私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2017/07/09

首都高速横浜北線を走ってきました

170728map
昨日の朝は6月25日のライヴの日から友人の家で預かってもらっているベースを受け取りに、友人の家との間の途中のファミレス(ジョナサン東山田店)で待ち合わせ。その時に、行きは3月に開通したばかりの、首都高速横浜北線を走ってきました。

横羽線の生麦ジャンクションから第三京浜の横浜港北ジャンクションまでをほとんどトンネルで結んでいて、かなり早い到着で、高速を降りてから時間が少しかかったけど、それでも家から25分で到着。特にこちらからのトンネル入り口から下り坂になっているように、まだ道路も空いているし、スピードの出し過ぎに注意したいところです。

ただ、浅田ランプから入って首都高速、第三京浜の都筑インターで降りるまで計590円かかったので、この道路が威力を発揮するのは、さらに東名高速までつながった時かなと思います。今回は一度記念に乗ってみたかったという感じで、今回の目的地までは一般道でもそんなに時間がかかるというものでもないので、東名高速につながるまでは利用しない可能性が強いかな。

帰りは一般道路だったけど、東山だから綱島までがけっこう渋滞してました。それでも帰りは途中から知っている道だったのですが、50分ほどだったかな。まあ、楽しい経験にはなりました。さすがに高速をひとりで走りながら写真は撮れないので、今回は写真はありません。


(7月28日追記)今日、車を購入後3年間でただ1回無料のナビの地図書き換えにディーラーに行ってきました。12-14日の車検の時にやらなかったのは、24日に地図の新しいヴァージョンが出るとのことで、結果、3月に開通した首都高速横浜北線が掲載されてました。ラッキー。(写真はその画像です)

2017/01/16

日産ノート(NOTE) e-powerに試乗してきた

170116note
今朝、エクストレイルの6か月点検で車をディーラーに持っていき、1時間半ほどの待ち時間の間にノート e-powerを試乗させてもらいました。朝一番の初乗車なので、車の暖機運転が必要なのと、今日はけっこう温度が低くて、発電用のガソリンエンジンの方のアイドリングがほぼしっぱなしだったのですが、駆動系がハイブリッドではなくて完全に電気自動車になっているので、そこはチェックポイントではなくて、あまり気にはなりませんでした。

実は2年半前、車を買い替える前はエクストレイルよりもノート(当時は当然ながら両方ともガソリン車しかなかった)を購入しようという気持ちが強かったのですけど、大人が4人乗車で試乗させてもらったら、走りはじめがノートは少々かったるく、家族の意見もあってエクストレイルに決定といういきさつがありました。

今度のノート e-powerは電気モーター駆動なので、スタートダッシュがかなり得意です。ひとクラスもふたクラスも上の車に乗っているんじゃないかと思わせるほど。これはこれで試乗してみて欲しくなる車ではありますね。弱点があるようで、高速に弱い(燃費が悪くなる)という事ですけど、自分はせいぜい100キロをちょっと超す程度でしか走らないし、それくらいだったら、まだエコカー燃費の域ではあるので、あまり気になる点ではありませんね。

ノーマルモード、スポーツモード、エコモードと走行の切り替えができて、スポーツモードとエコモードの時は、言われているように、アクセルの踏み込みを離すとブレーキがかかります。これはゴーカート感覚で面白い。回生ブレーキで、電気を戻すという方法でもあるのですが。

ただ、時期的に車を購入してまだ2年半という事で、買い替えの動機にはなりませんけれども。でも、このe-powerのシステムって汎用性があるんですよね。他の、もっと興味深い車種で出てきたら、その時はどうなるか、って気もします。まあ、若い時から、1回車を買うと8-10年ぐらい乗っていたので、すぐに飛びつく可能性は少ないですけれども。

2016/10/31

エクストレイルのパーキングアシスト

161030car
日産エクストレイルのメーカーオプションのカーナビをつけると、確かアラウンド・ビュー・モニターもついてきて、今まで車を買ってから2年以上使ったことはなかったけど、インテリジェント・パーキング・アシストという、車庫入れを自動でやってくれる機能がついてます。

昨日、それをやってみて、やるほど、便利だなあと思った反面、ぶつかりそうになるところは手動で回避しなければならないので、それならば、アラウンド・ビュー・モニターを見ながら手動でやってしまった方が、はるかに楽ですね。パーキング・アシストは、駐車位置の設定をすると、「開始」を押せば、あとは進むのとハンドル操作は自動です。で、運転手はミッションをドライブに入れたり、指示があるとバックに入れて、自動で後退、ここのハンドルも自動操作。あとは止めたい位置でブレーキを踏むだけ、というけっこう簡単な操作なんですね。

うちは左側に車庫入れをします。駐車する前に、ベストなポジションをとっておけば、パーキング・アシストですんなりと成功します。ただ、これがちょっとずれると、まず前進するときに、うちはT字路(4m幅)なんですけど、まず前進した前の家のフェンスにぶつかりそうになり、次に車庫入れのために後退するときに、車庫の正面の家の角にぶつかりそうになり、と、操作に慣れないとちょっと危ないな、と思いました。

どうやっていいのかわからなかったので、下記の日産ディーラーさんのYouTubeを参考にさせていただきました。

実は長男が、免許をやっととって、昨日初の外乗りだったんですね。まず、日曜の工業地帯のガラガラの道で練習をしてから、街中に入って、国道に出て、横浜のみなとみらいまで行ってきました。大通りでは運転はもう大丈夫なんですけど、家に入っていくところの4m道路が自転車などの障害物も多く、運転初心者にとってはぶつけないで車を出し入れするのがちょっと厄介です。あとは車庫入れ。これは自分でも気を遣う部分なので、初心者にとっては難関でしょうね。まあ、いずれ経験していって慣れてくれると思いますけど。ただ、ぶつけたりキズはつけてほしくないなあ、と願ってますが...。

2016/10/09

日産エクストレイル(ガソリン車)に乗って2年強

140821kuruma
2年前の8月中旬に日産エクストレイル(ガソリン車)が納車されて2年強が経過しています。納車後半年ほどして、ハイブリッド車が出たけれど、その価格差は約40万円。この当時は待ってハイブリッド車の方が良かったかな、と頭をよぎりました。実は仕事でも車を使っていながら、プライベートでは長距離走行はほどんどしてなくて、主に家族の駅までの送りとか区内のショッピングセンターまでの走行で、暖機運転をしながら往復5-6キロということが多いです。燃費にはけっこう負荷のかかる走り方で、この時の表示燃費は6-8キロ/lということが多いですね。目が眼瞼痙攣という症状が出た時期があって、長距離を運転するのがつらい時期もあったことがありますし。

結果、仕事では往復60キロとか90キロとか、高速中心で燃費を稼いでも(この時は燃費が13-14キロ/lいきます)、地元走りで相殺されて、ガソリンを入れるたびに燃費は10キロ/l行くかどうか(公称燃費は16キロ/lですけれども)。おまけに2年強でやっと走行距離も5,500キロを超えたぐらいなので、こういう場合、ガソリン車で十分だな、ということが分かりました。今年1-9月のガソリン代はトータルしても2万円とちょっと。車の燃費が前のステージアに比べて、ハイオクからレギュラーになったのも含めて良くなっていることもありますけど、ガソリン代の下落にも助けられてます。ただ、ハイブリッド車との価格差を、ガソリン代で補うのは、たとえ10年乗っても埋められないだろうな、ということは距離をあまり乗らないという時点で分かり切っているわけで。

車体がハイブリッド車だと130キロ重くなるということも、運転していて気になるかも。でもその分馬力は上がるし、公称燃費も2割のびることにはなるので、その運転する人の好き好きではあるのですが。ただ、維持管理も考えると距離を乗らない人には、ガソリン車で十分だし、この車でも、燃費は向上しているし、無理してハイブリッド車にしなくてもいいんじゃないかな、と思います。

(追記)過去にもやっぱり同じようなこと、書いてますね(笑)。まあ、おおむね買ってから今までの感想はそんなにブレてなかったかと...。

(さらに追記10月20日)調べたら、ハイブリッドモデルの、特に初期のものは、その構造の複雑さから、CVT(ミッションまたはクラッチ?)に不具合が出てくる個体が多いらしいですね。リコールがあったようですけど。どうりで日産の中古車情報にあまり走行距離のないエクストレイルハイブリッドが多く出ているはずだ、と思いました。でもガソリンかハイブリッドかは好き好きではありますけれどもね。

2015/12/02

ガソリン価格の推移(Part5)

前回のPart4では、平成26年7月までを記録しました。実は平成26年8月にハイオクガソリン車から、レギュラーガソリンの日産エクストレイル(ガソリン車)に買い替えており、燃費も良くなったのと、最近の石油価格の値下がりによって、平成27年1年間のガソリン代は平成26年に比べて半分以下になりそうです。まあ、距離はあまり乗ってないですけれどもね。

前回も書きましたが、製油所が近い川崎、しかもセルフスタンドの記録(しかも一定のスタンドの現金会員なのでフリーよりも数円安い)ですので、全国平均よりは安いと思います。

レギュラーガソリン
平成26年8月16日  156円/リッター
平成26年9月1日   156円
平成26年9月26日  157円
平成26年10月23日 151円
平成26年11月28日 144円
平成26年12月26日 134円
平成27年1月28日  120円
平成27年2月25日  126円
平成27年3月24日  128円
平成27年4月22日  132円
平成27円5月25日  134円
平成27円6月27日  137円
平成27円7月19日  133円
平成27円8月19日  125円
平成27年9月18日  123円
平成27年10月19日 119円
平成27年12月1日  114円
平成27年12月18日 109円(追記)さらに下がってますね。
平成28年1月27日   96円(追記)
平成28年2月16日   98円
平成28年3月22日  102円
平成28年4月20日  103円
平成28年5月19日  109円
平成28年6月14日  112円
平成28年7月24日  107円

円安の時にも関わらず、ここまでガソリンが安くなってくれるとありがたいです。前の車の時は、1回あたり6-7千円入れていたのが、エクストレイルでは3-4千円で、今回(12月1日)は距離もあまり乗ってなかったけど、2千円とちょっとでした。ここまで安くなったのはかなり久しぶりのような気がします。

2015/04/09

エクストレイル・ハイブリッドの発表に思う

140716ext
4月7日にエクストレイル・ハイブリッドの発表が行われました。自分はガソリン車を昨年8月に購入していたのだけど、購入当時はハイブリッド車は昨年11月に出ると言われていて、購入時期を迷っていた時もありました。結果、半年遅れたけど日産独自のけっこうよさそうなハイブリッド(フーガやスカイラインでも使われているメカニズム)で、ちょっと食指が動く部分もあります。

価格はガソリン車に比べて40-50万円ほど高め。ガソリン車でも割と省燃費なので、それを補ってあまりある距離を走行しないと元がとれなさそうですね。トヨタのプリウスなどの超省燃費車とは違って、パワーの方にも力を入れているので、実際の燃費はガソリン車の2-3割アップといったところでしょうか。ただ、2.5リッターのガソリンエンジンよりも強力だそうで、そこは選ぶ基準のひとつにもなるかな。今は多少高くてもハイブリッド車は売れる時代。遅れをとっている日産も、ここから売れ筋の車種のハイブリッド車のラインナップを増やしていくのでしょう。

でも、メーカーオプションのカーナビその他、今の車と同じグレードで同じオプションをつけて価格を算出すると370-380万円ぐらいになってしまいますね。平地走行が多いので、別に今のガソリン車でパワー不足は感じないし、ハイオクのガソリン食いだった前車ステージアから比べると、燃費もかなり向上しているので、やっぱり今が買い替え時期としても、ハイブリッド車は選ばなかった可能性もあります。本体重量も130キロほど重くなるというし。もちろん、昨年買った車を手放してまで買い替える気はないですけど。

いつの間にか販売台数でホンダよりも少なくなった日産、今まで車種がどんどん減っていって縮小均衡になりつつあるのでは、と危惧してましたが(実際今売れているのは軽を除けばノート、セレナ、エクストレイルぐらい)、量販車種でハイブリッドに進出して頑張ってほしいな、と思います。


(追記5月14日)あくまでも可能性の問題としてという前提で、ディーラーに、今ある9か月乗ったエクストレイルをハイブリットに買い替えするとしたら、と聞いたのですが、差額は当然ながら100万円でも足りないそうです。現実的ではない。中古価格はほぼ新車でもいきなりドカッと下がり、3年ぐらいで適正価格になるらしいですね。なので、ちょうど買い替え時の車を持っている人にはいいかもしれませんね。

2015/03/02

エクストレイル納車から6か月が経過

140821kuruma
昨年8月に日産エクストレイルが納車されてから6か月が経過しました。やはり車の質感は9年乗った前車のステージアの方がある(当時のスカイラインとシャーシが同じだから当然か)と思うものの、最近はエクストレイル、けっこう印象がいいです。

6か月経過しても、走行距離は1,600km強と、全然少ないのですが、自分の車の乗り方が、エンジンが冷えた状態で動かして、5km程度運転するということが非常に多く、燃費にも悪いし、こういう乗り方だったら軽自動車(あるいはノートなど)でいいんじゃないか、と思えます。ただ、月数回、お客さんのところに行くのに高速道路を使うため、どうしても大きめの自動車が安全対策上、必要になってきます。エンジンが冷えた状態で近場を冬少し乗ると、16.0km/l走るとカタログ値にあるエクストレイルでも、実燃費は5-7km/l台(車に表示されます)ですが、高速メインで一般道を少しというパターンだと今までの最高で14.3km/l走りました。特に省燃費を意識した走りはしていません。レギュラーエンジンだし、ガス食いのステージアに比べると、ガソリンをあまり食わなくなりましたし。ハイブリッド車ではないですが、これは大きなメリットかも。車重は同じぐらい、排気量は2.5リッターから2リッターに小さくなったけど、けっこうエンジンは軽い感じです。

また、エマージェンシー・ブレーキ・パッケージなので、前の車が急ブレーキを踏んだりして車間がつまったりすると、警告音がなりますし、車の角などが障害物に接近すると、警告音と、カーナビの画面がそこの映像に切り替わります。これも便利。ただ、車を端に寄せすぎて、道路からはみ出た生垣にフェンダーミラーを突っ込ませたときは、警告音が鳴るのが遅くて、鳴った時には突っ込んでいた、ということがありました(笑)。少しフェンダーミラーにキズがついてしまいましたが。

今年は冬は雪がほとんど降らず、多少でも積もったところを走ったことがないのですが、必要ならば自動で4WDに切り替わるのもいいですね。もっともスタッドレスタイヤを持ってないので、本格的に積もれば車を出せないわけなんですが。


(追記)車の過去記事を読み返してみると、同じようなことを何度も書いてますね(笑)。まあ、微妙にニュアンスが変わってきているので、いいか(笑)。

2014/12/19

日産エクストレイルの安全装備

141219kuruma
エクストレイルに乗り始めて4か月。けっこう安全装備には助かっています。エマージェンシー・ブレーキのついているタイプなのですが、それにメーカーオプションのカーナビを付けると、それこそいろいろな機能があります。

基本のエマージェンシー・ブレーキは、前の車が少しきつめにブレーキをかけて車間が縮まると、警告音を発してブレーキを促しますし、自分では経験ないけど、危険距離になると自動でブレーキをかけてくれます。まあ、家の駐車場に止めるときに、後ろの間隔が少ないので、後退して車止めにさしかかるときに自動でブレーキがかかってしまう経験はしょっちゅうですけど(笑)。

他にも、複数車線の道路で左右、あるいは左右後方に車がいると、ランプが光って知られてくれたり、その状態で車線変更をしようとすると、警告音が出るとか、高速道路で車が左右に寄りすぎると、警告音が出るとか。人によってはうるさいと感じるかもしれませんが、私は運転は下手な方だと思うので、助かります。

ナビも、バックギアに入れて駐車場に止めようとするときとか、写真のようにアラウンドビューモニターと後方を映し出す画面が出てきます。狭い駐車場などではこれまた助かります。自動運転で車庫入れもできる機能もありますけど、さすがにそこまで運転が下手ではないので、使ったことはありませんが。前方、側方、後方など、障害物に近づいても、ナビの画面が切り替わり、警告音を発します。けっこうお節介かもですけど。それでも完全ではなくて、道路に張り出した生垣に、左のドアミラーが突っ込んでしまった経験もありますが(笑)。また、盗難防止装置も一緒についてました。

価格差は、エマージェンシー・ブレーキ付きで8万アップ、ナビ周辺関係でさらに約33万円アップですけど、私みたいな運転があまり得意でない人には便利な機能だと思います。

2014/09/18

エクストレイル1か月点検とオプションを付ける

140918kuruma
エクストレイルが納車ほぼ1か月なので、1か月の無料点検でした。また、買ってから、不足しているな、と思われたオプションも3つ付けてもらいました。そちらは当然ですが有料です。

まず、乗り降りする時に足をかけると想定される部分のキッキング・プレートがオプション(付けないと塗装の部分に足をかけることになる)だったので、それを注文。写真のように車名が光ってますが、これは私としては別に光らなくても、と思う部分ではありますけど。あとは、何を思ったか、インテリア・イルミネーションを注文。夜、乗り降りする時などに車内の足元をほんのり光らせる仕組み。これはあってもなくてもよかったかな。それと、ラゲッジ・キッキングプレート。これは荷物の積み下ろしをする時、エクストレイルのラゲッジルームはプラスチックがむき出しなので、傷付き防止の役目も果たします。

オプションを見ていると、あれもこれもとなってしまうのですが、とりあえず今回はこれで一段落。車には、いろんな最新の装備があるようですけど、まだまだ全然使いこなせてないのに1月が過ぎてしまいました。いつかは自動運転で車庫入れをやってみたいですね(笑)。

2014/08/30

エクストレイル納車2週間

140821kuruma
家に日産エクストレイルが入って2週間が過ぎました。SUVという、セダンやステーションワゴンを乗り継いできた私には初めての経験で、乗り心地や車両感覚が変わってしまってまだ慣れない面もあったり、最新のハイテク装備にびっくりしたりと、さまざまです。まだ150キロほどしか走っていませんが。家の近所は信号機がやたら多く、高速を走らないで市街地だけではストップ&ゴーの繰り返しなのですが、エクストレイルはアイドリングストップもついているし、燃費が向上したのも(それでもカタログ値の16キロまでは全然届きませんが。平均すると信号の多い市街地で、8キロ台。エンジンを暖めながらの短距離走行も多いし。)、良かった点のひとつです。

走り本来の質感の点から言うと、以前のステージアの方が、FRだし2500ccの6気筒エンジンにATなので、やはり上でした。当時のスカイラインと同じシャーシでしたしね。もっともハイオクガソリンだし、市街地では燃費の悪さを覚悟しなければなりませんでしたが。今の日産だとスカイラインかフーガを選べばいいのでしょうが、価格が高いし、燃費を考えると買い替えるメリットは乏しくなります。燃費のいいハイブリッドはさらに車両価格が高いですし。

エクストレイルはSUVなので、タイヤの関係もあって地面のゴツゴツ感を拾いやすいところがあります。ただ、加速する時など2000cc4気筒とは思えないほど、スムーズで軽いのがなかなかいい感じです。エマージェンシーブレーキやアラウンドビューモニターもそれぞれハイテクで便利ですし、何だか知らないオプションがいっぱいついています(笑)。自動的に駐車場に止める装置も付いているようですが、まだ実際には使ってませんけど。車高が高くなった分、室内もゆったりしているので家族には好評です。そして、キッキングプレートなどいくつか、ディーラーオプションで付け足したいと思ったので、現在注文中です。


(追記)車とは関係ないですが、家のAVアンプのヴォリュームが少し以前より効かなくってしまったので、修理に出しました。2週間ぐらいかかるだろうとのことですが、自分がCDを聴ける状況になかなかならないので、タイミング的にはちょうどいいかも。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 | Criss Cross1051-1100番 | Criss Cross1101-1150番 | Criss Cross1151-1200番 | Criss Cross1201-1250番 | Criss Cross1251-1300番 | Criss Cross1301-1350番 | Criss Cross1351-1400番 | Criss Crossレーベル | ECM1001-1050番 | ECM1051-1100番 | ECM1101-1150番 | ECM1151-1200番 | ECM1201-1250番 | ECM1251-1300番 | ECM1301-1350番 | ECM1351-1400番 | ECM1401-1450番 | ECM1451-1500番 | ECM1501-1550番 | ECM1551-1601番 | ECM1602-1650番 | ECM1651-1701番 | ECM1702-1750番 | ECM1751-1801番 | ECM1802-1851番 | ECM1852-1900番 | ECM1901-1950番 | ECM1951-2000番 | ECM2001-2050番 | ECM2051-2101番 | ECM2102-2150番 | ECM2151-2200番 | ECM2201-2250番 | ECM2251-2300番 | ECM2301-2349番 | ECM2350-2400番 | ECM2401-2450番 | ECM2451-2499番 | ECM2500-2550番 | ECM2551-2599番 | ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) | ECM5501番-(音楽DVD)他 | ECM5801番-(ジャズと詩) | ECMレーベル | ECM未分類(雑記含む) | Enjaレーベル | Hatologyレーベル | J-POP | JAPOレーベル | JMTレーベル | Winter&Winterレーベル | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ | クラシック・現代音楽 | ジャズ | パソコン・インターネット | フュージョン・ファンク | ライヴ・コンサート | ロック・ポップス | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 映画音楽・サウンドトラック | 書籍・雑誌 | 楽器 | 澤野工房 | | 音楽

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト