私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2017/06/23

クロネコメンバーズに登録してみた

大手通販の運送会社は最近ヤマト運輸になることが多かったので、今までは、それをどうやって受け取るかがカギでした。だいたい配達は午前中だったのだけど、午前中の外出があっても、10時半とか11時に戻ってきても、その後に配達が多かった時は、だいたい無理なく受け取れていました。今の担当者になってから(何人かで交替しているようですが)、9時半から10時に配達になることが多く、外出時間に重なることも多いため悩みのタネでした。家族は外出して、いないか、あるいは大学生の息子たちはまだ寝ている時間の時は、呼び鈴に気付かなかったり。まあ、こちらで再配達を苦にしなければ、なんてことないんだけど、再配達の多さがヤマトで問題化してくると、やっぱり気になります。

ここ1週間ほど、午前中外出の日は少なかったのですが、ちょうど午前中外出する今日に配達予想がありました。そこで慌てて昨日の朝、クロネコメンバーズに加入したわけです。これに入っていると、伝票番号の分かる荷物を事前に配達日時を指定できます。必然的に再配達が少なくなるというわけ。ただ、朝登録手続きをしても、使えるようになるのは夜になってからだったですけど。

まだ今日の荷物が届いてないので何とも言えませんが、ネットで時間を(時に受け取り場所を)指定できるのは便利ですね。ヤマトがこういうの、いちばん進んでいるんじゃないかな。

佐川の方は、4月までの担当者は朝一番で10時前までに持ってきてくれたのですが、その後、担当者が変わって、夜になったり、ここ数回は11時半ごろ持ってきたりといろいろです。佐川の荷物は、事前に番号を教えてくれる取引先ではないので、これは成り行きにまかせるしかないかなあ、と。また佐川の人は、不在通知を入れないで、また改めて来ることが以前あった(インターフォンの履歴にだけ残っていた)ので、問題になったこともありました。まあ、こちらは大手通販を扱わなくなって数年経ちますけど。

2017/06/19

Gooブログの編集画面にログインできず

こちらのメインでやっているブログは@Niftyのココログなので関係ないのですが、知り合いと2人で以前からやっているGooブログの「CDショップ+αのおススメCD日記」というのがあります。私の記事はここからのコピペだし、2人で計月2回しか更新していないから、あまり負担にはなっていないのですが、今年3月の途中から、「編集画面にログイン」が、このパソコンからできなくなっています。インターネット・エクスプローラー、Google Chrome、Firefoxどれでやってもダメ。そのかわり、同じBフレッツ回線に繋いだ他のパソコンからはOKなんです。このパソコンだけWindows8.1で、他のパソコンは皆Windows7、というのと関係があるのかどうか。

あと、使っていないけどGooメールにも入れないし、Gooの星占いも見れなくなってます。こちらはあまり重要性はないですけど。その都度、auの携帯を使って見たり、他のパソコンに繋いで、ブログのデータを(もう一人の人からはメールで原稿が来るため)USBに移行してそれで別パソコンにつないだりと、ちょっと面倒です。他の記事は気がついているのは問題ないです。

先週の金曜あたりからGoo担当のNTTレゾナンスと何度もやり取りしているんだけど、向こうでは現象が出ずに、いろいろ質問や試してくれとの内容が来ても、それに何度も答えても、原因が分らなくて困ってます。向こうでも困っているんだろうなあ。3月の途中からという事で、その頃のWindows Updateが関係しているのかな、と思っても、そうだとすると、ネット上に同じ時期に繋がらないという情報が検索すると出るわけだし。早く解決することを祈ってますが、どうなりますやら。


(6月23日追記)NTTレゾナンスからも、パソコン固有の現象という事でさじを投げられました。PCの復元ポイントは既に3月までさかのぼれないし、このまま他人のPCをお使い下さいって...。以下、返事の引用。

「これまでにお聞かせいただいたエラーメッセージの内容などから、
やはり、通信環境や端末設定等による固有の現象と思われ、
あいにく弊社で原因を特定できない状況です。

すでに行われているかもしれませんが、
キャッシュのクリアやパソコンの再起動をお試しいただいても
解消しない場合は、恐れ入りますが、
閲覧可能なご家族の端末などからご利用いただけますと幸いでございます。

ご要望に沿った回答とならず申し訳ございません。
何とぞご了承くださいますようお願いいたします。

今後ともgooをご愛顧くださいますようよろしくお願いいたします。」

2017/05/24

まだブログがなかった時代のホームページの紹介など

今では出版物でホームページ紹介特集をやっているのはほとんど見かけないけど、’02-03年の、ブログがまだ出てこない時期までは、そういうのもよく見ました。今考えると、検索エンジンもあまりしっかりしていなかった時代なので、本に書いてあるURLを打ち込んで閲覧していたのかなあ、なんてことを想像してます。電話帳みたいな、URL集も出版されていた時代でしたからね。

ジャズの分野では、スウィングジャーナルが増刊号でちょっと1回ぐらいそういうことをやったけど、後はネット媒体は無視でした。後にライバルの媒体になっていくのが分っていたのでしょうか。結局’10年7月号をもって発行が終了してます。

自分の場合、ジャズのホームページが直接紹介されるより、まず仕事のホームページの方から取材が入って取り上げられた時に、ジャズのホームページもついでに紹介されるという事の方が多かったのですが、ほとんどの紹介が、まだプロバイダーが@ニフティではなくて、インフォペッパーの時代のURLでした。ニフティでも昨年1回アドレスが変わっているので、前の前のアドレスですね。’02年10月にニフティに引っ越ししてます。

ジャズの紹介文というのは少ないんだけど、手元に2つあります。ちょっと紹介文を引用しますけど、引用の範囲を超えているかもですね。また、当時の読者のネットに求める水準は、だいぶ低かったことも考慮に入れておいてください。ホームページのデータ量は、この当時と比べると、3-4倍にはなっていると思いますが、ブログ時代になって、アクセス数(特にトップページ)は激減してます。

まず、’02年10月発行の「レコードマップ2003」。直後にURL移転をしたので、イタかったです。当時、「ゴールドディスクを斬る」という5人での共同企画もやりましたねえ。

「膨大でていねいなレビュー数は、ジャズの愛情あればこそ。評価基準が明確なので、CD購入の参考にもなる。「ゴールドディスクを斬る」では独断と偏見にあふれて評判の高いアルバムを刺激的に解説する。」

そして、異色ですが「経済界」(’03年2月発行)。当時は「インプレッションズ」という日記も書いてました。後に独立したブログになって、その後メインブログに併合されて日記的なものはたまに書くだけで、ほぼ消滅してしまいましたけど。

「よくぞこれだけ!膨大なCD評が圧巻 - ジャズCDの個人コメント集。写真などビジュアル要素を排し、文字データで勝負。膨大なCD数は圧巻。曲目、演奏者、録音年などもしっかり掲載している。ジャズ日記とも言うべき「インプレッションズ」はほぼ毎日更新。」

だいたい’02年を境に、私は(特に仕事方面)出版物からほぼ姿を消しますが、この頃から取材ビジネスが流行りだし、取材して雑誌やネットに掲載してあげるかわり、お金(掲載料)を払え、という構図になってきたからと、ホームページ自体が増えてきて埋もれてきたという事もあります。まあ、掲載されてもホームページのアクセス数が爆発的に伸びたという事もなかったですが。


(追記)次のCDが到着するまで、昔の検索エンジンとかモデムでのネット接続とか、’96-97年あたりの回顧録的な話題を書こうと思っていたのですが、検索するとその内容とか歴史とか、非常に詳しいサイトがあったりします。こういうのはあえて私が書かない方がいいですね(笑)。

2017/05/21

ホームページ初期からの音楽サイト(ブログ)の功罪

自分が音楽ホームページをはじめたのが’97年9月(一般の個人がホームページをはじめだしたのは’96年ごろかな?)、分家してブログでもはじめたのが’04年5月(ネットでブログというものがはじまったのは’03年のこと)でした。かなり早い時期からネットに関わっていたわけです。

ホームページの数が圧倒的に少なかった当時は、存在するだけで注目をされたということもありますが、そこでやり始めたのは、自分の場合、ライナー的なバイオとか他の作品との関連は無視して、とにかく、アルバム単位で聴いたままの感想(アルバムコメントと自分では言ってますが)を書いていくことでした。それを積み重ねていって、ミュージシャンないしレーベルを浮き上がらせていく手法です。人によってはそれがニュートラルな視点とか、おほめの言葉をいただいてますけど。その印象を書いていくという手法、自分が始めたのか、当時の周囲もそうだったのかまでは分かりませんが(たぶんこっち)、後発組に影響を与えてしまいました。今でも読み物としてしっかりとしたホームページとかブログが少ないのはそのせいではないかと。でも無料で公開している趣味なのと、有料の出版物と無料のネットの性格上の違いを考えると、当然こういう方向になってくるんではないかと思いますけど。ネットで長文は読みづらいですし。

そう言えば、ブログをはじめた頃にアルバムコメントを掲載していたら、ある人から「ブログは日常を書くところで、アルバム評的なことはホームページでやるもんだ」と言われたこともありましたが、それも昔の話。これまた後発組に影響を与えてしまったのかどうか。

現在、ネットである程度有名な人が出版物で成功している人がほとんどいないのは、そのネットでの手法を身につけてしまっていて、原稿の方も、不具合があった都度、アップしてから何度でも書き直せる、という事に慣れてしまっているからではないかと思います。ネットである程度手ごたえあるけど、次は出版物、という考えのある人もほとんどいないだろうし。まあ、ジャズ批評誌のように、アマチュアに原稿料無料で書かせているのは、話が別ですが。

最近はプロの方からの、ネットへのアプローチも割と盛んになってきて、読み物として読みたい場合はそちらへ、っていうすみ分けはできてきてるんじゃないかと思います。逆に、アマチュアと差別化できないプロは淘汰されていくわけで。

このアルバムがどんな内容なのか、いいのか悪いのか、とか、そう言う点では、僕らのやっていることは無料で手軽で便利ですが、より深く体系的に、となると、今でも出版物(こちらに迎合している一部を除く)か一部のサイト(ブログ)という事にもなってくるのでしょうね。うまく使い分けたいものです。

2017/05/05

SNSその他の自分の使い方

今はいろいろなSNSがあって、自分でも手をつけてみるものの、手を広げすぎて手がつかなくなってしまったり、逆にそこまで手をつけないでもいいか、と思うようにもなってしまいました。日常生活もあるのに、ホームページやブログ作成で忙しい、というのもあります。

まず、LINEですが、一定の知り合いとたまに連絡する以外は、家族への連絡専用としています。これに関わり合うと煩わしい、という面もあるためです。

Mixiは、’04年に入りましたけど、もう脱退するかどうか、と思いつつも踏みとどまっている段階。10年ほど前は非常に活発だったのになあ、と思います。自分がコンテンツを作ってしまったコミュニティがひとつあって、それと、Facebookに比べて、日記の一覧性が良く、自分の購入したCDのメモ代わりに使っています。全盛期には100人以上の友人がいましたが、もはやアクティヴにやり取りしている人が数人しかいません。

YouTubeは、自分や友人の演奏した動画や音源を若い時のものを中心に、最近のも少しアップしている状態で、これもあまりアクティヴではありません。7年かけてやっと再生回数が2万回を超えた程度です。

Twitter、これも最初は試行錯誤でいろいろつぶやいてみましたが、自分とあまり合わず、今ではブログの更新通知状態になってしまってます。フォローしてくれている人も割といらっしゃるのですけど、発信はブログ上でやってしまっていることが多いので、タイムラインも全部に目を通せている状況ではなくて、申し訳なく思ってます。

今SNSのメインはFacebookというところでしょうか。でも積極的には友人を増やしたりはしていませんし、リアルな友人と、一部ジャズ関係の友人との付き合い、そしてお店とか、ミュージシャン関係の情報収集用っていう感じになっています。

インスタグラムとかは、興味はあるけど、手をあまり広げたくないので、様子見ってところです。Google+は登録をしてみたというだけ。何だかんだ、今でもホームページとブログを中心にまわっているような気がします。

2017/04/01

ホームページが19年半を超えました

実は今日で、仕事を独立してからちょうど20年になります。その数日後には次男も生まれて慌ただしかった記憶があります。当時の手帳がまだ残っていて、そこにスケジュールが書いてありますが、意外なことに雑用的なことで割と忙しく動いてました。ただ、お客さんはほぼゼロからのスタートだったので、その後生活がちゃんと成り立つようになったのは2-3年経ってからだったように記憶しています。

その年(’97年)の夏に時間を1週間ほどまとめて作って、ホームページの作成に費やしました。まずは仕事のホームページ。これを1週間近く四苦八苦しながら、とりあえず何とか数ページを形にしてアップしたのが8月22日のこと。もうHTMLタグ打ちの時代ではなくて、ホームページ作成ソフトは出ていたものの、今と比べるとだいぶ不便なものでした。確かアップロードするのには、別にFTPソフトが必要だったような気がします。当時の参考書にも、まずはアップして、それから内容は広げていければいい、というようなことが書いてあったし、とりあえずは立ち上げてしまおうと。この時期、まだホームページの総数はかなり少なかったように思います。でもこれによって、あちこちから取材の依頼やコラムの依頼など、その後数年間はそういう事が多かったというメリットもありました。

そして、当初仕事のホームページの一部で、買ったジャズのCDの紹介をはじめていて、それを分離独立させて「ジャズCDの個人ページ」というホームページをアップしたのが9月30日のこと。これまたアップの時に苦労してますが、仕事のホームページで1回やっているので何とかなりました。このホームページ、トップページのデザインは1度変えてますが、各ページは昔のままです。デザイン的に凝ろうと思えばできましたけど、何よりも、データを増やすときに簡単に拡張できるデザインを選んでいます。

あれから19年半経ってしまったか、というのが実感ですが、よく続いたなあと思います。人間は興味が移りやすい生き物なので、飽きたら更新停止とか、削除とか、そういう可能性もありますしね。アルバムのコメント形式も、多少は変わってますけど、基本的には長さを同じにして、というあたりはずっと続けてますし。

仕事のホームページはデザインも古いし、独自ドメインではないですが、ホームページ経由でお客さんが入ってきたのは平成10年代前半あたりまで。その後は同業者のホームページが乱立しはじめ、電話帳状態になってしまったので、引き合いは知り合いを介してなどが中心になってきました。あえて今力を入れる理由もないですね。

また20年目(9月末)になると、同じようなことを書いてしまうんだろうなあ、と思うのですが、その時も続けて更新しているだろうか、という不安もあります(笑)。ただ、当時のこういうことを知る人は本当に少なくなってますよね。

2017/02/24

ホームページ黎明期からの書籍・雑誌媒体との関わり

先日車雑誌(車雑誌としてははじめて)の取材依頼が実に久しぶりにあったけど、ホームページ黎明期の’97年8月から開設していると、いろいろな取材やコラム執筆依頼が当時舞い込んだ。やはりホームページ自体が珍しいというところから、こういうことがあったんだと思います。20世紀は私のところはインターネットやモバイルでは小さい事務所としてはすすんでいた事務所でしたが、今では小規模な1人でやっている普通の事務所で、その後事務所関係の取材依頼はたまに来ても断っているという事もありますが。こういう掲載でもお知り合いが増えました。

「マネージメントデータバンク」98年1月号(マネージメント・データバンク株式会社)で 仕事のホームページの紹介文が掲載。 まだホームページのアクセス数が500以下だった頃のこと。

「月刊税理」99年1月号(株式会社ぎょうせい)の「税理士の休日」というコラムに「ジャズとインターネット」というタイトルで1ページほど原稿を書きました。 趣味のことを書くのは筆がはかどります。

「日経ゼロワン」99年8月号(日経ホーム出版社)の特集「私のインターネット活用術 第5回」で、私と事務所の記事が掲載されました。 モバイルが中心の内容でした。

「Z-Press」(S1、S2、S3コース)(株式会社増進会出版社(通称Z会))2000年7月号の「職業人インタビュー」 という特集で、私と事務所の記事が掲載されました。中学生向けの職業紹介のページです。

「月刊SOHOコンピューティング」98年4月号(株式会社サイビズ)と2001年1月号で、私と事務所の記事が掲載されました。 当時は2度も取材されるとは、思ってもみませんでした。

「インターネットでお店やろうよ」(アスキー刊)2001年2月号で、第2特集「はじめての確定申告&売り上げ管理」の監修をしました。 25ページの特集。年末調整の時期と重なって、原稿チェックが大変でした。

「旬刊速報税理」2001年10月11日号(株式会社ぎょうせい)の「事務所経営ひと工夫」という特集で、私と事務所の記事が掲載されました。こちらもモバイルやパソコンなどIT関連が中心の内容でした。

「月刊シリエズ」((株)アックスコンサルティング 旧(株)シリエズ総研)2002年3月号の「ケーススタディ(2)電話」で、事務所と私の紹介記事が掲載されました。内容はナンバーディスプレイ、電話転送、携帯電話の活用などです。

「月刊SOHOドメイン(旧誌名:SOHOコンピューティング )」(株式会社サイビズ)2000年1月号-3月号と、5月号、9-11月号 、2001年8-9月号、2002年1-2、7-9月号、2003年7、10、12月号、2004年7-8月号で、800-1000字ほどのコラムを書きました。

ここからはジャズのホームページ。

’02年10月「レコードマップ2003」(学陽書房)音楽関係の本ではじめて1/6ページの大きさで掲載されました。

’03年2月「経済界」3月11日号((株)経済界)何だかジャンル的に異色なのですが、掲載。SITE SEEINGという特集。

’06年10月「ジャズ批評134号」(ジャズ批評社)「私の好きなジャズ・レコード」依頼原稿だけど読者投稿欄に(誤植だらけ)
これが雑誌媒体との距離を保つきっかけとなってしまう。

’10年7月「ECM catalog」(河出書房新社)トップページのURLがコラム「深い森の人々」に掲載される。(追記)現在はホームページが移転してしまいましたが。

それと、’00年前後まで、昔は電話帳みたいな、ホームページのアドレス集などが何回も発売されていて、それにも事務所もジャズのホームページも両方載り続けてました。今では考えられない本ですが、これも時代を感じますね。

2017/02/06

以前と今のTwitter検索の違い

最近忙しかったり、少し体調を崩したりして、しかも手元に新譜がないのでブログ更新が数日間あいてしまいました。

タイトルはTwitterのことなんですが、私、やっている割には、200人足らずしかフォローしていないのに、一部しか見切れていないんですね。そんなに頻度も見てないし。私もほとんどつぶやかないので、基本、私からのブログの更新通知のようなものです。ただ、以前はある程度、自分のブログやホームページがどういう見方をされているかが分かったので、そういう検索もしていた時期がありました。

以前は、例えばホームページやブログアドレスの一部「kudojazz」でTwitter検索すると、そこにリンクを張ったものの一覧が検索で分かりました。いい意味で書かれている場合が多かったですけど、一部には批判もあったりして。今はこういうリンクのアドレスを入れての検索ができなくなってしまいました。また、「ジャズCDの個人」という、ホームページ名やブログ名の一部で検索をすると、その一覧も出てきたりしてました。今は検索のアルゴリズムが変わって、同じ検索をしても、文言の中に「ジャズ」とか「CD」とかが入っている関係ない文章がけっこう引っ掛かってきて、これもあまり役に立たなくなりました。やはり書いている人を守る方向に行っているのかな? 余計にTwitterを見る方から、遠ざかってしまう結果に。

Twitterではないけれど、他に検索エンジンなんかもSSL化が進んで、どういう用語で検索してきたかがほとんど分らなくなってしまってますし、逆の方向で利用する人には不便な感じにはなっています。無用なやり方はするな、ってことでしょうけれども、あまり面白くはなくなってきています。

2016/12/25

Google検索に続きYahoo検索でもSSL化(検索ワードが取得できなくなる)

しばらく前にGoogle検索がSSL化されて、ブログ運営者にとってアクセス解析で検索ワードが見れなくなってしまいましたが、まだYahoo検索は見れていたので、それが参考になってました。ところがこの8月から順次Yahoo検索でもSSL化されたようで、特にここ1-2週間で一気に検索ワードがほとんど見れなくなってしまいました。商用サイトではないので、検索ワードで売り上げに一喜一憂するほどのことはなく、次に何を書くかなど参考にするか、あるいはその時期の自ブログのトレンドワードは何か、なんてことを興味本位で見ていただけですが。

GoogleとYahooで、私のところの場合検索されるほとんどの割合を占めているので、アクセス解析で検索ワードの分析ができなくなったのは確かなんで、まあ、ちょっとは困ったかなあ、というところです。少し前に、自ブログの検索ワードの順位も公表するのをやめてしまったので、対外的には影響はないんでしょうけれども。でも、ブログ運営者側にとってみれば、こういうのも知りたかったなあ、と思うわけです。やむを得ないですけれどもね。ホームページの方は、あまり役に立たないホームページビルダー付属のアクセス解析は外してしまって正解だったかな、とも思いますし。

まだどこのページに何回アクセスがあったかとか、その他のことは解析できるんで、ログもあるし、その中でやっていくしかないですけどね、少しつまらなくなったなあ、というのが本音です。今頃商用サイトの人たちは青くなっているでしょうけれども。

2016/11/27

Surface Pro 2がLinuxになって復活

161126pc
次男のSurface Pro 2が壊れて起動しなくなった件ですが、結局、マイクロソフトは修理見積もりなんてやらなくて、ネットに情報を書き込むと、はい、保証期間外なので交換で7万弱、と出て来るし、保証期間外なので電話相談も1万円ね、なんて出て来るし、日本のアフターサービス体制になじまないという事で、もうマイクロソフトに任せるのは、長男も私も頭にきてやめました。

そんなSurface Pro 2でしたが、長男の情報系の後輩の力で、PCの中身を書き直してもらって、ゲームが動くようになりました。と言っても、結果的にWindowsではなくてLinuxなんですけどね。メールソフトもサンダーバードというのを使ってPCメールができるようになったし、キーボードも使いづらいペラペラのものから変更。WiFiも当然できます。まあ、オフィスが使えなくなったのは難点ではありますが(互換ソフトはあるけど、学校に提出するものがある時はちょっと)、そういう場合は私のノートパソコンを、そんなに使用頻度が高くないので貸すことにしました。しばらく次男にはWindowsパソコンのない日が続きますので、次男がこれで満足するかどうかは分かりません。冬休みにバイトしろとは言ってあるのですけど。長男も一定のLinuxの設定ができるようで、いつの間に覚えたんだろうと思います。

こういう時はやはり友人の広さと深い付き合いですね。特に理工系は面白い。その結果がこれ、という事も出来ますけど。普通なら、あきらめて高い修理に出すか、すぐ新品を買い替えになりますもんね。

(28日追記)コメントをいただき、これだけ動くのだったらWindows10を購入して入れれば入るのでは、というご意見でしたが、長男に聞いたら、4通りの方法でWindows10のインストールを試みたけどダメだったらしいです。軽いLinuxだったら、というのはあるのかもしれませんね。ブートローダーいじってみる?と言われてしまいました(なんだそれ?)。

(’17年6月20日追記)数か月前にまた友人の力を借りてWindows10としてそれから再び使えるようになりました。どうやったのかは知りません。Office2013を、今日になってやっと再登録して、これも使えるようにしました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト