Twitter

無料ブログはココログ

カテゴリー「オーディオ」の57件の記事

2019/03/17

長男が入手した LPプレイヤー YAMAHA GT-2000

190210record
190304lp
190306lp
長男がLPプレイヤー YAMAHA GT-2000 を先日入手しました。かなり古いものであちこちボロボロ、それでもターンテーブルはちゃんと動くので、何とか使えるようです。

部品もいくらか欠落があり、インシュレーターの足も1つはバネが入ってない状態だし、黒い塗装もボロボロはがれる状態。これは木工ボンドを塗って、紙やすりで削って、はがれないようにしました。ついていたMCカートリッジのオーディオテクニカ AT-F3IIは針が曲がっていて、これは新たにオーディオテクニカのMCカートリッジAT-F7を購入。MCカートリッジである程度いいのは安くはないので、ちょっとイタい出費になりました。

フォノイコライザーも、自作品を入手して使っていますが、やはりLPは針をおろすまでの儀式がCDに比べて大変なので、私はいいやということで、LPプレイヤーも長男の専用みたいになってしまっています。早速、LPも安いところを数枚買ってきてかけてますが、音はいいですね。GT-2000は名機と言われているそうだけど、確かにけっこう良さそうです。ボロボロだけども、何とか入手できたことを喜ばなければ。でも、その長男も、家に主だったオーディオは置いて、数日後には群馬県に引っ越していきます。今度は集合住宅なので、オーディオを鳴らす環境にはないですね。果たして、新たに小音量用のオーディオをまた構築するのか、それとも片道2時間半ほどで帰ってこれるので、週末は帰宅組になるのかどうか。まあ、先のことは分かりませんけれども。

2019/02/24

4KテレビのPanasonic TH-49GX750とTH-43GX750を購入

190223tv2
190223tv
1週間ほど前(納品は5日前)のことになりますが、前のテレビが調子が悪くなったり古くなったりしたので、4Kテレビを2台購入しました。せっかくこの時期なので4K対応テレビ(4Kチューナー要)ではなくて、4Kテレビ(4Kチューナー内蔵)のものを選んでます。値段もそれほど違わなかったし。

3階には今まで地デジ対応ハイビジョン(フラット)ブラウン管テレビのPanasonic TH-32D60という、ブラウン管で最後の世代と言われる珍しい型のものを15年も使用してました。それが今度は32型から49型の大きいTH-49GX750に切り替わりました。さすがに画面がきれいですね。4K放送も今までのBSアンテナで基本的なものは入ります。また、ビデオ関係もブルーレイレコーダーはじめもう全然使ってないビデオデッキなども3台重ねてテレビの上に置いてあったのを、ブルーレイのDIGA DMR-BW780を1台だけつなげるようにしました。これでだいぶスッキリとしました。

2階の応接間は、今までは何とアナログ放送末期に買っていたシャープのLC-20DE7という20型の液晶テレビで我慢してました(もっと新しかった32型が3年前に壊れたため)が、それを長男が独立するときに持っていくとのことで、そこに入ったのがPanasonic TH-43GX750の43型です。そこには今までビデオをつなげていなかったのですが1階でつなげていたブルーレイレコーダーのDMR-BWT650をつなげるようにしました。

けっこう贅沢な買い替えですが、以前だったら1台分の費用で2台買えるような値段だったですので、まあ、いいかと。私は朝の時間以外は日本代表のサッカーを観るぐらいであまりテレビの恩恵は無いですけど、家族はテレビ好きが多いので、今回はカミさんが買うという形になってます。1階にも65型TVがありますけど、これは2Kタイプの最後期のものだけに、今回のテレビの色の良さには、満足しています。1階は東芝でTV(REGZA 65J7)もブルーレイレコーダー(DBR-Z520)もまとまっていて、今回2、3階はPanasonicにまとまりました。

それにしても今時のテレビ、無線LAN対応でYouTubeやNetflix(なぜか独立する長男の名前で登録)も観られるのは、やはり価格からすると安いんじゃないかと思えます。

2018/12/15

館山のコンコルドの佐久間さん、亡くなられる

150505concorde
150505concorde2
150505concorde3
昨日、知り合いから訃報が飛び込んできました。千葉県館山にある、コンコルドという、真空管アンプの聖地でもあり、ハンバーグがおいしいお店の佐久間駿さんが14日に亡くなられたとのこと。ご冥福をお祈り申し上げます。

