Twitter

無料ブログはココログ

カテゴリー「Criss Crossレーベル」の404件の記事

2019/06/28

After Life/Noah Preminger

1404 Criss Crossレーベルの新譜が届いています。10年くらい前には、年3回、5枚ずつの発売で計15枚も出ていたのですが、最近はだいたい年5枚ペースになってしまったようですね。それだけCDでの発売環境が苦しくなってきたと言うべきか。今日のNoah PremingerはCriss Cross2枚目ですが、前作は2管フロントのクァルテットで出ていて、今回はそれにギターが加わっていて、表現力が増しています。それでも自由に演奏していく姿勢はあまり変更が無いようで、逆に個人的にはこういう演奏が好きだったりします、最もオーソドックスなリズムの場面はありますが。なかなか面白いと思うのですが、今回は1枚だけのレーベルリリースで、少し寂しい気もしてます。

 

After Life/Noah Preminger(Ts)(Criss Cross 1404)(輸入盤) - Recorded September 14, 2018. Jason Palmer(Tp), Max Light(G), Kim Cass(B), Rudy Royston(Ds) - 1. World Of Twelve Faces 2. World Of Growth 3. Senseless World 4. Hovering World 5. NOthing World 6. World Of Hunger 7. Island World 8. World Of Illusion

(19/06/27)6曲目がヘンデルの原曲の他はNoah Premingerの作曲。ポエムでRuth Lepsonとあるも、ライナーのみで演奏にポエムはない。ある種独自の世界観を示しながら、フリーとはいかなくてもかなり自由な空間を漂うようなサウンドは、ピアノではなくてギター(それも今っぽいタイプの)の参加があってこそのサウンドではないかと思います。トータルサウンドを目指したようなタイトルは、さすがにその統一感を表しています。基本は2管のホーンだと思いますけど、ギターの演奏に耳がいってしまいます、グループのベクトルが同じ方向を向いていて、現代の自由なジャズを目指している感じが伝わります。2曲目のようにアップテンポの4ビートでオーソドックスな部分も聴きどころ。先鋭的とまでは言い切れないところもいい。

2019/03/06

Ganymede/Matt Brewer

1403
Criss Crossレーベルの2日目にして一段落。今日はマット・ブリューワーのリーダー作ですが、何とサックス・トリオでの演奏になります。サックス・トリオだとベースの出番は必然的に多くなりますが、アルバム1枚分だと、ちょっと寂しいイメージがあります。でも、それは大丈夫。もう音数が多いくらいの3人なので、全然飽きさせずに聴かせてくれます。オリジナルと既成曲とだいたい半々というところもいいのですが、あまりそれを気にすることなく演奏力で聴かせてしまうような力わざがありますね。トリオとしてはけっこういい組み合わせではないでしょうか。個人的にはけっこう気に入った1枚です。


Ganymede/Matt Brewer(B)(Criss Cross 1403)(輸入盤) - Recorded September 11, 2018. Mark Shim(Ts), Damion Reid(Ds) - 1. Ganymede 2. Don't Wake The Violent Baby 3. RJ 4. Triton 5. Afro Centric 6. Io 7. Eos 8. Psalm 9. Willisee 10. When Sunny Gets Blue

(19/03/02)3曲目がロン・カーター作、5曲目がジョー・ヘンダーソン作、7曲目がオーネット・コールマン作、9曲目がデューイ・レッドマン作で、2曲目がマーク・シム作、マット・ブリューワー作は1、4、6、8曲目。サックスのピアノレス・トリオでの演奏ですが、ドラムスの音数も多いし、3人とも静かにしているタイプではあまりないので、けっこう賑やかな演奏のイメージがあります。特に1曲目からそのサウンドなので、それが方向性を決めた感じです。サックス・トリオでも2曲目、3曲目と行くにつれて曲調は違ってくるので聴いていて飽きません。しかもフレーズの速い曲が多くさすがのトリオ。ベースも支える重みがあるので十分前に出ている感じです。時にやや静かな曲もありますが、演奏はやや饒舌。緩急つけつつのサウンド。

2019/03/05

Terrible Animals/Lage Lund

1402
Criss Crossレーベルの新譜が2枚届いたので、先に聴いていきます。久しぶりに曲別にコメントを入れてみたのですが、10曲もあるとこの短い文字数ではちょっときついかなあと思います。でも、ギター度満点だし、4ビートは少ないけど、今の感じでジャズをやるとこうなるかなあ、というツボは押さえていて、けっこう興味深く聴けるんじゃないかと思います。メンバーもなかなか個性的な組み合わせですし、こういうところも楽しめる要素ですね。それにしてもギターの流暢なこと。あえてオリジナルだけで勝負しているのもいいですね。そしてジャケットは、Criss Crossレーベルの初期の頃を思い出します。


Terrible Animals/Lage Lund(G, Effects)(Criss Cross 1402)(輸入盤) - Recorded April 26, 2018. Sullivan Fortner(P), Larry Grenadier(B), Tyshawn Sorey(Ds) - 1. Hard Eights 2. Aquanaut 3. Suppressions 4. Haitian Ballad 5. Ray Ray 6. Octoberry 7. Brasilia 8. Take It Was 9. Terrible Animals 10. We Are There Yet

(19/03/02)全曲Lage Lundの作曲。なかなか個性的なジャズを奏でてます。相変わらず印象深いギター。曲によりドラムスのプッシュもなかなか。文字通り8ビート的にゴツゴツせまりつつ流暢なギターを操っている1曲目、出だしでギターの多重録音も使って音に厚みを持たせるややノリの良い2曲目、少し混沌とした出だしから、シンプルなベースとの演奏で渋く聴かせ、中盤4ビートになっていく3曲目、落ち着いていて、エキゾチックでもないバラードの4曲目、少しの浮遊感も交えつつゆっくい進んでいく5曲目、メランコリックなやり取りで盛り上がっていく6曲目、ミステリアスな4分の5拍子の7曲目、綾織り系で浮遊感のあるボッサの8曲目、スピリチュアルに進んでいくタイトル曲の9曲目、8ビートで自由に盛り上がる10曲目。

2018/11/18

Playing With The Wind/Misha Tsiganov

1401
Criss Crossレーベルの新譜が遅れてですが届いていました。12月にベスト3を出す企画があるので、あまり溜めとくのもできないし、時間がある時にはなるべくは聴いていきたいとは思うのですが。さて、このアルバム、変拍子と浮遊感と、そして計算されたアレンジの部分が目立っています。やはり現代ジャズのサウンドということになるのでしょうけど、そうなってくると演奏できるバックのメンバーも限られてくるということにもなりますね。聴く前はスゴいメンバーと思いましたけど、聴いてみて納得です。ただ、全曲がそういう曲というわけでもなく、聴いていてホッとする曲も混ざってはいますが。


Playing With The Wind/Misha Tsiganov(P)(Criss Cross 1401)(輸入盤) - Recorded January 25, 2018. Alex Sipiagin(Tp, Flh), Seamus Blake(Ts), Matt Brewer(B), Dan Weiss(Ds) - 1. Playing With The Wind 2. Mama 3. Witch Hunt 4. Orange Dream 5. Dream Catcher 6. Cry Me A River 7. Virgo 8. To Ne Veter Vetsu Klonit -No, It's Not A Branch Bowing To The Wind- 9.The Very Thought Of You

(18/11/18)Misha Tsiganov作が1-2、4-5曲目、ウェイン・ショーター作が3、7曲目で、8曲目に変拍子のロシア民謡があり、他の2曲はスタンダード。このメンバーで今っぽいジャズを聴かせます。計算された部分も多め。タイトルの1曲目でも出だしが高速迷彩的なサウンドと思ったら変幻自在で浮遊感のあるテーマ(と思われる部分)から静かになったり盛り上がったりとドラマチックな展開。難易度が高そう。2曲目は淡い感じでもやや活発な変拍子でのジャズ。ショーター作の3曲目も雰囲気を残しながらも、あと6曲目もけっこう現代ジャズしてます。やはり共通する淡さと変拍子でのややおとなしい4曲目、その中でもしっとりとピアノで聴かせる小品の5曲目と、ショーター作の7曲目。ホッとする感じのバラードの9曲目も良い。

2018/06/20

Jazzland/Tim Warfield

1400
Criss Crossの新譜2枚目で、5月の分は一段落。最近現代ジャズを多く録音しているような気もするこのレーベルにあっては、割とオーソドックスなオルガンジャズを聴けると、少し安心もします。とは言うものの、題材的には新しいものも取り入れているようですけど。また、昔からのオーソドックスなジャズばかりではない感じもしてます。最近60分のCDが多いこのレーベルにしては68分は少々長いかな、という気もしますが、安定した演奏で、それも何のその、けっこう聴かせてくれるジャズではありますね。オルガンジャズとしても、少し情緒的な曲も多めなので、これもいい感じではあります。


Jazzland/Tim Warfield(Ts, Ss)(Criss Cross 1400)(輸入盤) - Recorded September 22, 2017. Terell Stafford(Tp, Flh), Pat Bianchi(Org), Byron Landham(Ds), Daniel Sadownick(Per) - 1. Lenny's Lens 2. Theme For Malcolm 3. Sleeping Dancer, Sleep on 4. Ode To Billie Joe 5. He Knows How Much I Can Bear 6. Tenderly 7. Shake It For Me 8. Wade In The Water 9. Hipty Hop

(18/06/19)Tim Warfield作は7曲目だけで、トラディショナルや新旧ジャズメンオリジナル、スタンダードもあって、その中でオルガンジャズが展開。オルガンといっても昔からのスタイルよりは、ちょっといなたいながらも今っぽい雰囲気も持っているといったところ。あまり現代ジャズという感じもしないけれど、安定したWarfieldの吹きっぷりで、安心感をもたらします。1-2曲目にアンソニー・ウォンジー作、ドナルド・ブラウン作を持ってくるところあたりは、やはり今のミュージシャンといった感じ。心なしか、オルガンジャズの熱いところよりは、8-9曲目以外はより情緒的なところを狙っている? それでも、奇をてらわないジャズを演奏しているところは好感が持てます。当初リズムがバラバラなようでまとまっている7曲目は面白い。

2018/06/18

It's Alright With Three/Will Vinson

1399
Criss Crossレーベルの新譜がやっと届いたので聴いていきます。今回のトリオ、ベースレスなのでポール・モチアン・トリオ(ビル・フリゼール、ジョー・ロバーノ)的なものを想像していたのですが、ほとんどの場面にエフェクト処理なのか、オクターバーの多重録音なのか、ベースに相当する低音部が入っています。ライヴの再現性は難しいな、と思いながら、まあ、こういう音世界も今ならありかもな、なんてことを考えていますが、どうせこういう風に演奏するんだったら、ベーシストを入れても良かったのかもなあ、と思うのは年寄りの考える事でしょうか。ただ、メンバーはいいので、どんな形式であれ、損をさせることはないと思いますけれども。


It's Alright With Three/Will Vinson(As, Ss)(Criss Cross 1399)(輸入盤) - Recorded September 20, 2017. Gilad Hekselman(G), Antonio Sanchez(Ds, Per) - 1. My Shining Hour 2. The Pines 3. It's Alright With Me 4. Samurai Hee Haw 5. Where Are You? 6. Resting Are You 7. Down Homeless 8. Nobody Else But Me

(18/06/17)Will Vinson作は2、6-7曲目。他にスタンダードや他のミュージシャンの曲。4曲目のマーク・ジョンソン作がうれしいところ。ベースレスのトリオですが、ギターのフィンガリングなのか、オクターバーなどを使うのか、多重録音なのか、低音が出ている場面がほとんどです。スタンダードを16ビート的に今っぽく料理する、その低音が出ている1曲目、優しいギター・ソロからはじまり盛り上がっていくバラードの2曲目、この編成でスリリングな演奏を見せる3曲目、ドラム・ソロの出だしで、ちょっと速めのテンポがうれしい4曲目、しっとりとした静かなバラードの5曲目、ファンク的な展開のちょっとゴキゲンな6曲目、ワルツでおとなしめながらも、少し浮遊感もある7曲目、スタンダードとは思えない攻め加減が心地よい8曲目。

2018/03/21

「ジャズCDの個人ページCriss Cross Blog」も作成中

ニフティのココログをプラスに契約変更したら、ココログを作るスペースが3つまで増えて、1つ分余っていました。今日は積もるかどうかは分からないけど、いずれにしても家の中にいるので、「ジャズCDの個人ページCriss Cross Blog」も作成中です。

(4月12日追記)思ったよりも全然需要がなかったため本日データ退避の上削除しました。

これもホームページと文章は同じだし、こちらメインブログにもデータはあるのですが、やはり独立して番号順にあった方が見やすいだろうとの判断です。ECMほどの人気はないのと、最近は新譜の枚数が年間5-6枚と減ってきたので、アクセス数はあまり期待してはいません。ただネットの友人から、こういうのは貴重なのでまとめておいては、とのアドバイスをいただいていました。取り急ぎ、お知らせまで。また完成したら追記を書きます。

(追記)頑張ってはいるけれど、明日は朝外出仕事のため、先週の土曜日のように夜中の3時までかかって入力ということができないので、追いつけばそれでいいけど、適当なところで後日回しにするかもしれません。それにしても、ホームページからの移植なので、ブログのように前置きの書き込みがなく、本文だけ見てると何曲目がどうで、という記述が目立ってしまい、こんなんでいいのかなあ、とも思います。読む人によっては、つまらないと思います。特にECMはまだしもCriss Crossだとねえ。前置きがあると、いちおうそこも読めるし本文を補完する意味もあるので、時間を見つけて前置きをメインブログから引っ張ってくるかもしれません。これは順序がバラバラのため、時間がかかります。

2018/03/17

Earthlings/Victor Gould

1398
Criss Crossレーベルの新譜も2枚目で一段落。今日のピアニスト、大手通販ではけっこう持ち上げられて解説されていましたが、そこまでいくかなあという気持ちもありましたけど、その知的でメロディアスなピアノはけっこう印象に残りました。もちろんモーダルな奏法もバッチリですし。管楽器やパーカッションの起用も適材適所という感じで、聴いていて割とすぐに時間が来てしまったなあ、という感じです。この人のオリジナルをもっと聴いてみたいなあ、という気もしますが、新旧ジャズメン・オリジナルやスタンダードもいいですね。まだまだこの先楽しみなピアニストではあります。いいアルバムを聴きました。


Earthlings/Victor Gould(P)(Criss Cross 1398)(輸入盤) - Recoreded September 19, 2017. Dezron Douglas(B), Eric McPherson(Ds), Guests: Tim Warfield(Ss on 1, 3, 7), Godwin Louis(As on 5, 7, 9), Kahlil Kwame Bell(Per) - 1. Farewell To Dogma 2. Love Vibrations 3. Earthlings 4. Spider 5. Rise 6. Roses Roses 7. Blues On Top 8. Lover 9. Con Alma 10. Resilience

(18/03/16)4-5、7、10曲目がVictor Gould作ないしは共作(5曲目はモーダルなインプロヴィゼーションか)で、他はジャズメン・オリジナルやスタンダード。ピアノのフレーズは知的でメロディアスな感じですが、多面性あり。ホレス・シルバー作(2曲目)、ボビー・ハッチャーソン作(6曲目)、ディジー・ガレスピー作(9曲目)に混じって、マルグリュー・ミラー作(1曲目)があったり、選曲も意欲的。美メロと浮遊感のあるちょっと淡い雰囲気の1、10曲目、何となく静かなんだけどゴージャス感のある2曲目など、ピアノが割と上品に響いてきます。アップテンポでコードチェンジがカッコいいタイトル曲の3曲目、ここでは今っぽく攻めてます。今っぽいメカニカルなブルースの7曲目。超アップテンポで目まぐるしいスタンダードの8曲目。

2018/03/15

Genuinity/Noah Preminger

1397
Criss Crossレーベルの2月新譜が2枚届いてます。到着の時期や聴く順番の都合もあって、発売から半月経ってしまいました。昨年の5枚の新譜と比べると、今回のアルバム、リーダーの小粒感がちょっと気になります。まあ、このレーベルも新人や若手の発掘にも力を入れているので、内容が肝心なんですが。ただ、全曲オリジナルだし、ピアノレスの2管クァルテット編成で、けっこう自由に演奏しているサウンドは、好き嫌いが分かれるかもしれません。個人的にはこういうサウンド、好きなんですけれども。新しい感覚と懐かしいサウンドが同居していて、曲も緩急をつけた順番で演奏しているので、ひきこまれることはひきこまれました。


Genuinity/Noah Preminger(Ts)(Criss Cross 1397)(輸入盤) - Recorded September 15, 2017. Jason Palmer(Tp), Kim Cass(B), Dan Weiss(Ds) - 1. Halfway To Hartford 2. The Genuine One 3. Mad Town 4. Ts And Her Spirit 5. Ah 6. My Blues For You 7. Nashua 8. Walking On Eggshells 9. Acknowledgement

(18/03/14)全曲Noah Premingerの作曲。ピアノレスの2管クァルテット編成で、1曲目を聴くと割とアグレッシヴなジャズを演奏してます。現代ジャズのテクニカルな面も持たせつつ、コード楽器がない分自由な演奏。テクニック的にはやり手かと。2、4、6曲目のような、浮遊感もありつつメロディアスでややスローな演奏も聴かせてくれてます。変拍子もあるのでしょうが、分かりにくい編成なので何となくそうかな、という感じ。管楽器はよく歌う場面や速いフレーズでバリバリ吹く場面も多いですけど、4人の特性か、フリーではないにしても自由度の高さが目立ちます。ある意味新しくてある意味懐かしいサウンド。7曲目は少し自由なボッサでやはり浮遊感があります。スローなバラードと思ったらアップテンポの4ビートになる9曲目。

2017/11/07

3 For 3/Mike Moreno

1396
Criss Crossレーベルの新譜が届きました。10年前あたりは、毎年2月、5月、9月に各5枚ずつ出していたのが、その後1回あたりに出す枚数が減っていき、今回は出るのが10月になっていて、しかも1枚。このレーベル、フェードアウトしていかないかどうか心配になってきました。でも、出すものはいいものを出していて、今回のマイク・モレノも聴く人を満足させる内容になっているんではないかと思います。ギターは派手ではないけれど、おそらくやっていることはスゴいことだろうと予想できるし、フレーズも現代っぽさを織り交ぜつつ、繊細だし歌っていると思います。ギター・トリオですし、ギターが好きな人は聴くんじゃないかなあ。


3 For 3/Mike Moreno(G)(Criss Cross 1396)(輸入盤) - Recorded September 22, 2016. Doug Weiss(B), Kendrick Scott(Ds) - 1. The Big Push 2. For Those Who Do 3. You Must Believe In Spring 4. Clube Da Esquina No.1 5. April In Paris 6. A Time For Love 7. Perhaps 8. Glass Eyes

(17/11/05)スタンダードやジャズメン・オリジナル、ロック等の曲でオリジナルはなし。1曲目はウェイン・ショーター作、2曲目はマルグリュー・ミラー作、7曲目はチャーリー・パーカー作、8曲目はレディオ・ヘッドの曲と、1曲目から一筋縄ではいきません。これをギター・トリオで演奏してしまうのだから見事。ギターが派手ではないけど印象的だしスリリングで渋いです。やはり通好みのギタリストか。3曲目は優しいバラードで、彼の繊細さがよく分かる演奏です。それでいてたまに速いフレーズの場面もあるし。4曲目はジャズから少し距離を置き、聴きやすい。スタンダードなのに個性的な元気さを発揮する5曲目、やっぱり渋いという以外に言葉が見つからなくて困る6曲目。8曲目はギターは多重録音で、こういうところも現代人。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト