掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2018/04/17

ホームページのコメント手直しがあと600枚弱

180416excel
ホームページをはじめた’97年当初、手持ちのCDを全部アップしてしまおうとして、短い簡単なコメントをつけて、どんどんアップしていきました。’99年になって、いちおう多少は読めるくらいのもう少し長めのコメントをつけると同時に手直しをしていて、ミュージシャンやレーベル集めをしている自分に向いているように、それらの特集をあまり増やさないように絞ってます。手持ちCDの全部アップもあきらめました。

’02年11月のホームページの日記にそれに言及していて、「削除したミュージシャンは、ウォレス・ルーニー(Tp)、ジム・ホール(G)、ニールス・ペデルセン(B)、ブランフォード・マルサリス(Ts)、ヘレン・メリル(Vo)、ボブ・ベルデン(Arr)です。これらのファイルは作りかけというよりは、はじめたばっかりの状態だった、という感じでしたので、削除してもあまり影響は出ないと思います。」というふうに書いてます。

コメントを少し長めに変えてから19年ほどが経過し、休み休みやっていてそれでも残りあと600枚を割りました。昨年4月であと774枚、10月で721枚とブログに書いてあるので、このところのペースが速いのですけど、実は、ハービー・ハンコックとトニー・ウィリアムス参加の黄金期のマイルス・クインテット(12枚x2)はリストだけにしたりして、少々ズルをしています。また、枚数を数え間違えていたミュージシャンもあったり、直していて、リストに掲載がもれていた参加ミュージシャンもあるので、数の増減は今後もあるでしょうね。また、ビル・エヴァンスは全部は直さない予定なので、さらに枚数が減るかも。まあ、最近は新譜がなかなか来ないので、ちょっと勢いついてます。とりあえずあと3年くらいの還暦までが目標です。何だか人生の余暇のうち、けっこうな部分を使ってしまったな。もう人生の残された時間から、統一感を持たせるために、今からスタイルを変えるのは無理なので、このまま行くつもりです。

2018/03/31

ECMレーベルを代表作で語るのではなく、集合体として見せたい

ECMレーベルについて、例えば数枚から数十枚ぐらいを取り上げて、それで評論している素晴らしい文章はけっこうあります。自分も読んで、ふむふむなるほど、と思うことも多いです。ただ、丸ごと取り上げている例は、ここ10年ほどでは「ECM Catalog」(発行:東京キララ社、発売:河出書房新社)(’10年刊)ぐらいしか見当たらないんですよね。しかもこれも絶版で、あれからだいぶ経っているので、ここ数年、年間50枚近く出すECMを追いかけきれない。増補改訂版の出版計画もあるようですけど、まだ噂の域を出ていない。

そんなわけで、結果的には拙いながらも自分のホームページやここのブログが、そういう集合体で見せる独自のものになってしまっています。未CD化のものは聴いてないので、情報としては欠けていたりはしていますけど。そして時々、これは内容を説明してないだろう、と明らかに思えるものは読み直して書き換えもしています。

基本的にはここのメインブログに自分の持てるものは全部掲載してありますが、メインブログからECMだけを取り出して、最近「ジャズCDの個人ページECM Blog」というのを作っていて、1001番からはじめて、今1500番台あたり。毎日1個ずつ出てきますが、今後の発売のことも考えると、追いつくまでにあと2年半はかかるかなあ、というところです。ECMだけ並べてみるとどうかなあ、と思いまして。私自らはECMとは、という語りかけはしませんが(できないと言った方がいいのかも)、およそ1,300枚を超えるCDをまとめて掲載して、そこから浮かび上がってくるものが、それぞれの方に感ずるものはあるかと思います。最近はECMもストリーミング配信をするようになり、以前よりいろいろな音源に接することができる機会も増えましたですし。

これだけ枚数があると、自分自身いいECMの聴き手とは言えず、ECMばかりを聴いているわけではないのですけど、ホームページをはじめてから20年以上、何千枚とブログ(ホームページ)にアップしてきた経験で、多少のものは得られるんじゃないかなあ、と思います。同じようなことをやる人がWeb上に出てきてもおかしくないんですけど、ディスコグラフィだけならまだしも、文章を多少なりとも書くと、まともに取り組んだら5-6年はかかってしまうので。待ってます。

2018/03/21

「ジャズCDの個人ページCriss Cross Blog」も作成中

ニフティのココログをプラスに契約変更したら、ココログを作るスペースが3つまで増えて、1つ分余っていました。今日は積もるかどうかは分からないけど、いずれにしても家の中にいるので、「ジャズCDの個人ページCriss Cross Blog」も作成中です。

(4月12日追記)思ったよりも全然需要がなかったため本日データ退避の上削除しました。

これもホームページと文章は同じだし、こちらメインブログにもデータはあるのですが、やはり独立して番号順にあった方が見やすいだろうとの判断です。ECMほどの人気はないのと、最近は新譜の枚数が年間5-6枚と減ってきたので、アクセス数はあまり期待してはいません。ただネットの友人から、こういうのは貴重なのでまとめておいては、とのアドバイスをいただいていました。取り急ぎ、お知らせまで。また完成したら追記を書きます。

(追記)頑張ってはいるけれど、明日は朝外出仕事のため、先週の土曜日のように夜中の3時までかかって入力ということができないので、追いつけばそれでいいけど、適当なところで後日回しにするかもしれません。それにしても、ホームページからの移植なので、ブログのように前置きの書き込みがなく、本文だけ見てると何曲目がどうで、という記述が目立ってしまい、こんなんでいいのかなあ、とも思います。読む人によっては、つまらないと思います。特にECMはまだしもCriss Crossだとねえ。前置きがあると、いちおうそこも読めるし本文を補完する意味もあるので、時間を見つけて前置きをメインブログから引っ張ってくるかもしれません。これは順序がバラバラのため、時間がかかります。

2018/03/18

「ジャズCDの個人ページECM Blog」を再度本格復活

ぶっ続けで20時間以上作業をしていたため、詳細は後ほど書きますが、仕事関係での要因もだいたい消えたためと、読者の方、あと特にネットで親しい友人たちから、作成の要望というか、残しておいてほしい、とのご意見もあったため、検討してました。今度は、本格的に復活します。

ジャズCDの個人ページECM Blog

ちょっとブログの背景がダサいんですけど、白いアルバムの輪郭が分からないので、バックに少し色がついているものを選びました。

早く追いつくように、さらにちょうど1年日付をさかのぼって、’17年の1月の日付から毎日更新という形をとっているため、既にECM1500番台に入っています。なぜかECMは番号順ということが多かったので、最初の方で時間がかかるのも気が重かった理由のひとつでした。最近、ECMのストリーミング配信も始まったので、何かこのブログの利用価値もあるんじゃないかと。アルバムコメントの文章は、古いものだともう20年前の拙いものもありますけど、何らかの形でご利用いただければ。

(18日追記)友人からは、メインブログのデータを他ブログに引っ越しして、そこで関係ないエントリーを削除すれば、というお話もあったのですけど、やりたいことは、前にECMブログが追いついた11年ほど前から、ホームページの方でデータをチョコチョコと書き換えていたため、結局手作業での入力し直し、というのがネックだったんですよね。BIGLOBEのウェブリブログやFC2ブログあたりも試したんですけど、特にFC2ブログは高機能だったんですが、無料で1日30件(有料でも100件)までしかアップ出来ないのがネックになりました。実際昨日はココログで450件ほどのアップを手作業でしています。もうこれでECMブログのデータの3分の1ほどになるので、追いつくのが1年早くなったのもラッキーです。(追いつくのは約2年半後?)

メインブログにもコンテンツは全部そろってはいるので(番号順じゃないところも多いですけど)、私的にはそれがあればいいんじゃないかとも考えたのですが、ECMだけ独立していると、見る人には便利なようだった、というのもいただいたご意見で分かりました。

試験的に立ち上げてみたり、いったん削除してみたり、お騒がせをして申し訳ありませんでした。そのかわり、いったん試験的にやってみたことで、ジャケ写の大きさとか、背景色(PCの場合)とか、改善点はありました。

2018/03/14

「ジャズCDの個人ページECM Blog」の試験的復活その後

今月3日に「ジャズCDの個人ページECM Blog」を試験的復活してみました。この当時はそのまま3年半かけて続けて追いついて行こうと思っていたのですが、その後に私の身の回りの状況が大きく変わる現象が起き、考えを改めなければならなくなりました。早速ですが、今日削除しようと思っています。

ECM Blogとは言うものの、コンテンツはこちらのメインブログにほぼすべてあります。ですので、Googleにブログ登録をしても、検索エンジンにかかるのは、メインブログのページの方が強く、ブログを作ってから10日以上経過しても、やはりメインブログの方にばかり引っ掛かってきます。当初は、そういうことを気にせずに増やしていこうとは思っていたのですが...。

一番大きな理由として、私の仕事を取り巻く環境が、ECM Blogを立ち上げた数日後に少し変わってきたことがあげられます。私のホームページからのコピペとはいえ、また1か月ごとにまとめて予約入力して、自動的に毎日ブログアップしていることに手間はかかりませんが、3年半というスパンで見た場合、支え切れるかどうか、ということも心配のひとつでした。ブログを1つ追加したことにより、月額486円(消費税込み)かかります。無料のブログでやれば良かったのではないか、ということも選択肢のひとつでしたが、前回廃止前と同じブログアドレスを取れた、ということも大きかったんですね。月額にすれば大したことはありませんけど、ストリーミング計画が中断しているのも、月額料金がストップをかけてますし。考えてみればオプションという点では我が家はWOWOWも加入してないし、NHKの衛星放送契約ぐらいしかしてないんですよね。

そんなわけで、今日中にECM Blogを削除しようか、という方向で動いています(削除済み)。まとめて2か月分のデータを投入した最初の2日間こそ、300ページビュー/日を超えてますが、その後は30-50ページビューを行ったり来たり。当初はアクセスが少ないことも覚悟してましたが、その間にもメインブログの方ではECM関係のアクセスが相変わらず多い、ということもありますし。まあ、メインブログでカバーできているので、確かに消えても困らないブログではありますね。少ないけれど、楽しみにしていた皆さん、申し訳ありません。でも、またどこかで復活するかもしれません。

(追記18日)その後17日の突貫工事(入力)で開始日を1年前倒しして復活しましたのですが。
ジャズCDの個人ページECM Blog

2018/03/03

「ジャズCDの個人ページECM Blog」の試験的復活

’14年10月にECM Blogをこちらのメインブログに統合しましたが、思うところあって、以前と同じアドレスが取れたので、試験的に復活させることにしました。予定では、再び毎日1枚ずつ出てくるので、これから発売されるアルバムを足して、3年半はかかるプロジェクトになってしまいそうです。とは言うものの、メインブログで統合してあるコンテンツなので、ジャケ写はスキャンしてあるし、文章もホームページからのコピペ(あちらには前置きの文章はありません)なので、全然大変ではありませんけれども。「ジャズCDの個人ページECM Blog」のアドレスは下記になります。(注13日)削除済み。

(追記18日)その後17日の突貫工事(入力)で復活しましたのですが。
ジャズCDの個人ページECM Blog

’14年に統合した時は複数のブログを管理することのややこしさもありましたけど、複数ブログを管理するために必要な税別450円/月の、ココログプラスの料金を節約しようというセコい気持ちもありました(笑)。結果としてメインブログの方でECMのCDを網羅することが出来て、内容的には整備された、というメリットもありましたが。今でもここのブログの全部の中で4分の1ほどの割合を占めていて、メインブログの中でもアクセスはけっこう多いです。ECMブログの統合前にもECMブログの方は30万アクセスを超えていましたから、需要はあるんですね。さすがに1枚ずつ聴き直す時間がとれないので、昔の文章を出してしまいますけど。

あと、設定などもまだ途中ですが、まだコメント、トラックバックの設定をしたつもりがそれが出てこないので、それも追い追い直していこうと思います(済み)。デザインも今ではこのメタルデザインがなくなっていて、前のものが管理ページに残っていたのを使っているんですけど、それももっといいのがあったら変えていこうと思います(変更済み)。ただ、まだ試験的展開なので、途中でやめてしまう可能性もあるんですけど、なるべく前向きに考えて行こうかと思います。

2018/03/02

ストリーミング配信が流行ってきているけれど

先日、ECMのストリーミング配信が出てきたことを書きましたが、ツイッターなどで周りを見ていると、だんだんストリーミング配信を利用している人が増えているようです。自分も無料登録できるものでどういうものか試してみてはいるけれど、導入に向けてはう~ん、どうかなあと思ってます。まだ、どれにするかも含めて検討中です。

我が家でも、ストリーミング配信ではないけれど、ネットワークハードディスクに数百枚分のCDがWaveファイルで入っていて、これをランダム再生で聴くのは、たまにだと楽しい。かけっぱなしにもできるし。ただ、自分のメインの作業である、CDをブログやホームページにアップするということを考えた時どうなのか、っていうと、やはり自分でお金を払って買ったCDの方が真剣に聴くし、アップもしやすいというのはあります。自分もダウンロード音源も持っていますが、何となく、ブログアップはためらってしまいます。このあたり、年齢的なものなのか、どうなのか。ダウンロード音源もけっこういいもの、ありますけど。現状、ストリーミング配信を発表日に聴いた情報が先に入っては来るのですけれども、それでも自分の今までのペースでアップしたものも、それなりに手ごたえはありますし、そのままやって行こうかなと思ってます。

長男にも聞いたけど、ストリーミングの必要性はまだあまり感じていないそうです。と言いつつ、だんだん旧人類になっていくんだよな、と思っても、別にこれで稼いでいるわけではなし、失うものも少ないし、あえてホームページ(ブログ)タイトル通りに、「CD」にこだわってもいいんじゃないかと思っています。まあ、自分がストリーミングにハマると、次々に欲しいCDが増えてしまう、という、あまり現状では好ましくない方向にいく可能性も予想していますけど(笑)。

2018/03/01

エレキベースを買い替えてきたわけ(その3たぶんラスト)

180301bass
過去(’13年と’17年)にも「エレキベースを買い替えてきたわけ」という記事が2つありますが、’13年以降も変動があるし、特に昨年(’17年)は中古を2台購入、そして’18年1月に2台を買取に出しているので、また改めて整理したいと思います。下記が現在あるベースです。

'78 Fender USAのJazz Bass(EMGピックアップのアクティヴに改造) 大学時代(30年以上前)に購入 (現状、長男のものなので売れないし、ここまでくると売らないと思う)
Atelier ZのM-265 D Plus(5弦ベース 新品で’11年7月購入)現状、長男のもの
Crews Maniac SoundのJackson5(フレットレスの5弦ベース 中古で’13年9月購入)
MoonのJB-268 OXあるいはJB-4 Active (Natural)(中古で’14年2月に購入)
TUNE のWBC-5(フレットレスの5弦ベース 中古で’17年8月に購入)
Atelier ZのM-245 Custom(中古で’18年2月購入、昨日ですね)

まあ、演奏もやりますけど、年間2-3回ほどのライヴ(それでも昨年暮れには2時間の単独ライヴをやりましたが)では、こんなにベースの入れ替えが多いと、コレクターに分類した方がいいというレベルですね(笑)。ただ、新品だとそんなに安くないものなので、その半額近い値段で買える中古は、リスクもある反面、何度も買っていると、ある程度の目利きにはなれる感じではあります。また、中古で購入すると、それを買取に出した時に、あまり損を出さないというメリットもあったりします。

なぜフレットレスベースが2台あるのかというと、20代の頃は3分の1ぐらいの曲をフレットレスベースで弾いていて、2台持ちでスタジオ練習やライヴの移動をしてました。20年以上のブランクの後、練習はしているのですが、2台持ちで運ぶ元気がなくなってきたのと、人前でフレットレスを弾く腕が戻ってきていない、というのも大きいと思います。でも、まだチャレンジするつもりですけど。

メインではMoonの4弦ベースを使うことが多いのですが、これが中古で買ったときにすでに年数が少々経っていて、先日のライヴの前に電装系が少々不安だったこともあります。その予備のためにも昨年2月にAtelier ZのDAL-4を中古で購入したのですが、これがあまり自分と相性が良くなく、今年1月に買取に出してしまいました。もうしばらくライヴの活動を続けていくはずなので、軽くて、しかもMoonのベースと同等かそれ以上のベースに出会えればと思ってました。もちろん中古で。そして昨日出会えたというわけ。もう自分の年齢を考えると、楽器との出会いの続編はないと思います(ということにしたい(笑))。そして、音楽との出会いはさらに続くことになった、というのが、いい方向ですね。

2018/02/28

これが最後だ! Atelier Z M-245 Custom(中古) を購入

180228bass
180228bass2
実は自分の年齢のこともあって、もう新しいエレキベースは打ち止めにしようと思ってました。ただ、今のメイン機のMoonの4弦アクティヴベースも、これまた中古で買ったもの(しかもちょっと古かった)で、あちこち電装系に痛みが出てきているし、4.9キロってちょっと重いなあと思っていたところ。最近ネットで見たら、Atelier ZのM-245 Customのアッシュボディの個体で、3.80キロという、けっこう軽い(しかも程度が良く、新しめ)中古が出ていたんですね。今日たまたま横浜を通りがかって(強引に通りがかったという説もある)、ちょっと弾いてみるだけと、楽器店に立ち寄ってみました。

長男は、ネットで見た時そんなに軽いと低音がスカスカじゃないの、と言ってましたけど、弾いてみると音も程度もけっこういいし、こんなに軽いアッシュの個体はもう出てこないんじゃないかということで、予想外のお買い上げ(笑)。’16年製らしいし、あまり弾いたような跡がないので、問題ありで放出したのかな、とも疑いつつの試奏でしたけど、特に問題はなし。ヴォリュームのつまみが、帰ってきたらネジが緩んでいたことぐらいかな。こういうのは中古では珍しいことではないので、小さいドライバーで直せばいいし。息子の(彼は今は弾いてないですが)M-265 D Plusではスペクトラムブーストがハムバッキングのピックアップがあって出力が大きくてつけられないと言われていたのですが、これには付いてますね。

こういう時のお店で試奏するベースアンプって、けっこういい音が出るように調整されているんですよね。でも家に持ち帰って家のアンプで弾いてみても悪くないし。年齢のことを考えると、これが最後と言うつもりで、思い切って決断してしまいました。お店にはやはり軽い個体で、新品の、しかももっとトーンのつまみが多い(ミッドレンジも調整できる)M-245もありましたけど、約8万円の価格差(新品も値引きしてましたが)を考えてしまうと、やはり自分は中古路線だと思いました。そんなに払えないですもんね。この1月に買取に出した同じくAtelier ZのDAL-4の資金をここに充当しようと思います(って、どこに充当したか、というのもあいまいなんですけど)。メインは楽器ではなくて音楽だということを忘れず、初心に戻りたいと思います。

2018/02/19

Oppo Sonica DACを買ったものの、固定IPが設定できない

180219oppo
1月中旬に注文したOppo Sonica DAC、最悪3月まで待たされると思ったら今日届きました。ラッキー、早速設定と思ったら、早くも挫折。このDAC、固定IPを入れるところが無く、メーカーでも固定IP対応にする予定がないんですね(メーカー問い合わせ済み)。ということは、ネットワークプレイヤーとしては私のところでは使えない、ってこと? まあ、DACとしては使える可能性は残してますけど、大金を出費して、無駄なことをやってしまった。

記事としては、どうにかなれば、続きがあると思うので、続編をお楽しみに、と言いたいところなんだけど、この出費がけっこう痛い(笑)。果たして続くかどうか。

(追記20日朝)私の部屋は元の方からNTTの有線ルーター、仕事用の有線ルーター(ここまでは仕事の都合で固定IPは外せない)とつながり、最後に無線ルーターのHomespot Cube(昔auのおまけでレンタルを経てもらったやつ)が続きます。昨夜長男がCubeの有線部分を使って、ネットワークHDDとYAHAMA CD-N301のネットワークプレイヤーも固定IPを外して、Sonicaをネットワークプレイヤーとして使えるようにしました。が、PC側からはネットワークHDDが見えない状態になっていはいるので、やはり他の事を何かするとなると不便です(長男はこれでも何とかなると言ってますが)。

ネットワークといってもQNAPのHDDを動かせる状態のみの検証で、まだ試みていない、PCとUSBでつないでストリーミング配信ができるのかどうか(PCのは固定IPだし)は、今後やってみないことには、分かりません。

音に関しては追い追い感想を書いていこうかと思いますが、設置したばかりの段階で、VRDS-15直と、そこからSonica DACに光でつないだものと比較して、私も耳の良いはずの長男も、まだあまり違いが分かりませんでした。似ている印象もあるかも。ただ、VRDS-15内臓のDACもけっこう良かった気がしてます。これはSonica DACのエージング次第かもですね。

(3月6日追記)早々と生産中止決定だそうですね。日本向け部品がなくなったためとか。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 | Criss Cross1051-1100番 | Criss Cross1101-1150番 | Criss Cross1151-1200番 | Criss Cross1201-1250番 | Criss Cross1251-1300番 | Criss Cross1301-1350番 | Criss Cross1351-1400番 | Criss Crossレーベル | ECM1001-1050番 | ECM1051-1100番 | ECM1101-1150番 | ECM1151-1200番 | ECM1201-1250番 | ECM1251-1300番 | ECM1301-1350番 | ECM1351-1400番 | ECM1401-1450番 | ECM1451-1500番 | ECM1501-1550番 | ECM1551-1601番 | ECM1602-1650番 | ECM1651-1701番 | ECM1702-1750番 | ECM1751-1801番 | ECM1802-1851番 | ECM1852-1900番 | ECM1901-1950番 | ECM1951-2000番 | ECM2001-2050番 | ECM2051-2101番 | ECM2102-2150番 | ECM2151-2200番 | ECM2201-2250番 | ECM2251-2300番 | ECM2301-2349番 | ECM2350-2400番 | ECM2401-2450番 | ECM2451-2499番 | ECM2500-2550番 | ECM2551-2599番 | ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) | ECM5501番-(音楽DVD)他 | ECM5801番-(ジャズと詩) | ECMレーベル | ECM未分類(雑記含む) | Enjaレーベル | Hatologyレーベル | J-POP | JAPOレーベル | JMTレーベル | Winter&Winterレーベル | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ | クラシック・現代音楽 | ジャズ | パソコン・インターネット | フュージョン・ファンク | ライヴ・コンサート | ロック・ポップス | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 映画音楽・サウンドトラック | 書籍・雑誌 | 楽器 | 澤野工房 | | 音楽

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

メールアドレス

友人が運営しているサイト