私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2018/01/18

Better By Far/Marc Copland

Marcbetter
このところ仕事が各種飛び込んでくるため、ブログ更新が不規則なんですが、たまたま今日、1週間遅れで海外よりの郵便物(CD)が届いたので、一気に聴いてアップしてしまいました。マーク・コープランドは昔から好きなピアニスト。彼の自己レーベルからの発売で、チェックをし忘れていて、昨年暮れに注文した次第。ホーンが入っていても、このメンバーだと低めの温度感が一体化した感じがあり、やっぱり鉄壁の4人だなあと思わせます。このメンバーでは2作目のリーダー作になります。まあ、こういうちょっと薄暗い系は好き嫌いがあるでしょうけど、気になった方は聴いてみて下さい、ということで。


Better By Far/Marc Copland(P)(Inner Voice Jazz)(輸入盤) - Recorded January 2017. Ralph Alessi(Tp), Drew Gress(B), Joey Baron(Ds) - 1. Day And Night 2. Better By Far 3. MR DJ 4. Gone Now 5. Twister 6. Room Enough For Stars 7. Evidence 8. Dark Message 9. Who Said Swing?

(18/01/18)3、5、9曲目が4人のインプロヴィゼーション、7曲目がセロニアス・モンク作で、他は全曲マーク・コープランド作曲。このメンバーでは2作目で、なかなかいい相性です。1曲目はECM的にはじまると思ったら、温度感はそんなに高くはないけど割と盛り上がってややアップテンポの4ビートで攻めていくので、その点ではある意味動的なサウンドを聴くことができます。その温度感は4人とも統一された意思を持って動いているようで、興味深い。やや激しいような感じでも、薄暮の中を動いている4人。タイトル曲の2曲目も綾織り系でやや地味な感じの曲。3曲目のインプロヴィゼーションはやはりフリーっぽく聴こえますが、なかなかスリリングでもあり、はさみこんでもらうといい感じ。5曲目はモーダルな雰囲気もあります。

2018/01/16

エトレーヌ/情家みえ

Joketrenne
国内盤が1枚届きました。このところ前倒しの繁忙期でなかなかCDを聴く時間がとれないのですが、今日は長男が届いてすぐスピーカーを変えて2回は書けていたので。これはオーディオ評論家が立ち上げたレーベルという事で、実はオーオタ(オーディオオタク)の長男のリクエストです。私も面白いと思いましたけど、長男のツイッターの寸評がけっこう的確ではないかと思い、無断拝借します。「スピーカーによってボーカルの質感、低域の出方がガラッと変わる面白いCD。 本当に編集していないようで、ベース特有の弾いた時のノイズなんかもはっきり入っている。 音はスタジオで空気録音した、というのが近いかな。 オーディオ機器の性質もそうだけどプレイヤーの上手い下手もはっきり出そう。」


エトレーヌ/情家みえ(Vo)(Ultra Art Record)
Etrenne/Mie Joke(Vo)(Ultra Art Record) - Released 2018. Tsuyoshi Yamamoto(P on 1-5), Hiroshi Kagawa(B on 1-5), Toshio Ohsumi(Ds on 1-5), Reiji Asakura(Producer on 1-5), Koji Goto(P on 6-11), Satsuki Kusui(B on 6-11), Akira Yamada(Ds on 6-11), Wataru Hamasaki(Sax, Fl on 6-11), Haruo Ushio(Producer on 6-11) - 1. Cheek To Cheek 2. Moon River 3. I Can't Give You Anything But Love 4. Fly Me To The Moon 5. You Don't Know Me 6. Lipstick On Your Collar 7. Sunny 8. Caravan 9. Can't Take My Eyes Off You 10. Still Crazy After All These Years 11. Waltz For Debby

新旧のスタンダード集。特筆すべきは、オーディオ評論家の潮晴男と麻倉怜士が立ち上げたレーベルという事で、高音質をうたってます。それぞれ6曲目からと5曲目までを分けてプロデュース。今時手直し編集なしの「ワンテイク録音」で勝負という事で、期待値もけっこう上がっていますが、オーディオオタクの長男は、このアルバムで早速それぞれの自作スピーカーの聴き比べをするくらい。音は、メンバーも良いせいか、けっこう音楽的にもいいと思います。自分は音質よりも音楽的にどうか聴くタイプですけど、それも納得。「生成りの素直な音を得るためコンプレッションなどに頼らずにピュアにハイレゾ録音」、とか、「CD媒体は業界最高レベルのUHQCD(CDプレーヤーで再生可能)を採用」、とか、方法もなかなか興味深い。(18年1月17日発売)

2018/01/13

Live '77/John Scofield

Johnlive77
2か月ぶりぐらいに、過去盤聴きを再開します。今度はジョン・スコフィールドのリーダー作を少し飛び飛びに’93年録音のあたりまで12枚。今まで仕事の繁忙期とかライヴとか、長男が自作オーディオが趣味なので音楽を聴く時間がぶつかったりで、毎日更新できませんでしたけど、また1月も後半から繁忙期になるので休み休み聴いていきます。このアルバム、CD化でLPより2曲多く入って、73分もの収録だったんですね。今更ながら気がついたり。もうこの頃から聴けば分かるギター・フレーズを弾きまくっています。私はもう少し遅れてグラマヴィジョン時代に彼を知ったのですが、ハマりこむまで時間はかかりませんでした。


Live '77/John Scofield(G)(Enja) - Recorded November 4, 1977. Richie Beirach(P), George Mraz(B), Joe LaBarbera(Ds) - 1. V. 2. Gray And Visceral 3. Leaving 4. Air Pakistan 5. Jeanie 6. Softly As In A Morning Sunrise

4-5曲目はCDのみに収録。ジョン・スコフィールド初期のグループにリッチー・バイラークが参加しているドイツのミュンヘンでのライヴ。ジョン・スコ作が4曲(1-2、4-5曲目)、バイラーク作が3曲目。2人の個性が強く出ていて、特に6曲目の「朝日のようにさわやかに」における2人の解釈というか演奏は非常に面白い。4ビートなんだけど変則小節らしく、ジョン・スコのギターの個性も出ていて、なかなか面白い1曲目、4分の6拍子でブルースのような気もするけどやはり小節数が変則的な、彼らしい2曲目、バイラークらしい耽美的な出だしにギターの個性が絡んでいき盛り上がる3曲目、ギターの速いフレーズに、アップテンポの4ビートで突き進んでいく4曲目、ギターは彼らしいフレーズだけど、それでもバラードの5曲目。

2018/01/09

Le Long De La Plage/Michel Butor/Marc Copland

Michellelong
Amazonのマーケットプレイス利用でヨーロッパの会社から買ったのですが、12月7日の注文で、26日までの到着予定が今日(1月9日)になってやっと到着しました。クリスマスシーズンの海外からの郵便利用は初めてでしたし、周りを見ても遅配だらけなので、紛失はないだろうと逆に安心してましたけど。ところでこのアルバム、マーク・コープランドのサイド参加作だという事と、メインはフランス語の語り(ヴォーカルではなく)なこと、’11年の録音だったことが分かりました。まあそれでも彼のピアノを聴きたかったので、後悔はしてませんけど。強くは勧めないですが、彼のファン向けという事で。


Le Long De La Plage/Michel Butor(Voice)/Marc Copland(P)(Vision Fugitive)(輸入盤) - Recorded January 18, 2011. - 1. Sotto Voce 2. Air Marin 3. L'ceil De L'oreille 4. Meditation 5. Randonnee I 6. Fenetres Auditives 7. Randonnee II

(18/01/09)全曲Michel Butor作詩、Marc Copland作曲。曲調も温度感が低くて、しっとりした思索的な演奏が続きます。ヴォイスはヴォーカルではなく、フランス語の語りなので意外だったし、聴く人を選ぶかも。ただそれでもコープランドのピアノを聴きたい人は、こういう時にどういう伴奏をつけているのか興味ありそうなところ。相変わらずの彼のペースでピアノを弾いていて、それを聴いているだけでも、十分に癒される感じもするし、落ち着いて聴いていられます。語りに合わせて即興で演奏をしている感じもあるのですが、その辺は全部フランス語のブックレットなので、判別しがたいです。でも、おそらくそうじゃないかと思います。静かな伴奏が続きますが、彼のファンとしては、こういう演奏も違和感なく受け入れられるのでは。

2018/01/03

23ウエスト・バウンド/神保彰

Jimbo23
神保彰の同時2作発売の新譜の2枚目。実はこういうフュージョン・ミュージックを曲ごとに紹介するというのは苦手で、逆に全体像とか背景とかを書いていくことになるんだけど、それはそれでだいたいの説明にはなっているかなと思います。性格の違う2種類のアルバムを同時発売というのは難しいんだと思うのです(しかも短期間で2枚を録音)が、けっこう聴きやすいし、音もいいし、カッコ良く仕上がっていると思います。ドラマーとしてのテクニックよりも、聴いている時の心地よさも追求している、というのか、それもアルバム発売が続いている要因なのかなと思います。それにしてもやはり「アーバン」な音ですね。

(追記1月6日)我が家のオーディオ的には、2枚のうち、こちらの方が音がより心地よく聴こえます。まあ、条件によって変わってくるのでしょうが。


23ウエスト・バウンド/神保彰(Ds)(Electric Bird)
23 West Bound/Akira Jimbo(Ds)(Electric Bird) - Released 2018. Jimmy Haslip(B), Russell Ferrante(P, Key), GUest: Tim Bowman(G on 1, 4) - 1. Mighty Moon 2. Blue Mode 3. Sky Walker 4. West Bound 5. Okey Dokey 6. Tell Me Why 7. Go Cool 8. West Of The Sun 9. Dream Walk

全曲神保彰の作曲、アレンジ、プログラミング。本人いわく、こちらの方は「アーバンアルバム」と言っていますが、他の2人はイエロージャケッツで長くやっていたという新しい顔ぶれで、確かに曲は都会の香りがします。ただ、基本的なメロディは口ずさめるようにスムーズで、分かりやすいところは同じ。過去にもアメリカのラジオ局でリクエストしやすい曲を目指していたことがあったそうですけど、そんな感じ。ドラムスはバカテクを見せるわけではないですけど、その聴きやすい中で存在感があるというか。今回12年間同じメンバーの「サウス」と、新しいメンバーでの「ウエスト」の同時発売で、それぞれの良さや違いを感じることができ、けっこう楽しい。雰囲気は違うけど、曲自体の本質は両方とも同じなんじゃないかという気も。(18年1月1日発売)

2018/01/02

22サウス・バウンド/神保彰

Jimbo22
毎年、新年早々2枚の新譜が届くのを楽しみにしています。今回は届いたのは大晦日だったですけど。それが神保彰の新作。聴きやすいフュージョンアルバムなので、もはや彼のそれぞれのオリジナル・ソロ作のどこがどう違う、というのは表せないし、言うだけ野暮なんだろうなあと思います。それが割と年初のヘビー・ローテーションになっています。今回も、本人はラテンアルバムと書いてますが、洗練されていて、結果的にラテンフレイバーを味わえるという感じ。でもリズムは、自己解説にチャチャチャ、バイヨン、タンゴ(厳密には違うと書いてある)など、やはりラテンなんでしょう。そういう風にとらえなくても気軽に聴けることをねらっているんだと思います。

22サウス・バウンド/神保彰(Ds)(Electric Bird)
22 South Bound/Akira Jimbo(Ds)(Electric Bird) - Released 2018. Abraham Laboriel(B, Vo), Otmaro Ruiz(P, Key, Vo), Guest: Richard Elliot(Ts, Ss on 1, 8) - 1. Island Wind 2. Alalaya 3. Power Of A Smile 4. Dragon Flower 5. Jimboralia 6. Tango Del Sol 7. Pacific Triangle 8. Shake It Out 9. Golden Sunset

全曲神保彰の作曲、アレンジ、プログラミング。おなじみのメンバーに、2曲でサックスのゲストを迎えて、リラックスしつつもノリの良い演奏が繰り広げられます。ここでも、彼の親しみやすいというか、印象に残るメロディが満載のフュージョン。テーマはラテンアルバムとのことだけど、フュージョンのラテンフレーバー、という感じで、ラテンなんだけどそんなに露骨になってないところが彼らしいです。しっかりリズムはラテンしていますけど。2曲目はそれにヴォーカル(コーラス)も加わって、なかなか味があります。作曲の元は口ずさみなのかな、と思えるほどに覚えやすいメロディたち。ハードコアな雰囲気や変拍子色はほぼなく、あくまでも聴きやすさにも重点を置いてあるところなど、この時代逆に潔くていい印象を与えています。(18年1月1日発売)

2017/12/29

Many Lifetimes/Lost Tribe

Lostmany
Lost Tribeのグループ3作目にして最終作。だんだんトンガって来てると思うのは気のせいでしょうか。もちろん静かな曲もありますけど、バリバリとしている曲の方により興味が行ってしまいます。ここではDavid Gilmore(G)が抜けてしまっていますけど、その分アダム・ロジャース色も濃く、これはこれでまた楽しんで聴けますね。このグループのアルバム、前世紀の発売なんですけど、パッと聴かせて最近の録音だよと言っても通ってしまうんじゃないかなあ、と思います。難点はちょっと高くて入手しづらいところでしょうか。中古店なので安いのがあれば、手に取ってみるのもいいのでは、と思います。


Many Lifetimes/Lost Tribe(Arabesque Jazz)(輸入盤・中古) - Recorded April 1997. Adam Rogers(G), David Binney(As), Fima Ephron(B), Ben Perowsky(Ds) - 1. Concentrics 2. Heroes 3. The River 4. Vevasis 5. Calle Siete 6. Kyoto 7. Quartet 8. Jordan 9. Prospice 10. Manticore

(17/12/29)Adam Rogers作が3曲(1、3、10曲目)、Ben Perowsky作が3曲(2、5、9曲目)、David Binney作が2曲(4、7曲目)、Fima Ephron作が2曲(6、8曲目)。David Gilmoreはグループから抜けています。よりマニアックに、よりウネウネと迷宮に入りこんだような硬派なファンクサウンドが魅力。変拍子割合も増えてきたような気も。曲もより先鋭的になっていて、このまま続けばどこへ行ってしまうのかと思うくらいの’98年発売作ですが、ここまでトンガっていいのだろうかと思うサウンドに、思わずニンマリします。それでいてジャズ的な要素も持っていて、2曲目などは何となく横ノリになってしまう部分もあります。静かな3曲目は多少ですが、情緒的。ラストの10曲目はこれでもかとせまってきます。色々な曲が興味深い。

2017/12/26

Soulfish/Lost Tribe

Lostsoul
このグループの2枚目で、何と国内盤の中古が未開封状態で売られていたのを、しかも安価でゲット。ラッキーかもしれません。メンバーがメンバーなだけに、興味のあるアルバムなんですが、やはりできればこれが発売された当時に知って聴いておきたかったなあ、と思います。今からすると、当時はファンクアルバムでラップを乗せる曲があるのは割とありましたけど、やや時代を感じるかなあ。あとは、周りのサウンドとしては満足なんだけど、強力なメロディも乗せてほしいなあ、とも。これは自分がズレはじめているのかもしれないんだけど、まあ、サウンドの塊で強力に聴かせるこういうのもアリかなあ、とも思いますけれど。


Soulfish/Lost Tribe(BMG Victor)(中古盤) - Released 1994. Fima Ephron(B), David Binney(As), David Gilmore(G), Ben Perowsky(Ds), Adam Rogers(G) - 1. Walkabout 2. Whodunit 3. It's Not What It Is 4. Daze Of Ol' 5. Room Of Life 6. Steel Orchards 7. La Fontane (The Fountain) 8. Second Story 9. Planet Rock 10. Fuzzy Logic 11. H

(17/12/26)グループ2枚目のアルバムで、曲はそれぞれのメンバーの作曲ないし共作。1枚目とあまり雰囲気は変わらない気もするけど、ハードコアなファンクなので、結局お気に入りに。2曲目などテンポも切り替わり、いくつもの側面を見せてくれてます。作曲する人によって個性は出ますが、それを寄ってたかって皆で演奏すると、けっこうシリアスな曲ができる可能性が高いです。3曲目もロックかと思うくらいのサウンドで、そこに割と親しみのあるメロディが流れます。売れセンとは対極に位置するため、聴く人を選ぶかもしれませんが、’90年代前半当時に、このメンバーで演奏をしていたという事は、心にとどめておいていいかと思います。4曲目はラップだし、当時はこういうアルバムが多かったな。静かな曲もなかなか。

2017/12/23

"3枚買わなきゃ意味ないね" Manhattan Jazz Quintet Special CD

Mjq3mai
今日、佐川便で、キングレコードからCDが届いたのを見て、はて、何だっけな、と封を切ってみたら数か月前にマンハッタン・ジャズ・クインテットの3か月連続発売のCDの応募特典のスペシャルCDでした。このCD不況の中、国内盤を買う人は何人いるのか、このグループのアルバムを3枚とも買う人は何人いるのか、そしてその中で応募する人の割合は?と考えていくと、受注生産のはずなので、かなりレアな特典盤になることは間違いないんじゃないかと思います。ただ収録時間は6分台なので、もう少し、20分くらいとか、長ければ良かったかなあなんて、タダでもらっているのに贅沢な悩みがあったりして...。


"3枚買わなきゃ意味ないね" Manhattan Jazz Quintet Special CD - Recorded 2016? David Matthews(P) - 1. It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing) 2. Stella By Starlight

(17/12/23)"M"、"J" 、"Q"3枚のCDを買って応募するともらえる、デヴィッド・マシューズ初のソロ・ピアノCD。忘れた頃に届きました。スタンダード2曲で6分台と少なめだけど、内容的にはオマケ的には満足いくと思います。小児マヒで右手が不自由なため、メロディとコンピングが同時にできませんけど、1曲目は絶妙なタイミングで、それを交互に入れて、けっこう元気でいい演奏を聴かせてくれます。2曲目はしっとりとした感じのスタンダードで、静かで荘厳な感じを保ちつつ、華やかな落ち着きというか、そういうものを垣間見せる演奏になっています。応募商品なのでやむを得ないですけれど、できれば20分ぐらいソロの演奏を聴きたかったな、というのが正直なところなんですが。彼の初めてのソロ・ピアノというのも意外。

2017/12/21

失われた部族/ロスト・トライブ

Losttribe
国内廉価盤再発の2日目。今日のグループ、ロスト・トライブは最近になって知って、そのメンバー構成から一度聴いてみたいと思うようになったのですが、つい先日、このグループのファーストが国内廉価盤で出たばかりだったのですね。通常なら中古盤市場でそれなりの価格がついているので、安く(1,080円)新品を入手できてラッキーでした。このグループでは3枚出ていて、2枚目も、うまく国内未開封中古を安くゲットできてます。3枚目が輸入盤しかなく、少し高かったかな。これももうすぐ到着予定。思えば’90年代前半はこういうサウンドの曲、割と聴いてました。その時はこれらメンバーの名前もほとんど分からなかったので、やっと今回巡り合えた、というわけ。


失われた部族/ロスト・トライブ(Sony)
Lost Tribe(Sony) - Recorded 1993. Fima Ephron(B), David Binney(As), David Gilmore(G), Ben Perowsky(Ds), Adam Rogers(G) - 1. Mythology 2. Dick Tracy 3. Procession 4. Letter To The Editor 5. Eargasm 6. Rhinoceros 7. Mofungo 8. Space 9. Four Directions 10. Fool For Thought 11. T.A. The W. (Tender As The Wind) 12. Cause And Effect

プロデュースがウォルター・ベッカーの、当時の先端のファンクアルバム。メンバーそれぞれの作曲で、「とっ散らかった印象」との評も見るけど、ラップや変拍子の曲もあり、いろいろな方向性が詰め込まれてます。ベースはアコースティックとエレクトリック両方で、曲によりM-Baseから派生した感じの超絶技巧ファンクのフレーズやリズムのトンガリ具合が心地よい。メジャーがかかわったマイナーなアルバム。ディープな人向けという事には変わりないですけど、無機的になりそうなフレージングを逆手に取って、どうだ、とのせてしまう技量は大したもの。割とソフトな感じの曲も入っています。今では有名なミュージシャン達だけど、当時は無名だったらしく、それが当時国内盤も発売されていたのに、気が付かなかった原因かも。(17年11月29日発売)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 | Criss Cross1051-1100番 | Criss Cross1101-1150番 | Criss Cross1151-1200番 | Criss Cross1201-1250番 | Criss Cross1251-1300番 | Criss Cross1301-1350番 | Criss Cross1351-1400番 | Criss Crossレーベル | ECM1001-1050番 | ECM1051-1100番 | ECM1101-1150番 | ECM1151-1200番 | ECM1201-1250番 | ECM1251-1300番 | ECM1301-1350番 | ECM1351-1400番 | ECM1401-1450番 | ECM1451-1500番 | ECM1501-1550番 | ECM1551-1601番 | ECM1602-1650番 | ECM1651-1701番 | ECM1702-1750番 | ECM1751-1801番 | ECM1802-1851番 | ECM1852-1900番 | ECM1901-1950番 | ECM1951-2000番 | ECM2001-2050番 | ECM2051-2101番 | ECM2102-2150番 | ECM2151-2200番 | ECM2201-2250番 | ECM2251-2300番 | ECM2301-2349番 | ECM2350-2400番 | ECM2401-2450番 | ECM2451-2499番 | ECM2500-2550番 | ECM2551-2599番 | ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) | ECM5501番-(音楽DVD)他 | ECM5801番-(ジャズと詩) | ECMレーベル | ECM未分類(雑記含む) | Enjaレーベル | Hatologyレーベル | J-POP | JAPOレーベル | JMTレーベル | Winter&Winterレーベル | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ | クラシック・現代音楽 | ジャズ | パソコン・インターネット | フュージョン・ファンク | ライヴ・コンサート | ロック・ポップス | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 映画音楽・サウンドトラック | 書籍・雑誌 | 楽器 | 澤野工房 | | 音楽

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト