からもうカッコいい。もっと早くこのアルバムに出会えれば。

 

峰/峰厚介五重奏団(As、Ss)(Three Blind Mice) - Recorded August 4 and 5, 1970. 今井尚(Tb)、市川秀男(Key)、水橋孝(B)、村上寛(Ds) - 1. Morningtide 2. Isotope 3. Dream Kids 4. Work I

峰厚介作が1曲目、市川秀男作が3-4曲目、ジョー・ヘンダーソン作が2曲目。収録時間は48分。そしてTBMレーベルの1作目。日本での’70年作にしてはけっこうハードな、アップテンポの4ビートでの1曲目で幕を開けます。ピアノは全編フェンダー・ローズでも、古い感じはあまりせずに、ストレートにジャズとして響いてきてます。1曲が平均10分以上と長く、まるでライヴを聴いているような錯覚を覚えます。一点、メロディアスで心地よい軽さのミディアムテンポでの4ビートの2曲目で、雰囲気が変わっていきます。浮遊感のあるミステリアスな8ビートで、やや静かに進行していく3曲目、そして4曲目ではアップテンポの4ビートでゴリゴリと突き進んでいき、ノリの良いアドリブを乗せ、インパクト強くアルバムの幕を閉じます。(24年2月28日発売)

2024/04/02

流氷+2/日野元彦カルテット+1

Hinoryuhyou TBM(スリー・ブラインド・マイス)のSACDハイブリッドの2枚目は、これも何度も再発されていて有名な、日野元彦の流氷です。CDは’88年から追加曲を2曲入れたこのフォーマットになっているらしく、LPの3曲収録とは分かれてCDがあるようです。’76年というと、アメリカなどではジャズは下火だったですが、日本のジャズはなかなか元気のいいところを見せてくれています。前回の再発の時はCD廉価盤でかなり多くのアルバムが出たようですが、今回はリマスタリングもあって、ゆっくりの発売のため、現在のところ12枚までしか具体的な発売の予定がないみたいですけど、いずれも良盤、有名盤のようなので、このシリーズで追いかけてみたいと思っています。オリジナル盤などあまり海外に流出してほしくないとは思います。でも、内容がいいから人気のようですね。

 

流氷+2/日野元彦カルテット+1(Ds)(Three Blind Mice) - Recorded February 7, 1976. 山口真文(Ts)、清水靖晃(Ts、Ss)、渡辺香津美(G)、井野信義(B) - 1.流氷-Sailing Ice- 2. Soultrane 3. Rio Rome 4. Milky Shade 5. New Moon

CDは3-4曲目がボーナス・トラックでライヴの曲順に合わせているらしい。日野元彦作が1曲目、渡辺香津美作が4曲目で、他はジャズメン・オリジナル。収録時間は63分。ライヴなので、どの曲も10分を超えています。ゲストは山口真文氏、当時のジャズらしく、8ビートのファンキーなサウンドではじまり、それぞれのソロも流氷の荒々しさを感じさせる1曲目、ドラム・ソロもけっこう迫力。バラードではじまり、ゆったりとした4ビートになる、メロディアスな2曲目、3、5曲目はスティーヴ・グロスマン作曲の曲で、3曲目はサンバのリズムがゴキゲンで、そのまま突っ走っていくような感じ。8分の6拍子で少しミステリアスな雰囲気もある4曲目、そして、徐々に思索的に盛り上がっていく、18分もあるこれまた8分の6拍子の5曲目。(24年2月28日発売)

2024/04/01

ミスティ/山本剛トリオ

Yamamotomisty ’70年代以降のジャズが好きと言いながら、’70年設立のスリー・ブラインド・マイスのアルバムは何と今まで1度も聴いたことがなく、今回SACDハイブリッドで3枚発売されはじめてから1か月して、やっと購入しました。今まで王道路線というか、そのあたりは日本のジャズの場合避けていて、フリー度の高いものにばかり興味を持っていたからでもあります。今回は、自分の好みでSACDというところから入ってきました。今回の再発にあたってマスタリングはバーニー・グラントマンというのも興味がありましたし。4か月ごとに3枚ずつ(いつまでかは分かりませんが)の発売で、これから無理なく聴けて行けるかな、とも思うし、その中でもトップに来たのは話に聞くこの名盤ということで、当時のジャズの影響を感じさせながら、45分たっぷりと楽しめました。

 

ミスティ/山本剛トリオ(P)(Three Blind Mice) - Recorded August 7, 1974. 福井五十雄(B)、小原哲次郎(Ds) - 1. Misty 2. Blues 3. Yesterdays 4. Honey Suckle Rose 5. Smoke Gets In Your Eyes 6. I Didn't Know What Time It Was 7. Angel Eyes

2曲目が山本剛作(インプロ的なブルース?)で、他はスタンダード集。収録時間は45分。今となってはこのレーベルの名盤中の名盤と言われているだけあって、さすがの内容。高音域を多めに使ったちょっと優しいタッチのバラードの、1曲目のタイトル曲で、グッとくるものがあります。かといって甘すぎず、不思議な世界を漂っています。他の曲では、メリハリの効いた王道路線としては鋭いフレージングもあって、なよなよとした感じでは全然ないです。ただ、何となく高音域は多めかな、という感じも。それでも、ドーンと構えて、これがジャズだ、というような曲も多く、聴いていて楽しくなってきてしまいます。これだけの名曲ぞろいで、それを歌い上げているので、これはやっぱり聴く価値はあると思います。真正面からジャズ。(24年2月28日発売)

2024/03/31

スリー・ブラインド・マイス(Three Blind Mice)レーベルのSACDハイブリッドを集めはじめる

240331tbm 3月はあまりにも購入CD(追っかけのレーベルやミュージシャンという意味で)が少なかったので、いくらか再購入の注文をしてみたり、CTIのタワー限定SACDハイブリッドを購入してみたりしてますが、それだけではもの足りず、月末近くなって、2月末から再発しはじめた「スリー・ブラインド・マイス(Three Blind Mice)レーベル」のアルバムを注文して、3月31日のお昼過ぎ、今さっき届いたところです。

私はホームページ時代から’70年代以降のジャズが好き、をテーマにホームページやブログで主にアルバムコメントを書いてきたのだけど、このレーベルも’70年代からのレーベルなんですよね。たまたま、自分の好きな日本人ジャズからはほんの少し外れていたという単純な理由だけど、1枚も聴いてきていない、というのも珍しいことだなあ、と思います。

たまたま今度はタワー限定ではなくて、2月末から3枚ずつ、4か月ごとに発売される予定なので、購入していくペースは無理はないかな、という感じでしたので、まず3枚を注文してみて、気に入ったら行けるところまで行ってみようかな、と思ってます。このレーベルをはじめ、日本人ジャズは海外で人気(特にこのレーベルは人気らしい)で、今の海外の物価高と円安の影響で、レコードやCDがどんどん海外へ流出しているという情報もあり、またストリーミングにもこのレーベルは無い様子だったので、買ってみようか、と思った動機でもありました。値段の高騰具合から、LPではなくて私はCD派なのですが、SACDハイブリッドでも税込3千円で済んでいるので、他のハイブリッド盤よりは今だったら安いな、というイメージもあります。もっとも昔はもっと安いハイブリッド盤もありましたけどね。

CDを処分した理由の一つに、今後のCDに関する出費を抑える、という目的もあったのですが、なんだか逆に今年になってから出費が増えてしまい、藪蛇になっているような気もします。それでも、音楽を聴いてもうしばらくは楽しめればいいな、と思っています。

2024/03/24

Out Of Sight/大高清美

Otakaoutof 手持ちのアルバムで、まだブログにあげてないものがありました。大高清美はKIYO*SENで4枚持っていましたが、彼女のリーダー作は何作か出ているものの、これ1枚しか持っていません。なんで購入したかというと、ベースがゲイリー・ウィリス、ドラムスがデイヴ・ウェックルだったからなんですね。発売が’01年ということで、ブログにあがってませんでした。廃盤だし、インディペンデントレーベルだし、ストリーミングにもないということで、音源は今では聴くのが難しいかもしれないですけど、内容はけっこうゴキゲンなアルバムなので、今になってあえてアップしてみます。このアルバムは当時何回も聴きました。

 

Out Of Sight/大高清美(Org)(Zizo)
Out Of Sight/Kiyomi Otaka(Org)(Zizo) - Recorded October 26 and 27, 2001. Gary Willis(B), Dave Weckl(Ds) - 1. #26 2. Still Moment 3. Bugs 4. Departure 5. Like A Sandglass 6. Central Junction 7. Kid's Doors 8. Commodore Funk

大高清美の第3作とのことで、メンバーがメンバーなだけに、けっこう強力でヘヴィーなファンク・アルバムに仕上がっています。全8曲中、彼女の作曲が7曲あり、キメの多いファンク的曲調がカッコ良い。ジャズというよりはフュージョン調の構成。ベースとドラムスのメンバーの、個性の強いセッション的なアルバムですが、これでもか、的な展開が聴いていてスッとします。オルガンは超絶技巧というよりはメロディやサウンドの流れで聴かせるような印象。外向的で元気な曲が多い中でも5曲目の比較的静かなバラードは渋くて泣かせます。個人的には各曲であらわれるゲイリー・ウィリスのカッコ良いベース・ソロとデイヴ・ウェックルのタイトなドラムの重ね合わせがジーンときます。 でも、この2人の顔合わせははじめてらしい。(01年12月21日発売)

2024/03/23

私とストリーミングの相性は良いか

先日、こういうことがありました。あるアルバムで、曲が1-2曲、LPのCD化で欠落しているものがある。→LPの中古を購入しようか、どうしようか。→一度買取してもらったCDBOXの中に、完全版のものがあるので、買い戻そうか。→結局ストリーミングにはあるので、そのまま買わないでおこう。

私のCDの購入パターンは、新しいCDを買うと、即ブログにアルバムコメントをアップするため真剣に聴きながら、文章を書く。その後は気に入ったものは何度か聴くけど、今までは新しいCDが多かったため、新しいものへと次々と目が移り、そのまま、それ以前のものはCDラックに。そしていったんCDラックに入ってしまうと、ほぼ聴かない。聴いたとしても、何回でもない。こういう生活を繰り返しているうちに歳をとって、もはや残りの人生で全部頭に入るほど聴ききれるものでもなくなった。というわけで、昨年春に大多数のCDを処分してしまったんですよね。

また、手元にCDを置いておいて、その曲はストリーミングで聴いている、ということも多くなりました。ストリーミングにないものもまだまだありますが、あまり不便は感じない状況です。また、よく聴くECM、Criss Cross系統は一部を除いて、ストリーミングでほぼ聴けますし。惜しいのはキングレコードのアルバムがほとんど見つからないことぐらいですか。あとJMTレーベルも入ってほしいなあ、とも思いますけど。

そもそも仕事をやっている時には、単純作業の時は音楽をかけていることもありますが、通常はかけません。また、最近は補聴器を通しての音楽鑑賞なので、長時間音楽を聴いていると疲れてしまうということもあります。というわけで、大量の音楽を1日中かけているわけではありません。長男はフィジカルなCD、LPを買うこともありますが、私よりストリーミングの方に傾いていますし、この傾向は変わらないんじゃないかな、と思います。ですので、自分だけの聴き方としては、ストリーミングってだんだん自分と相性が良くなってきているな、という気がしています。

それでも、ホームページやブログは「CD」のためのものなので、一部どうしてもストリーミングでなければ手に入らないもの以外は、常に「CD」で聴いたものをアップしています。そのため、数量的には今後減っていくんじゃないかな、と思います。基本的にCDを聴いてアップしていくという方針は変わらないつもりです。

«ジルベルト・ウィズ・タレンタイン/アストラッド・ジルベルト

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト