掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2018/11/14

Natural Impulse/Claudio Scolari, Daniele Cavalca, Simone Scolari

Scolaricavalca
イタリアからのCDです。日本ではCDの発売はないようですが、ストリーミング配信とか、ダウンロードとかでけっこう聴けるようですね(私はストリーミング持っていませんが)。日本は未だにCD大国なんですけど、欧米では、ストリーミングやダウンロードがもっと当たり前になっているので、そういう音楽文化の違いを感じました。ここでの音楽もジャズとファンクとが混ぜ合わさったようなサウンドで、一部、マイルス・デイヴィスやウェザー・リポートなどを想起させる部分もほんの少しありますけど、やはり生楽器と電気楽器が合わさった独自のものです。聴いているとシリアスではありますが、なかなか心地よい感じでもあります。ストリーミングを持っている人は聴いてみてください。参考までに、Amazon Jpでのダウンロードサイトをリンクしておきます。

Link Amazon Japan : https://www.amazon.co.jp/Natural-Impulse-Daniele-Cavalca-Scolari/dp/B0796LSWX8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1541079156&sr=8-1&keywords=natural+impulse

Natural Impulse/Claudio Scolari(Ds, Per, Synth Prog), Daniele Cavalca(Live Synth, Key, P, Vib, B、Ds on 3, 7-8), Simone Scolari(Tp)(Self-Produced)(輸入盤) - 1. Unknown Destination 2. American Skyscrapers 3. Chasing Inspiration 4. Natural Impulse 5. Moon Mood 6. Dear John 7. Updaown Night Trip 8. Insomnia 9. Over The Horizon 10. South Hemisphere

(18/11/14)全10曲とも3人の共作。1曲目の冒頭は電気楽器も交えてフリーで、そこからドラマチックな展開があって、徐々にファンクミュージックとしての形が見えてきます。ある種エスニックで民族音楽的な部分もあり、またフリーに戻ったり、変幻自在に展開。2曲目以降もアフリカンなパーカッションとトランペット、そしてジャズ(ファンク)の要素が強くて刺激的です。生音のトランペット、ドラムス、パーカッションとそれを囲む電気楽器で、ある意味次世代のジャズはこうなる的な方向性を示しているかも。タイトル曲の4曲目はピアノがメインで、周辺の楽器も比較的控えめ。シンプルな編成でやはりフリー色とファンクの折衷。のどかな曲、割と硬派な曲と曲によって変化がありますが、電気楽器と生楽器の融合が心地良いです。

2018/11/13

ダイアリー2005-2015~藤井郷子の音楽日記~/山岡優子

Fujiidiary
月刊藤井郷子11月号、出ました。10月号のDVD同梱もアイデアとしてはこういうのもアリだな、と思ったのですが、今回は、作曲した小品集(何と118曲)をクラシックピアニストの山岡優子さんに弾いてもらうという、これも予想ができなかった作り方をしたアルバムです。CD2枚組。藤井さんの本質を心得ているようで、ピアノでズバリと、その硬質な表現をしてくれています。たぶん作曲されたものはこれで全部ではなくて、録音されなかったものもけっこうあるんじゃないかとも思いますが、こういうアイデアが世に出てくれれば、また新鮮な気持ちで向き合えるんじゃないかな、と思います。


ダイアリー2005-2015~藤井郷子の音楽日記~/山岡優子(P)(Libra Records)
Diary 2005-2015 Yuko Yamaoka(P) Plays The Music Of Satoko Fujii(Libra Records) - Recorded June 27 and 27, 2018. [CD1] 1. 012805 2. 012905 3. 020405 .4. 020505 5. 021205 6. 021305 7. 021405 8. 030905 9. 051305 10. 051505 11. 051605 12. 051905 13. 062405 14. 042605 15. 062805 16. 072505 17. 072705 18. 101905 19. 121705 20. 122005 21. 040306 22. 040406 23. 040506 24. 040706 25. 041706 26. 050206 27. 050306 28. 051006 29. 112306 30. 112406 31. 112506 32. 123106 33. 010207 34. 010307 35. 010407 36. 012507 37. 012707 38. 012807 39. 012907 40. 020807 41. 021107 42. 031307 43. 041507 44. 042507 45. 070207 46. 070207 47. 072907 48. 112107 49. 122407 50. 122607 51. 073108 52. 081008 53. 122908 54. 010909 55. 011009 56. 011509 57. 032109 58. 032909 59. 033109 60. 040709 61. 050509 62. 051309 [CD2] 1. 061109 2. 062809 3. 070209 4. 091209 5. 091309 6. 092609 7. 102309 8. 102409 9. 102509 10. 111609 11. 031210 12. 031510 13. 031810 14. 032810 15. 040110 16. 100610 17. 101610 18. 120410 19. 010211 20. 120911 21. 010212 22. 020112 23. 030712 24. 031412 25. 032012 26. 042512 27. 050612 28. 051612 29. 061012 30. 072712 31. 080512 32. 080712 33. 082612 34. 110312 35. 110612 36. 121312 37. 010613 38. 011113 39. 012213 40. 012913 41. 032313 42. 052013 43. 060913 44. 102613 45. 120813 46. 041514 47. 041814 48. 050314 49. 051614 50. 072714 51. 082714 52. 090414 53. 111114 54. 081115 55. 102315 56. 031316

CD2枚組。藤井郷子の作曲した譜面を、クラシックピアニストの山岡優子が小品集118曲を録音した曲。曲は短いものが続いて各CD40分台ですが、一貫性があり、藤井の硬質なピアノを、小品集ということを気にしなければ、流れるように1枚のアルバムとして通して聴けるようになってます。曲ごとにあまりリズム感とか色彩感が極端に変わるということはなく、テンポも割と一定しているので、そういうことも可能です。この貴重な音の連なりが、作曲の15分間の練習から出来ているというのだから驚きで、立派にこのアルバムで作品集というか、ひとつの流れが出来ています。硬質なのは音使いゆえですが、フリージャズに流れるということもなく、大部分カチッとした演奏で、さすがクラシック奏者のピアノでも耐えうる内容です。(18年11月10日発売)

2018/11/08

Christian McBride's New Jawn

Christiannewjawn
クリスチャン・マクブライドの新作を聴きました。ピアノレスの2管クァルテットなので、きっと骨太なんだろうなあ、と思ってましたが、やっぱり。意外にこういうサウンド、けっこう好きなんですよ。そのかわりに好きなジャズをやってくれているので、アルバムコメントが少しグダグダになった感じはありますけれども。某中古店では買取価格、言いそうですね。それだけ評判になってるってことかな。まあ、骨太なので、こういうジャズに好き嫌いはあるかもしれませんが、一度聴いてみてもらってもいいかもなあ、と思います。彼のアルバムは、いろいろなフォーマットがあって(確か前作はビッグバンド)、つい追いかけてしまいます。


Christian McBride's(B) New Jawn(Mack Avenue)(輸入盤) - Recorded May 25-27, 2017. Josh Evans(Tp), Marcus Strickland(Ts, Bcl), Nasheet Waits(Ds) - 1. Walkin' Funny 2. Ke-Kelli Sketch 3. Dallad Of Ernie Washington 4. The Middle Man 5. Pier One Import 6. Kush 7. Seek The Source 8 Josh Day 9. Sightseeing

(18/11/08)クリスチャン・マクブライド作が1、8曲目で、ウェイン・ショーター作が9曲目の他は、メンバーの曲が2曲ずつ。変拍子の曲もありますが、野性味あふれる生音がけっこう良いジャズ。どちらかと言うと現代ジャズの範疇ではあるけれど、2管のピアノレスの味がどことなく懐かしい感じも。とにかくベースの音がぶっとく録れていて、これを楽しんでもいいし、管楽器もなかなか良く鳴ってくれています。元気な曲だけではなくて、3、6曲目にはバラードもあって、なかなか変化に富んでいます。4人編成でこれだけの迫力があれば文句ないですが、やはり黒っぽくてガツンと行きたい人向けの、迫力あるサウンド。2管のハモりのアレンジは割とスマートなんですけど、そのマッチ感がなかなか面白い。通好みかなあという気もする。

2018/11/04

Espresso/Bob James Trio

Bobespresso
このアルバムも、発売しばらく経ってから入手。輸入盤のつもりで買ったら、輸入盤国内仕様になってました。MQA-CDという通常のCDでもかけられる仕様のハイレゾCD(ハイレゾの部分を再生するのは、専用の機器が必要)でした。私は中学生の時「ボブ・ジェームス2」を聴いて、それがその後の音楽を聴く運命を左右したほどに、やはりそのアルバムも人生の何枚かに入っているのですが、今回のアルバムもやっぱり彼らしいなあ、と思います。ただ、純ジャズファンからしたら、オーバーダブやシンセサイザーの多用もあって、どうかなあ、と思う面もあります。なのでジャンルも、ジャズとフュージョンの両方のカテゴリーに入れることにしました。


Espresso/Bob James(P, Key, Synth) Trio(Evolution)(輸入盤) - Released 2018. Billy Kilson(Ds), Michael Palazzolo(B), Luisito Quintero(Per Overdub), Angela Scates(Oboe on 4), Hugh Char(Ds Prog on 1), Dayne Stewart(Add Key on 6, 11), Mark Falebook(Add Key on 6, 11) - 1. Bulgogi 2. Shadow Dance 3. Ain't Misbehavin' 4. One Afternoon 5. Mister Magic 6. Topside 7. Il Boccalone 8. Mojito Ride 9. Promenade 10. Boss Lady 11. Submarine

(18/11/04)他人の曲は3曲目(ファッツ・ウォーラーらの作曲)と5曲目で、他は全てボブ・ジェームスの作曲ないし共作。他に演奏者が加わったり、シンセなどをオーバー・ダブしている部分もあって純粋にトリオではないアルバムだけれど、彼も80歳になろうとしていてこういう演奏が聴けるのはいいことです。特に11曲目は過去作「ノーチラス」を今に再現した曲として、興味をひく部分。ロックノリで割と淡々とソロを弾いていきますが、インパクトは大きめ。1、8曲目のように複雑そうな曲もあったり、メロディ重視の曲、フュージョン的なノリなどの決め事の多い曲が大半だけど、トリオ・ジャズとして気軽にノレる部分も少しあります。そういう意味では高度かも。ジャズの曲というよりは、やはりボブ・ジェームスの演奏という感じが強い。

2018/10/23

ウィーブ/Amu(編む)

Amuweave
月刊藤井郷子の10月号。今年に入って毎月CDを出すという宣言、とうとう10月まで来ちゃいましたね。この分なら12月までいけるのは確実だと思います。それにしてもすごいエネルギーです。今日のアルバムは、パーカッシヴ・ダンスというヴィジュアルが必要な演奏だったと思うので、たぶん初のCD(1-7曲目)+DVD(1-6曲目)という2枚組での発売になりました。ドイツからMizuki Wildenhahnさんをこのライヴのためだけに呼び寄せるのに費用はかかったと思いますが、税込み2,916円という良心的な値段で提供していただいてます。やはりこういう演奏はDVDで見て良かったですね。ダンスがはっきり分かるし、パーカッションもどこから音が出ているのかもクリアーです。


ウィーブ/Amu(編む)(Libra Records)
Weave/Amu(Libra Records) - Recorded July 1, 2018. [CD+DVD] Mizuki Wildenhahn(Percussive Dance), Natsuki Tamura(Tp, Per), Satoko Fujii(P), Takashi Itani(Per) - 1. Megosona 2. Nesimo 3. Ubega 4. Bittahando 5. Gorondari 6. Rimaketo 7. Hajori[CD only]

全曲4人のフリー・インプロヴィゼーションと思われる。パーカッシヴ・ダンスが入っているせいか、DVDの収録もあって、初のヴィジュアルも加えたアルバム。CDでもインプロヴィゼーションとして組み立てられていて、面白いけど、ダンスがあってその音があまり大きくなく、視覚的に観たい演奏なので、DVDで観ることをおススメしたいです。曲として面白いけど、常にステップを踏み続けているというわけでないので、DVDではダンサーメイン、CDでは音的なサウンドを楽しむなど、使い分けるといいかも。ドラムスに近いパーカッションと、トランペットのパーカッション持ち替えもあって、そこにピアノが絡んで、不思議なフリー・サウンドの世界に導かれます。フラメンコをメインに影響を受けた独創的なパフォーマンスがけっこう光ってます。(18年10月13日発売)

2018/10/22

Bay Of Rainbows/Jakob Bro

2618
このアルバムは、10月5日の発売予定日になっても、告知も遅かったし、なかなか入荷しそうもなかったので、Amazonマーケットプレイスで米国から取り寄せました。ちょっと高くついちゃったかな、というのと、アメリカプレスが届いてしまいました。独盤狙いだったらもう少しじっくり待つべきだったか。まあ、デジタルデータなので、アナログ時代のような、プレス場所による音の変化ってないんですけど。ライヴ盤を聴いても、ヤコブ・ブロはマイペースの人だと思います。ギター自体はあまり複雑なことをやってない、というかむしろシンプルに感じるのですが、このトリオだと、けっこうすごい演奏になってますね。さすがベースとドラムスの人選が良い。


Bay Of Rainbows/Jakob Bro(G)(ECM 2618)(輸入盤) - Recorded July 2017. Thomas Mogan(B), Joey Baron(Ds) - 1. Mild 2. Red Hook 3. Copenhagen 4. Dug 5. Evening Song 6. Mild(Var.)

(18/10/22)全曲Jakob Broの作曲。ライヴ演奏だれど、全体のサウンドで包み込むようなドリーミングな雰囲気は健在。哀愁の漂うメロディと流れるような8ビート的なサウンドとゆるいアクセントが印象に残る1曲目、より深淵性の高まった感じの、自由で幻想的な世界の少し盛り上がる面もあるバラードの2曲目、穏やかに流れていくメロディが優しい、時々8部音符的なベースも印象的に映る叙情的な3曲目、愁いと哀愁のあるメロディがカッコよく、ベースがちょっとひねくれたフレーズでサポートしていて、そこから中途部分けっこうハードになり、ベース・ソロで静かな場面も演出する4曲目、明るいけどギターとベースのリズムの違いを狙っている5曲目、1曲目と同じ曲を、別テイクというか変奏曲で、比較的穏やかに進む6曲目。

2018/10/16

Live In Europe/Fred Hersch Trio

Fredliveeuro
このアルバム、半年ほど前の4月28日には出ていたんだけど、買いもらしてました。実はフレッド・ハーシュは全追っかけしてないので、今回も、気軽な気持ちで注文の数合わせで利用させてもらいました。しかし、しかし、しかし。聴いたらスゴいのなんのって。もうこのトリオならではのライヴ演奏が詰ってました。ちょっとマニアックかな、とは思いますけど、ここまで独自のサウンドで、変幻自在、しかもトリオとしての一体感のあるアルバムって、他ではそうはないと思います。よくエヴァンス派なんて言葉が使われますが、これはもうハーシュ独自のサウンドですよね。なかなかいい63分間のライヴでした。


Live In Europe/Fred Hersch(P) Trio(Palmetto Records)(輸入盤) - Recorded November 2017. John Hebert(B), Eric McPherson(Ds) - 1. We See 2. Snape Maltings 3. Scuttlers 4. Skipping 5. Bristol Fog (For John Taylor) 6. Newklypso (For Sonny Rollins) 7. The Big Easy (For Tom Piazza) 8. Miyako 9. Black Nile 10. Blue Monk (Solo Encore)

(18/10/15)ライヴ演奏で、1、10曲目がセロニアス・モンク作、8-9曲目がウェイン・ショーター作、他は全曲フレッド・ハーシュ作。ツアーの中で録音を録って聴いてみたら、これがものすごく良かったそうです。1曲目のモンクっぽくもあり、独自色の繊細なフリーっぽさも交えつつ、絶妙なバランスでのトリオの演奏を聴くと、これが素晴らしい。唯一無二のサウンドと言っても過言ではないです。オリジナルの優しいメロディもありつつ、ややソフトにトンガっているサウンドはここでも聴けて、9年もこのトリオでの演奏なので、まさに自由度の高いところをあうんの呼吸で演奏しています。3人でいろいろな方向に連れ添ってサウンドが流れていくさまは、まさに職人芸ではと思わせます。5曲目のバラードも、そのひんやり感がけっこういい。

2018/10/14

バルーション/小川理子

Ogawaballu
このアルバムは長男のリクエストで購入しました。長男はUltra Atr Records(現在2枚目)が音の良さを売り物にしているので好きらしいです。今回曲順間違いの表記があり、大手だったらストップをかけるか回収騒ぎになるだろうなあ、とも思うのですが、かつてはマイルス・デイヴィスのCDにも曲順違いのまま表記されたもの(LP時代からそのままだったような)を見たことがあり、まあ、そんなに目くじらを立てることもないかなあ、という気がしています。ただ曲順を間違えていることが分からない人からすれば災難かもですけどね。音はさすがにいいですねえ。聴いたら長男に渡しますが、また彼のリファレンスの1枚になるのだろうな。

(追記15日)会社ホームページを見てみたら、準備ができ次第、表記が正しい新しいのと交換してくれるとのこと。

(追記30日)新しい改訂済みのジャケと裏ジャケが届き、早速交換しました。


バルーション/小川理子(P、Vo)(Ultra Atr Records)
Balluchon/Michiko Ogawa(P, Vo on 4, 9, 11) - Released 2018. バイソン片山(Ds on 1-5)、山村隆一(B on 1-5)、田辺充邦(G on 1-5)、浜崎航(Sax, Fl on 7-12)、中林薫平(B on 7-12)、吉良創太(Ds on 7-12) - 1. Oh Lady Be Good 2. Lavo For Sale 3. In A Sentimental Mood 4. Do Nothing Till You Hear From Me 5. I Got Rhythm 6. But Not For Me 7. Take The "A" Train 8. C Jam Bles 9. Smile 10. Perdido 11. Nobody Knows The Trouble I've Seen 12. Lady Madonna

全曲スタンダード、ジャズメン・オリジナル、ポップスで、デューク・エリントン関連が3、5、7-8、10曲目、ジョージ・ガーシュインの曲が1、4、6曲目と割合が多いです。音を売り物にしているアルバムだけに、ジャズとして心地よく響いてくるサウンドが何とも言えない。ただし、曲名の表記が、5、3、4曲目の順番が正しいので、ここでは直しておきました。これは痛恨のミス。ちょっと懐かしいスタイルでのピアノの演奏で、それがエリントンやガーシュインの曲にピッタリとマッチしています。プロデューサーは1-6曲目までは麻倉怜士、7-12曲目は潮晴男という構成はこのレーベルでは恒例で、編成とメンバーがが違うので、A面、B面という聴き方ができます。12曲目にビートルズの曲を持ってきたところも変化に富んでいていい。(18年10月10日発売)

2018/10/13

Combo 66/John Scofield

Johncombo
ジョン・スコフィールドの新譜。ちょっと後回しになってしまったのは、彼はマイペースの人なので、アルバムコメントをどう書いたらいいのか分からない、ということもあり、結局書いたら少しグダグダになってしまいました。でも、それがアルバムの内容を表しているような気がして、まあ、いいか、と思っています。ジョン・スコは何を演奏してもジョン・スコだ、といういい例のアルバムでしょうね。ビート感も8ビートなんだか4ビートなんだか分からないような曲も何曲かあって、そこを行ったり来たりしている自由さが、やっぱり彼の演奏だなあ、と思わせるところもいいですねえ。最近の彼の演奏を知らない人には、どんな感じかはそれこそ聴いてみないと分からないかも。


Combo 66/John Scofield(G)(Verve)(輸入盤) - Recorded April 9 and 10, 2018. Gerald Clayton(P, Org), Vicente Archer(B), Bill Stewart(Ds) - 1. Can't Dance 2. Combo Theme 3. Icons At The Fair 4. Willa Jean 5. Uncle Suthern 6. Dang Swing 7. New Walzto 8. I'm Sleeping In 9. King Of Belgium

(18/10/12)全曲ジョン・スコフィールドの作曲。メンバーがいいし、渋い味わいがあります。8ビートと4ビートを行ったり来たりする曲が多めなのも特徴か。キメのある8ビートの、ジャズというよりいなたいロックを聴いている感じで途中が4ビート的にもなる1曲目、これがテーマ曲でしょうけど、この野暮ったさがまたいい2曲目、ちょっとアップテンポで渋く4ビートでせまる3曲目、ワルツというか6拍子というか、という感じの4曲目、3拍子のおっとりとしたサウンドが懐かしいような5曲目、アップテンポの4ビートでウネウネとスウィングして見せる6曲目、これもロック的な6拍子に聴こえる、ノリの良い7曲目、マイペースながらしっとりとしたバラードを奏であげていく8曲目、4ビートなのか8ビートなのか相変わらず彼流の演奏の9曲目。

2018/10/11

Change In The Air/Cuong Vu 4tet

Cuongchange
クォン・ヴーの新作で、ビル・フリゼールが今回も参加しています。作曲も全員で出し合っていて、まあ、フリゼールの要素が大きいとは思いますけど、割と変化に富んでいます。自由度が高い演奏もあり、ゆったりとした演奏もあり、ギターが最近にはなく過激な曲もあったり。このメンバーでは2枚目のアルバムですが、前作はマイケル・ギブス集だったので、個人的にはオリジナルばかりの今回のアルバムの方が好みかな。彼のアルバムを毎回追いかけているわけではありませんけど、メンバーによっては、けっこう面白い。基本的にはフリーが好きそうだけど、そこまで行ききらないところが多いのがいいんじゃないかと思います。


Change In The Air/Cuong Vu(Tp) 4tet(RareNoise Rocrods)(輸入盤) - Recorded May 14-16, 2017. Bill Frisell(G), Luke Bergman(B, Add G on 4), Ted Poor(Ds, Key on 5) - 1. All That's Left Of Me Is You 2. Alive 3. Look, Listen 4. Must Concentrate 5. Lately 6. Round And Round 7. March Of The Owl And The Bat 8. Round And Round (Back Around) 9. Long Ago 10. Far From The Here

(18/10/10)6-8曲目がCuong Vu作曲、4曲目がLuke Bergman作曲、1-2、5曲目がTed Poor作曲、3、9-10曲目がビル・フリゼール作曲。あまりジャズという感じではないですが、その内容的には明らかに広い意味でのジャズ的手法だと思います。2、8曲目などのように楽器同士の音の重ね合わせで、微妙なコードが出てきたり。フリゼールの参加している影響が高いサウンドの曲も目立ちます。ベースもエレキ・ベースだし。2曲目などで最近あまり聴かない、ちょっと過激なギターも出てきます。反面3曲目のように、内省的なメロディのやり取りが出てきたり。ところどころミステリアスな感じのサウンドになっているのが心地よい。Cuong Vu作品(6-8曲目)はやや自由度(フリー度?)が高めになります。変化に富んだ1枚。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 | Criss Cross1051-1100番 | Criss Cross1101-1150番 | Criss Cross1151-1200番 | Criss Cross1201-1250番 | Criss Cross1251-1300番 | Criss Cross1301-1350番 | Criss Cross1351-1400番 | Criss Crossレーベル | ECM1001-1050番 | ECM1051-1100番 | ECM1101-1150番 | ECM1151-1200番 | ECM1201-1250番 | ECM1251-1300番 | ECM1301-1350番 | ECM1351-1400番 | ECM1401-1450番 | ECM1451-1500番 | ECM1501-1550番 | ECM1551-1601番 | ECM1602-1650番 | ECM1651-1701番 | ECM1702-1750番 | ECM1751-1801番 | ECM1802-1851番 | ECM1852-1900番 | ECM1901-1950番 | ECM1951-2000番 | ECM2001-2050番 | ECM2051-2101番 | ECM2102-2150番 | ECM2151-2200番 | ECM2201-2250番 | ECM2251-2300番 | ECM2301-2349番 | ECM2350-2400番 | ECM2401-2450番 | ECM2451-2499番 | ECM2500-2550番 | ECM2551-2600番 | ECM2601-2650番 | ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) | ECM5501番-(音楽DVD)他 | ECM5801番-(ジャズと詩) | ECMレーベル | ECM未分類(雑記含む) | Enjaレーベル | Hatologyレーベル | J-POP | JAPOレーベル | JMTレーベル | Winter&Winterレーベル | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ | クラシック・現代音楽 | ジャズ | パソコン・インターネット | フュージョン・ファンク | ライヴ・コンサート | ロック・ポップス | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 映画音楽・サウンドトラック | 書籍・雑誌 | 楽器 | 澤野工房 | | 音楽

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト