掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2018/05/25

White/Marc Sinan/Oguz Buyukberber

2558
ECMレーベル3日目にして一段落。今日のアルバムは、聴いていて、あるいは大手通販に書かれていたテーマ的なものが第一次世界大戦に関わるものだとして、けっこう重いです。空間的なフリー・インプロヴィゼーションに近いものも感じますが、曲が10曲あって、5曲ずつ2つのテーマになっているので、曲ごとの感想がかきづらく、全体としての印象を書くしかなかったです。聴いてみる価値はあると思うのですが、いわゆる人気のあるECM路線ではないので、強くおススメできないのも、ちょっとつらいところ。Marc SinanはECM3作目だけれど、こういう世界の人だったっけ、とも思います。でも、これを受け止めてみるのも悪くないかも。


White/Marc Sinan(G, Electronics)/Oguz Buyukberber(Cl, Bcl, Electronics)(ECM 2558)(輸入盤) - Recorded October 2016. - 1. Upon Nothingness, Yellow 2. There I 3. Upon Nothingness, Blue 4. There II 5. Upon Nothingness, Green 6. There III 7. There VI 8. There V 9. Upon Nothingness, White 10. Upon Nothingness, Red

(18/05/24)Upon NothingnessがMarc Sinan作(Whiteのみ2人)、Thereがトルコ人のOguz Buyukberber作で、1916年のドイツでのフィールドレコーディングが合わさっていたり、エレクトのニクスの効果があったりと、けっこう深遠な感じのする神秘的なサウンド。前者は戦争(第1次世界大戦)に関連するような深いシリアスな内容らしく、それを意識しないでも割と静かなフリー・インプロヴィゼーション的なサウンドを聴くことができます。ギターとクラリネット(時にバス・クラリネット)のデュオはゆっくりとスペーシーに進みます。シリーズとしては2つが割と交互に並んでいますけど、通して聴いても、色調や低い温度感が似ているので、一連の曲として聴き続けることも自然にできます。ECMとしてはシリアスで重みの方が出てる印象。

2018/05/24

Lite Of/Steve Tibbetts

2599
ECMレーベル新譜の2日目。今日は8年ぶりに出たSteve Tibbettsの新しいアルバムです。ジャズという要素よりは、まさに彼のギター音楽という感じで展開しています。彼とステファン・ミカスはECMでなければこんなにアルバムを出せたかどうか、と思うぐらい独特な人。これをどう評価するのかは聞き手にゆだねられてはいますけど、こういう自然(?)に寄り添いながら淡々とアルバム制作を続けているという点では、やはりジャズファンというよりはECMのファン向けの人ではないかな。今回はテーマとして「Life」があるようだけど、そういうことを関係なしに聴いていても、やはりいつもの彼ではありますね。


Lite Of/Steve Tibbetts(G, P)(ECM 2599)(輸入盤) - Released 2018. Marc Anderson(Per, Handpan), Michelle Kinney(Cello, Drones) - 1. Bloodwork 2. Life Of Emily 3. Life Of Someone 4. Life Of Mir 5. Life Of Lowell 6. Life Of Joel 7. Life Of Alice 8. Life Of Dot 9. Life Of Carol 10. Life Of Joan 11. Life Of El 12. End Again 13. Start Again

(18/05/23)全曲Steve Tibbettsの作曲。録音年月が書いてないので、長い時間をかけて多重録音を含め、録音していたのだと思われます。ギターに特徴がありますが、アコースティック・ギターを空間的な中で割とゆったりと弾いている感じ。今回は他のミュージシャンも参加していますが、パーカッションやドローンなどもあまり派手ではなく、素朴な味を付加するような、彼らしいサウンドになっています。ジャケット写真からして、自然の中で生活しつつ、音楽を作っているのかな、という感じ。昔から変わらない世界を築き上げている人なので、安心感がある相変わらずの音だけど、今や聴く人の方が変化しているため、やや地味な自然の世界、というサウンドがどこまで広がるか。それにしてもECMらしい独特なサウンドを持つ人。

2018/05/09

Partir/Elina Duni

2587
ECMの新譜が2枚届いているので聴いていきます。今日はElina DuniのECM3枚目。過去2枚ではクァルテットでの演奏でしたけど、ここはグッとシンプルに、ソロでの演奏(多重録音をしているのかどうかは分かりませんでした)で、空間を自由に使っている雰囲気。欧米からしての異郷感もたっぷりあるので、そういう辺境系のヴォーカルを求めている人にもぴったりくるんではと思います。ジャズの分類にしてありますけど、内容的にはフォーク系ですね。こういう方面で、クラシック以外へのボーダーをいくというのもECMらしくていいのでは。なぜか心にしみました。かえってどこの言語化分からずに聴いていてる方が、そういう感じがあるかもです。


Partir/Elina Duni(Voice, P, G, Per)(ECM 2587)(輸入盤) - Recorded July 2017. - 1. Amara Terra Mia 2. Let Us Dive In 3. Meu Amor 4. Lamma Bada Yatathanna 5. Vishnja 6. Lusnak Gisher 7. Oyfn Veg 8. Kanga E Kurbetit 9. Ani Kaj Lulije 10. Vaj Si Kenka 11. Je Ne Sais Pas 12. Schonster Abestarn

(18/05/08)Elina Duni作は2曲目のみで、既成の曲の他に、コソボ、アルメニア、アルバニア、スイスのトラディショナルが5曲あります。アルバニア出身らしく、英語圏以外での歌詞の歌が異郷の雰囲気を誘っています。ここでは、弾き語りというか、一人での録音で、エキゾチックなヴォーカルをシンプルに引き立てていて、アラビア文字やアルファベット以外の歌詞も混ざっているところを見ると、多言語で歌っているのが(日本人には分かりにくいかもですが)言わゆる欧米圏の人々には受けるのでは、と思います。それにしても、素朴というかシンプルというか、飾らないところがやはり彼女らしいし、ECMらしいと言えば、らしい。唯一のオリジナルの2曲目は英語でやや素直に歌っていてSSWとしても、なかなか味わいがあります。

2018/04/30

Arvo Part/The Symphonies

2600
ECMNew Seriesの新譜3日目で一段落。アルヴォ・ペルトの交響曲集で、4つあり、全79分の大作CD。これが2600番と区切りのいい数字になっていることからも、彼がECMの中でも重要視されていることが分かります。ただ、ここでもマンフレート・アイヒャーの名前は見つからず、An ECM Productionとなっていますが。それにしても、彼の’60年代は、今の言い方で言えば、普通にすごかった、とでもいうのか、まだ後年の個性は出ていないにしても、立派に現代音楽しています。そういう意味では4つ目の交響曲が今の特徴が出ているなあ(’08年作なので当たり前ですが)、と時代の隔たりの感じを強くします。


Arvo Part/The Symphonies(ECM New Series 2600)(輸入盤) - Recorded August 2016. NFM Wrolaw Philharmonic, Tonu Kaljuste(Cond) - 1-2. Symphny No.1 (Polyphonic) 3-5. Symphniy No.2 6-8. Symphny No.3 9-11. Symphny No.4 "Los Angeles"

(17/04/28)アルヴォ・ペルトはエストニアの現代音楽家。交響曲の作曲年はそれぞれ、’64年、’66年、’71年、’08年と隔たりがありますが、最初の頃のサウンドは、その後のような哀愁を伴う宗教音楽のような雰囲気は全くなく、その時代に作られた現代音楽の趣きがあって、けっこう本格的です。4つとも雰囲気が異なっていて、むしろNo.4の方が重く沈んだ趣きがあるかも。彼の4つの交響曲がここにまとめられた意義があります。

2018/04/29

Ravel/Franck/Ligeti/Messiaen/Duo Gazzana

2556
ECM New Series新譜聴き2日目。今日は現代音楽もあると覚悟していたら、意外にも聴きやすいので、ホッとしたところです。まあ、難解なのも聴いているうちに好きになってきてますけれども。今ホームぺージやブログにあがっている文章は10年以上前のものが多いし、当時はクラシックや現代音楽初心者だったのですが、多少は聴けている方になってきたんじゃないかなと、少しですが自負しています。今日のリゲティやメシアンは難解ではないので、ごく普通に聴けるのではと思っています。デュオ・ガッツァーナとしては3枚目のECMのアルバム。以前はデュオ・ガザーナと書いてましたが、それだと「ピザーラ」的な読みですね(笑)。


Ravel/Franck/Ligeti/Messiaen/Duo Gazzana(ECM New Series 2556)(輸入盤) - Recorded March 2017. Natascia Gazzana(Vln), Raffaella Gazzana(P) - Maurice Ravel: 1. Sonate Posthume For Violin And Piano Cesar Franck: 2-5. Sonate For Piano And Violin In A Major Gyorgy Ligeti: 6. Duo For Violin And Piano (Premiere Recording) Olivier Messiaen: 7. Theme Et Variations

(18/04/27)だいたいの作曲家がフランスつながりのようで、Gyorgy Ligetiはハンガリー。録音もフランス。曲も19世紀のクラシックと言えるものから20世紀の現代音楽にわたり、もともと現代音楽にも強いこの2人のコンビネーションを見せてくれます。構成も聴きやすい音楽から、順番に現代音楽の方に行き、リゲティとメシアンは後半にと、うまい配置。個人的にCesar Franckに興味を持ったけど、現代音楽もそんなに難解ではないです。

2018/04/27

Absence/Kristjan Randalu

2586
ECMの新譜がまた届いてます。ECMほどベースレスが似合う、というか自然なトリオはないんじゃないか、と思います。このアルバムもそう。ジャズと言っていいのかどうか、というようなサウンドでもあるので、万人にはなかなかおススメしてないのですけど、たまにはこういう世界もいいんじゃないかな。ECMらしくて聴きほれてしまうし、レーベルとしては似たフォーマットのアルバムが出る割には、それぞれの特徴を聴き分けられるし。民族的な要素は少し稀薄ではあるけれど、ミニマル的な感じも聴いたら何となくあるような。面白い組み合わせで、いろいろと聴かせてくれるものだと思います。


Absence/Kristjan Randalu(P)(ECM 2586)(輸入盤) - Recorded July 2017. Ben Monder(G), Markku Ounaskari(Ds) - 1. Forecast 2. Lumi I 3. Sisu 4. Lumi II 5. Escapism 6. Adaption I 7. Adaption II 8. Party Clouded 9. Absence

(18/04/26)全曲Kristjan Randaluの作曲(エストニア出身)。ギターはアメリカで、ドラマーはフィンランド。スペースのある繊細で美しいメロディを奏でた後、浮遊感と陰影の場面に入ったり、少し激しかったり場面転換がいくつかある1曲目、ミステリアスで静かな世界を表現している、薄暗い世界の音の連なりを追うような2曲目、幻想的な音使いでサウンドが低めのところから浮かび上がってくる3曲目、2曲目よりやや激しい感じの4曲目、煽情的な混沌としたフレーズから、急に静かで明るい世界に出る5曲目、ギターの持続音とそれを飾る音の連なりが印象的な6曲目、淡々としたやや明るめでミニマル的なサウンドの7曲目、芯もあるけど起伏や浮遊感も感じる8曲目、静かで幻想的、ミステリアスな旋律のタイトル曲の9曲目。

2018/03/27

In-House Science/Arild Andersen/Paolo Vinaccia/Tommy Snith

2594
ECMレーベル新譜は2日目で一段落。でも4月から5月にかけてもドドッと出そうな気配です。このアルバム、ライヴ収録ですが、マンフレート・アイヒャーの名前はなかったです。持ち込み音源なのかな?前作の「Mira」から2曲ありますが、1曲目を除けばライヴのせいかけっこうフリー度が高くて、激しいところもしばしば。ミックスの関係で少し抑えられている印象はありますが、ECMでここまでやっちゃっていいの、という印象を持つ人もいるかも。でも、ECMでもけっこうゴリゴリのフリーが目立つアルバムもあることはあるので、これがECMサウンドだ、という先入観はあまり持たない方がいいと思います。こういうサウンド、個人的には好物ではありますけど。おかげでアルバムコメントが少々単調かなと、少し反省してます。


In-House Science/Arild Andersen(B)/Paolo Vinaccia(Ds)/Tommy Snith(Ts)(ECM 2594)(輸入盤) - Recorded September 29, 2016. - 1. Mira 2. Science 3. Venice 4. North Of The North Wind 5. Blussy 6. In-House

(18/03/26)ライヴ演奏で、全曲アリルド・アンデルセンの作曲。8-11分台の長めの曲ばかりです。一見自由度が高いようで一体感の強いトリオ。ベース・ソロで静かにはじまり、明るい朗々としたサックスと共になだらかに進んでいく、ドラマ的なものも感じる前作のタイトル曲の1曲目、アップテンポのベースがフリー的に16分音符ではじまり、ゆっくりになったり緩急自在ではあるも、急速調のところも多く、けっこう緊張感のある2曲目、やや速めの6拍子基調で、やはりフリーブロウイング的な色彩の強い3曲目、薄暗い感触の中、語り合いが淡々だったり少し激しかったりゆっくりと進む4曲目、ロック的な8ビートの上を、ベースとサックスは割と自由に演奏していく5曲目、アップテンポとそうでない部分とフリー的に進む6曲目。

2018/03/11

Ravensburg/Mathias Eick

2584
ECMレーベルの新譜聴き2日目で一段落。Mathias EickはECMでは4枚目のアルバムになります。ECMのミュージシャンも昔からの人がだんだん高齢化しているので、’70年代生まれの彼のような人の活躍が多くなってきました。何というのか、ECM的なアルバム。何の予備知識もなく、普通のジャズファンが聴くと、一本調子な部分が目立つかもしれないなあ、と思いますが、逆にこの統一感というか、それがいいんだなあ、と思います。少し変わったように私には聴こえるミキシングも、「今」を行っているのかな、と思いますし。少し持ち上げたバスドラムの音に、しびれてくるような感じ、ありましたし。


Ravensburg/Mathias Eick(Tp, Voice)(ECM 2584)(輸入盤) - Recorded June 2017. Hakon Aase(Vln), Andreas Ulvo(P), Audun Erlien(B), Torstein Lofthus(Ds), Helge Andreas Norbakken(Ds, Per) - 1. Family 2. Children 3. Friends 4. August 5. Parents 6. Girlfriend 7. Ravensburg 8. For My Grandmothers

(18/03/10)全曲Mathias Eickの作曲。本来マルチインストルメンタル・プレイヤーなんですが、ここではトランペットとヴォイスのみ。ヴァイオリンも交えて、哀愁と多少の民族色が加わるような演奏が続きます。それでいてECMにしては意外にドラムス(特にバスドラム)やパーカッションのミックスが大きめ。それが繰り返されてアンビエントな感じが脳に届くのでしょうか。3曲目もそうですが、メロディアスでミステリアスな曲が多く、エレキ・ベースもフレーズの提示で、ベース本来の役割から離れたところを演じてみたり。ベースのミキシングが独特。温度感は低めで、リズムが大きめの割にはちょっと冷めたエネルギーを感じます。曲調は割と似ていますが、逆にそれが適度の情緒感になってます。8曲目のみ明るめの曲調での演奏。

2018/03/10

After The Fall/Keith Jarrett/Gary Peacock/Jack DeJohnette

2590
ECMレーベルの新譜が2種類きたので、また先に聴いていきます。このキース・ジャレット・トリオの録音は20年近く前のものですし、キースの病気から復帰した直後の初のトリオの演奏だけど、素晴らしい。この後の12月、ソロで「The Melody At Night, With You」を録音。それが割と淡々とした演奏だったので、心なしか病み上りを連想させましたが、それを覆す録音になりました。トリオでもCDになっているのは’09年が現状では最新のものだし、まだまだ過去の音源が眠っているのかもしれません。なおジャケ裏には「An ECM Production」とのみ書かれていて、マンフレート・アイヒャーはクレジットではエグゼクティヴ・プロデューサーとなっています。


After The Fall/Keith Jarrett(P)/Gary Peacock(B)/Jack DeJohnette(Ds)(ECM 2590/91)(輸入盤) - Recorded November 14, 1998. - 1. The Masquerade Is Over 2. Scrapple From The Apple 3. Old Folks 4. Autumn Leaves 5. Bouncin' With Bud 6. Doxy 7. I'll See You Again 8. Late Lament 9. One For Majid 9. Santa Craus Is Coming In Town 10. Moment's Notice 11. When I Fall In Love

(18/03/10)CD2枚組。キース・ジャレットが慢性疲労症候群から復帰して初めてのトリオでのライヴとのこと。病み上りという感じは見せない、素晴らしいスタンダードの演奏を聴かせてくれます。曲は他のアルバムと重なるものもあれば、ここ独自の曲もあるようです。例によって事前の打ち合わせなしと思われる、ピアノからはじまって他のメンバーが加わっていく方式は同じ。時期は昔でも新しい音源を聴けることは、やはりうれしい。逆に言えば、いつものキースのトリオなのだけど、その安心感があります。ECM唯一4ビートのスタンダード演奏できるグループで、そのフレーズはある種独特ですが、ずっと続いて耳に慣れてしまい、これも「スタンダーズ」かなあと。4曲目「枯葉」後半では単一コードでのインプロヴィゼーションも。

2018/02/24

Travelers/Nicolas Masson

2578
ECMレーベル新譜聴き4日目で1段落。また3月上旬には2枚出て来るんですけれどもね。今日はニコラス・マッソンのリーダー作。とは言うものの、このメンバーでは10年ぐらい活動をしているらしく、息はぴったりと合っています。このほの暗いようなサウンドが曲ごとに色調を変えて、移ろいゆくのはなかなか見事。でもこれをECM以外のレーベルから出したとしたら、と考えると、そこには「ECM」というレーベルの持つ意味の重大さがあると思います。やはりこういうアルバムは、ここから出すからこそ皆が買い求めるし、それだけの価値があるのでは、という感じもしています。そういうものなのかなあ、と考えてしまいました。


Travelers/Nicolas Masson(Ts, Ss, Cl)(ECM 2578)(輸入盤) - Recorded April 2017. Colin Vallon(P), Patrice Moret(B), Lionel Friedli(Ds) - 1. Gagarine 2. Fuchsia 3. Almost Forty 4. The Deep 5. Travelers 6. Philae 7. Wood 8. Blurred 9. Jura

(18/02/23)全曲Nicolas Masson作曲。ECMではこのメンバーの録音は初めてですが、長く活動してきたメンバーとのこと。やや薄暗いようなサウンドの中を、サックス(クラリネット)が、少し緊張感を伴いつつ、ゆったりと切り裂いていく、という感じの1曲目。やはり静かな中から音が出ては消えていく場面からはじまる2曲目は少し盛り上がりがあり、ピアノのパッセージはやや速く、安定感はあります。曲ごとに色合いを変えつつ、それでも全体の統一感というか、そういうものが存在して、そこに沿って演奏していくのは、長くやってきた成果なのではと思います。そんな中で4曲目は静けさの中に、フリー的な熱さも秘めている、ドラムスも前面に出る音。6曲目は中途で活発な演奏になる場面が。やや不安感をあおるような色合い。

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 | Criss Cross1051-1100番 | Criss Cross1101-1150番 | Criss Cross1151-1200番 | Criss Cross1201-1250番 | Criss Cross1251-1300番 | Criss Cross1301-1350番 | Criss Cross1351-1400番 | Criss Crossレーベル | ECM1001-1050番 | ECM1051-1100番 | ECM1101-1150番 | ECM1151-1200番 | ECM1201-1250番 | ECM1251-1300番 | ECM1301-1350番 | ECM1351-1400番 | ECM1401-1450番 | ECM1451-1500番 | ECM1501-1550番 | ECM1551-1601番 | ECM1602-1650番 | ECM1651-1701番 | ECM1702-1750番 | ECM1751-1801番 | ECM1802-1851番 | ECM1852-1900番 | ECM1901-1950番 | ECM1951-2000番 | ECM2001-2050番 | ECM2051-2101番 | ECM2102-2150番 | ECM2151-2200番 | ECM2201-2250番 | ECM2251-2300番 | ECM2301-2349番 | ECM2350-2400番 | ECM2401-2450番 | ECM2451-2499番 | ECM2500-2550番 | ECM2551-2600番 | ECM2601-2650番 | ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) | ECM5501番-(音楽DVD)他 | ECM5801番-(ジャズと詩) | ECMレーベル | ECM未分類(雑記含む) | Enjaレーベル | Hatologyレーベル | J-POP | JAPOレーベル | JMTレーベル | Winter&Winterレーベル | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ | クラシック・現代音楽 | ジャズ | パソコン・インターネット | フュージョン・ファンク | ライヴ・コンサート | ロック・ポップス | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 映画音楽・サウンドトラック | 書籍・雑誌 | 楽器 | 澤野工房 | | 音楽

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

メールアドレス

友人が運営しているサイト