コンコルドに行ったのは意外に古く、’98年から館山にあったSTEPという片桐さん経営のCDショップ(’09年に閉店)と通販の取引をはじめ、1か月に1-2回、国内盤を送ってもらってました。そして何年かに1回、直接買い付けに車で行ったりもして、その時に片桐さんからお昼をごちそうになったのがコンコルドのハンバーグでした。お店のメニューはこのハンバーグだけ。片桐さんは佐久間さんと友人で、都内でアンプ試聴会がある時は、お手伝いをされていたこともよくありました。真空管アンプでお店の半分ぐらいを埋め尽くす、ってけっこう変わったお店でしたが、そこが世間で言われるところの真空管アンプの聖地と知ったのはもっと後のこと。実は今回の訃報も、片桐さんからでした。

私の長男も真空管アンプを作るようになったので、’15年の5月に彼を連れて、アンプ試聴会にコンコルドまで行ってきました。その時の経験、だいぶインパクトがあったんじゃないかな。私が確かその時で4-5回目の訪問で、試聴会の時に行くのは初めてでした。その後も彼の大学のオーディオ研究会(今はそれもなくなりましたが)の合宿ついでに寄らせてもらい、特別に試聴会をやってもらったりしてました。

影響力のあった人のようで、若い頃から雑誌に寄稿、本も出版したりしていたそうですが、お亡くなりになったことで、真空管アンプというものもまた、業界的にもマスコミ的にも変わっていくんだろうなと思います。

(追記)そして、お店も閉店となりました。

2018/10/29

スピーカー改造中につき

181027room
長男がまた、スピーカーの改造をやっています。自作のスピーカーユニットの周りだけ角の面取りをやっているだけなんですけど、けっこう手間はかかりますね。オイルペイントの塗り直しもありますし。それが土曜日の写真だったかな。今は収めるところに収めてありますが、まだスピーカーユニットの取り付けがしていません。私も月末に近づいて土日のプライベートな部分や、仕事がバタバタしているのもあって、ブログの更新が出来てませんが、日曜日などは部屋がまだ写真の通りだったので、ライヴも近づいているのにベースの練習もちょっと不便な状態でした。でも、彼はアンプでもスピーカーでもその改造をして、こんな感じに音が変わったとか、言えるのがなかなかすごいのでは、と思います。はっきりとした違いでなければ、私には区別つきませんもん。若いので、耳を大切に、と言うほかないですね。

2018/09/08

長男のオーディオを空気録音していただきました

昨日の私のブログで、一昨日の長男の来客の後にスピーカーの分解を長男がはじめてしまったわけですが、その長男の来客というのが「sakutaro1969」さんで、そのキーワードでYouTube検索すると出てくる、空気録音(音源をスピーカーから再生して、その音を録ること)では有名な方だそうです。特にフォステクス系のスピーカーが多いようです。

今、その長男のスピーカーの空気録音が少しずつアップされている(今現在、全部で5本)ようですが、けっこうな本数になりそうですね。そこで、まずその前段階の、全体を紹介する動画を作っていただいてます。

字幕のところに、長男を経由して伝言ゲームみたいに私のことを「ECMでは有名なベーシスト」とか、あり得ないことが書かれてあったりしてますが、字幕が直せないということで、訂正の説明文が書いてあります。

「すみません。訂正箇所がございます
http://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/
ブロガーさんでありアマチュアのベースをされているという事です
ECMはジャズ聴きの間では有名なレーベルであり
日本人ベーシストは数が極めて少なく非常に敷居が高いという事です....申し訳ございませんでした」

とありますが、ここでも、私は単にECMのCDを収集しているだけということと、ジャズは演奏していない(できない)こと、ECMからアルバムに出演した日本人ベーシストは現段階ではいないということを申し上げておきます。

ただ、空気録音自体は興味深いものであり、全部で何本YouTubeに上がるか分かりませんけど、今後を非常に楽しみにしています。

下記は実際の空気録音をしていただいた音源の例です。

2018/08/28

仕事のクラウドのことや、ルーター交換(富士通Si-R G110B)のことあれこれ

180828rooter
仕事ではずっとサーバーを使っていたのですが、自分のところでは小規模だし、クラウドが出るというニュースが出てきたとき、真っ先に飛びついて、サーバーをなくしてしまいました。平成24年の12月のことでした。その時TKCのお客で私のところが神奈川県では一番早く導入しました。その後年月が経ち、つい数か月前に、そのクラウドのソフトというかPC内のシステムを新しいものに統一してもらいました。主な使い勝手は以前と同じですけど、既に数年前に使わなくなったソフトなどもその時削除しています。このヴァージョンアップが、後半書いているDHCPに影響してきます。

そして、昨日、ルーターの交換をしてもらいました。以前のものは富士通のSi-R G100で、今回のが富士通Si -R G110B。あまり変わってないので、保守期間を超えて5年8か月も使ってしまいましたけど、いよいよ不調なので、交換してます。確かにインターネット、クラウド関係のスピードが速くなっていて、ルーター間をつなぐケーブルもカテゴリー6以上を勧められました。ところが、担当者が帰ってその夜に気が付いたのですが、メールの送受信ができなくなっている。慌てて次の日の朝連絡して、またその翌日(今日)にも設定の見直しに来てもらいました。

結果、調べてもらったら、メインで使っているPCのIPアドレスが200番を使っていて、これが今回の設定の範囲外になっているとのこと。そこでエンジニアの方からの提案はDHCPで可変IPアドレスを150番から30個選べるようにするので、メインPCの固定IPも外したらどうかとのこと。最近のクラウド関係のソフトは、無線LANの普及に伴い、そこまで進んでいたのでした。結果としてはこれが大正解で、メールも、全て正常に動くようになりました。他のPCなども、いくつか固定IPを外しました。

しかも、以前、固定IPのルーターの下にルーターをDHCPでぶら下げて使っていたネットワークHDDとSonica DAC(これがDHCPでしか使えない)も同一のルーターの中で操作できるようになり、趣味の方でも一石二鳥でした。まあ、これらの設定は長男に今後やってもらいますけど。ただそれでもSonica DACがDHCPでしか使えないというのは今でも疑問です。もう販売されなくなっているので、仕様変更も無理ですしね。

まあ、ルーターの設置で1回ではうまくいきませんでしたが、それが功を奏して、DHCPでネットワークが使えるという、仕事だけではなくて趣味の方のネットワーク全体にまで、いい影響を及ぼしてくれたと思います。担当の方には2度も足を運んでいただいて感謝です。

2018/08/19

「Stereo」誌9月号に長男とスーパースワンの紹介記事が掲載されました

180818book
昨日8月18日発売の「Stereo」誌9月号21ページに、長男と自作長岡式スピーカーのスーパースワンの記事が掲載されました。7月号でオフ会記事が掲載されたばかりだというのに、そこで取材があった時にスワンがあったので、今回の特集記事に結びついたようです。特集は「今を生きる長岡鉄男流」。

実は取材があった時に私も少し、こういうホームページやブログをやっていて、などと説明やアピールをしたのですが、オーディオ雑誌にはあまり関係が無いらしくて、私のことは記事にはなりませんでした(笑)。まあ、長男がその分主役なので、記事を読んでみて下さい、ということで。

確かに長男は、私よりはだいぶ耳が良いようで、結局私が使っていたオーディオシステムより長男の自作の真空管アンプと自作スピーカーの方がいい音になってきているので、今では私のブログアップ用のシステムも長男のものを使用しています。日々、それに加えて部品を替えたり配置を変えたりして、いい音を目指しているようです、いい音にならないわけがないですよね。そのいいレベルでのどのあたりに彼がいるかは分からないですけれども。長岡式スピーカーを、若い年代の人が作ったのも珍しかったようですね。キットを買ったわけではなくて、板を切るところから大学の旋盤を借りて自分でやってますし。

まあ、これで当分の間はメディアに出るということはないと思いますが、雑誌に2度名前入りで掲載されているので、いい意味での勲章にはなるでしょうね。

2018/06/19

「Stereo」誌7月号にオフ会の様子が掲載されました

180619book3
昨日の朝、大阪方面で大きい地震があり、お見舞い申し上げます。幸いお知り合いの方々は無事が確認できました。

例年、ゴールデンウィークの時期に、ネットの友人のmadameさん主催の、国立で、1次会が昼間にお酒を飲みながら「No Trunks」でジャズのCDを聴くオフ会、夕方から「カフェ・シングス」に場所を移して、持ち寄りの真空管アンプやスピーカーでのオーディオでジャズCDを聴くオフ会(2次会)が開催されてます。もう10数年続いていて、2次会の方もほぼ10年くらいかな。私も初参加が’07年のことでした。今回は5月5日に開催されたその2次会に「Stereo」誌の取材が入りました。長男も4年ぐらい前から私と一緒に参戦していて、自作アンプとスピーカーも車で持って行きます。今年は2組の割と大きいスピーカーだったので、レンタカーを借りて、長男の運転で持って行きました。

今日、その「Stereo」7月号の発売日なんだけど、通販で頼んであったので明日到着かなと予想していたら、偶然にも今朝手にすることができました。先月号はなぜか目次だけあって記事がなかったのですが、今度こそ、5月5日のオフ会の模様が掲載されました。早速ページをめくってみると164ページから見開き2ページで、オフ会の様子が掲載されています。タイトルは「カフェシングス・クラフトオーディオの会」。取材に来た方は、写真はけっこう撮ったものの、メモを取っている様子はなくて、小さいスペースの簡単な記事かな、と思っていたら、けっこう詳しく書いてありますね。長男とスピーカーの写真もちゃんとありましたし。

ここはブログという媒体なので、見開きページを写真を撮ってここに掲載するということができないのですが、書店などで、手に取ってみていただき、できる事なら買っていただきたいなと思います。特に今月号は特集号で、「ベスト・バイ・コンポ2018 いま最高のコンポはこれだ!」ということなので、そちらのメイン記事が面白いと思います。

私も昔、何回か仕事方面で取材を受けたことはありますけど(今回は私ではなく、長男の方が前面に出てますが)、雑誌だとけっこう反響も大きいものです。まあ、記念にということで、買ってしまいました。

2018/06/12

ブログ用に聴くオーディオシステムの変更

180611amp
今まで何年も、ブログ用に聴くオーディオシステムは、CDプレイヤーがTEACのVRDS-15、アンプがAVアンプでYAMAHA DSP-AX2700(デッドな部屋なのでサラウンドをかけてます)、スピーカーがONKYO Scepter 1001でした。ホームページをはじめてから20年あまり、CDプレイヤーとAVアンプを、同じメーカーの後継機種に替えてますけど、その時も音の感覚がちょっと変わって、最初聴いた時に戸惑った記憶がありました。徐々に慣れていくんですけれどもね。

数日前にブログアップ用に聴くシステムを、CDプレイヤーは同じだけど、アンプを長男自作(’15年)のAB級6L6プッシュプルアンプ(真空管アンプ)、スピーカーは、昨年12月に完成したFostexのFE208-SolとT90A-Superを使った自作のバックロードホーンに替えました。サラウンドは使わなくなったけど、ジャズはもともとデッドな部屋に合うものが多いし、何よりも、いろいろ設置を変えてみたり、回路変更や部品を替えてみたりして、ジャズの音がけっこう生々しくなってきた、ということがあります。その長男も就職で来年春には家を出て行ってしまうので、その時にはアンプは持っていくとのことで、それまでのシステムにはなりそうです。それまでは2人共用で使います。

長男がはじめてステレオに興味を持ちだしたのは、わずか11年前。スピーカーなど、最初はおもちゃのようなものでも自作をはじめたのが6年ぐらい前。本格的なものを作り出したのがスピーカー(スーパースワン)で4年前、真空管アンプは3年前と、そんなに前のことではありません。幸い音楽を聴く耳(若いからジャズも聴くけど、それよりはアニソンということもありますが)と、それをオーディオで調整できる能力はあったようで、今に至ります。このあたり、長く聴いていれば皆に備わるというものでもないので、ラッキーだったと言えますね。何といっても出てくるジャズの音が生々しいので、これから聴くアルバムの印象も変わってくるかもしれないなあ、と思いつつ。かくいう私は、ちょっと前まではある程度のいい音で音楽が鳴ってくれれば、調整とか考えもせず、無頓着だったのだ。

スピーカーは出来立ての当初高域が耳にささってきたのですが、ネットワークで試行錯誤して、あまりささらないようになってきたし、アンプは長男がいつも回路や部品をいじっていて、昔とは明らかに違ういい音で鳴らせてますし。まあ、親バカな部分もあるのでしょうけど、スピーカーは1回、アンプは数回、人前で視聴会などで鳴らしているので、そんなに悪くないのかなあと。

長男の部品などの変更については下記レポートに書いてあります。他の方のサイトからリンクを張ってしまい、すいません。

http://www.audifill.com/event/004_010/ab6l6_2.pdf

2018/06/09

長男によるTEAC VRDS-15のトレイ修理

180608vrds1
180608vrds2
’04年に買ったTEACのCDプレイヤー、VRDS-15のトレイの開閉が数か月前より調子が悪くなり、製造終了後8年以上経過していてメーカー修理ももうやってないらしいとのことで半分あきらめていましたが、先日とうとうトレイの開閉が手動状態になってしまいました。意を決して、長男が、それまで面倒だったようなんだけど、トレイの修理をやるとのことで、私が通販でプーリーゴムのサードパーティー品をネットで探して2本注文、取り替えたら先ほど元通りになりました。それほど時間はかかりませんでした。

天板を外すのは小さい六角レンチが必要なんですが、長男は自作派なので、持っています。ネットの検索をするとVRDS-15よりは25とか10、20あたりの修理方法が掲載されているも、割と数はあるのと構造は似ているので、それを頼りに修理。

トレイの開け閉めだけの問題であれば、修理はそんなに難しくない(上の写真左に見えてます)んですが、同じ大きさのプーリーベルトをVRDSメカの方にも使っていて、そちらも交換の必要な時期に来てました。そちらの方はもっと奥の方にあり、いくつかの細かいEリングの取り外しとか取付があるので、けっこう手間だったようです。まあ、自作派の息子を持っていて助かったというか。

詳しい修理の状況などは長男がFacebookにも書いてますけど、このあたりはほぼプーリーベルトの劣化とゆるみが原因なので、他の方もあきらめずに修理をしてほしいなあと思います。今販売中の、VRDSメカを使っているCDプレイヤーはエソテリックの60万円クラスの高価なものしかなく、まだまだVRDS-15を使いたいと思っています。

――――――――――
この件に関して、長男がFacebookに書いたものの転載を以下許可してもらいました。私のブログにしては長い文章ですが、これで参考になる方がいらっしゃれば。ココログの仕様で、動画のアップまではさすがに無理かな?


TEAC VRDS-15 のトレイがいよいよ閉まらなくなってきたので修理。開閉にゴムを使っているらしく経年で伸び切ってしまうよう。トレイを手で押し込むのとかは良くないのだろうな、という感じ。
修理詳細は書きますが、物を破壊、もしくは怪我をしても自己責任でお願いします。(中略)
https://ameblo.jp/suimeikan/entry-12266466362.html
自分はこのブログを参考にさせていただきました。機種は違いますが、同じような構造なので十分に役に立ちます。
この方と同じでグリスついてしまう可能性がありますが、分解は必要最小限に抑える形で修理をしました。基盤取り外しはちょっと自信なくて…
あと、この機種は発売から15年近く立っているため、ピックアップレーザーが限界を迎えている可能性があるため、いずれすぐ寿命が来る可能性があることを記載しておきます(数年前、純正品のレーザーは5万円近くまで高騰し、出回りもしなくなりました。)
また、写真は組み立てるときに撮ったものなので多少説明と違う部分があるのでご理解ください。
修理は是非とも電源ケーブルを抜いてからしてください。感電はもちろん、故障の可能性があります。

180608vrds3
まずはトレイを外します。写真一枚目のように、トレイを開いた状態で、ツマミをマイナスドライバー等で持ち上げてやると簡単に引き出せます。開閉の時で擦れる部分で、グリスがついているので扱いには注意します。

次に、一枚目の写真に写っているVRDSのブリッジを外します。先にこっちを外したほうがトレイは外しやすいかな?ネジ4つ外すだけで簡単に外すことができます。ブリッジにはモーター制御の配線がたくさんつながっているので負荷をかけないよう気をつけます。

180608vrds4
ブリッジとトレイを外すと、トレイ開閉ベルトが見えます(写真二枚目)。開閉ベルトしなくなった場合は左側のこれを変えてやるだけで十分です。
今回は写真二枚目右下のVRDSメカのゴムベルトも変えてやることにしました。こいつはトレイ開閉ベルトと共通部品で、トレイ開閉の度にCDを探しに行くため、トレイ開閉ベルトと同じくらい動作していると考えられます。
正直CDを持ち上げるだけなのでさほど負荷はかかってないと考えられますが、一応変えます。このあとに書く作業に自身のない方はトレイ開閉ベルトのみの交換で良いと思います。

VRDSメカのゴムベルトは、モーターからモームギアに動力を伝える部品です。このモームギアがVRDSを上下させるギアに動力を伝え、アームを動かして、回転軸が上下します(この説明がわからない人はモーターの軸を回してVRDSメカを上下(間違えた向きに回すと壊れるので注意)させてみると良いかも?それでもわからない人はこの先に進むことをおすすめしません。

このVRDSを上下させるベルトを外すには、モームギアの軸を少なくとも片方外す必要があります。そのためにはVRDSを上下させるギアを外す必要があり、そのためにはアーム及びCD回転軸も外す必要(というか外れてしまう)があります。
ここから先の作業は、裏蓋を外してやったほうが、細かい部品を落とした時に対処がしやすいです。

180608vrds5
まず、VRDSを上下させるギアのEリング、及びアームを支えているEリングを外します。
これは再度組み立てる時に必要なので曲げたりなくしたりしないように注意します。
ここで、VRDSの上下センサ判定のためのセンサが見えると思いますが、今回のやり方では必ず干渉するので、こいつを折る、曲げることがないように注意してください。壊すと再生ができなくなると考えられます。

180608vrds6
次にVRDSメカのアームの軸を外します。トレイのレールと干渉するのでまずトレイのレールのネジを外します。ネジ2つ外れたら少し傾けて軸をとってしまいましょう。レールを完璧に外す必要はないです。

Eリングと軸が外れたら、先ほどのVRDS上下センサのネジを外します。メカを外すのに邪魔になるのでその対策です。本当は完璧に外すことが理想ですが、再度取り付けることを考えると不可能かと考えます。ネジを外したらセンサをできる限り右側に避けて、VRDSメカ及びアーム、及びCD回転軸を抜き取ります。(良い写真がなかった!)
あとで戻すため構造はよく観察しておいてください。

180608vrds7
外すとこんな感じです。モーターからゴムを外し、モームギアの片側は簡単に外れる(引っかかっているだけ)のでそこからなんとかゴムを抜き取ります。もう片側が取れないのはどういうからくり何でしょう?
かなり余裕がなくてグリスが付いてしまうのはもう仕方無しです。モームギアを折らないように注意してください。

新しいゴムは
http://blog.cdpartsman.com/2017/03/01/teac-vrds-15/
こちらで購入しました。
こちらに頼めないといった場合は水道用のOリング(22ミリ径)で代用ができるらしいです。

180608vrds8


モームギアに新しいものを取り付けるときは、一応マスキングテープで軽く養生してやって、ゴムにグリスがつかないように工夫しました。結局少しついてしまいましたが。

組み上げは基本逆順ですが。VRDS上下ギア、アーム、CD回転軸を取り付け(センサの位置と上下位置の相関に注意)たらもうVRDS上下ギアのEリングはつけて、それからアームの軸をつけてしまうのが楽なようです。
VRDSメカのセンサ、本当に折らないように注意してください。


(追記12月16日)長男は知り合いのVRDS-25のベルト取り換えもやったのですが、これは本体を3分割している頑丈な筐体をバラすのが大変で、VRDS-15よりもその分解の難易度が高そうでした。ベルトの取り換え部分についてはVRDS-15とほぼ同じだそうです。VRDS-25については他のサイトで詳しく説明しているブログがあるようですので、そちらをご参考にしてください。

今回はグリスを拭き取らない&追加しないで無理やり修理しましたが、良いグリスないですかね…?

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト