私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2017/12/13

長男の自作スピーカーの完成

171213speaker_3
171212speaker_2
FostexのFE208-Sol(フルレンジユニット)とT90A-Super(スーパーツイーター)を使って、雑誌「無線と実験」11-12月号の小澤さんの大型バックロードホーンの作例の改造型を作っていた話は前回書きました。やっと一昨日夜から昨日朝にかけて、何と部屋の中での塗装が終わり、オイル塗装なので、そのまま24時間以上乾燥、そして、今日の昼前に完成しました。

本当は、外で塗装をやってほしかったのだけど、冬で寒いので、オイル塗料を部屋で塗るのを許可しました。もちろん彼は窓を開けて換気して、塗料がつかないように、この寒いのにシャツとパンツで塗装してました。シンナーやベンジン系よりは、体に毒ではないですが、その後換気してもしても、部屋の中がオイル臭いです。昨朝塗り終わって乾燥まで24時間以上置くので、写真は今日のお昼前かな。それと塗っている途中の写真と。我が家で一番大きいスピーカーとなってしまいました。写真は完成して、本当は他の2台のスピーカーの後ろ側に置くのだけど、とりあえずは仮置きという事で。それと、塗装中の様子です。オイル系の塗料は初めてだったのですが、けっこうサラサラだそうでした。

音はというと、ちゃんと「無線と実験」の雑誌で自作例が発表されたスピーカーでもあるし、大型のバックロードホーンという感じでけっこういい音が鳴ります。スピーカーで16万円ほど、木材とカット代で5万円弱かかってるので(長男のバイト代でまかなっている)、物量的にはかかっている方だと思います。オンキョーのScepter1001と、自作のスーパースワンと、3種類の音が聴けるのも、長男がいたからこそかもですしね。音を自作真空管アンプの回路をいじったり、部品をいろいろ替えたりして、音もだんだん良くなっているようですし。長男は自分が目指すべき良い音が分かっているようで、今回のスピーカーもけっこういい音で鳴ってくれます。

学校を卒業するまでにはモノラルの真空管300Bを使ったアンプx2を製作予定なので、3通りの回路を使った聴き方ができることになると思います。

2017/12/03

長男が再びメインスピーカーを製作中

171203speaker2
先日、限定品で出たFostexのFE208-Sol(フルレンジユニット)とT90A-Super(スーパーツイーター)を購入した長男は、しばらくそのままFE208-Solを置いておいて、T90A-Superの方はスーパースワンにつないでいたのですが、先日よりスピーカーBOXの製作をしていて、現段階では両側のスピーカーの、残りの側面片面接着(今は圧着状態)と塗装を残して、とりあえず音が聴ける状態になりました。まだ、エージングがこれからだけど、なかなかいい感じ。意外に早かった。ただ、ひとりではなかなか動かせない重さになってしまいました。

今回のエンクロージャーは雑誌「無線と実験」11-12月号の小澤さんの大型バックロードホーンの作例の改造型だそうで、側板と天板には12ミリ厚の木材も使っていて(雑誌の方もそうなっている)、箱鳴りがしないか心配だったのですが、試しに音出ししてみても、そのような心配は今出している音量ではいらないと分かり、ホッとしているようです。

これでメインスピーカーになりうるスピーカーは3セットになってしまいますが、次は300Bの真空管を使ったモノラル真空管アンプx2を作る予定で、その前段階の装置さえ考えれば、3セット独立して使えるようにもなるし、スピーカーケーブルにはバナナ端子がついているので、切り替えも容易だという事があります。スピーカーはここまでだと何とか置き場所があるけれど、もうこれ以上メインスピーカー作りは勘弁してほしいのが正直なところ。このスピーカー、スリムなように見えて奥行きが56センチありますし。

まあ、音の選択の余地が増えることは素直にうれしいですけど。

(注)写真のスピーカーは未完成のため、仮置きの場所です。完成すると、スピーカーの一番奥に入るんじゃないかな?

171209speaker
(追記12月9日)朝起きたら、スピーカーが塗装を残して片方完成していた。最後の側板の取り付けが、スピーカーの重さやら、立てておいたせいか、本体が歪んで隙間ができていちばん大変だったらしい。もう片方は、彼は今日用事があるので、明日かな。

2017/12/01

今年(’17年)の今までのCD他の購入枚数

今日12月1日現在で通販へのCDの注残がゼロ。買いたいと思うECMの予告も4枚出てますが、来年1月19日の予定なので、もしかすると、12月は全くCDを買わない月になってしまう可能性があります。もし年内に買ったら、ここに追加していきますが、今のところの計算をしてみました。年々枚数が減ってきてますが、ECMは相変わらず毎年50枚近く出してますね。つまりそれ以外のアルバム(今年はECM以外の輸入盤)の購入がだいぶ減っていることになります。

’17年1-6月分

国内盤  13枚
輸入盤  17枚
ECM輸入盤 24枚
Blu-ray(DVD) 2枚

計      56枚

’17年7-11月分(12月の購入があれば、適宜追加し、追加した日付を書いておきます。)

国内盤  13枚
輸入盤  18枚
中古盤   1枚
ECM輸入盤 20枚
Blu-ray(DVD)   1枚

計      53枚

合計

国内盤  26枚
輸入盤  35枚
中古盤   1枚
ECM輸入盤 44枚
Blu-ray(DVD) 3枚

計      109枚

何だ、この程度の枚数か、と思う方もあるかもしれません。その程度なんです。かつて、200枚以上購入してた年もありましたけど、今はむしろあと662枚にまで減ってきたホームページに掲載してある過去盤のコメントの手直しの方にも関心が向いてますし。また、ダウンロード音源もある程度所有していますけど、ホームページ、ブログ上ではあくまでも、現物のCDを聴いたものをブログアップするという方針ですので、その点はご容赦ください。

(追記)12月7日に国内盤2枚、輸入盤2枚、中古盤1枚を追加注文したので、枚数を書き直しました。

2017/11/29

私的2017年ベスト3

Onishiglamo
2581
2525
まだ12月じゃないので、ちょっと早いですが、手元の未聴盤、注残もなくなったので、いいタイミング。今年も私的年間ベスト3の季節がやってきました。今年は最近に出たものでいいと思ったアルバムが多く、結局上半期とはあまり重ならなくなってしまいました。今年の特徴として、ECMレーベルが多くなっているのも特徴かもしれません。やはり自分はやや硬派な方のジャズが好きなのだなあ、というのと、ちょっと変わったものも興味を示している感じはあると思います。なので、万人に受け入れられるベストではないです。長男から言わせると、大西順子のアルバムも「何だか難しそうなの聴いてんな。」だそうでした。なおどれが1位というものではなく、順不同です。


グラマラス・ライフ/大西順子(P)トリオ(Somethin' Cool)
Glamorous Life/Junko Onichi(P) Trio(Somethin' Cool) - Recorded September 4-6, 2017. 井上陽介(B)、高橋信之介(Ds) - 1. Essential 2. Golden Boys 3. A Love Song (a.k.a. Kutoubia) 4. Arabesque 5. Tiger Rag 6. Almost Like Me 7. Hot Ginger Apple Pie 8. Fast City 9. 7/29/04 The Day Of(From "Ocean's 12")

1-4、7曲目が大西順子の作曲、5曲目はアート・テイタムの演奏曲(ジャズの最初の録音の1曲だそうだ)、8曲目はジョー・ザヴィヌルの作曲と、いろいろ。やはり彼女は大物でした、と、個人的な思いがあります。1曲目は彼女にしては珍しく少し思索的な出だしかなとも思いますが、ダイナミクスも健在。解説を読んでいるとけっこう複雑な演奏をしているようですが、すんなりと入ってきてしまうところも、それでも、難しそうだなと思うところも、いろいろ。相変わらず半端ではないテクニックを見せつけてくれます。そこまで目が行くと気難しい印象ですけど、繊細さとダイナミックさ(こちらの方が大きいか)に心地よく身をゆだねながら聴くと、なかなかの傑作ではないかと思います。6曲目はスゴい彼女の演奏。8曲目はなかなか圧巻。(17年11月15日発売)


Far From Over/Vijay Iyer(P. Key) Sextet(ECM 2581)(輸入盤) - Recorded April 2017. Graham Haynes(Cor, Flh, Electronics), Steve Lehman(As), Mark Shim(Ts), Stephan Crump(B), Tyshawn Sorey(Ds) - 1. Poles 2. Far From Over 3. Nope 4. End Of The Tunnel 5. Down To The Waire 6. For Amri Baraka 7. Into Action 8. Wake 9. Good On The Ground 10. Threnody

(17/08/19)全曲ヴィジェイ・アイヤーの作曲。ECMにしては元気な曲が多く、ACT時代の感触も少しあり。けっこう複雑な曲で、おそらく変拍子が多いと思われます。リズムがパルス的に来るため、何拍子か考えるのは、少々難しい。ただ、そういう点を除けば、通常のジャズから大きくはみ出たところは少ないと思います。聴くのに体力がいりますが、智に勝った部分も。プロデューサーはマンフレート・アイヒャー。メンバーがメンバーだからか、インド的要素は影を潜め、むしろM-BASE的なサウンドを感じるのは一部メンバーのせいか。とにかく、ECMにしては賑やかな演奏が多いです。3曲目のようにシンプルなファンクビートの曲もあるけど、一筋縄ではいかない現代ジャズ的なイメージ。時に静かな場面もあり。少し野性的か。


Small Town/Bill Frisell(G)/Thomas Morgan(B)(ECM 2525)(輸入盤) - Recorded March 2016. - 1. It Should Have Happened A Long Time Ago 2. Subcouscious Lee 3. Song For Andrew No.1 4. Wildwood Flower 5. Small Town 6. What A Party 7. Poet - Pearl 8. Goldfinger

(17/05/31)ヴィレッジ・ヴァンガードでのライヴ。2人の共作は7曲目、ビル・フリゼール作が3、5曲目、ポール・モチアン作が1曲目、リー・コニッツ作が2曲目、他は映画音楽など。2人での幽玄な、時にのどかな世界が68分続きます。でも、2人のやり取りは緊密です。モチアンとの演奏を比べてみたくなるけど、印象的には似ている、夢見心地で愁いを含む1曲目、コニッツの曲らしい醒めた4ビートで進んでいく2曲目、明るめで牧歌的な情景から哀愁に表情を変える3曲目、やや快活で明るいカントリー的な4曲目、8ビートでいつものフリゼール節が聴けるタイトル曲の5曲目、これまたビートはっきりめで明るくせまる6曲目、既成曲的なゆったりインプロヴィゼーションの7曲目、渋くて幻影的な演奏が続く映画音楽の8曲目。


次点として、以下の3作

The Dreamer Is The Dream/Chris Potter(Sax, Cl, Fl, Ilimba, Samples)(ECM 2519)(輸入盤)
Blue Maqams/Anouar Brahem(Oud)(ECM 2580)(輸入盤)
3 For 3/Mike Moreno(G)(Criss Cross 1396)(輸入盤)

2017/11/19

ECMストリーミング配信の周囲の雑感続きとウェザーリポートBOX発売情報

いよいよ自分の出るライヴまで1か月を切りました。若い頃には2時間ライヴってやったことがあるのだけど、30年ぶりに、2年半前から20-30分のライヴを年2回ほどやってきた身にしては、やはりプレッシャーもあるので、ブログの更新が少し間隔が開くかもしれません。今まで2か月間ぐらいほぼ毎日更新だったのですけれども。仕事もこれから繁忙期ですし。

そんな中で、先日も書きましたけど、ECMがストリーミング配信を11月17日からいろいろなところで、デジタル音源化されたほぼ全部をやっているので、当ブログ(アクセス解析をつけてないけど、おそらくホームページにも)のアクセス数が上がっています。ツイッターを検索してみると、これを機会に、高いけど廃版の「ECM catalog」の本を買ったとか、いろいろ読むことができますが、あの本も、’10年あたりまでの掲載なんですよね。批評というまでにはいかないですけど、おおよそどんなアルバムかという簡単な説明は、当ブログで、CD化されたものは、先月発売のものまでは、おそらく網羅していると思います。今日も4枚、11月発売のECMのCDが届きましたが、なるべく早くブログにアップしたいとは思いますが。

ホームページではECMの番号順に掲載もしています。(ECMに関してはホームページとブログ、本文は同じものが掲載されてます。)

ECMのCD特集のページ

お手軽に見る目的では、ある程度いいんじゃないかな、と思います。

それと、これはたまたま偶然なんですけど、ホームページとブログで、最近ウェザー・リポートのアルバムコメントの手直しをしました。そうしたら、廉価で全24枚組CD-BOXが11月3日(24日の表記のあるところも)発売されるんですよね。そういう意味で、ウェザー・リポートのページにもアクセスがある程度コンスタントにあります。

そんなわけで、いつもよりはアクセス数が多いですけど、やはりジャズ(フュージョンあるいはクラシック)の世界なので、爆発的にと言うわけにはならないです。まあ、自分のブログ(サイト)にしては、こういうことがあったというわけで。

2017/10/06

12月のライヴの準備中

170311asao2
とは言うものの、演奏する方はジャズとかフュージョンとかは関係ないのですが。’15年2月に25年ぶりぐらいに復活した親父バンドも、もうその後年2回ぐらい演奏していますが、たいていが20分ほどの出演時間でした。30分のものもあったかな?

12月中旬の休日昼間に、これはプライベート・ライヴということで、友人知り合い中心に招待して、一般公開はしないんだけど、歳をとってからの、自分にとって初のライヴハウスでの単独ライヴという事になります。50分から1時間のライヴが2バンド分出演するので、2バンド分2時間の長い時間で、若い時はやったことがあるけど、この歳では未知の世界ですね(笑)。ひとつは、「Another Side」という4人組のオリジナル&プログレバンド、もう一つは「The Voices」という6人組のオフコースを中心に演奏するバンド。どちらもエレキベースで出て、昔はコーラスもやってましたが、復活後はベースだけに専念しています。

さすがにプロでは全然ないので、今の時期からだいたい毎週土日のいずれかに3時間ぐらいスタジオに入って練習してます。そういう関係で、そちらの方にも時間をとられているので、仕事はあまり繁忙期ではないんだけど、ブログの更新が少し滞るかもしれません。

まあ、ここの読者の方は、プロのジャズフュージョン関係のライヴにも足を運んでいて耳が肥えているので、アマチュアバンドには興味ある方はいないですよね。万が一いらしたら、詳細な場所等をお教えしますけど。それでも場所を借りるので、チャージ2千円+1ドリンク別オーダーという、プロ並みの料金を徴収するのです。頑張って練習しないと。

2017/10/01

ホームページのアルバムコメント手直し、あと721枚

170930list
ブログ上では、ホームページのコメント手直し枚数があと何枚、という事を、割と頻繁に書いているのですが、昔はとにかく目についたところから直していて数を数えてなかったでした。ある時期、あと何枚だろう、という事が気になって、ホームページから、’98年以前に書いた短いコメントを拾い出してエクセルの表にしたんですね。枚数を拾い出した時点の’11年12月にカウントをはじめた頃はあと1,163枚と書いてあったのですが、昨年10月10日時点で、あと806枚、と書いてあって、思いついた時とか、忙しくない時しかコメント手直しはできないですけど、少しずつですが進んでいってますし、気合を出せばあと数年で何とか終わるのでは、と思います。これでも手直し作業をはじめたのが’99年のことで、もはらライフワークのひとつになってます。それまでコメントが短いので、ホームページをはじめてからの2年間で大量にアップしていたことも分かりますね。

それが今日時点であと721枚。そのミュージシャン別の内訳は、写真のエクセルの表の方を見ていただければ、分かると思います。特集ミュージシャンごとの重複も、2名参加なら1枚直すと2枚分数字が減っていくという単純なカウントですけど、だいたいの目安にはなります。まあ、消し込み忘れとか数え間違いもあるので、時々元の枚数が変動することもありますけど。直す法則として、基本的には直すページの中の枚数が少ないところから、というのが挫折しないいい方法なので、この順番で行くと、今のランディ・ブレッカーサイド参加作が終わると、次は12枚のミロスラフ・ヴィトウスの予定になりますか。重複ミュージシャンがあれば、その間に他のところの枚数も減っていきますし。新譜の購入枚数が昔ほどには多くなくなっているので、この手直し作業も、時間があればどんどん進めていきたいと思っています。

(追記)4月にも同じようなことを書いていて、そこではあと774枚になってました。そんなに枚数を直してないのに、表示枚数が53枚も減ったのは、取り上げたCDに重複ミュージシャンが多かったからだと思います。

2017/09/30

ジャズのホームページが20周年

150929jazzcdno
’97年9月30日にオープンした「ジャズCDの個人ページ」ですが、今日で20周年を迎えました。自分の年齢にして36歳から56歳になるまでの期間なので、人生で一番いい時をジャズ聴きに費やしてしまったかなと思います。まあ、ネットの記録には残っているんで後悔はしていないですけれども。今までで一番長いお休みは、母が亡くなった’14年のことで1か月半ほど(四十九日まで)でした。こういうのって本人にやる気があっても仕事や家庭の事情、あるいは経済的な事情で続けられなくなることも多いので、そういう意味ではラッキーな20年間でもありました。ホームページとブログをCDに関しては更新を連動させているので、ホームページの更新も意外に頻繁です。

レビューや批評になってないという事も時々言われたりしますが、実は自分のための記録と、そしてこれはこういうCDなんだよという事を伝えたい、という思いでやってます。CDを聴いている時間プラスアルファでホームページやブログにアップするための生活の知恵というか、なるべく時間をかけないでホームページ(ブログ)にアップするような仕組みにしたため、ひとりの個人が趣味でやっているジャズのレビューサイトでは日本では掲載枚数が多いサイトのひとつなんじゃないかと思います。内容はともかく。ミュージシャンやレーベルなど、完全ではないものも多いですけど、ECMレーベルやCriss Crossレーベルをほぼ網羅したり、ミュージシャンやグループでも日本でここだけの特集も多いですし。

ただ、今後は新譜は少しずつ減っていくんじゃないかと思います(以前にも何度か書いてますけれども)。ホームページを開設した時に亡くなっていたのは、ビル・エヴァンス(P)とジャコ・パストリアスだけだったのが、このところ、特集しているミュージシャンで亡くなる方が増えていて、ホームページに新しい特集を作ってないので、必然的に追っかけしているミュージシャンの新譜も減ってくるためでもあります。やはり時の流れを感じますね。また、アルバムコメントで’98年以前の短いものを、一部を残して直していきたいこともありますが、これもペースを上げてもあと数年はかかるでしょう。今日現在であと721枚。現実的な数字ですが、まだ多いかなあ。まあ、基本的にはやっていて楽しいという事もありますけど。

いつまで続くかは分かりませんけど、20年続いたんだから、少なくともまだまだやれるんではないかと思います。今しばらくの間、お付き合い願えれば幸いです。20年やってみて、とにかくコツコツ続けていくのがいいんだなあ、と思います。仕事がら、そういうのは好きな方ですし。要は自分が楽しめるかどうかですよね。こんなホームページ(ブログ)ですが、訪問してくださっている方々には感謝してます。今後ともよろしくお願いします。


(10月2日追記)知り合いとやり取りしていて、ネットで活動をしていて最大の収穫は、同好の士のネットの友人がたくさんできたということ、だそうです。ずっとやり取りしている人もいたり、実際に会ったりオフ会をしたりする人もいますが、今は疎遠になっているけど一時期活発にやり取りしていた人もいれば、突然プツっとやり取りがなくなったり消息不明になったり、亡くなったり。でも、その時々において、確かにこれは人生においての財産ですよね。

2017/09/17

iPhone SE 128GBを購入

170913iphone
13日に、iPhone SEを購入しました(au)。色はスペースグレイ。実は2年間iPhone 6sを持っていたのですが、6から大きくなり、ワイシャツの胸ポケットに入れるとはみ出すものが多く、重さもその前の5sに比べると重くなり、胸ポケットに入れたままだとどうしても肩がこるというか、重さを感じてしまうので、あえてこの時期、もうすぐiPhone8やiPhoneXが出ようとするのにSEにしたわけです。そのかわりストレージは128GBの仕様ですけれども(6sは16GBだったが、容量が不足した時があった)。基本的に仕事のメールのチェックとFacebookや家族とのLINEメインなので、大きい画面も今はそんなに必要ないですし。新製品に興味はあるクチなのですが、さらに8は少し重くなるという事で、仕事優先の仕様を選びました。

さて、在庫の問い合わせをするも、いくつか販売店に電話したら、在庫がなく入荷予定も未定とのことで、おそらく生産の末期なのでは、と思わせる感じでした。でも欲しい。3月にはストレージの大きいタイプが出たばかりだというのにねえ。3軒目に電話したら在庫が有って、データをiTunesに保存して、急いで買ってきました。値段も比較的安かったでしたし。ただ、これは2年後に買い替えるときに下取り価格が安いという負の面もありますけれども。

ところがiTuneに移したデータが、破損していて元に戻せず、やむなく2年前のデータから元に戻しました。まあ、メールとFacebookとLINEが基本的に使えて、あとはアドレス帳のメンテ(この2年間でそんなに増減はなかった)をやればいい話なので、その日の夜のうちに何とかだいたいのところまでは戻せました。LINEもまたほとんど最初から(PCの方のLINEには過去のやり取りがある程度残ってはいる)だし写真もいくらかは消えてしまいましたが、75枚ほどの保存だったし、いくつかはPCに転送してあるので、そんなにガックリ来るほどのことはなかったでした。

あとはメインのスイッチが5sでは右上、6sでは右の横にあるのですけど、6sで使いづらいと思っていたのが、この2年間で慣れてしまって、再び5sと同じボディのSEになって、まだメインのスイッチの位置に戸惑ってます。まあ、こっちの方が位置が良かったので、すぐに慣れるでしょう。

15日に新しいiPhoneの機種代と料金体系が出ましたが、13日の段階では6sの下取り代金が29,160円だったのに、22日から17,280円に下がっている分、得をしました。ただし、通信料は今回は「スーパーカケホ+データ定額3GB」を申し込んでますけど「ピタッとプラン」とどっちが得だったろうか、とも思います。その辺は悩ましいですね。

2017/08/23

またフレットレスベースを買う(TUNE WBC-5)

170822bass
本当はもうベースを買うのをうち打ち止めにしておきたかったんだけど、ネットで気になる中古ベースが出てきてしまいました。昔使っていたTUNEのTB-043に近い、フレットレスでピエゾピックアップもついている軽いモデルが、少々キズはあるものの程度は良く、値段も良心的で、しかもそこからまだまけてくれた、といういろいろな事情が重なり、試奏させてもらうつもりだけでお茶の水に行ったのが、ついまた買ってしまいました。

TUNEのWBC-5というベースで、トップにはレッドウッドが使ってあります。標準モデルはそのピエゾピックアップだけなんだけど、普通のピックアップもついていて、使い分けや併用ができます。この程度だし、この値段でよく売っているなあ、という値付けは、やはりアブナかったでした(笑)。念のためケースを見せてほしいと頼むと、探しても出てこなかったので、売値から消費税相当の金額をさらにまけると言うのです。もうすでにこの値段では他では手に入らない域。どうしても手が出てしまいます。若い頃使っていたフレットレスにも近かったので、その場でなじんでしまったという事もありますし。したがって、もうここで本当に、ベースは打ち止めにしないとマズい、と考えた次第。(今日のを合わせて、長男のもの3本、私のもの4本。長男はもうバンド活動やってないので、どう考えても多いだろう(笑)。)反省してます(笑)。本体は昨日持って帰らず、あとケースが見つかったら、梱包して送ってくることになっています。今日の時点ではまだ現物は手元にないです。

ネックのところとか、仕様が少々違うけど、YouTubeにどんなベースかというのがあがってますね。それを見てみましょう。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 | Criss Cross1051-1100番 | Criss Cross1101-1150番 | Criss Cross1151-1200番 | Criss Cross1201-1250番 | Criss Cross1251-1300番 | Criss Cross1301-1350番 | Criss Cross1351-1400番 | Criss Crossレーベル | ECM1001-1050番 | ECM1051-1100番 | ECM1101-1150番 | ECM1151-1200番 | ECM1201-1250番 | ECM1251-1300番 | ECM1301-1350番 | ECM1351-1400番 | ECM1401-1450番 | ECM1451-1500番 | ECM1501-1550番 | ECM1551-1601番 | ECM1602-1650番 | ECM1651-1701番 | ECM1702-1750番 | ECM1751-1801番 | ECM1802-1851番 | ECM1852-1900番 | ECM1901-1950番 | ECM1951-2000番 | ECM2001-2050番 | ECM2051-2101番 | ECM2102-2150番 | ECM2151-2200番 | ECM2201-2250番 | ECM2251-2300番 | ECM2301-2349番 | ECM2350-2400番 | ECM2401-2450番 | ECM2451-2499番 | ECM2500-2550番 | ECM2551-2599番 | ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) | ECM5501番-(音楽DVD)他 | ECM5801番-(ジャズと詩) | ECMレーベル | ECM未分類(雑記含む) | Enjaレーベル | Hatologyレーベル | J-POP | JAPOレーベル | JMTレーベル | Winter&Winterレーベル | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ | クラシック・現代音楽 | ジャズ | パソコン・インターネット | フュージョン・ファンク | ライヴ・コンサート | ロック・ポップス | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 映画音楽・サウンドトラック | 書籍・雑誌 | 楽器 | 澤野工房 | | 音楽

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

メールアドレス

友人が運営しているサイト