私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2017/02/27

The Baltimore Syndicate

Baltimore
紙ジャケ初期の20世紀末ごろの時代はそれに伴いリマスターが紙ジャケで出たので、また音質の変化が分かりやすかったので、けっこう買った記憶があります。が、すぐに飽きて、その後はリマスターになったからといって買い増しや買い替えはほとんどしていないです。KENSOのBOXぐらいかな? 昨日たまたま川崎のタワーレコードへ寄る時間があったので、眺めているうちにクリヤ・マコトの初期作品群がリマスター廉価盤で何枚か発売されているのを発見。自分の日本の現代ジャズ(当時)の原点的な意味合いもあるので、とりあえずそこにあった3枚を購入して、足りない1枚は通販で注文しています。今回は買い増しですかね。久しぶりに聴いてみました。


The Baltimore Syndicate(Paddle Wheel) - Recorded November 8-9, 1989. Alex Norris(Tp), Steve Wilson(Ss, As), Gary Thomas(Ts, Fl), Makoto Kuriya(P), Dave Pellow(B), Billy Drummond(Ds) - 1. A Colored Fluctuation 2. Sala Uno 3. Horizon Of West Virginia 4. Siamese Floating Castle 5. You Don't Know What Love Is 6. Triclinium Suite 7. Everything Happens To Me

リーダーはクリヤ・マコトで、実質的には彼のリーダー作。彼のオリジナルが7曲中5曲を占めています。非常に複雑で知的な曲が多いのが特色。それをやってのけるミュージシャンのプレイも圧巻です。3管フロントですが、個人的にはゲイリー・トーマスの参加に注目。1曲目でいきなりパワー全開。2曲目も不思議で心地よいのですが、細かくは分析不能。楽譜にすると難しそうだけど非常に美しい3曲目、目まぐるしいコード進行の4曲目。6曲目の邦題は「三層構造組曲」。メロディーだけで6ページの組曲だそうです。スゴい。 聴いていると以外にすんなり耳に入ってきます。5、7曲目のスタンダードでホッと一息、と思ったら時々押し寄せてくるソロのフレーズで耳が離せません。ゲイリー・トーマスは5曲目が特に渋い。 (15年12月9日発売)

2017/02/19

Daylight Ghosts/Craig Taborn

2527
ECMレーベル新譜聴き3日目で一段落。でも、また1週間後ぐらいに予定通りなら3枚届くので、今年はECM比率がかなり高くなりそう。さて、Craig TabornのECM3作目ですが、彼とChris Speedのフロントで、予想通りうれしいくらい硬派な内容になってます。逆に言えば聴く人を選ぶっていう事にもなりますが。ECMでは一定割合こういうアルバムも混ざっているので、要注意なんですが、私はむしろこういう方面のアルバムが大好き。まあ、旋律的にはフリーのジャンルかもですけど、けっこう構築された面も持っていて、微妙なバランスで成り立っています。やっぱりこれもプロデューサーのちからかな。


Daylight Ghosts/Craig Taborn(P, Electronics)(ECM 2527)(輸入盤) - Recorded May 2016. Chris Speed(Ts, Cl), Chris Lightcap(B), Dave King(Ds, Electronic Per) - 1. The Shining One 2. Abandoned Reminder 3. Daylight Ghosts 4. New Glory 5. The Great Silence 6. Ancient 7. Jamaican Farewell 8. Subtle Living Equations 9. Phantom Ratio

(17/02/19)7曲目のみロスコー・ミッチェル作で、他は全曲Craig Taborn作。ECM的な意味でハードな内容。構築力があってドラマチックな展開の曲が目立つ。比較的カッチリした曲でもフリーの香りがする硬派な曲で、割とガンガンせまる1曲目、出だしが静かで徐々に盛り上がり緊張感を漂わせ、表情を変えていくフリー的な2曲目、どことなく怪しげな旋律で割とゆったり流れていくタイトル曲の3曲目、メカニカルな飛び飛びの音でフリーのような展開の4曲目、幽玄な雰囲気で、タイトル通り静かに進む5曲目、やや活発なビートのあるフリーの雰囲気の6曲目陰鬱さをたたえながら自由にゆっくりと進む7曲目、静けさを通り越して研ぎ澄まされた感のある8曲目、連綿たる音の連なりが叙情的な感じさえするフリー的な9曲目。

2017/02/18

The Invariant/Benedikt Jahnel Trio

2523
ECMレーベル新譜聴き2日目。このアルバムは今日到着したものです。HMVの方が1か月以上早く、しかも安く入手できるはずだったのが、入荷せずにAmazonに切り替えました。それにしてもこのアルバムも収録時間が45分台。LPでの発売を意識した録音がだいぶ多くなってきています。CDでの再生時間は60分前後がちょうどいいと思っている私は、その分安くして、と思うのですが(笑)。ただ、このアルバムを高くなっても急いで入手しても後悔はなかったです。なかなかいいトリオ。また間隔を置いてでも、このトリオでECM3枚目を出してほしいなあ、と思っているのは私だけではないはず。


The Invariant/Benedikt Jahnel(P) Trio(ECM 2523)(輸入盤) - Recorded March 2016. Antonio Miguel(B), Owen Howard(Ds) - 1. Further Consequences 2. The CIrcuit 3. Mirrors 4. Mono Lake 5. Part Of The Game 6. For The Encore 7. Interpolation One 8. En Passant

(17/02/18)全曲Benedikt Jahnelの作曲。同じメンバーではECM2作目の異国トリオ。素直ではないけれど、すんなりと入ってくる情緒感たっぷりのピアノはなかなかいい感じ。リーダーがドイツ人なだけあって、ヨーロッパ系の非4ビートの演奏なのだけど、それほど内省的という感じでもなく、ガンガン来るわけではないけれど、そんなに静かすぎるほどでもなく、いい雰囲気でピアノトリオを楽しめます。もちろんちょっと冷たさの残るサウンドですが。5曲目は変拍子系ミニマル(?)的なサウンドが心地よい。このぐらいのサウンドで、ちょっと音的に多めなピアノ・トリオというのも、ECMではあまりないので、そういう意味では個性的なのかも。それでいて6曲目のような心が洗われるメロディが出てくるところも。やはり存在感はある。

2017/02/17

My Foolish Heart/Ralph Towner

2516
ECMの新譜がまた届いています。すいません、このところ忙しくてなかなか聴く時間がありませんでした。聴こうと思うと長男が、同じ部屋で音楽をかけている時もありますし。ラルフ・タウナーの新譜、これも収録時間40分ですねえ。以前は50-60分のものが多かったんですが、LP化するものはLP1枚分を意識した収録になっているので、これもその一環かも。こういう音楽はもっと長く聴きたいなあ、とも思うのですが、ギターソロで表現できる時間というものも聴く方としては考慮に入れなければですね。明るい5曲目は2台で多重録音のようです。ただ、何度でもかけたくなるような、そんなサウンドです。じっくり聴いてもいいし、小音量でかけておいてもいいし。


My Foolish Heart/Ralph Towner(G)(ECM 2516)(輸入盤) - Recorded February 2016. - 1. Pilgrim 2. I'll Sing To You 3. Saunter 4. My Foolish Heart 5. Dolomiti Dance 6. Clarion Call 7. Two Poets 8. Shard 9. Ubi Sunt 10. Biding Time 11. Blue As In Bley 12. Rewind

(17/02/17)4曲目のタイトル曲のみスタンダードで、他は全曲ラルフ・タウナーの作曲。曲数は多いけれど、40分台の収録時間と、1曲あたりの時間が短いですが、クラシック・ギターと12弦ギターのソロで奏でられる曲たちは、叙情的でもあり、空間的でもあり、その世界に引き込まれます。1曲目からその哀愁漂うギターの世界にハマっていきます。オリジナルがほとんどながら、よりメロディアスな方向に来ているのでは。レーベル色に合致した、まっとうながらも不思議な空間が。彼が彼でいつづけることの証明として記録された音。アイヒャーのプロデュースが彼の演奏を独自なものにしています。彼にしてははっきりしている3曲目、イメージ通りの有名曲の4曲目。正直、複雑で2台による多重録音か判別しがたい曲もあり。

2017/02/12

Somehow, Someday, Somewhere/桑原あい

Kuwabarasome
桑原あいの5枚目になるのかな。今回はウィル・リーとスティーヴ・ガッドとのトリオなので、けっこうイケイケでグルーヴィーなファンクのアルバムを想像してましたけど、そこは桑原あいのこと、1曲目にそれっぽい曲があるだけで、全然違った雰囲気のサウンドになってます。この2人をこう使うか、みたいな。ある意味それは成功していて、自分的にはウィルにこういう面もあるのか(たまたま今まで出会っていなかっただけだと思うけど)、と聴いていて参考になりましたし。彼女にはもっとマニアックな作曲やピアノを期待している面もあるのですが、今回はこういうもっと広い層にアピールした(と言ってもマニアックさもありますが)アルバムも、いいんじゃないかなと思います。

(追記)ちなみにこれは7インチ紙ジャケなので、他のCDと一緒に並べることができず、ちょっと困ります。


Somehow, Someday, Somewhere/桑原あい(P、Vo)(T.O.M. Records)
Somehow, Someday, Somewhere/Ai Kuwabara(P, Vo)(T.O.M. Records) - Recorded October 2016. Steve Gadd(Ds), Will Lee(B, Vo) - 1. Somehow It's Been A Rough Day 2. Home 3. Somewhere 4. Never Neverland 5. All Life Will End Someday, Only The Sea Will Remain 6. B Minor Waltz 7. Extremely Loud But Incredibly Far 8. The Times They Are A-Changin' 9. The Back

桑原あい作が5曲(1、4-5、7、9曲目)、ミシェル・ペトルチアーニ作が2曲目、バーンスタイン/ソンドハイム作が3曲目、ビル・エヴァンス作が6曲目、ボブ・ディラン作が8曲目。超有名なリズム陣を従えて、いつもの彼女とはまた違った、素晴らしいピアノ・トリオ。ややファンク的なグルーヴ感が気持ち良い、メロディアスな1曲目、メロディが美しい、途中から4ビートになる2曲目、語りかけるようにピアノが歌う3曲目、目まぐるしく旋律が動くもジャズしている感覚がいい感じの4曲目、8分の7拍子と4拍子の部分がある彼女らしい曲の5曲目、しっとりとしたワルツの6曲目、エレピで変拍子ファンクと思ったら4ビートもアリの普段の彼女的な7曲目、詩情的な明るいフォークの8曲目、詩的で静かなバラードが印象的な9曲目。(17年2月8日発売)

2017/01/29

Elegy/Theo Bleckmann

2513
ECM新譜が3枚(他の2枚はNew Series)届いているので、今日はその1枚目。Theo Bleckmannという人、Winter & Winterレーベル時代から知っているけど、以前は割と普通のヴォーカリストだったような。今回のアルバムはECMらしい非凡な個性を発揮したアルバムではないかと思います。ヴォーカルとしてはどちらかというと引っ込んでいて、曲の方で聴かせているというか。ベン・モンダーとシャイ・マエストロも参加していますけど、ECMなので、あくまでも彩り的に、という感じでしょうか。10曲目にモンダーの弾きまくりがあっても、ミキシングで抑えられて、派手に感じないですし。個人的には面白いと思いますけど、評価は分かれるんじゃないかな?


Elegy/Theo Bleckmann(Voice)(ECM 2512)(輸入盤) - Recorded January 2106. Ben Monder(G), Shai Maestro(P), Chris Tordini(B), John Hollenbeck(Ds) - 1. Semblance 2. Comedy Tonight 3. Fields 4. The Mission 5. Littlefields 6. Elegy 7. To Be Shown To Monks At A Certain Temple 8. Cortege 9. Elegy Var. 10. Take My Life 11. Wither 12. Alate

(17/01/29)2曲目がスティーヴン・ソンドハイムの作曲の他は、全曲Theo Bleckmannの作曲。3、10曲目に彼の作詞、7曲目にChiao Jan作詞とあります。詞のついているのはこれだけです。長い曲、小品の曲(これはインプロヴィゼーションに近いインストルメンタル)を含めて全12曲47分ほど。メンバーがメンバーなので、革新的なのかと思いきや、奥深く空間の広いゆったりした、しかも神秘的なECMの世界が広がります。3曲目はスキャットも目立ち、往年のパット・メセニー・グループを思い出させるような、より内省的で壮大な曲調。4、6、9、11曲目はヴォイス(スキャット?)のみでの参加。幻想的な世界が広がるような曲なので、こういう方面も楽しい。10曲目はギターが少々元気か。ECM世界でのサウンドの仕上がり。

2017/01/28

Chris Thile & Brad Mehldau

Chrisbrad
20日ぶり近くなって新譜が4枚届いたので、また聴いていきます。今日はChris Thileとブラッド・メルドーのデュオ。ジャズというよりはカントリー、ブルーグラス系も混ざったようなポップスって感じでしょうね。ヴォーカル曲も多いですし。ただ、メルドーのピアノのアプローチも歌伴的なところもあるにしても、彼ならでは、というところもあるし、メルドー度がどの辺にあるかで、このアルバムの好みが違ってくると思います。ジャズを期待するのならば、聴く必要はないですし。まあ、彼お得意の異種格闘技戦ですけど、そのあたりで買うかどうか判断された方がいいのかもです。CD1枚に収まる時間なのに、なぜか2枚になっているのも、ちょっとわからないですが。


Chris Thile(Mandolin, Vo) & Brad Mehldau(P, Vo)(Nonesuch)(輸入盤) - Recorded December 30, 2015 and January 2-3, 2016. - 1. The Old Shade Tree 2. Tallahassee Junction 3. Scarlet Town 4. I Cover The Waterfront 5. Independence Day 6. Noise Machine 7. The Watcher 8. Daughter Of Eve 9. Marcie 10. Don't Think Twice, It's All Right 11. Tabhair Dom Do Lamh

(17/01/28)Chris Thile作が6、8曲目、ブラッド・メルドー作が2、7曲目、2人の共作が1曲目。他にジョニ・ミッチェル作(9曲目)、ボブ・ディラン作(10曲目)その他のカヴァー曲を演奏しています。Chris Thileのプログレッシヴ・ブルーグラスというジャンルは初めて聴きますが、メルドーのピアノとの合わせ具合から、その指向性というのが伝わってきます。ヴォーカル曲も多いし、純粋なジャズというよりはChris Thileの方向性に近いのでは、と思わせますが、ジャズファンからすれば聴く人を選ぶことになると思うけど、広く音楽ファンからは受け入れられると思います。CD2枚組ですが、33分と29分で1枚にできるのに。ちょっとここはミステリー。内容の違いなのかも。2人のそれぞれの世界を行ったり来たりしつつ、ひきこまれます。

2017/01/26

Native Sense/Chick Corea/Gary Burton

Chicknative
ゲイリー・バートンのリーダー作過去盤聴き10日目にして一段落。とここで補足説明を。チック・コリアとの双頭名義のアルバム(特にECM)は両者ともにリーダー作のところに便宜上あげておいたのですが、このアルバムはチックのレーベルから出しているという事で、ホームページ上ではバートンの方はサイド参加作の方に掲載することにしました。まあ、どうでもいいことかもしれないんですけど。’70年代の演奏を残したあと、’97年録音で再びこの2人のデュオを聴けるとは思ってもいなかったので、うれしかった記憶があります。やはりこの楽器の組み合わせはこの2人が最強ですから。ホームページ上ではこの時期、短いアルバムコメントから今のコメントの長さになる過渡期のようで、中途半端な長さになっていました。さて、アルバムコメントの手直しもあと774枚(重複あり)で、この数を減らすのも楽しみです。


Native Sense/Chick Corea(P)/Gary Burton(Vib)(Stretch) - Recorded 1997. - 1. Native Sense 2. Love Castle 3. Duende 4. No Mystery 5. Armando's Rhumba 6. Bagatelle No.6 7. Post Script 8. Bagatelle No.2 9. Tango '92 10. Rhumbata 11. Four In One 12. I Loves You Porgy

12曲目のボーナス・トラックはスタンダード、11曲目がセロニアス・モンク作、8曲目はバルトーク作、他は全曲チック・コリア作。何枚かアルバムを作ってきたコンピなので、息はぴったり。楽器の組み合わせも原因だけど、2人ともタイム感覚がジャストなので、何かジャズ以外の音楽を聴いているような気分。この2人の録音は本当に久しぶりですが、相変わらずスリリングだし、すごいテクニックで面白い。新曲もあれば、再録音(2-5曲目あたり)のものもあります。 ただし、過去には別の編成での演奏だったので、その違いも興味深いところ。レーベルはECMからではないけれど、やや元気ながら10数年経ってもあまり基調とするところは違いがないように思えます。ボーナス・トラックまで含めて、70分以上の収録時間です。

2017/01/25

Astor Piazzolla Reunion/Gary Burton

Garyastor
ゲイリー・バートンのリーダー作過去盤聴き9日目。このアルバムはConcordに移籍して2作目(1作目は過去に紹介済み)なのですが、とうとうやりたいことをやってしまった、という感じではありますね。でも、ここまで潔いと、かえって気持ちいいものです。タンゴの世界にどっぷり。ただし、バートンのヴァイブラフォンが異色なので、完全なタンゴとまではいかないかもしれませんが、なじんでますね。こういう世界で統一されると、それもいいかなあとも思うのですが、同じようなアルバムを後に発売できているので、セールスも良かったんでしょう。ピアソラは原曲で聴くべきなのかどうか分かりませんけど、このアルバムもなかなかいいな、と思いました。


Astor Piazzolla Reunion/Gary Burton(Vib)(Concord)(輸入盤) - Recorded December 2-5, 1996. Fernando Suarez-Paz(Vln), Horacio Malvicino(G), Hector Console(B), Daniel Binelli(Bandoneon on 1-3, 9, 11-12), Marcelo Nisinman(Bandoneon on 4-8, 10), Pablo Ziegler(P on 1-2, 4-5, 8, 12), Makoto Ozone(P on 6-7, 10), Nicolas Ledesma(P on 3, 9, 11), Astor Piazzolla(Bandneon on 13) - 1. Biyuya 2. Allegro Tangabile 3. Romance Del Diablo 4. Caliente 5. Tanguedia 6. Triunfal 7. Soledad 8. Lunfardo 9. Revirado 10. La Muerte Del Angel 11. Decarisimo 12. Concierto Para Quinteto 13. Mi Refugio

アストル・ピアソラの曲集で、タンゴ関係のミュージシャンと共演していて、半分以上はあっちの世界です。ゲイリー・バートンの演奏も、ヴァイブラフォンでの参加なので少々異色ですけど、しっくりハマっています。アストル・ピアソラの曲は哀愁を帯びていてメロディアス。こういう世界もいい。確かに4ビートの部分も少しありますが、ジャズとかそういう事を言う前に、彼が傾倒していたアストル・ピアソラの世界が広がっています。ピアソラ曲集は、おそらく彼がぜひやってみたかったことかと。小曽根真も数曲に参加。アストル・ピアソラ本人とのデュオの13曲目のみ’70年の録音とのこと。 この後に「Libertango」というピアソラ曲集をまた作るので、その傾倒度合いはかなりのもの。ジャズというよりタンゴとして聴いてみたいアルバム。

2017/01/24

Face To Face/Gary Burton & Makoto Ozone

Garyface
ゲイリー・バートンのリーダー作過去盤聴き8日目。これも共演作ではあるけれども、バートンの方が主導権を握っているのでリーダー作扱いでいいかなと思います。通常新譜に比べて過去盤をアップする時は、アクセス数はそれなりに落ちるんだけども、ちょっと前に「Benny Rides Again/Eddie Daniels」(GRP)をアップした時にはアクセスがありました。何だと思ったら、GRPの廉価版再発が3月8日にあって、そのラインナップに入ってたのね。今日紹介するアルバムは、GRPの中でもマイナーな方なのではないかなあと思います。この後、バートンはConcordに移籍してしまいますし。やっぱり彼は、ピアノとのデュオが相性がいいですね。


Face To Face/Gary Burton(Vib) & Makoto Ozone(P)(GRP) - Recorded October 31 and November 1, 1994. - 1. Kato's Revenge 2. Monk's Dream 3. For Heaven's sake 4. Bento Box 5. Blue Monk 6. O Grande Amor 7. Laura's Dream 8. Opus Half 9. My Romance 10. Times Like These 11. Eiderdown

かってゲイリー・バートンのバンドに在籍していた小曽根真とのデュオ再開セッション。アルバムを通してのデュオははじめてですが、ライヴなどではよくやっていたらしく、相性の良さを見せつけてくれます。スタンダードあり、オリジナルありの多彩な構成。小曽根真作は3曲(1、4、10曲目)、スティーヴ・スワロウ作が11曲目。セロニアス・モンクの曲が2曲(2、5曲目)とアストル・ピアソラの7曲目、ベニー・グッドマンの曲が8曲目で他はスタンダード、ボッサなど。「ライヴ・スタジオ・レコーディング、ダイレクト2トラック」とあるので、けっこう緊張感のある録音方法です。2人のコンビネーションがかなり良くて、小曽根の幅広い表現方法のうち、バートン寄りに少し端正に弾いているような感じ。元気になる場面も、ミキシングの影響か。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最近のトラックバック

メールアドレス

友人が運営しているサイト