掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2018/03/29

Reframe/Laidback

Laidbackref
井筒香奈江さんのアルバムは、ソロでも今までに「リンデンバウムより」を含めて6作出ていますが、けっこうインパクトはあっても、1枚ずつの感想にしづらいところもあって、それ以前のグループ名義のアルバムを取り上げます。それでも今まで一貫してヴォーカルを聴かせて、周りの楽器はシンプルな点はどのアルバムも同じです。ただ、最新作の「リンデンバウムより」をまず聴いてほしいですが。今日のアルバム、大手通販ではもう入手は難しくなってますけど、ミュージシャンから直接仕入れているような個人でやっているWebショップではありました。1作目はまだどの方向に行こうか、という感じもありましたが、これはいいです。長男のスピーカーと真空管アンプで何度も聴くアルバムの1枚になりました。


Reframe/Laidback(Gumbo Records) - Recorded March to June, 2008. 井筒香奈江(Vo)、藤澤由二(P)、小川浩史(B) - 1. Just The Two Of Us 2. All I Know 3. Come On Home 4. Moondance 5. When Your Life Was Low 6. Company 7. Midnight At The Oasis 8. Blue Rose 9. Never Letting Go 10. Desparado 11. Love The One You're With 12. Have I Told You Lately

全曲洋楽のカヴァーのアルバム2作目。井筒香奈江さんの初ソロがその後’11年に出る(現在まで6枚)のですが、それまでLaidbackのグループ名義で出てました。個人名義は昭和歌謡とかニューミュージックなのに対して、こちらは洋楽のカヴァーで、おなじみの1曲目をはじめ、ジミー・ウェッブ作の2曲目、スティーヴン・ビショップ作の9曲目など、聴いたことのある曲を、ピアノとエレクトリック・ベースとのトリオでシンプルに演奏しています。ジャンルとしてはポップスになるのですが、ジャズやフュージョンを感じる演奏です。この頃から、ヴォーカルが語り掛けるような独特な声の印象の強さが出ています。それを聴かせるように、楽器は控えめな音出し。それがなかなか絶妙な空間を出していて、今のソロ作につながる線が見えます。一度聴くと病みつきになりそうな、ひっそりとしたインパクトがいい。ジャンル分けは難しいけど、本物だと思う。

2018/03/09

Still Warm/John Scofield

Johnstill
ジョン・スコフィールドのリーダー作過去盤聴き7日目。このアルバムも、久しぶりに聴いてみたけど、かなり強力なメンバーで、しかもドン・グロルニックのキーボードがまるで当時のマイルス・バンドのサウンドのような感じ。なかなかいいですねえ。ただCDが古いので、私のは音圧が低いのがちょっと残念かも。まあ、ヴォリュームを上げればいいのですが。何でこういう邦題がついたのかは謎なんですが、演奏が吹っ切れていてトンガっているし、けっこう好きなアルバムでした。ライナーによれば、ギャラが高すぎて、このメンバーではツアーに出られないようなことも書いてありましたけど、まあ、それも納得ですね。


Still Warm/John Scofield(G)(Gramavision) - Recorded June 1985. Don Grolnick(Key), Darryl Jones(B), Omar Hakim(Ds) - 1. Techno 2. Still Warm 3. High And Mighty 4. Protocol 5. Rule Of Thumb 6. Picks And Pans 7. Gil B643

邦題「鯔背(いなせ)」。これでもかというくらい強力なリズム隊がサポートしています。この時期マイルス・バンドに加入していたので、全体のサウンドやフレーズが影響を受けてがらりと変化してくる時期でもあります。全曲ジョン・スコフィールドの作曲で、強力な曲。ヘヴィーなファンクに乗って、トンガったギターが突き刺さるのが心地よい1曲目、浮遊感のあるバックでメロディアスに弾いていく穏やかなタイトル曲の2曲目、スローなファンクの部分もあり、テーマやメロディは綾織り系の柔らかさも持って交互に来る3曲目、超メカニカルなファンクの有名曲の4曲目、やや柔らかな曲調だけど、トンガリ具合も少しある5曲目、やや薄暗く、渋いメロディを持つファンクの6曲目、ベースが同じ音を出し、ファンクバラードになる7曲目。

2018/03/08

Electric Outlet/John Scofield

Johnelectric
ジョン・スコフィールドのリーダー作過去盤聴き6日目。’84年のこのアルバムからグラマヴィジョンに移籍し、快進撃ははじまったように思います。実際自分もリアルタイムで聴きはじめたのはこの次の「Still Warm」あたりからで、グラマヴィジョンのアルバムはそれこそ何度も聴いていました。後にジャズ方面に回帰するにしても、ファンクでどんどん進んで行ったこの時期の演奏はインパクトが強いです。ただ、「Blue Matter」「Pick Hits」「Loud Jazz」についてはコメントの手直し済みなので、今回は出てきませんが、実は長年のファンの私でも個人的に一番好きだったのはこのあたりだったりします。


Electric Outlet/John Scofield(G, B)(Gramavision) - Recorded April/May 1984. Steve Jordan(Ds), David Sanborn(As), Ray Anderson(Tb), Peter Levin(Synth) - 1. Just My Luck 2. Big Break 3. Best Western 4. Pick Hits 5. Filibuster 6. Thanks Again 7. King For A Day 8. Phone Home

全曲ジョン・スコフィールドの作曲。マイルス・バンドに加入の後なので、かなりファンク色が強くなってきました。ギターの音色も、エフェクターのかけ方が変化してきてます。このメンバーでは重量級とまではいきませんが、有名なホーンの2人のフレーズが印象的。シャッフル的なファンクの中を、駆け巡るギターやサックスなどがカッコいい1曲目、マイルスの曲の組み立て方の影響がみられるファンクの2曲目、明るめでメロディアスなバラードの3曲目、後にライヴ盤のタイトル曲となる有名曲の4曲目、ヘヴィーでタイトなリズムの上を、ギターが華麗に舞う5曲目、スローなファンクなんだけど、少しのブルージーな感じがいい6曲目、カントリー的なテーマとニューオリンズ的なリズムの7曲目、ミドルでややタイトなファンクの8曲目。

2018/03/07

Who's Who/John Scofield

Johnwhoswho
ジョン・スコフィールドのリーダー作過去盤聴き5日目。もっとこちらの時代の人かと思ったら、まだ’80年あたりまでをウロウロしています。マイルス・バンドに加入するのが’82年なので、その後もっとファンク色が強くなっていくのですが。ただ、それ以前でも個性は確立しているので、ギターのアウト具合とか独特なフレーズとか、聴いていてけっこう楽しい部分は多いですね。このアルバム、クレジットでは6曲目に入っているピアノが名前がないのですけど、たぶんそのままケニー・カークランドが入っているのではないかと思います。リーダー作で、ファンクというかフュージョン色が強いアルバムとしては最初の方でしょうか。


Who's Who/John Scofield(G)(RCA) - Released 1979. Kenny Kirkland(P on 1-2, 4-6), Anthony Jackson(B on 1-2, 4-5), Steve Jordan(Ds on 1-2, 4-5), Sammy Figueroa(Per on 1-2, 4-5), Billy Hart(Ds on 3, 6), Eddie Gomez(B on 3, 6), David Liebman(Ss, Ts on 3, 6) - 1. Looks Like Meringue 2. Cassidae 3. The Beatles 4. Spoons 5. Who's Who? 6. How The West Was Won

全曲ジョン・スコフィールドの作曲。エンヤがジャズ寄りなのに対して、こちら(ライナーではアリスタ)ではフュージョン寄りの演奏になっています。曲によってメンバーを2組使い分けています。このあたりからファンクの要素がちらつきはじめていますが、なかなか渋い曲が多いです。微妙な音程外しもギターの味になっている、ジャズロック的なビートの1曲目、ラテンファンクという感じで、キメもカッコ良くスピーディーに進む2曲目、アコースティックなワルツで、ミステリアスな香りを漂わせる3曲目、ちょっとしっとりとした感じのフュージョンで、静かな場面が印象的な4曲目、けっこうヘヴィーなファンクの色合いもあってメロディアスな感じもするタイトル曲の5曲目、5拍子基調で、ジャジーな方向での演奏がこれは印象に残る6曲目。

2018/03/02

ストリーミング配信が流行ってきているけれど

先日、ECMのストリーミング配信が出てきたことを書きましたが、ツイッターなどで周りを見ていると、だんだんストリーミング配信を利用している人が増えているようです。自分も無料登録できるものでどういうものか試してみてはいるけれど、導入に向けてはう~ん、どうかなあと思ってます。まだ、どれにするかも含めて検討中です。

我が家でも、ストリーミング配信ではないけれど、ネットワークハードディスクに数百枚分のCDがWaveファイルで入っていて、これをランダム再生で聴くのは、たまにだと楽しい。かけっぱなしにもできるし。ただ、自分のメインの作業である、CDをブログやホームページにアップするということを考えた時どうなのか、っていうと、やはり自分でお金を払って買ったCDの方が真剣に聴くし、アップもしやすいというのはあります。自分もダウンロード音源も持っていますが、何となく、ブログアップはためらってしまいます。このあたり、年齢的なものなのか、どうなのか。ダウンロード音源もけっこういいもの、ありますけど。現状、ストリーミング配信を発表日に聴いた情報が先に入っては来るのですけれども、それでも自分の今までのペースでアップしたものも、それなりに手ごたえはありますし、そのままやって行こうかなと思ってます。

長男にも聞いたけど、ストリーミングの必要性はまだあまり感じていないそうです。と言いつつ、だんだん旧人類になっていくんだよな、と思っても、別にこれで稼いでいるわけではなし、失うものも少ないし、あえてホームページ(ブログ)タイトル通りに、「CD」にこだわってもいいんじゃないかと思っています。まあ、自分がストリーミングにハマると、次々に欲しいCDが増えてしまう、という、あまり現状では好ましくない方向にいく可能性も予想していますけど(笑)。

2018/02/11

Points Of View/Tom Kennedy

Tompoints
以前はダウンロード販売しか見当たらなくて、そのうちCDはCD BABY直販だけ見つかっていて、海外から直接買い付けが苦手な私はそこでストップしていたところ、最近になって大手通販で取り扱うようになり、注文出来ました。たぶん海外買い付けよりは高いだろうけど、自分のような者にとっては助かります。ダウンロードは便利でいいのですが、ここはCDのブログなので、CDをやっぱりアップしていかないと、と時代にずれつつあるような行動をとってます。自分も歳だし、それでいいんじゃないかと。このアルバム、参加メンバーがかなりすごいことになっています。全体的にそれでもリラックスして演奏している感じはあるかな。


Points Of View/Tom Kennedy(B, Key)(自主制作) - Released 2017. Dave Weckl on 1-2), Bill Evans(Ss, Ts on 1-2), CHarles Blenzig(P on 1-7), Karla Harris(Vo on 3), Wes Ritenour(Ds on 3, 7), Chuck Roeb(G on 3), Bob Franceschini(Ss, Ts on 3-6), Lee Retenour(G on 4), Obed Calvaire(Ds on 5-6), Nick Marcione(Tp on 5), Randy Brecker(Tp on 7)., Mike Stern(G on 8), Richie Morales(Ds on 8), Bob Malack(Ts on 8) - 1. I'll Remember You 2. The Dark 3. New July 4. Just Listen 5. Roints Of View 6. Koolz 7. I'll See You 8. Gaslight Square Blues

(18/02/11)5-8曲目がトム・ケネディ作曲で、1-4曲目は参加メンバーの曲、スタンダード他。なかなかスゴいメンバーややリラックスしつつも、ベースをはじめ、それぞれのソロもあちこちで堪能できます。エレクトリックベースが5曲、4-5、7曲目はアコースティック。ジャンル的にはややフュージョン寄りですが、あまり甘くもなく、特にリーダーのベースがそれとなくだけど、目立っている感じ。こういう洗練された渋さは、なかなか味わえないかも。特に3曲目(ギターはチャック・ローブ)の都会的な渋い曲調は、聴いていて大人の曲だなあ、と思わせます。自主制作で好きなように演奏することが、ベーシストのリーダー作としてはうまく作用している感じ。5曲目はややアップテンポの4ビート。こういうジャズ的要素も少しあります。

2018/01/03

23ウエスト・バウンド/神保彰

Jimbo23
神保彰の同時2作発売の新譜の2枚目。実はこういうフュージョン・ミュージックを曲ごとに紹介するというのは苦手で、逆に全体像とか背景とかを書いていくことになるんだけど、それはそれでだいたいの説明にはなっているかなと思います。性格の違う2種類のアルバムを同時発売というのは難しいんだと思うのです(しかも短期間で2枚を録音)が、けっこう聴きやすいし、音もいいし、カッコ良く仕上がっていると思います。ドラマーとしてのテクニックよりも、聴いている時の心地よさも追求している、というのか、それもアルバム発売が続いている要因なのかなと思います。それにしてもやはり「アーバン」な音ですね。

(追記1月6日)我が家のオーディオ的には、2枚のうち、こちらの方が音がより心地よく聴こえます。まあ、条件によって変わってくるのでしょうが。


23ウエスト・バウンド/神保彰(Ds)(Electric Bird)
23 West Bound/Akira Jimbo(Ds)(Electric Bird) - Released 2018. Jimmy Haslip(B), Russell Ferrante(P, Key), GUest: Tim Bowman(G on 1, 4) - 1. Mighty Moon 2. Blue Mode 3. Sky Walker 4. West Bound 5. Okey Dokey 6. Tell Me Why 7. Go Cool 8. West Of The Sun 9. Dream Walk

全曲神保彰の作曲、アレンジ、プログラミング。本人いわく、こちらの方は「アーバンアルバム」と言っていますが、他の2人はイエロージャケッツで長くやっていたという新しい顔ぶれで、確かに曲は都会の香りがします。ただ、基本的なメロディは口ずさめるようにスムーズで、分かりやすいところは同じ。過去にもアメリカのラジオ局でリクエストしやすい曲を目指していたことがあったそうですけど、そんな感じ。ドラムスはバカテクを見せるわけではないですけど、その聴きやすい中で存在感があるというか。今回12年間同じメンバーの「サウス」と、新しいメンバーでの「ウエスト」の同時発売で、それぞれの良さや違いを感じることができ、けっこう楽しい。雰囲気は違うけど、曲自体の本質は両方とも同じなんじゃないかという気も。(18年1月1日発売)

2018/01/02

22サウス・バウンド/神保彰

Jimbo22
毎年、新年早々2枚の新譜が届くのを楽しみにしています。今回は届いたのは大晦日だったですけど。それが神保彰の新作。聴きやすいフュージョンアルバムなので、もはや彼のそれぞれのオリジナル・ソロ作のどこがどう違う、というのは表せないし、言うだけ野暮なんだろうなあと思います。それが割と年初のヘビー・ローテーションになっています。今回も、本人はラテンアルバムと書いてますが、洗練されていて、結果的にラテンフレイバーを味わえるという感じ。でもリズムは、自己解説にチャチャチャ、バイヨン、タンゴ(厳密には違うと書いてある)など、やはりラテンなんでしょう。そういう風にとらえなくても気軽に聴けることをねらっているんだと思います。

22サウス・バウンド/神保彰(Ds)(Electric Bird)
22 South Bound/Akira Jimbo(Ds)(Electric Bird) - Released 2018. Abraham Laboriel(B, Vo), Otmaro Ruiz(P, Key, Vo), Guest: Richard Elliot(Ts, Ss on 1, 8) - 1. Island Wind 2. Alalaya 3. Power Of A Smile 4. Dragon Flower 5. Jimboralia 6. Tango Del Sol 7. Pacific Triangle 8. Shake It Out 9. Golden Sunset

全曲神保彰の作曲、アレンジ、プログラミング。おなじみのメンバーに、2曲でサックスのゲストを迎えて、リラックスしつつもノリの良い演奏が繰り広げられます。ここでも、彼の親しみやすいというか、印象に残るメロディが満載のフュージョン。テーマはラテンアルバムとのことだけど、フュージョンのラテンフレーバー、という感じで、ラテンなんだけどそんなに露骨になってないところが彼らしいです。しっかりリズムはラテンしていますけど。2曲目はそれにヴォーカル(コーラス)も加わって、なかなか味があります。作曲の元は口ずさみなのかな、と思えるほどに覚えやすいメロディたち。ハードコアな雰囲気や変拍子色はほぼなく、あくまでも聴きやすさにも重点を置いてあるところなど、この時代逆に潔くていい印象を与えています。(18年1月1日発売)

2017/12/29

Many Lifetimes/Lost Tribe

Lostmany
Lost Tribeのグループ3作目にして最終作。だんだんトンガって来てると思うのは気のせいでしょうか。もちろん静かな曲もありますけど、バリバリとしている曲の方により興味が行ってしまいます。ここではDavid Gilmore(G)が抜けてしまっていますけど、その分アダム・ロジャース色も濃く、これはこれでまた楽しんで聴けますね。このグループのアルバム、前世紀の発売なんですけど、パッと聴かせて最近の録音だよと言っても通ってしまうんじゃないかなあ、と思います。難点はちょっと高くて入手しづらいところでしょうか。中古店なので安いのがあれば、手に取ってみるのもいいのでは、と思います。


Many Lifetimes/Lost Tribe(Arabesque Jazz)(輸入盤・中古) - Recorded April 1997. Adam Rogers(G), David Binney(As), Fima Ephron(B), Ben Perowsky(Ds) - 1. Concentrics 2. Heroes 3. The River 4. Vevasis 5. Calle Siete 6. Kyoto 7. Quartet 8. Jordan 9. Prospice 10. Manticore

(17/12/29)Adam Rogers作が3曲(1、3、10曲目)、Ben Perowsky作が3曲(2、5、9曲目)、David Binney作が2曲(4、7曲目)、Fima Ephron作が2曲(6、8曲目)。David Gilmoreはグループから抜けています。よりマニアックに、よりウネウネと迷宮に入りこんだような硬派なファンクサウンドが魅力。変拍子割合も増えてきたような気も。曲もより先鋭的になっていて、このまま続けばどこへ行ってしまうのかと思うくらいの’98年発売作ですが、ここまでトンガっていいのだろうかと思うサウンドに、思わずニンマリします。それでいてジャズ的な要素も持っていて、2曲目などは何となく横ノリになってしまう部分もあります。静かな3曲目は多少ですが、情緒的。ラストの10曲目はこれでもかとせまってきます。色々な曲が興味深い。

2017/12/26

Soulfish/Lost Tribe

Lostsoul
このグループの2枚目で、何と国内盤の中古が未開封状態で売られていたのを、しかも安価でゲット。ラッキーかもしれません。メンバーがメンバーなだけに、興味のあるアルバムなんですが、やはりできればこれが発売された当時に知って聴いておきたかったなあ、と思います。今からすると、当時はファンクアルバムでラップを乗せる曲があるのは割とありましたけど、やや時代を感じるかなあ。あとは、周りのサウンドとしては満足なんだけど、強力なメロディも乗せてほしいなあ、とも。これは自分がズレはじめているのかもしれないんだけど、まあ、サウンドの塊で強力に聴かせるこういうのもアリかなあ、とも思いますけれど。


Soulfish/Lost Tribe(BMG Victor)(中古盤) - Released 1994. Fima Ephron(B), David Binney(As), David Gilmore(G), Ben Perowsky(Ds), Adam Rogers(G) - 1. Walkabout 2. Whodunit 3. It's Not What It Is 4. Daze Of Ol' 5. Room Of Life 6. Steel Orchards 7. La Fontane (The Fountain) 8. Second Story 9. Planet Rock 10. Fuzzy Logic 11. H

(17/12/26)グループ2枚目のアルバムで、曲はそれぞれのメンバーの作曲ないし共作。1枚目とあまり雰囲気は変わらない気もするけど、ハードコアなファンクなので、結局お気に入りに。2曲目などテンポも切り替わり、いくつもの側面を見せてくれてます。作曲する人によって個性は出ますが、それを寄ってたかって皆で演奏すると、けっこうシリアスな曲ができる可能性が高いです。3曲目もロックかと思うくらいのサウンドで、そこに割と親しみのあるメロディが流れます。売れセンとは対極に位置するため、聴く人を選ぶかもしれませんが、’90年代前半当時に、このメンバーで演奏をしていたという事は、心にとどめておいていいかと思います。4曲目はラップだし、当時はこういうアルバムが多かったな。静かな曲もなかなか。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 | Criss Cross1051-1100番 | Criss Cross1101-1150番 | Criss Cross1151-1200番 | Criss Cross1201-1250番 | Criss Cross1251-1300番 | Criss Cross1301-1350番 | Criss Cross1351-1400番 | Criss Crossレーベル | ECM1001-1050番 | ECM1051-1100番 | ECM1101-1150番 | ECM1151-1200番 | ECM1201-1250番 | ECM1251-1300番 | ECM1301-1350番 | ECM1351-1400番 | ECM1401-1450番 | ECM1451-1500番 | ECM1501-1550番 | ECM1551-1601番 | ECM1602-1650番 | ECM1651-1701番 | ECM1702-1750番 | ECM1751-1801番 | ECM1802-1851番 | ECM1852-1900番 | ECM1901-1950番 | ECM1951-2000番 | ECM2001-2050番 | ECM2051-2101番 | ECM2102-2150番 | ECM2151-2200番 | ECM2201-2250番 | ECM2251-2300番 | ECM2301-2349番 | ECM2350-2400番 | ECM2401-2450番 | ECM2451-2499番 | ECM2500-2550番 | ECM2551-2599番 | ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) | ECM5501番-(音楽DVD)他 | ECM5801番-(ジャズと詩) | ECMレーベル | ECM未分類(雑記含む) | Enjaレーベル | Hatologyレーベル | J-POP | JAPOレーベル | JMTレーベル | Winter&Winterレーベル | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ | クラシック・現代音楽 | ジャズ | パソコン・インターネット | フュージョン・ファンク | ライヴ・コンサート | ロック・ポップス | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 映画音楽・サウンドトラック | 書籍・雑誌 | 楽器 | 澤野工房 | | 音楽

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

メールアドレス

友人が運営しているサイト