Twitter

無料ブログはココログ

2021/10/25

Some Skunk Funk/Manhattan Jazz Orchestra

Mjosomesk マンハッタン・ジャズ・オーケストラも3日目で、いちおうひと区切り。今日のアルバムはある意味、ニュー・スタンダードというか、新しめのジャズメン。オリジナルとか、ポップスとかを多めに取り上げているアルバムではないかと思います。アレンジも冴えていて、やっぱり彼のアレンジはシャープでカッコいいなあ、と改めて思います。ところでクインテット(MJQ)の成立時の話を直接聞いたことがあるのですが、当初はアレンジだけマシューズがやって、ピアニストは別に候補がいたそうです。ところが候補が辞退したので、彼がピアノを弾くことになったとのこと。彼の味のあるピアノが逆にいいんですけどね。

 

Some Skunk Funk/Manhattan Jazz Orchestra(Videoarts) - Recorded February 11, 12, 17 and 18, 2002. David Matthews(Arr, Cond, P), Lew Soloff(Tp), Walter White(Tp), Bob Milliken(Tp), Scott Wendholt(Tp), Jim Pugh(Tb), Larry Farrell(Tb), John Fedchock(Tb), Dave Taylor(Btb), John Clark(French Horn), Fred Griffin(French Horn), Tony Price(Tuba), Chris Hunter(As, Fl), Aaron Heick(Ts, Ss), Roger Rosenberg(Bcl), Chip Jackson(B), Terry Silverlight(Ds), Guest: Ryan Kisor(Tp), Andy Snitzer(Ts) - 1. Some Skunk Funk 2. Theme From Good King Bad 3. Scarborough Fair 4. I Got You (I Feel Good) 5. L.A. Is My Lady 6. Tell Her About It 7. N.Y. Is My Love

目玉は1曲目のブレッカー・ブラザース作の「サム・スカンク・ファンク」。この難曲をドラムス、ベースとホーンセクションだけで緻密な迫力のあるアレンジで聴かせてしまいます。他にも各方面の有名な曲が並んでいるのがうれしいところ。曲によって、ファンクのビートだったり4ビートだったり、あるいはソロの部分に入った途端に4ビートを刻み出したりと、変幻自在。しっとり感では5曲目あたりですか。これに対して2、7曲目を彼のオリジナルだと言い当てるのは難しいのでは。ただし2曲目はジョージ・ベンソンが演奏していた曲だそうですが。それだけ他の曲と溶け込んでいます。ホーンはフレンチ・ホルンやチューバなども加わった低重心型で、緻密なアレンジを聴けば、ああデヴィッド・マシューズのサウンドだと気がつくでしょう。(02年4月24日発売)

2021/10/24

Bach2000/Manhattan Jazz Orchestra

Mjobach2000 マンハッタン・ジャズ・オーケストラの2回目。この時期の彼らのアルバムはあまり聴いたことがない人も多いのかもしれません。バッハを題材に、あくまでもデヴィッド・マシューズのペースでシャープでカッコ良いジャズに仕立て上げてしまっているので、なかなか他では聴くことのできないサウンドを耳にすることができます。やっぱりこういうところが、私は好きなんです。それでも2曲目あたりは原曲のイメージも感じさせるような優しいアレンジに出だしはなっていますけど、一部にキメのサウンドがあるのが面白い。変則編成のビッグ・バンドもこのためにあるかのような音ですし、さすが名アレンジャーだと思います。

 

Bach2000/Manhattan Jazz Orchestra(Videoarts) - Recorded February 5 and 6, 2000. Lew Soloff(Tp), Ryan Kisor(Tp), Joe Shepley(Tp), Scott Wendholt(Tp), Jim Pugh(Tb), Larry Farrell(Tb), Birch Johnson(Tb), David Taylor(Btb), Fred Griffin(French Horn), John Clark(French Horn), Tony Price(Tuba), Chris Hunter(As, Fl), Bill Evans(As, Ts, Fl), Roger Rosengurg(Bcl), Chip Jackson(B), Terry Silverlight(Ds), David Matthews(Arr, Cond) - 1. Toccata And Fuge 2. Air On The G String 3. Invention No. 4 4. Kyrie 5. Menuet (A Lover's Concerto) 6. Siciliano 7. Fuge No. 2

MJOによるバッハ特集。今回はデヴィッド・マシューズは、ピアノでの参加はありません。また、オリジナルも今回はなく、全曲バッハの曲。聴いてみて、1曲目の「トッカータとフーガ」の出だしのところからオヨヨ、けっこうカッチョエエ、という感じでインパクトがありました。アレンジがけっこうきっちりしていてタイトで高度。とはいうものの他のバッハ集にありがちな硬さがなくて、あくまでもジャズのエリアで勝負しているところがいい。その分バッハファンからは煙たがられるかもしれませんが。相変わらず木管を入れたアレンジが光っています。 個性的なバンドサウンドだと思いますし、けっこう聴き応えあり。セールスとビッグ・バンドの面白さを高度に融合させた1枚か。スピード感のある1、5曲目あたりが好みです。(00年5月24日発売)

2021/10/23

Hey Duke!/Manhattan Jazz Orchestra

Mjoheyduke ここからマンハッタン・ジャズ・オーケストラのアルバムを3枚ほど。このアルバムはデューク・エリントン特集だけど、曲は取り上げているけどあくまでデヴィッド・マシューズが自分のペースでアレンジ、演奏しているので、気が付きにくいかもしれません。ただ編成がギル・エヴァンス・オーケストラをポップにしたような感じになっているので、そういう意味ではマニアックな編成ですね。MJQの方は分かりやすいアレンジ、というのがありましたが、こっちは聴いた感じがカッコ良くなるようにはしているけど、奥行きの深いアレンジではないかなあと思います。まあ、評価は人それぞれだと思いますけど。

 

Hey Duke!/Manhattan Jazz Orchestra(Videoarts) - Recorded July 28-29, 1999. Lew Soloff(Tp), Ryan Kisor(Tp), Joe Shepley(Tp), Scott Wendholt(Tp), Jim Pugh(Tb), Larry Farrell(Tb), Birch Johnson(Tb), David Taylor(Btb), Fred Griffin(French Horn), John Clark(French Horn), Chris Comer(French Horn), Tony Price(Tuba), Chris Hunter(As), Aaron Heick(Ss, Cl), Lawrence Feldman(Ss, Cl), Roger Rosengurg(Bcl), Chip Jackson(B), Terry Silverlight(Ds), Christine Sperry(Vo), David Matthews(P, Arr, Cond) - 1. It on't Mean A Thing If It Ain't Got That Swing 2. Prelude To A Kiss 3. Mood Indigo 4. Come Sunday 5. Satin Doll 6. Song For Edward 7. Cotton Tail 8. In A Sentimental Mood

MJOによるデューク・エリントン特集。もちろん1曲を除き全てエリントンの曲で、有名なものばかり。ただし、デヴィッド・マシューズのアレンジはギル・エヴァンス・オーケストラをポップにしたような感じなので、ホーンの重心はちょっと重めでシャープ。エリントンを期待するよりは、曲をエッセンスとしてそのカッコ良さを聴くアルバム。1曲目は特にカッコ良いスリリングなアレンジで、一気に聴かせてしまいます。複雑な色合いを持ったホーン・サウンドが心地良い2、7-8曲目、8ビートの部分もある3曲目、時々倍速になったりもする5曲目。意表をついたアレンジの曲もあって、個々にアレンジを注意深く聴いていくと、マニアックな部分も多いかもしれません。オリジナルは6曲目で、マシューズらしいメロディになっています。(99年10月21日発売)

2021/10/22

One Last Kiss/宇多田ヒカル のCDとLP

Utadaonelast 当初は長男の購入品だし、ジャズではないしで、あまり取り上げるつもりはなかったのだけど、CDとLPで3種類のジャケットが集まってしまったので、あえて取り上げてみようかと。でも、あまりにも有名すぎる歌手の有名すぎる歌で、もう、聴けば分かるとしか書けない自分が情けない(笑)。有名なポップスなどを取り上げているブログその他書き物をしている人たちを尊敬してしまいます。ただ、個人的には楽器の生演奏が好きなので、打ち込み系のドラムスやベースが多めの彼女の曲は、やはり自分よりは若い人向けなのかなあ、などと思って見たり。有名な曲は一通りストリーミングで聴いたのだけど、やはり天才だと思う反面、そんなことを思ってしまいました。

 

One Last Kiss/宇多田ヒカル(Sony Music) - Released 2021. - 1. One Last Kiss 2. Beautiful World (Da Capo Version) 3. Beautiful World 4. Beautiful World (PLANTiTb Acoustica Mix) 5. 桜流し 6. Fly Me To The Moon (In Other Words) [CDのみ] 7. One Last Kiss (Instrumental) 8. Beautiful World (Da Capo Version)(Instrumental)

6曲目がジャズのスタンダードの他は、全曲宇多田ヒカル作曲。1-2曲目が今回の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」のエンディング・テーマで、3-6曲目は、過去のエヴァンゲリオンの映画の曲の2021リマスター・ヴァージョン。説明不要なくらいあちこちでかかっていて、聴けば分かると思う内容の曲。クレジットは書かなかったけど、曲によっては彼女自身の多重録音の楽器演奏が大きい割合を占めている曲も。やはり彼女は天才だと思うしかない出来で、何度聴いてもしみてくる感じはします、2、3、4曲目のサウンド違いの同じ曲を聴き比べるのもいいし、通して聴くのもいい。ジャケット違いでCD1種類、LP2種類(輸入盤は実はUS盤とEU盤があるのでもう1種類。ジャケは両方とも同じ)あるので、つい買ってしまう人も多そう。(21年3月10日発売)

2021/10/21

System Tandem/Jiri Stivin/Rudolf Dasek

60008ECM関連では10か月ぶりぐらいで、未CD化でなおかつストリーミングにもないLPを入手したので、取り上げます。これでECM本編と、JAPOで残り聴いてないアルバムが4枚に減りました。ECMも、あとストリーミング化してないものは10数枚というところなので、やってほしいところなんですが、(19年に廃盤のストリーミング化40枚やってからストップしたままになってます。収益があまり上がらなかったのかな?)残りのアルバムはLP中古を狙うと内容に比べてちょっと値段が高そうなので、このあたりがそろそろ限界かな、と思っています。値段の割には、という感じのアルバムもありそうなので。

 

System Tandem/Jiri Stivin(Fl, Recorder, Sax)/Rudolf Dasek(G)(JAPO 60008)(LPのみ)(輸入盤) - Recorded May 1974. - 1. Puddle On The Muddle 2. Moravian Folk Song - Forman Going Down The Valley 3. Hey, Man (Let's Play Something About Spain) 4. Shepherd Song 5. What's Your Story 6. Puzzle Game

(21/10/20)Jiri Stivinアレンジのフォークソングが2曲目、彼の作曲が1曲目、Rudolf Dasek作が3-6曲目。低音楽器のないデュオで、曲によって実質フリージャズという感じで、曲はある程度テーマなどの決まりはあるのだろうけど、けっこう自由です。テンポの速いフリーのように聴こえて、譜割が2人ともきっちり揃っていてかっちりとしている1曲目、落ち着いたバラードだけどほの暗い雰囲気を醸し出している2曲目、ギターをかき鳴らしてそれにフルートが舞い踊るという構図のやはりフリーに近い3曲目、やはりかき鳴らされるギターにサックスがその上を吹きまくる演奏で、緩急のある10分台の4曲目、比較的メロディアスなミディアムテンポの5曲目、超スピードの4ビート的フリーに聴こえてスリリングなやり取りの6曲目。

2021/10/20

Blue Bossa/Manhattan Jazz Quintet

Mjqbluebossa マンハッタン・ジャズ・クインテットの3日目で、クインテットに関しては一段落。ボッサやラテンの曲が多めなんですけど、いつものデヴィッド・マシューズ節で料理しています。テーマの部分など、ホーンの2管がユニゾンが多かったり、わざと分かりやすくアレンジしてあって、ジャズ初心者でも手を出しやすいようにしているのはいつもと同じ。それにしても、レコーディングとツアーのみのバンドだったけど、長く活動していたな、と思います。彼のシャープで分かりやすいアレンジが好きだし、そもそも私がジャズに踏み込むきっかけとなった1枚に、彼らのファーストアルバムがあるのだから影響は大きいです。収録時間は53分。

 

Blue Bossa/Manhattan Jazz Quintet(Videoarts) - Recorded February 19 and 20, 2003. David Matthews(P), Lew Soloff(Tp), Andy Snitzer(Ts), Charnett Moffett(B), Victor Lewis(Ds) - 1. Samba De Orfeu 2. Route 66 3. Englishman In New York 4. Agua De Beber 5. No More Blues 6. Don't Know Much 7. Blue Bossa 8. Wave 9. Amblin'

今回はボサノヴァ路線が半分以上含まれるアルバム。とは言いつつも、1曲目はシャープなアレンジでスピーディーなラテン・サウンドで、カッコ良い仕上がりになっています。いわゆるモッタリしているエキゾチックなボサノヴァではなく、やっぱりフュージョン世代以降のジャズ、という感じ。2曲目はボサノヴァ色はなく、オーソドックスなジャズで勝負しています。スティングのメロディアスな曲を起伏豊かに料理する3曲目、かなり洗練されながらボッサ(ラテン)の王道をいく(かもしれない)4-5曲目、淡々とメロディを語っていくバラードの6曲目、やはり有名でカッコ良さではかなりのセンをいくタイトル曲の7曲目、これまたこれでもか的に有名な曲でせまる8曲目、唯一オリジナル曲の、ミディアムの4ビートでひねりのあるメロディの9曲目。(03年5月28日発売)

2021/10/19

I Got Rhythm/Manhattan Jazz Quintet

Mjqigotrhythm マンハッタン・ジャズ・クインテットの2日目。彼らのアルバムというと初期の時代のものが知られていますが、この時期はレーベルもビデオアーツで入手もそんなに簡単ではないということで、あまり知られていないんじゃないかと思います。リズム・セクションには有名なミュージシャンをいろいろ使ってますけど、個人的にはこの時期のチャーネット・モフェットとヴィクター・ルイスの時期が面白かったと思ってます。重量感のあるベースですしね。曲はスタンダードだったり、ニュー・スタンダードだったりオリジナルだったりといろいろですが、区別がつきにくいこともあり、ちょっと枚数作りすぎたかな、という気も何となくしてます。収録時間は58分とちょっと長め。

 

I Got Rhythm/Manhattan Jazz Quintet(Videoarts) - Recorded August 8-10, 2001. David Matthews(P), Lew Soloff(Tp), Andy Snitzer(Ts), Charnett Moffett(B), Victor Lewis(Ds) - 1. I Got Rhythm 2. Def Groove 3. Stuff Like That 4. Mr. Magic 5. Donna Lee 6. Why Wouldn't I? 7. Breezin' 8. Harbor Hotel 9. Feel Like Makin' Love

スタンダードやジャズメン・オリジナルで2曲、クインシー・ジョーンズやジョージ・ベンソンなどでおなじみのヒット曲(ニュー・スタンダードとでも言うべきか)から4曲、そしてデヴィッド・マシューズのオリジナルが3曲という構成。1曲目のタイトル曲や5曲目の「ドナ・リー」あたりはスピーディーでカッコ良い展開。オリジナルが並んでいても、オリジナルとは気付きにくいように、うまい構成になっています。有名な曲も多いのですが、例によって2管のユニゾンでテーマを奏でる場面が多く、シャープで分かりやすい演奏。逆に彼らのサウンドパターンが出来上がっていて、良い意味でのマンネリ気味かな、という感じも少々あります。当然ですがソロはけっこう力が入っています。ベースが重い感じで好み。好き嫌いが分かれそうなアルバム。(01年11月21日発売)

2021/10/18

Teen Town/Manhattan Jazz Quintet

Mjqteentown マンハッタン・ジャズ・クインテット(オーケストラ)も、’99年から’04年初期までのアルバム計6枚がまだブログにアップされてません。大いなるマンネリでも、売れていたのは間違いありませんし。このアルバムからテナーサックスがジョージ・ヤングからアンディ・スニッツァーに交代しています。このグループは、ストリーミングにほとんどないのが少々辛いところ。このアルバムの収録時間は50分で、久しぶりに聴いても、重量級のベース、ドラムスで聴いていて爽快ですね。今はデヴィッド・マシューズ氏は日本に住んでいて、もうMJQ(MJO)の活動がなさそうなのは少々残念かもしれないです。スウィングジャーナル誌のゴールドディスク。

 

Teen Town/Manhattan Jazz Quintet(Videoarts) - Recorded August 30 and 31, 2000. David Matthews(P), Lew Soloff(Tp), Andy Snitzer(Ts), Charnett Moffett(B), Victor Lewis(Ds) - 1. Flash Point 2. Blues Intro/The Chicken 3. Teen Town 4. Road Song 5. I Wish 6. To M.O. Emm 7. Sparkle 8. Pastime Paradise 9. Rumblin'

1曲目からオリジナルで勝負。スピード感あふれる曲、印象的で分かりやすいテーマ、それに続くエキサイティングなソロ。どの曲でもそうなのですが、ルー・ソロフのスタジオ・ミュージシャンとしての、トランペットの職人芸が見事。また、タイトル曲を含む2、3曲目はジャコ・パストリアスの曲で、アコースティック・ベースのチャーネット・モフェットの重戦車級の演奏を聴くことができます。そして、いわゆるニュー・スタンダードとも言うべき曲が並んでいますが、出てくる音はMJQとしての音。注意して聴くと、随所に無理なくアレンジされた痕跡や、サウンドの方向性があります。ずっとピアニストとしてやってきて、好セールスを獲得してきたことは、彼のアレンジした曲のカッコ良さ、シャープさ、分かりやすさなどによるものが大きいです。

2021/10/17

Live And Unreleased/Weather Report

Weatherliveunブログコメントの手直しはウェザー・リポートは遅めで、’17年頃にまとめてやってます。特集を作ったのはいいのだけど、アルバムコメント作業はよく知られたアルバムばかりだし、修正をやりにくくて遅れた、ということもありますけど。そんな中でも、まだブログに掲載されてないアルバムが、これ1つだけありました。ストリーミングを見ると、海賊盤なのかどうか、ライヴアルバムはたくさんあるけど、Sonyからこれは出ているので、公式のライヴなんでしょう。今では必ずしも音源を全部聴きたい、という欲求はないのでいいのですが、それでもこれはいろいろな時期の録音があるけど、うまくまとめられていると思います。グループ名の綴りを今までずっと間違えていたというのは内緒。

 

Live And Unreleased/Weather Report(Sony) - Recorded November 27, 1975, November 30, 1977, September 10, 1977, November 28, 1978, July 12-13, 1980 and June 3, 1983. Wayne Shorter(Ss, Ts), Josef Zawinul(Key), Alphonso Johnson(B), Chester Thompson(Ds), Alex Acuna(Ds, Per), Victor Bailey(B), Omar Hakim(Ds), Jose Rossy(Per), Jaco Pastorius(B), Peter Erskine(Ds), Robert Thomas(Per), Manolo Badrena(Per) - 1. Freezing Fire 2. Plaza Real 3. Fast City 4. Portrait Of Tracy 5. Elegant People 6. Cucumber Slumber 7. Teen Town 8. Man In The Green Shirt 9. Black Market 10. Where The Moon Goes 11. River People 12. Two Lines 13. Cigano 14. In A Silent Way/Waterfall 15. Night Passage 16. Port Of Entry 17. Rumba Mama 18. Directions/De. Honoris Causa

’75、’77、’78、’80、’83年のライヴ音源を、ジョー・ザヴィヌルとウェイン・ショーターのプロデュースでまとめた2枚組CD。当然のことながら音も演奏も素晴らしい。曲の順序は古い順ではないですが、6回分ほどのライヴ録音から18曲が抜粋されています。リーダー格の2人の演奏はともかく、やっぱりベーシストにも目がいきます。ジャコ・パストリアスの天才的な演奏は言わずもがなですが、アルフォンソ・ジョンソンもヴィクター・ベイリーもかなり良い。今聴いても古さは全然なく、グループの圧倒的なサウンドとしてせまってきます。時代によってサウンドが変わっているのに、不思議な統一感。ジャコ・パストリアスは3-5、7、9、11、14-16曲目に参加。特に4曲目のベースソロ「トレイシーの肖像」が印象的でした。(02年10月23日発売)

2021/10/16

The Sweetest Punch/The New Songs Of Elvis Costello And Burt Bacharach/Arranged By Bill Frisell

Elvisthesweet ビル・フリゼールの競演作で、いくつか気になったものをあげてみたいのですが、このあたり、CDラックにランダムに詰め込まれていて、なかなか探せない状況です。いくつかは後回しにするかもしれませんけど、今日のアルバム、エルヴィス・コステロとバート・バカラックの新曲集ということで、そこにフリゼールがアレンジとギターでけっこう絡んでいるということで、興味深いアルバムです。元アルバム「ペインテッド・フロム・メモリー」と同じ曲というのも、私はそちらは持っていませんけど、比較して聴いてみるのもいいかもしれませんね。アレンジまでできてしまうんだ、という驚きもありましたが、なかなかいい感じですね。

 

The Sweetest Punch/The New Songs Of Elvis Costello(Vo, Comp) And Burt Bacharach(Comp)/Arranged By Bill Frisell(G, Arr)(Decca) - Released 1999. Brian Blade(Ds, Per), Don Byron(Cl), Billy Drewes(As), Curtis Fowlkes(Tb), Viktor Krauss(B), Ron Miles(Tp) - 1. The Sweetest Punch 2. Toledo 3. Such Unlikely Lovers 4. This House Is Empty Now 5. Painted From Memory 6. What's Her Name Today? 7. In The Darkest Place 8. Vamp Dolce 9. My Thief 10. I Still Have That Other Girl 11. Painted From Memory (Reprise) 12. The Long Division 13. Tears At The Birthday Party 14. I Still Have That Other Girl (Reprise) 15. God Give Me Strength

エルヴィス・コステロのバート・バカラックとのアルバム「ペインテッド・フロム・メモリー」と同じ曲で、同時期にビル・フリゼールのアレンジで作ってしまった別なアルバム。ただし、コステロは2、10曲目のみに参加。ただ、元のアルバムを聴いた事がないだけに、どう評価したら良いのか分かりません。さすがにいい曲がそろってい て、コステロの曲はどの曲も印象に残ります。ただ、ジャズとしてとらえるのはちょっと違う気もします。BGMとしては何回も聴いてしまいました。カサンドラ・ウィルソンが5、10曲目に参加していますが、控え目な印象。今ひとつこのアルバムのターゲットが不明確な気もしますが、ビル・フリゼールの露出度は高い方だと思うので、彼のギターとアレンジを楽しむには良いかもしれません。(99年10月22日発売)

«Shadow Plays/Craig Taborn

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMV&BOOKS online
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

メールアドレス

友人が運営しているサイト