掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2018/10/06

HMVのコンビニ受取では分割出荷はできないらしい

181005cd
HMVの配送方法が先日変更になり、全ての注文に216円の配送料がかかるようになりました。そこで、コンビニ受取ならば、配送までの日数は少しかかるけれども、配送料は無料とうたっていたので、自分も食指が動いていたんですね。でも、友人から聞いた話ですけど、大きな落とし穴が。

実は、HMVのコンビニ受取には「発送+入荷待ち」の選択肢が無く、分割出荷の概念自体なかったんですよね。

つまり、期日までに全部の注文が揃ったときは問題がないのだけども、揃わなかったときは「発送+キャンセル」、「入荷待ち」、「すべてキャンセル」の選択肢がなくて、割と多い枚数を注文している時、しかも入荷が不安定な輸入盤を注文している時には、分割出荷ができなくて、けっこう不便な状況になるということです。

自分はコンビニ受取にも興味はあったけれども、今のところ、配送料がかかる直接配達を選んでいます。その方法でも、確か以前の注文の時は、分割出荷の最後の時に配送料がかかる仕組みでした。でも、それだと、例えば最初の出荷をした後に、残りをキャンセルすると配送料はどうなってしまうのかな?と思っていましたが、昨日の分割出荷指示の時は、1回目の配達の時に配送料がかかる仕組みに変更になっていました。やっぱり同じことを考える人は多いようで(笑)。(10月7日追記)請求書を改めて確認しましたら、配送料は、やはり最後の配送にかかるままでした。誤った情報を書いたことをお詫びします。

コンビニ受取には、こういうこともあるということを知りましたが、皆さんもお気を付けください。

2018/10/04

iPhone XS 64GBを予定外だったけど購入

181004iphone
実はつい数日前までは、私の持っていた、去年の9月に買ったiPhone SEをあと1年使う予定でした。iOS12にアップデートするまではずっとそのつもり。その後もあまり気が付いてなかったのですが、電池の減りが早いような気がする。そんなに使ってもいないのに、毎日夜9時頃の充電で、今までは1日で50-60%ぐらいあったのが、30%前後になってしまい、しかもだいたい使った時間が1時間40分ほど/日と、気が付いてみればかなりの減り具合です。

iPhone SEの電池の減りが早いのをauショップに相談しに行ったら、帰りはなぜかiPhone XS 64GBを持っていた。まあ、今回は48回分割もあって、最初の1年間は月額2千円プラスぐらい(しかも前回は本体代金4万円弱を現金払いだったので、残債がない)なので、まあいいかといったところ。ボディが丸くて薄いので、無理すれば胸ポケットに入らなくもない。写真は自分のiPhoneからは撮れないので、鏡で撮って、フォトショで無理やり左右反転させました。

さすがに本体価格12万円台のものを、そう簡単には買えるわけないのですが、昨年なかった48回分割払いで24回払えば、その後の機種交換の時に残債は免除って、うまく考えるものですね。囲い込みの一環にもなるし。その分通信料などで儲かっているだろうからですけど。家の中はWi-Fiがはりめぐらされていて、自営業のため他の人よりは外出している時間が少ないこともあって、ストリーミングも聴かないし動画も観ないとあって、1GBまでなら安いピタットプランを使えたのもミソでした。調べてもらったら、多い月で0.6GBぐらいしか使ってなかったらしいです。メインは仕事関係を含め、各所で受け取ったメールチェック(発信はあまりしない)、と、ネット関係を少しなので、実はもったいないのですが、1日に2回充電が必要になる可能性が出てきたSEのままでは、どうにもならなかったのでした。今度は2年使うことの前提の契約なので、最低2年使わねばなりません。

(追記)iPhone SEを持っている方は、iOS12へのアップデートはしばらく見合わせた方がいいと思います。結局、分かるまで時間はかかりましたが私のiPhone SEもバッテリーの減りが早くなりました。ただ、SE持ちの全員がその症状が出ているわけではないようで、自己責任でアップデートしてください。近々iOS12.1が出るようで、その時には改善されているかもしれませんし。

(さらに追記10月14日)iOS12.0.1にアップデートしたら減りの早さがおさまった例がネット上にありました。これもSE全部そうかと言うと自信はないのですが、改善はされているようです。

2018/10/01

Yahoo!ジオシティーズのホームページが来年3月で廃止になるらしい

ネットの記事で見かけたのだけど、Yahoo!ジオシティーズが来年(’19年)3月でホームページを廃止するらしい。昔はジオシティーズの知り合いのサイトが多くて、今でもいくつかホームページからリンクを張っています。もう放置のサイトが多いので(自分もニフティの移転の時に経験済み)、その多くが移転手続きをせずに消えてなくなってしまうんだろうなあ、と思うと残念。こういう時は運営側で移転用のツールをいろいろ用意してくれているのだけど、もう放置されているので、結局は、ホームページを作った人が何もせずに、ほとんどが消えていく運命にあります。

その記事はこちら。

「Yahoo!ジオシティーズ」来年3月に終了 Webサイト作成サービス、約20年の歴史に幕
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/01/news092.html

ニフティでも、私は旧サイトの廃止により、ニフティ新サイトへの移行を早々とした方ですが、知っている人では、限られた人しか移行せず、残りはそのまま消えて行ったものと思われます。そのために、ニフティの時は、移行期間の延長までやっていたんですけれども。ジオシティーズの場合、無料サイトも多くあったはずなので、たぶん消えていく割合が高いんじゃないかと思います。

だんだん個人サイトというホームページのジャンルが、あちこちでこうしたホームページスペースの廃止によって、細って行くのは残念なんですけど、それよりも、価値があってもなくても、こういう過去の記録がなくなっていってしまうことの方が影響が大きいように感じます。むしろ紙で残しておいた方が、長い目で見れば、文化が後年分かるのかなあと。ネットに上がっているものは、数百年も経ったら何も分からなくなってしまいますもんね。それで後世の研究家が、「この時代には文化は何もなかった」なんて結論付ける日が来るのでしょうかね。ネットに記録を残しておくことの便利さを今まで味わってましたが、これからはそのもろい側面を見なければならないのでしょうね。

2018/09/30

ジャズのホームページが21周年

今日でジャズのホームページ、「ジャズCDの個人ページ」が21周年を迎えました。ここのブログと書いてあることはだいぶ重複しているとはいえ、見に行っていただいている方、どうもありがとうございます。9月30日は毎年ここに似たようなことを書いているので、今回はちょっと別な方面から。

21年も続けていると、ホームページの割と初期の頃も見てますし(当時は内容より、ホームページを作れるスキルのある人が少なかったので、それだけでよかった)、最近は検索すると、「モバイルフレンドリーではありません」とGoogle検索に注記までご丁寧に付くようになり、モバイルから検索すると順位から外れることも増えてきているようです。そのように時代の方も大きく変わってきています。まあ、ホームページの方がデータ倉庫で、ブログがそれを出すところなので、ホームページをモバイル対応にする予定は今のところないんですけど。内容の書き替えや付け足しも多いですし。

私も57歳になっていて、そろそろ終わりに向けての準備のようなものをしておかねば、と思うようになりました。実はこの@niftyのインターネット環境、仕事のインフラの一部を借りてやっているために、私が仕事を辞めたり(って自営業なので定年退職はないんですけど)、突然倒れたり亡くなったりして仕事が継続できなくなった場合、ホームページやブログがその数か月後には消えてしまうんですよね。ホームページの方はデータがパソコンに残っているので、子供たちがどこかにアップし直せばいいんですが、ブログがどうにも厄介です。ココログフリーは、更新を1年しないと記事というかブログ自体が消えてしまう仕組みなので、ずっと残すには役に立たないですしね。まあ、急ぎではないにしても、その方法をゆっくり考えて行こうと思っています。

また、21年も同じことをやっている人の方が珍しく、昔からの知り合いでホームページ(ブログに切り替えた人を含む)で同じことをずっと続けている人はかなり少ないです。人生において興味は移って行くものと思ってますから。私だったらこういう自分と友達にはなりたくない(笑)。まあ、仕事とのバランスと経済的事情がずっと悪くなかったから続けられたというのもありますが。

今、ホームページのアルバムコメントの手直し残り498枚(新譜が多いのとライヴの影響で1か月以上滞ってますが)、これを全部ではないにしても、おおむね終えるのが還暦の頃と予想しています。それが終わったら、まあこれもだいぶ前から言ってますけど、少し更新間隔をあけて、ゆっくりしたいなあ、と考えるようになりました。Webのものは蓄積型なので、情報は残ります。そういうのもアリなんですよね。まあ、何だかんだこういうことを書いていても当面はあまり変わりはないと思いますので、これからもよろしくお願いします。

2018/09/23

音楽を聴く方から演奏する方(ジャズではないけど)に徐々にシフト(備忘録)

’09年4月15日-16日(再放送5月29日、6月1日)NHKの「おはよう日本」の「まちかど情報室」で2分ほど放送。
当時おもちゃ会社の友人からおもちゃとの共演シーンの演奏をNHKが撮るということで、約20年ぶりにベースを取り出して練習。活動していたのは’88年ごろまでで、その後1回友人の結婚式に演奏で出たほかは、約20年のブランク。その間全く楽器に触らず。
’13年12月29日。かなり久しぶりにグループAnother Sideとして、スタジオに入ってみる。その後’14年は約2か月に1回スタジオに入ってました。
’15年2月7日(土)新宿のライヴハウス「DREAM STORE」で、知り合いの知り合いが企画した催し「大人の文化祭」に参加して、Another Sideというバンドで3曲演奏しました。久しぶりの初ライヴ。
’15年6月14日(日)麻生音楽祭の「アンサンブルのつどい」にてThe Voicesとして6人バンドとしてはベースで初出演。それまでは’11年から3人アコースティックグループでの出演でした(つまりその前の年までは観客でした)。20分ほど。
’16年3月12日(土)麻生市民館の「Sound&Vision」で、Another Sideとして、プログレとオリジナルの組曲を演奏。10数分の演奏時間。
’16年7月2日(日)麻生音楽祭の「ポピュラーコンサート」でThe Voicesとしてバンド出演。
’17年3月11日(土)麻生市民館の「Sound&Vision」で、Another Sideとして、プログレとオリジナルの組曲を演奏。
’17年6月25日(日)麻生音楽祭の「ポピュラーミュージックショー」でThe Voicesとしてバンド出演。
’17年12月17日(日)三軒茶屋のライヴハウス「Grapefruit Moon」で、Another Side(The Voices)(両方に参加しているので初の単独でのライヴ)。若い時はありましたが、久しぶりの2時間ほどの出演時間はタフでした(笑)。
’18年2月3日(土)新宿のライヴハウス「DREAM STORE」で、知り合いの知り合いが企画した催し「紅白歌合戦」にThe Voicesとしてバンドで30分ゲスト出演。
’18年6月24日(日)麻生音楽祭の「ポピュラーミュージックショー」でThe Voicesとしてバンド出演。
’18年9月1日大阪の中津のVi-codeというライヴハウスで、The Voicesのグループでライヴをやってきました。単独ライヴで、出演時間は3人だけの出演の部分も含めて2時間弱。個人的には初めての遠方への遠征。
’18年12月1日(土)。昨年12月17日にやったようにAnother Side(The Voices)の単独ライヴを某所の某ライヴハウスにて行う予定。出演時間は約2時間ほど。

というわけで、だんだん聴く方から、ジャズではないけど演奏する方へシフトしていってます。一緒にやっている人の中にはこれよりだいぶ多くライヴをこなしている人もいるので、自分も何とかウデをあげて次回以降臨みたいものです。

(追記)ブログの更新が今ちょっと間隔が開いてしまっているのは、個人的な用事もありますが、次のライヴの準備のためでもあります。

2018/09/08

長男のオーディオを空気録音していただきました

昨日の私のブログで、一昨日の長男の来客の後にスピーカーの分解を長男がはじめてしまったわけですが、その長男の来客というのが「sakutaro1969」さんで、そのキーワードでYouTube検索すると出てくる、空気録音(音源をスピーカーから再生して、その音を録ること)では有名な方だそうです。特にフォステクス系のスピーカーが多いようです。

今、その長男のスピーカーの空気録音が少しずつアップされている(今現在、全部で5本)ようですが、けっこうな本数になりそうですね。そこで、まずその前段階の、全体を紹介する動画を作っていただいてます。

字幕のところに、長男を経由して伝言ゲームみたいに私のことを「ECMでは有名なベーシスト」とか、あり得ないことが書かれてあったりしてますが、字幕が直せないということで、訂正の説明文が書いてあります。

「すみません。訂正箇所がございます
http://jazz.txt-nifty.com/kudojazz/
ブロガーさんでありアマチュアのベースをされているという事です
ECMはジャズ聴きの間では有名なレーベルであり
日本人ベーシストは数が極めて少なく非常に敷居が高いという事です....申し訳ございませんでした」

とありますが、ここでも、私は単にECMのCDを収集しているだけということと、ジャズは演奏していない(できない)こと、ECMからアルバムに出演した日本人ベーシストは現段階ではいないということを申し上げておきます。

ただ、空気録音自体は興味深いものであり、全部で何本YouTubeに上がるか分かりませんけど、今後を非常に楽しみにしています。

下記は実際の空気録音をしていただいた音源の例です。

2018/09/07

ブログの更新ちょっとお休み

180906room
昨日長男のオーディオ関係の来客が、12時前から2時間ほどあったので部屋を貸したのですが、そのお客さんが帰ったあと長男がOnkyo Scepter1001の、いったん以前に替えたコンデンサーをまた元に戻すということで、スピーカーを動かしてウーファーを外して修理作業をやってます。彼は今日1日バイトだったのですが、他のスピーカーに接続した配線も外してしまい、うまくつながっているセットがないので、自分で勝手にやると配線間違いの可能性もあって、昨夜聴いて今日の更新というのはパスになってしまいましたし、今日もBGM的に聴こうと思っていたのができませんでした。まあ、急ぐものでもないからいいんですが、部屋の中が雑然としてしまっています。来週あたりいろいろと用があるので、ここ数日は聴くチャンスだったんですけれども、まあ、いいか、といったところです。

彼が帰ってきてからアンプからスピーカーへの配線をつなげてもらったのですが、いつもは聴いているバックロードホーンのすぐ前にScepter 1001を置いてあって、それを前提にバックロードホーンの低音チューニングをしてあったので、それを外して聴いているバックロードホーンの低音が不満で、満足してCDを聴いていられません。もう1台のスワンも今は外してしまってますし。そんなわけで、修理が終わって各スピーカーの位置が元に戻ってからまた新譜聴きををしていきたいと思います。たぶん明日か、明後日までには元に戻るんじゃないかな?

2018/09/03

1日に大阪でライヴをやってきました

180901live3
180901live2
180901live
9月1日(土)の夕方、大阪の中津のVi-codeというライヴハウスで、The Voicesというグループでライヴをやってきました。準備のため、先週ブログの更新が間隔が開いてしまった原因でもあります。私の場合演奏はジャズはできないので、ジャンルとしては、’80年代ニューミュージック系、ということになりますが。

メンバーの中で以前大阪に単身赴任をしていた人がいて、その人のつてでお客さんがある程度集まるので、今回で大阪ライヴは4回目だそうです。以前は3人組のアコースティックグループの演奏でしたが、今回初めての大阪でのフルバンドでのライヴなので、私も大阪初参加することになったというわけ。事前に告知をしなかったのは、ほとんどが内輪というか、メンバーのお知り合いのお客さんだったからです。個人的には近場での仕事が多いので、出張慣れしている他のメンバーとは違い、何と初「のぞみ」、初大阪行きという、人類の化石状態ではありました。

1日は案の定、朝5時に起きてしまい、7時過ぎには家を出て、新幹線に乗り、新大阪で早めの昼食をとったあと、ライヴ会場まで地下鉄駅2つ。12時過ぎについたら、本番が16時からなので、初めて余裕で全曲リハなんてことをやりました。ライヴは、やはり東京とお客さんのノリが違いますね。MCの反応などもけっこうウケてましたし。無事ライヴの方は終わりました。

18時頃撤収して、ホテルにいったん楽器を置き、2軒の飲み会のはしご。2軒目は今回のお客さんを集めるのに尽力してくださったお店なので夜中の12時過ぎまでいました。ホテルに帰ったものの、深酒して布団が違うと寝れなくて、3時間ほどウトウトしたら朝5時半。もう2度寝できる状況にないので、そのまま6時半に朝のバイキングが開いたらすぐ食べて、新大阪発朝7時10分ののぞみで皆より先に帰ってきてしまいました。大阪でできるのも、単身赴任してそのお店と知り合いになったメンバーがいたからこそなんで、また次につなげていく予定のようです。もちろんプロではないので、交通費や宿泊費は自腹なんですけど、こういうライヴができるのもありがたい話だと思います。

2018/08/28

仕事のクラウドのことや、ルーター交換(富士通Si-R G110B)のことあれこれ

180828rooter
仕事ではずっとサーバーを使っていたのですが、自分のところでは小規模だし、クラウドが出るというニュースが出てきたとき、真っ先に飛びついて、サーバーをなくしてしまいました。平成24年の12月のことでした。その時TKCのお客で私のところが神奈川県では一番早く導入しました。その後年月が経ち、つい数か月前に、そのクラウドのソフトというかPC内のシステムを新しいものに統一してもらいました。主な使い勝手は以前と同じですけど、既に数年前に使わなくなったソフトなどもその時削除しています。このヴァージョンアップが、後半書いているDHCPに影響してきます。

そして、昨日、ルーターの交換をしてもらいました。以前のものは富士通のSi-R G100で、今回のが富士通Si -R G110B。あまり変わってないので、保守期間を超えて5年8か月も使ってしまいましたけど、いよいよ不調なので、交換してます。確かにインターネット、クラウド関係のスピードが速くなっていて、ルーター間をつなぐケーブルもカテゴリー6以上を勧められました。ところが、担当者が帰ってその夜に気が付いたのですが、メールの送受信ができなくなっている。慌てて次の日の朝連絡して、またその翌日(今日)にも設定の見直しに来てもらいました。

結果、調べてもらったら、メインで使っているPCのIPアドレスが200番を使っていて、これが今回の設定の範囲外になっているとのこと。そこでエンジニアの方からの提案はDHCPで可変IPアドレスを150番から30個選べるようにするので、メインPCの固定IPも外したらどうかとのこと。最近のクラウド関係のソフトは、無線LANの普及に伴い、そこまで進んでいたのでした。結果としてはこれが大正解で、メールも、全て正常に動くようになりました。他のPCなども、いくつか固定IPを外しました。

しかも、以前、固定IPのルーターの下にルーターをDHCPでぶら下げて使っていたネットワークHDDとSonica DAC(これがDHCPでしか使えない)も同一のルーターの中で操作できるようになり、趣味の方でも一石二鳥でした。まあ、これらの設定は長男に今後やってもらいますけど。ただそれでもSonica DACがDHCPでしか使えないというのは今でも疑問です。もう販売されなくなっているので、仕様変更も無理ですしね。

まあ、ルーターの設置で1回ではうまくいきませんでしたが、それが功を奏して、DHCPでネットワークが使えるという、仕事だけではなくて趣味の方のネットワーク全体にまで、いい影響を及ぼしてくれたと思います。担当の方には2度も足を運んでいただいて感謝です。

2018/08/19

「Stereo」誌9月号に長男とスーパースワンの紹介記事が掲載されました

180818book
昨日8月18日発売の「Stereo」誌9月号21ページに、長男と自作長岡式スピーカーのスーパースワンの記事が掲載されました。7月号でオフ会記事が掲載されたばかりだというのに、そこで取材があった時にスワンがあったので、今回の特集記事に結びついたようです。特集は「今を生きる長岡鉄男流」。

実は取材があった時に私も少し、こういうホームページやブログをやっていて、などと説明やアピールをしたのですが、オーディオ雑誌にはあまり関係が無いらしくて、私のことは記事にはなりませんでした(笑)。まあ、長男がその分主役なので、記事を読んでみて下さい、ということで。

確かに長男は、私よりはだいぶ耳が良いようで、結局私が使っていたオーディオシステムより長男の自作の真空管アンプと自作スピーカーの方がいい音になってきているので、今では私のブログアップ用のシステムも長男のものを使用しています。日々、それに加えて部品を替えたり配置を変えたりして、いい音を目指しているようです、いい音にならないわけがないですよね。そのいいレベルでのどのあたりに彼がいるかは分からないですけれども。長岡式スピーカーを、若い年代の人が作ったのも珍しかったようですね。キットを買ったわけではなくて、板を切るところから大学の旋盤を借りて自分でやってますし。

まあ、これで当分の間はメディアに出るということはないと思いますが、雑誌に2度名前入りで掲載されているので、いい意味での勲章にはなるでしょうね。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 | Criss Cross1051-1100番 | Criss Cross1101-1150番 | Criss Cross1151-1200番 | Criss Cross1201-1250番 | Criss Cross1251-1300番 | Criss Cross1301-1350番 | Criss Cross1351-1400番 | Criss Crossレーベル | ECM1001-1050番 | ECM1051-1100番 | ECM1101-1150番 | ECM1151-1200番 | ECM1201-1250番 | ECM1251-1300番 | ECM1301-1350番 | ECM1351-1400番 | ECM1401-1450番 | ECM1451-1500番 | ECM1501-1550番 | ECM1551-1601番 | ECM1602-1650番 | ECM1651-1701番 | ECM1702-1750番 | ECM1751-1801番 | ECM1802-1851番 | ECM1852-1900番 | ECM1901-1950番 | ECM1951-2000番 | ECM2001-2050番 | ECM2051-2101番 | ECM2102-2150番 | ECM2151-2200番 | ECM2201-2250番 | ECM2251-2300番 | ECM2301-2349番 | ECM2350-2400番 | ECM2401-2450番 | ECM2451-2499番 | ECM2500-2550番 | ECM2551-2600番 | ECM2601-2650番 | ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) | ECM5501番-(音楽DVD)他 | ECM5801番-(ジャズと詩) | ECMレーベル | ECM未分類(雑記含む) | Enjaレーベル | Hatologyレーベル | J-POP | JAPOレーベル | JMTレーベル | Winter&Winterレーベル | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ | クラシック・現代音楽 | ジャズ | パソコン・インターネット | フュージョン・ファンク | ライヴ・コンサート | ロック・ポップス | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 映画音楽・サウンドトラック | 書籍・雑誌 | 楽器 | 澤野工房 | | 音楽

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト