共同企画(’21年終了)

無料ブログはココログ

2024/06/22

’24年私的上半期のジャズベスト3

2760_20240621194001 Chriseagles_20240621194001 Charlesthesky_20240621194101 ’24年上半期は新譜のジャズのCDをそんなに枚数を聴いていなかったので、ベスト3を挙げるとはいっても最大公約数的になってしまうのですが、その中でも、これらのアルバムの印象が強く、何回も聴いてしまいました。いつものように順位はつけずに、3枚挙げてみます。6月は下旬にあと9枚届く予定があるのですが、時期的に聴ききれないため、それは下半期として年間ベストの候補の方に加えたいと思います。

今年の上半期は新譜以外のタワーレコードのSACDハイブリッド中心に購入していて、主に’60年代から’70年代のものが多かったような感じで、有名盤ばかり50枚前後集めてしまいましたが、最近になってSACD/CDドライブのメカの供給から撤退する企業の話があって、SACDとして聴けるのも、今のプレイヤーで終わりなのかなあ、という気もしています。

 

Compassion/Vijay Iyer(P)/Linda May Han Oh(B)/Tyshawn Sorey(Ds)(ECM 2760)(輸入盤) - Recorded May 2022. - 1. Compassion 2. Arch 3. Overjoyed 4. Maelstrom 5. Prelude: Orison 6. Tempest 7. Panegyric 8. Nonaah 9. Where I Am 10. Ghostrumental 11. It Goes 12. Free Spirits/Drummer's Song

(24/02/04)3曲目がスティーヴィー・ワンダー作、8曲目がロスコ―・ミッチェル作、12曲目前半がジョン・スタブルフィールド作、後半がジェリ・アレン作の他は全曲Vijay Iyer作。収録時間は65分。このトリオでは2作目で、息の合ったところを見せてくれます。1曲目のようにゆったりと波打つような曲があるかと思えば、2曲目のようにけっこうスピリチュアル的に盛り上がるような曲もあって、変化に富んでいます。変拍子の曲もあるようですけど、分析するのは難しい。曲によってけっこう盛り上がるのですが、ミキシングのせいかスマートに聴こえます。ECMとしてはけっこう自由にさせてもらっているようで、1曲1曲がドラマチックで、あまり平易ではない語り口にしても、引きこまれるものを持っています。なかなか気になる1枚。

 

イーグルズ・ポイント/クリス・ポッター(Ts、Ss、Bcl)(Edition Records)
Eagle's Point/Chris Potter(Ts, Ss, Bcl)(Edition Records) - Released2024. Brad Mehldau(P), John Patitucci(B), Brian Blade(Ds) - 1. Dream Of Sale 2. Cloud Message 3. Indigo Ildiko 4. Eagle's Point 5. Aria For Anna 6. Other Plans 7. Malaga Moon 8. Horizon Dance 9. All The Things You Are(Bonus Track)

ボーナス・トラックの9曲目(ソロ)がスタンダードの他は全曲クリス・ポッター作曲。収録時間は66分。このメンバーだからかなりすごいことになっているだろうと思ったけど、落ち着いたところもある現代ジャズという感じ。バス・クラリネットを含めたサックスの切れ味は抜群で、リーダーの音を追いかけるだけでもけっこう満腹感があります。それどころか、誰のソロ・パートでもかなり聴きごたえあり。超豪華なメンバーも相まって、非4ビート系メイン(4ビートの部分もあり)のジャズとしては、完成度が高いと思わせます。エッセンス的にはメカニカルな感じなんだろうけど、メロディを感じる吹き方が彼独特でなかなかいい感じ。ラストのサックス・ソロも短くはなく、かなり聴きごたえがあるので、日本盤推薦の理由にもなっています。(24年3月8日発売)

 

The Sky Will Still Be There Tomorrow/Charles Lloyd(Ts, As, Bfl, Afl)(Blue Note)(輸入盤) - Released 2024. Jason Moran(P), Larry Grenadier(B), Brian Blade(Ds) - 1. Defiant, Tender Warrior 2. The Lonely One 3. Monk's Dance 4. The Water Is Rising 5. Late Bloom 6. Booker's Garden 7. The Ghost Of Lady Day 8. The Sky Will Still Be There Tomorrow 9. Beyond Darkness 10. Sky Valley, Spirit Of The Forest 11, Balm In Gilead 12. Lift Every Voice And Sing 13. When The Sun Comes Up, Darkness Is Gone 14. Cape To Cairo 15. Defiant, Reprise; Homeward Dove

(24/05/15)CD2枚組。全曲がチャールス・ロイドの作曲で、新曲も再演曲もある構成。収録時間は90分。すごいメンバーでのクァルテットです。演奏は相変わらずマイペースという感じですが、熟成してきてどこを聴いても彼の音楽になっています。CD1枚につき45分という構成はLP2枚組でも発売されているから。サイドも、バリバリ演奏しているところも多めではないのに、このメンバーなら文句ないだろうという演奏を聴かせているし、ある種洗練されたスピリチュアルというものをサックスからも感じます。フリーに半分入った形の曲も目立ちますが、サウンドの様式美が見えるようです。曲によって様々に変化があって、90分で15曲飽きさせず聴かせてくれます。聴く人を選ぶかもしれないですが、なかなかの大作ですね。

2024/06/16

昨年のCD処分で残っているECM(2499番以前)

昨年、CDの大量処分の時にECM1001-2499番までまとめて処分したのだけど、長男がキース・ジャレットを残しておいて、というので、ついでに他のアルバムも少し残しておきました。それでも140枚ほどは手元に残りました。今リストアップすると、あれが残っていてこれが残っていない、などと問題も起きますが、ほとんどストリーミングで聴けるので、どっちみちCDは保管しているのにほぼ近い状態のため、買い直しは最小限になると思います。いくつかあるのかないのかあやふやなのもあるのですが、調べていくうちに適時直していきます。

 

A.R.C./Chick Corea(P)/Dave Holland(B)/Barry Altshul(Per)(ECM 1009)
Piano Improvisations Vol.1/Chick Corea(P)(ECM 1014)
Piano Improvisations Vol.2/Chick Corea(P)(ECM 1020)
Return To Forever/Chick Corea(P)(ECM 1022)
Open, To Love/Paul Bley(P)(ECM 1023)
Crystal Silence/Gary Burton(Vib)/Chick Corea(P)(ECM 1024)
Solo Concerts/Keith Jarrett(P)(ECM 1035-37)
Belonging/Keith Jarrett(P)(ECM 1050)
Trance/Steve Kuhn(P)(ECM 1052)
Eon/Richard Beirach(P)(ECM 1054)
Gateway/John Abercrombie(G)(ECM 1061)
The Koln Concert/Keith Jarrett(P)(ECM 1064/65)
Gnu High/Kenny Wheeler(Flh)/Keith Jarrett(P), Dave Holland(B), Jack DeJohnette(Ds)(ECM 1069) 
Arbour Zena/Keith Jarrett(P)(ECM 1070)
Bright Size Life/Pat Metheny(G)(ECM 1073)
The Survivor's Suite/Keith Jarrett(P, Ss, etc.)(ECM 1085)
Staircase/Keith Jarrett(P)(ECM 1090/91)
Water Colors/Pat Metheny(G)(ECM 1097)
Sun Bear Concerts/Keith Jarrett(P)(ECM 1100)
Tales Of Another/Gary Peacock(B)/Keith Jarrett(P)/Jack DeJohnette(Ds)(ECM 1101)
Hubris/Richard Beirach(P)(ECM 1104)
Gateway2/John Abercrombie(G), Dave Holland(B), Jack DeJohnette(Ds、P)(ECM 1105)
Pat Metheny Group(G)(ECM 1114)
My Song/Keith Jarrett(P, Per)(ECM 1115)
New Chautauqua/Pat Metheny(G, B)(ECM 1131)
Duet/Gary Burton(Vib)/Chick Corea(P)(ECM 1140)
Elm/Richard Beirach(P)(ECM 1142)
Eyes Of The Heart/Keith Jarrett(P, Ss, etc.)(ECM 1150)
Magico/Charlie Haden(B), Jan Garbarek(Sax), Egberto Gismonti(G, P)(ECM 1151)
American Garage/Pat Metheny(G) Group(ECM 1155)
Nude Ants/Keith Jarrett(P, Per)(ECM 1171/72)
80/81/Pat Metheny(G)(ECM 1180/81)
Freigeweht/Rainer Bruninghaus(P, Synth)(ECM 1187)
As Falls Wichita, So Falls Wichita Falls/Pat Metheny(G, B) & Lyle Mays(P, Synth, Org)(ECM 1190)
Offramp/Pat Metheny Group(G)(ECM 1216)
Ondas/Mike Nock(P)(ECM 1220)
Concerts/Bregenz/Munchen/Keith Jarrett(P)(ECM1227-29)
Trio Music/Chick Corea(P)/Miroslav Vitous(B)/Roy Haynes(Ds)(ECM 1232/33)
Travels/Pat Metheny Group(G)(ECM 1252/53)
Standards, Vol.1/Keith Jarrett(P)/Gary Peacock(B)/Jack DeJohnette(Ds)(ECM 1255)
Childres's Songs/Chick Corea(P)(ECM 1267)
Jumpin' In/Dave Holland(B, Cello) Quintet(ECM 1269)
Rejoicing/Pat Metheny(G) with Charlie Haden(B) & Billy Higgins(Ds)(ECM 1271)
Changes/Keith Jarrett Trio(P)(ECM 1276)
First Circle/Pat Metheny(G) Group(ECM 1278)
Standards, Vol.2/Keith Jarrett(P)/Gary Peacock(B)/Jack DeJohnette(Ds)(ECM 1289)
Seeds Of Time/Dave Holland(B) Quintet(ECM 1292)
Bass Desires/Marc Johnson(B)(ECM 1299)
Trio Music, Live In Europe/Chick Corea(P)/Miroslav Vitous(B)/Roy Haynes(Ds)(ECM 1310)
Standards Live/Keith Jarrett(P)(ECM 1317)
Fragments/Paul Bley(P)(ECM 1320)
Spirits/Keith Jarrett(P, Fl, Per, etc.)(ECM 1333/34)
Book Of Ways/Keith Jarrett(Clavicord)(ECM 1344/45)
Second Sight/Marc Johnson's Bass Desires(B)(ECM 1351)
The Razor's Edge/Dave Holland(B) Quintet(ECM 1353)
Still Live/Keith Jarrett(P)(ECM 1360/61)
Johann Sebastian Bach/Das Wohltemperierte Klavier, Buch 1/Keith Jarrett(P)(ECM New Series 1362/63)
The Paul Bley Quartet(P)/John Surman(Ss, Bcl), Bill Frisell(G), Paul Motian(Ds)(ECM 1365)
Triplicate/Dave Holland Trio(B)(ECM 1373)
Dark Intervals/Keith Jarrett(P)(ECM 1379)
Personal Mountains/Keith Jarrett(P)(ECM 1382)
John Abercrombie(G, G Synth), Marc Johnson(B), Peter Erskine(Ds)(ECM 1390)
Changeless/Keith Jarrett(P)(ECM 1392)
Johann Sebastian Bach/Goldberg Variations/Keith Jarrett(Harpsichord)(ECM New Series 1395)
Wave Of Sorrow/Mikhail Alperin(P, Melodica, Voice)/Arkady Shilkoper(French Horn, Jagdhorn, Flh, Voice)(ECM 1396)
Paris Concert/Keith Jarrett(P)(ECM 1401)
Extentions/Dave Holland Quartet(B)(ECM 1410)
Tribute/Keith Jarrett Trio(P)(ECM 1420/21)
Johann Sebastian Bach/Das Wohltemperierte Klavier, Buch 2/Keith Jarrett(Harpsichord)(ECM New Series 1433/34)
The Cure/Keith Jarrett(P) Trio(ECM 1440)
Ragas And Sagas/Ustad Fateh Ali Khan(Voice) & Jan Garbarek(Ss, Ts)(ECM 1442)
Vienna Concert/Keith Jarrett(P)(ECM 1481)
In The Evening Out There/Paul Bley(P), Gary Peacock(B), Tony Oxley(Ds), John Surman(Bs, Bcl)(ECM 1488)
Johann Sebastian Bach/3 Sonaten Fur Viola Da Gamba Und Cembalo BWV1027-1029/Keith Jarrett(Chembalo)(ECM New Series 1501)
Johann Sebastian Bach/The French Suites/Keith Jarrett(Harpsichrd)(ECM New Series 1513/14)
Madar/Jan Garbarek(Ts, Ss)、Anouar Brahem(Oud), Ustad Shaukat Hussain(Tabla)(ECM 1515)
Georg Friedrich Handel/Suites For Keyboard/Keith Jarrett(P)(ECM New Series 1530)
At The Deer Head Inn/Keith Jarrett(P)/Gary Peakock(B)/Paul Motian(Ds)(ECM 1531)
Time Will Tell/Paul Bley(P), Evan Parker(Ss, Ts), Barre Phillips(B)(ECM 1537)
Standards In Norway/Keith Jarrett(P) Trio(ECM 1542)
Homecoming/Gateway(ECM 1562)
Dream Of The Elders/Dave Holland(B) Quartet(ECM 1572)
Remembering Tomorrow/Steve Kuhn(P)(ECM 1573)
In The Moment/Gateway(ECM 1574)
Keith Jarrett(P) At The Blue Note(ECM 1575-80)
Sankt Gerold/Paul Bley(P), Evan Parker(Ss, Ts), Barre Phillips(B)(ECM 1609)
La Scala/Keith Jarrett(P)(ECM 1640)
Points Of View/Dave Holland(B) Quintet(ECM 1663)
Tokyo'96/Keith Jarrett(P) Trio(ECM 1666)
Not Two, Not One/Paul Bley(P), Gary Peacock(B), Paul Motian(Ds)(ECM 1670)
The Melody At Night, With You/Keith Jarrett(P)(ECM 1675)
Prime Directive/Dave Holland(B) Quintet(ECM 1698)
Whisper Not/Keith Jarrett(P), Gary Peacock(B), Jack DeJohnette(Ds)(ECM 1724/25)
The Water Is Wide/Charles Lloyd(Ts)(ECM 1734)
Rosslyn/John Taylor(P)/Marc Johnson(B)/Joey Baron(Ds)(ECM 1751)
Not For Nothin'/Dave Holland(B) Quintet(ECM 1758)
What Goes Around/Dave Holland(B) Big Band(ECM 1777)
Inside Out/Keith Jarrett(P), Gary Peacock(B), Jack DeJohnette(Ds)(ECM 1780)
Hyperion with Higgins/Charles Lloyd(Ts)(ECM 1784)
Solo In Mondsee/Paul Bley(P)(ECM 1786)
Always Let Me Go/Keith Jarrett(P), Gary Peacock(B), Jack DeJohnette(Ds)(ECM 1800/01)
Goldverg Variations/Johann Sebastioan Bach/Andras Schiff(P)(ECM New Series 1825)
J.S. Bach: Das Wohltemperierte Klavier, Vol.1/Till Fellner(P)(ECM New Series 1853/54)
Up For It/Keith Jarrett(P), Gary Peacock(B), Jack DeJohnette(Ds)(ECM 1860)
Extended Play - Live At Birdland/Dave Holland(B) Quintet(ECM 1864/65)
The Out-Of-Towners/Keith Jarrett(P), Gary Peacock(B), Jack DeJohnette(Ds)(ECM 1900)
I Have The Room Above Her/Paul Motian(Ds)(ECM 1902)
J.S. Bach The Sonatas And Partitas/Gidon Kremer(Vln)(ECM New Series 1926/27)
Radiance/Keith Jarrett(P)(ECM 1960/61)
Saudages/Trio Beyond(ECM 1972/73)
The Carnegie Hall Concert/Keith Jarrett(P)(ECM 1989/90)
Time And Time Again/Paul Motian(Ds)(ECM 1992)
Andras Schiff(P)/Ludwig Van Beethoven/The Piano Sonatas(ECM New Series 2000)
Johann Sebastian Bach/Six Partitas/Andras Schiff(P)(ECM New Series 2001/02)
My Foolish Heart/Keith Jarrett(P), Gary Peacock(B), Jack DeJohnette(Ds)(ECM2021/22)
Crystal Silence/The ECM Recordings 1972-79/Gary Burton(Vib)/Chick Corea(P)(ECM 2036-39)
Yesterdays/Keith Jarrett(P)/Gary Peacock(B)/Jack DeJohnette(Ds)(ECM 2060)
Sunrise/Masabumi Kikuchi(P) Trio(ECM 2096)
Mostly Coltrane/Steve Kuhn(P) Trio w/Joe Lovano(Ts, Tarogato)(ECM 2099)
Lost In A Dream/Paul Motian(Ds) Trio(ECM 2128)
Odyssey In Studio & In Concert/Terje Rypdal(G, Synth, Ss)(ECM 2136-38)
Live At Birdland/Lee Konitz(As)/Brad Mehldau(P)/Charlie Haden(B)/Paul Motian(Ds)(ECM 2162)
Jasmine/Keith Jarrett(P)/Charlie Haden(B)(ECM 2165)
Rio/Keith Jarrett(P)(ECM 2198/99)
Somewhere/Keith Jarrett(P)/Gary Peacock(B)/Jack DeJohnette(Ds)(ECM 2200)
Orvieto/Chick Corea(P)/Stefano Bollani(P)(ECM 2222)
Johann Sebastian Bach/Six Sonatas For Violin And Piano(ECM New Series 2230/31)
The Sirens/Chris Potter(Ss, Ts, Bcl)(ECM 2258)
Johann Sebastian Bach/Das Wohltemperierte Clavier/Andras Schiff(P)(ECM New Series 2270-73)
Sleeper/Keith Jarrett(P, Per)(ECM 2290/91)
Arborescence/Aaron Parks(P)(ECM 2338)
Imaginary Cities/Chris Potter(Ts, Ss, Bcl) Underground Orchestra(ECM 2387)
Last Dance/Keith Jarrett(P)/Charlie Haden(B)(ECM 2399)
Hamburg '72/Keith Jarrett(P, Fl, Per, Ss)/Charlie Haden(B)/Paul Motian(Ds, Per)(ECM 2422)
Souvenance/Anouar Brahem(Oud)(ECM 2423/24)
Now This/Gary Peacock(B) Trio(ECM 2428)
Barber/Bartok/Jarrett/Keith Jarrett(P)(ECM New Series 2445)
Creation/Keith Jarrett(P)(ECM 2450)
Black Orpheus/Masabumi Kikuchi(P)(ECM 2459)
The First Quartet/John Abercrombie(G, Mandolin)(ECM 2478-80)

(追記)チェックしてみたら、案の定、下記アルバムは持っているべきところ処分していた。中古で探そう。
Bye Bye Blackbird/Keith Jarrett Trio(P)(ECM 1467)(’24年6月17日入手)
39 Steps/John Abercrombie(G) Quartet(ECM 2334)

2024/06/15

SACD/CDドライブメカの生産終了するメーカーがあるらしい

私がSACD対応プレイヤーを購入したのはかなり後になってからで、’19年も12月の末に近くなってからのこと。それまではCDプレイヤーで十分と考えていて、それがそろそろ寿命が限界かなと思えるあたりでマランツのSA-12に買い替えてます。もうその頃には、そのあたりの価格帯では、買えるプレイヤーがそんなになかったこともあり、いくつか試聴して必然的にこれ、というのを購入しました。

そして、昨年暮れから割と集中してSACDハイブリッド盤を集めていて、その枚数が50枚ほどになった時、というよりはつい数日前、SACD/CDドライブのメカを供給するメーカー(D&Mですね)が、7月で生産終了との情報が入りました。SACDドライブに関しては、その周りの部品を含め、過去にも撤退したところはあって、今回はD&Mが7月末でメカの生産終了、ということで、多くの供給先が困るんではないかと思います。おそらくはダウンロードやストリーミングにこのあたりの客層を取られてしまって、SACDの販売枚数が大きく減っているのではないかと、まあ、これは推測ですけど、思うわけです。最近はまたCD専用機が増えてきたのも、これが伏線だったか、と思わせるような内容です。

真空管アンプの世界でも、それを構成する部品の相次ぐ生産中止や値上げで、5-10年ほど昔に比べて、自作がしづらい状況になっているそうなので、SACDもまずハードから消えていく、ということになりそうです。自分はあえてSACDはハイブリッド盤でほとんど揃えてますが、それもSACDは将来そんなにもたない、との予想だったからかもしれません。うまく録音されているCDは、特にSACDがなくても、十分満足する音を出してくれていますしね。

まだ日本はCDの現物を購入する層が一定数いますが、欧米のようにダウンロードやストリーミング比率が高まってしまうと、一気にこのあたりのハードの生産がなくなってきそうです。あとは少しでも長く、手持ちのオーディオ機器類をもたせることを考えなければ、と思ってしまいます。と言いつつ自分もストリーミングの利用時間の割合は増えてはいます。

 

2024/06/11

今井美樹の、松任谷(荒井)由実集をSACDで再購入

240611imaimiki 実はこのアルバム「ダイアローグ -Miki Imai Sings Yuming Classics-」は、’13年の10月にCDを購入していたのですが、最近になってステレオサウンドからSACDシングルレイヤーで発売されていることを知りました。とは言うものの、販売価格が4,950円(送料別)なのでおいそれとは手が出ず。つい先日これが未開封中古でディスクユニオンにあることを知り、それでも高いことは高かったけど、送料込みでも新品本体を購入するよりは安かったので、しばらく悩んだ末、それでまだ売れてなかったため、購入に至った次第です。

そもそも、このアルバムはCDでも音はいいと思います。ただ、同じステレオサウンドからオフコースもSACDが3枚ほど出てますが、これはAmazon Music Unlimited(HD)ではハイレゾの192k/24で聴けるので、買わないでもいいかなあと思ってます。なんたってこれも4,950円という値段がついてますしね。今回このアルバムはストリーミングでもCD規格だったので買ってみた次第。違いが分かるかなあ、と思っていても、自分の駄耳で分かるかどうか。ただ、曲によってはアコースティック中心なので、より自然な感じはしてます。CDから性格を変えてマスタリングしているわけはないので、微妙なんですが。

昨年いったんは手持ちのCDの8割がた、一斉に処分してしまった身であるので、おとなしくしていればいいんだけど、それでも、基本的に収集癖があるようで、気になってしまったら買ってしまうという性格は、当分直らないと思います(現にまたじわじわと増え続けています)が、今回、今までSACDハイブリッドだけを購入していたのを曲げてまで、SACDシングルレイヤー購入してしまったのはこのアルバムに魅力があったからなんですね。いずれはCDプレイヤーに回帰しようとも思っていたのですが。6月末近くまで、ジャズのCDの入手が難しい、なので手持ち無沙汰という理由もありますし。

まあ、CDでも十分満足いく内容ではありますが、好きな人は手を出すかなあ、という感じでしょうか。最近ジャズ以外ではこのアルバムをよく聴いていた、ということもありますし。

(6月12日追記)SACD/CDメカを供給している会社が7月で生産中止という情報が。こういうことがあるからSACDはハイブリッド盤を基本的には買う、という方針でやってきたんですが、ちょっとのめり込みすぎたかな。デジタルのSACD/CDは、LPやカセットテープと違って復権はないらしいし。

2024/06/02

ウルトラアートレコードのCDを持っていながらLPも買ってしまう

240602ultraart1 240602ultraart2 元々はウルトラアートレコードのCDがでた5-6年前、長男が欲しいと言ったので、彼が買ったか私が買ったかまではもう覚えてないけど、2枚ありました。この頃から録音にこだわった高音質CDということで、一部世間からは注目を浴びていました。LPもその後に出ていて、SACDハイブリッド盤の2枚目も5月31日に発売になったばかりです。そういうわけで、CDを持っているからいいか、と改めて聴き直したのが昨日(6月1日)の午前中のこと。アルバムは「エトレーヌ/情家みえ」「バルーション/小川理子」の2枚です。私にとってみれば、オーソドックスなジャズの範疇に入ってくると思います。

昨日(6月1日)の午後のこと、御茶ノ水のアナログオーディオフェアに行っていた長男からLINEが入り、レコード2枚で1万だからどうしようかな、とメッセージが。展示会価格で通常定価よりは安かったんですよね。「買っちゃえば?」と言ってみたけど、半分の5千円持って、とのこと。これを買う気はそれまで全然なかったのだけど、レコードの制作にもこだわりを見せている部分もあったので、ついOKしてしまいました。実は全然関係ないSACDハイブリッド盤が中古で出ていたので、1週間以上もそっちの方を買おうかどうしようか悩んでいる最中でもあったのですが、こういうはずみがあると、簡単に買ってしまいますね。

(注)「バルーション/小川理子」のLPはCDにあった6、11曲目の2曲がカットされて、全10曲の構成になってます。LPのカッティングを最大限生かすためだそうです。

240602ultraart3 そこへきて今日もアナログオーディオフェアに彼はいくとのこと。こうなってくると出たばかりのSACDハイブリッド盤にも興味が出てきました。こちらはハーフインチのアナログマスターを使用という、また別なこだわりを見せています。果たして私の耳ではどうかなあ、と区別がつくかあいまいなんですが、長男は耳が良く、こういった違いを区別できるので、問題はないでしょう。4千円で1週間も悩んでいた私ですが、こうなってくると歯止めが効かないですね。さて、どうなるか。

(追記2日)ここまで来たら結局買ってきてもらってしまいました。反省。

2024/05/30

このブログが開設20周年

110903titlelogo 今日(5月30日)で、ブログ開設20周年を迎えました。ブログがプロバイダーなどで提供されるようになったのが’03年秋ごろで、そこから遅れること半年ぐらいで(’04年5月30日)開設したことになります。それまでは、ホームページしか発表媒体がネット上ではなかったので、文章がうまい人よりは、ホームページを作れる人が前面に出ていたような形になっていました。ちなみに私のホームページは’97年9月30日開設なので、この9月に27年になります。人生の重要な部分をこのようなものにかけていいのか、と振り返って考えてますが、何も形に残らないものよりはずっと良かったのではないか、と思います。

昔、何かのかたちで私の人生を占ってもらったことがありまして「音楽があって、旅を続ける」ような人生になるだろうとのことでした。自分はミュージシャンを想定していたのですが、腕もないし、難聴気味でもあったので、それはあり得ないなあ、と思ってました。今振り返ってみると、若い時は仕事中に音楽をずっとかけたり、近場ですけどお客さんのところをまわる仕事でもあったので、ある意味当たっているのかなあ、などと考えています。あえて、人生は旅のようなものだ、とかキザなたとえではなくて。

ブログも、いくつも作ったりしては、またそれを併合したりして、ここのブログも’07年あたりは併合の影響で、1日に3エントリーもあったり、過密になっているところもあります。また、内容が陳腐化したり、リンク先が無くなってしまったものもあり、それらを時々削除したりもしていて、特に日記的なものの削除は多かったですね。それでも何とか6千エントリーを超えていて、検索からの入り込みもある程度あるので、まあ、そこそこにやっている、という感じです。ほぼ毎日更新は、いったん昨年4月で終わらせていて、あとはゆっくりの更新にはなっていますが。

長く続けるコツは、若い頃は睡眠時間を削ってでも何かしらやっていたように情熱だったですけど、今は同じものへの興味を失わないこと、これに尽きるのでは、と思います。ツイッターも、メインはブログの更新情報中心であまりやってませんが、一昨日で13年を迎えました。

まあ、私も歳だし、このままやれるところまでマイペースで行くと思いますが、ゆるりとお付き合いいただければ幸いです。

(追記)ブログ10周年の時にはこんなことを書いてました。

2024/05/23

ナットジム/田村夏樹、ジム・ブラック

Tamuranatjim 今回の新譜のアルバムは藤井郷子さんが参加していなくて、田村夏樹氏とジム・ブラックのデュオです。ビートのない静かなフリー・インプロヴィゼーションが続くのかなと予想していたら、意外にもビートのはっきりした場面が多め。フリーには慣れてない人でも、こういうアルバムだったらトランペットとドラムスのデュオもけっこう行けるんではないかと思いました。そして田村のトランペットは普通の奏法もあるけれど、特殊な奏法もあれば、声を出して含奏法などもあって、変幻自在です。ある意味この2人の独特な世界というのは、他ではなかなか聴くことができないかと。こういうアルバムもあるので、追っかけはやめられないと思いましたです。でも、聴く人を選ぶかも。

 

ナットジム/田村夏樹(Tp)、ジム・ブラック(Ds)(Libra Records)
NatJim/Natsuki Tamura(Tp), Jim Black(Ds)(Libra Records) - Recorded November 2023. 1. Morning City 2. Afternoon City 3. City Of Dusk 4. City Of Night 5. Quiet City 6. Noisy City 7. Calm City 8. Bright City 9. Bonus

全曲田村夏樹の作曲。収録時間は47分。ジム・ブラックとのデュオは25年ぶりとのこと。フルにトランペットとドラムスのデュオを楽しむことができます。トランペットも通常の奏法から特殊な奏法、声を出して吹く方法等、取り混ぜて演奏しています。ミキシング、マスタリングがマイク・マルシアーノなので、2人の楽器がけっこうリアルに迫ってきて、特にドラムスの音はこれを全編聴いていても飽きないくらいインパクトがあって、楽しい。ジムの演奏はフリーと言うよりは、たいていの場面ではビートがまずあって、そこにいろいろつけ足して賑やかなサウンドを作っているので、フリーを聴くというようなかしこまった感じではなく、楽しむことができます。興味深いので、聴く機会があったらこのデュオ、聴いてみていただきたいところ。(24年5月17日発売)

2024/05/17

インファント・アイズ~プレイズ・ザ・ミュージック・オブ・ウェイン・ショーター/エンリコ・ピエラヌンツィ・トリオ

Enricoplayswa 5月に入ってから届いたアルバムの残り1枚。数が合わないときは、国内盤の廉価盤を購入することが多く、これは’00年録音、’20年発売のもので、安い価格からさらに割引になっていました。でもあと追いながら大好きなエンリコ・ピエラヌンツィでもあり、そのウェイン・ショーター集ということで、価格以上のものを手に入れたと思っています。どちらも好きですからね。彼のショーター作品は、収録時間も長めで、飽きさせず一気に聴くことができました。’60年代の曲ばかりというのも、ピアノ・トリオで表現するならば納得、と言えるでしょうね。ストリーミングにもありましたが、まあ、持っていてもいいんじゃないかということで。

 

インファント・アイズ~プレイズ・ザ・ミュージック・オブ・ウェイン・ショーター/エンリコ・ピエラヌンツィ(P)・トリオ(Timeless)
Plays The Music Of Wayne Shorter - Infant Eyes/The Enrico Pieranunzi(P) Trio(Timeless) - Recorded in 2000. Hein Van De Geyn(B), Hans Van Oosterhout(Ds) - 1. Wildflower 2. Fall 3. Capricorn 4. E.S.P. 5. Teru 6. Deluge 7. Nefertiti 8. Pinocchio 9. Sleeping Dancer, Sleep On 10. This Is For Albert 11. Infant Eyes

全曲ウェインショーターの作曲。収録時間は59分。主に60年代の曲の演奏ですけど、ウェインらしさの出ている曲調で、そのようにエンリコ・ピエラヌンツィが弾けるとは考えたことはなかったのですが、ピアノ・トリオでこういう演奏が聴けるのはうれしいですね。マイルス・バンド関係で有名な曲もあるし、聴いたことがあるメロディが多いのも親しみやすい理由。エンリコはマイペースを崩さずに演奏しているように聴こえていますが、さすが長年にわたってイタリアのジャズを背負って来たピアニストだけのことはあります。ピアノだけにカチッとした演奏にはなっていますけど、それでも雰囲気は十分伝わるし、彼ならではのウェインの解釈もなかなかいい感じでとらえられます。決してフリーに走ることなく、演奏できるのはなかなか。(20年6月17日発売)

2024/05/15

The Sky Will Still Be There Tomorrow/Charles Lloyd

Charlesthesky チャールス・ロイドの新譜を、CD発売後2か月経って、やっと聴けました。ある通販で、1枚だけ注文しておいたら、発売日になっても入荷せず、その後4月初旬に数量がまとまったので通販を切り替えて値段も安くなったのですが、逆に入荷がその時だと遅くなってしまって、時間が経ってしまったものです。メンバーもいいし、いわゆるメロディがあって、周りがフリーっぽくアプローチをかけている曲が少し多めで、こういうのは好みなので、待った買いがあったというものです。でも、2枚組90分というのは、完全にLP優先の録音かと思いますね。CDだと少し中途半端な収録時間です。それでも演奏が良いので、まあ、いいかというところ。

 

The Sky Will Still Be There Tomorrow/Charles Lloyd(Ts, As, Bfl, Afl)(Blue Note)(輸入盤) - Released 2024. Jason Moran(P), Larry Grenadier(B), Brian Blade(Ds) - 1. Defiant, Tender Warrior 2. The Lonely One 3. Monk's Dance 4. The Water Is Rising 5. Late Bloom 6. Booker's Garden 7. The Ghost Of Lady Day 8. The Sky Will Still Be There Tomorrow 9. Beyond Darkness 10. Sky Valley, Spirit Of The Forest 11, Balm In Gilead 12. Lift Every Voice And Sing 13. When The Sun Comes Up, Darkness Is Gone 14. Cape To Cairo 15. Defiant, Reprise; Homeward Dove

(24/05/15)CD2枚組。全曲がチャールス・ロイドの作曲で、新曲も再演曲もある構成。収録時間は90分。すごいメンバーでのクァルテットです。演奏は相変わらずマイペースという感じですが、熟成してきてどこを聴いても彼の音楽になっています。CD1枚につき45分という構成はLP2枚組でも発売されているから。サイドも、バリバリ演奏しているところも多めではないのに、このメンバーなら文句ないだろうという演奏を聴かせているし、ある種洗練されたスピリチュアルというものをサックスからも感じます。フリーに半分入った形の曲も目立ちますが、サウンドの様式美が見えるようです。曲によって様々に変化があって、90分で15曲飽きさせず聴かせてくれます。聴く人を選ぶかもしれないですが、なかなかの大作ですね。

2024/05/14

Lovabye/Gregory Groover Jr.

1419 Criss Crossレーベルの新譜です。数年前に、代が変わってから、そんなに多くのアルバムをリリースはしなくなりましたが、それでもいいアルバムを出していると思います。レーベル買いしてなければ出会わなかったミュージシャンも多いんじゃないかと。そんな中で今日紹介するアルバム。私が今のジャズを聴いていたのってせいぜい’00年代までで、その後はそこで時間が止まっているような感じではありますが、ここでの参加ミュージシャンを見てみると、追っかけていないけど気になるミュージシャンは多いです。それをCriss Crossならではのプロデュースで聴かせているという感じでしょうか。興味ある人は多いのでは。

 

Lovabye/Gregory Groover Jr.(Ts)(Criss Cross 1419)(輸入盤) - Recorded August 16, 2023. Joel Ross(Vib), Matthew Stevens(G on 2-3, 11), Aaron Parks(P), Vicente Archer(B), Marcus Gilmore(Ds) - 1. 30 2. Bygone Towers 3. May All Your Storms Be Weathered 4. Joy 5. Lovabye 6. Stages 7. 5660 8. Ambivalence 9. Lovabye Theme 10. In For A Pound Of Penny 11. Cactus Lullaby

(24/05/14)全曲Gregory Groover Jr.の作曲。収録時間が44分で、11曲なので短い曲も何曲か。メンバーがすごい。リーダーのグレゴリーは、比較的メロディアスなサックスを吹くのだけど、時にマシュー・スティーヴンスのギター(2-3、11曲目に参加)など、今っぽいフレーズが出てきます。ただ、個性的なメンバーが集まっているけれども、プロデュースの関係か、比較的聴きやすい現代ジャズに仕上がっています。ここでのプロデューサーがWalter Smith IIIなので、その影響もあると思います。あくまでもCriss Crossレーベルらしく、そして、これだけのメンバーをうまくまとめ上げているところは見事かも。サックスがメロディな人(当然アドリブで冒険はするにしても)なのが、なかなか印象的。それぞれのソロも見事ですね。

«Apres Faure/Brad Mehldau

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online

アマゾンへのリンク

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト