Twitter

無料ブログはココログ

カテゴリー「パソコン・インターネット」の104件の記事

2019/03/02

ココログが3月19日にリニューアル予定と、他のニュース

私は’04年の5月からココログを使っていましたが、細かいリニューアルはあっても、基本的に操作画面は同じ感じで、当時とは大きく変わったというのはアクセス解析のところくらいかなあ、と思います。今度はココログができて以来の大改修になる予定だそうで、管理画面も変わって使い勝手がどうなるのか、気になるところではありますね。

「ココログ」全面リニューアルのお知らせ(2019/3/19)

個人的には、トラックバックがなくなるのは、周りのブログとコミュニケーションをとるにはイタいですが、後日https対応にもなるようだし、今回の改修を前向きに受け止めてみたいと思います。管理画面は使い勝手が慣れるまでは文章にも影響するので、早く新しい画面を見てみたいという気持ちもあります。まあ、3月19日を楽しみにしています。


他のニュースでは、この3月から4月頭にかけて、ネットではいろいろ終了するものもあるようで、まずホームページではYahooジオシティーズの終了が、ホームページ数から言っても、大きいんじゃないかと思います。SNSではGoogle+も終わってしまいますし。はてなダイアリーも終了しますが、これは時期が来ると強制的にはてなブログに移行されるようで、削除はないようです。ただ、あちこちでこういう動きがあると、削除されるまでコンテンツの移行はしない人も多く、これを機会に自分で削除する人も出てきているようです。@niftyのホームページの移転を以前に私、経験してますが(’16年4月)、この時も大半は移行してなかったようでしたし。ネットのコンテンツは時期が来るとなくなってしまうんだなあと、ちょっと前にも書いたことがありました。

個人的には「えきから時刻表」の終了も影響は大きく、紙の時刻表ライクなこのサイトの代替のサイトはないようなので、不便になります。

昔のホームページでは、まとめサイトやアフィリエイトが主体のサイトはほとんどなくて、ニッチなところをけっこう掘り下げている、ある意味マニアックなサイトもあったので、それらの多くが消えて行ってしまうのは残念ですね。反面、自分の暗黒史が消えると喜んでいる方もいらっしゃるようですけど。

ココログに関しては、とりあえずは3月19日になってから、どうなるかを見てみたいと思います。

(追記)と、この記事を書いているのは2月28日なのですが、追加で大きい終了情報が。何とYahooブログが12月15日で終了のお知らせが飛び込んできました。そろそろブログも終焉に向かっているのか、どうか。ホームページとブログで21年以上やっている私には気になるところです。逆に、こういう時代でココログが大改修して存続の意思を見せているのが頼もしいですが、それも永遠ではないですしね。ブログはずっとあるものという概念を覆されてしまったので、少々今後に警戒気味です。

(追記3月5日)リニューアル後はガラケーでの閲覧ができなくなるようです。時々アクセス解析などにガラケーの訪問が記されているようなので、それが見れなくなるのは残念ですね。

2019/01/16

メインのパソコンからココログへのコメント書き込み送信ができない

私のメインで使っているパソコン、今月7日のコメント書き込みの時までは、ちゃんとココログのコメント書き込みが出来たのですが、10日に書き込もうとしたときに、自分のココログにも相手のココログにも書き込みができなくなっていました。書き込もうとして「送信」をクリックすると「Forbidden You don't have permission to access /t/comments on this server.」というメッセージが出てきます。

この現象、よくあるようで、ココログのQ&Aとかにも書いてあるし、検索してもけっこう出てきます。ただ、こうすれば直るよ、というのは無くて、ココログ運営側のコメントスパムの対策と一体になっているらしくて、ココログに問い合わせて、手作業で解決してもらうしかないようです。そういうわけで何度かメールでやり取りしている最中です。ブラウザを変えたり、ウイルスチェックソフトをオフにしてみたり、いろいろやってみるけど解決には至っていません。

ただ、私のところのパソコンはDHCPという仕組みでルーター以下動いているので、もう一つのノートパソコンでは、IPアドレスが微妙に違うため、書き込みができるのは幸いでした。でも、そのノートパソコン、仕事で持ち歩くためのものなのでいつもはしまってあり、いちいち出すのも面倒です。

どうして書き込みができなくなったのかは不明なんですけど、9日にはWindows Updateがあったし、8日から9日にかけて、長男がひかり電話のルーターの配線をいじって間違えてしまい(WANに差し込まなければならないものをLAN端子に差し込んでしまった)、ひかり電話とFAXが半日ほど使えなくなっていたのも原因になるのかどうか。

以前Gooブログの編集画面への入り込みができなくなった時は、PC固有の現象とGoo運営に決めつけられて(まあ、無料だったので無理は言えないし、2年後に固定IPからDHCPに変更したら直ったので、PC側の問題ともいえる)、偶然に解決するまでに2年を要したし、今回はそんなに長くならないことを祈っています。この時もノートパソコンの方は使えたし、更新は月2回だけだったので何とか続けられました。直るまでは、コメント書き込みは自粛しようかなあと思います。もちろん、書き込んでいただくのは歓迎ですし、ちょっと反応は遅れますがノートパソコンを引っ張り出してお返事しようと思います。

そんなわけで、よろしくお願いします。

(1月24日追記)ココログにコメントが入れられない問題、何とか解消したようです。やはり、運営側が手作業でいろいろやっているようなこと、よそでも推測で書かれてましたが、そのようですね。同じような症状の人は、お問い合わせをかけてみるといいですよ。

「ご申告いただきました、コメント可能なパソコンのIPアドレスとコメント不可であるパソコンのIPアドレスをお調べしたところ、両者ともスパム認定がされていたことが確認できました。スパム性は確認されなかったため、ブロックを解除しております。」ということのようです。

2018/11/15

ネットでのコンテンツの置き場所には期限がある

よく考えてみると、今までの21年間、ネットでのコンテンツ作成に入れ込んで何をやっていたんだろうと思わせる出来事がじわじわと押し寄せてきてます・

’12年に大手インフォシークのホームページが廃止され、’16年にはニフティの旧ホームページ(私のいたところは新アドレスに移転)、そして’19年3月にはYahoo!ジオシティーズとはてなダイアリー(こちらははてなブログに強制移行だそうですが)が廃止になります。他にも中小のホームページサービスは廃止されたところが多いですし。私が’90年代にジャズのホームページで使っていた東芝系のインフォペッパーも、’15年にはホームページ、廃止されてますね。

ニフティの移転の時は新アドレスに移行した人は少なく、総数がそんなに多くないながらもそのまま消えたサイト数は12万とも14万とも言われ、今度もジオシティーズの廃止で400万サイトは消えるんではないかと言われています。個人用で無料のホームページスペースを見つけるのも(プロバイダー付属だとしても)難しくなってきましたね。

今まで自分がもし万が一のことがあったら、そんなに苦もなく長男に託して保存を続けられるとばかり思ってましたけど、50年サイクルでみると、それも難しいですね。やはりWebは一時的なものと見なければ。ホームページを保管しているサーバーが老朽化するのは長くても20年くらいということがはっきりとしてしまったわけで。そしてそこにあるコンテンツはそのハードに依存していると。しかも、今はすでに個人ホームページというものが低調なので、採算もとれてないだろうし。

ブログと違ってホームページはパソコンでデータを作ってます。なので保管は今のところ出来てます。でもそれも、ホームページ需要がなくなると、ホームページ作成ソフトの入手も大変になるわけで、結局は長続きするかどうか。

ジオシティーズの、大半は更新をやめてしまって、いかにも昔のホームページというものも多いですが、だからと言って、それらがなくなってしまうと、当時のネットの文化の状況の確認ができなくなってしまうわけで。こう考えると、モチベーションが前ほどには上がらなくなってしまうのもやむを得ないかな、という気がしています。

ブログも、仕事関連のプロバイダーに置いてあるので、自分が何の準備もできずに急に亡くなったとしたら、その数か月後にはなくなってしまいます。これも長期保存ということを考えると、う~ん、となってしまいます。ココログフリーに移転しても、あそこは更新が1年ないと、削除されてしまうんですよね。


(追記)12月初旬にライヴに出る予定です。2時間ぐらい出ずっぱりなので、ちょっと練習に時間を要し、ブログの更新は一部を除き、12月に入ってからまとめて行います。

2018/10/24

ホームページのアーカイヴ

181024web
先日、「Yahoo!ジオシティーズのホームページが来年3月で廃止になるらしい」というタイトルでブログを書きましたけど、たまちゃんという方が、Internet Archive で、古い私のホームページのリンクを張ってコメントを書いていただいたのですが、このアドレスをスパムと判断して、書き込みのコメントが非公開になっていて、今頃気が付きました。たまちゃんさん、どうもすいませんでした。

その書き込みは、こういうものです。

「旧ニフティのアドレスを覚えていましたので,Internet Archiveでタイムスリップしてみました。

最古のページは16年前のものでした。

https://web.archive.org/web/20021103032605/http://homepage3.nifty.com/kudojazz/

懐かしいです。」

ということで、実は、その前も引っ越しをしていて、アーカイヴを見れます。ニフティの前はインフォペッパーでした。

これが’99年9月のものです。

https://web.archive.org/web/19991001170844/http://club.pep.ne.jp:80/%7Ekudo.kazuyuki/

さらにその前に1回アドレスが変わっているので、’98年1月のものが見れます(写真のもの)。これは今とずいぶん違いますね。

https://web.archive.org/web/19980131054803/http://club.infopepper.or.jp/~kudo.kazuyuki

こうしてみると、’99年ごろには今とあまり変わらない感じになっているのが分かりますね。

2018/10/01

Yahoo!ジオシティーズのホームページが来年3月で廃止になるらしい

ネットの記事で見かけたのだけど、Yahoo!ジオシティーズが来年(’19年)3月でホームページを廃止するらしい。昔はジオシティーズの知り合いのサイトが多くて、今でもいくつかホームページからリンクを張っています。もう放置のサイトが多いので(自分もニフティの移転の時に経験済み)、その多くが移転手続きをせずに消えてなくなってしまうんだろうなあ、と思うと残念。こういう時は運営側で移転用のツールをいろいろ用意してくれているのだけど、もう放置されているので、結局は、ホームページを作った人が何もせずに、ほとんどが消えていく運命にあります。

その記事はこちら。

「Yahoo!ジオシティーズ」来年3月に終了 Webサイト作成サービス、約20年の歴史に幕
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/01/news092.html

ニフティでも、私は旧サイトの廃止により、ニフティ新サイトへの移行を早々とした方ですが、知っている人では、限られた人しか移行せず、残りはそのまま消えて行ったものと思われます。そのために、ニフティの時は、移行期間の延長までやっていたんですけれども。ジオシティーズの場合、無料サイトも多くあったはずなので、たぶん消えていく割合が高いんじゃないかと思います。

だんだん個人サイトというホームページのジャンルが、あちこちでこうしたホームページスペースの廃止によって、細って行くのは残念なんですけど、それよりも、価値があってもなくても、こういう過去の記録がなくなっていってしまうことの方が影響が大きいように感じます。むしろ紙で残しておいた方が、長い目で見れば、文化が後年分かるのかなあと。ネットに上がっているものは、数百年も経ったら何も分からなくなってしまいますもんね。それで後世の研究家が、「この時代には文化は何もなかった」なんて結論付ける日が来るのでしょうかね。ネットに記録を残しておくことの便利さを今まで味わってましたが、これからはそのもろい側面を見なければならないのでしょうね。

2018/09/30

ジャズのホームページが21周年

今日でジャズのホームページ、「ジャズCDの個人ページ」が21周年を迎えました。ここのブログと書いてあることはだいぶ重複しているとはいえ、見に行っていただいている方、どうもありがとうございます。9月30日は毎年ここに似たようなことを書いているので、今回はちょっと別な方面から。

21年も続けていると、ホームページの割と初期の頃も見てますし(当時は内容より、ホームページを作れるスキルのある人が少なかったので、それだけでよかった)、最近は検索すると、「モバイルフレンドリーではありません」とGoogle検索に注記までご丁寧に付くようになり、モバイルから検索すると順位から外れることも増えてきているようです。そのように時代の方も大きく変わってきています。まあ、ホームページの方がデータ倉庫で、ブログがそれを出すところなので、ホームページをモバイル対応にする予定は今のところないんですけど。内容の書き替えや付け足しも多いですし。

私も57歳になっていて、そろそろ終わりに向けての準備のようなものをしておかねば、と思うようになりました。実はこの@niftyのインターネット環境、仕事のインフラの一部を借りてやっているために、私が仕事を辞めたり(って自営業なので定年退職はないんですけど)、突然倒れたり亡くなったりして仕事が継続できなくなった場合、ホームページやブログがその数か月後には消えてしまうんですよね。ホームページの方はデータがパソコンに残っているので、子供たちがどこかにアップし直せばいいんですが、ブログがどうにも厄介です。ココログフリーは、更新を1年しないと記事というかブログ自体が消えてしまう仕組みなので、ずっと残すには役に立たないですしね。まあ、急ぎではないにしても、その方法をゆっくり考えて行こうと思っています。

また、21年も同じことをやっている人の方が珍しく、昔からの知り合いでホームページ(ブログに切り替えた人を含む)で同じことをずっと続けている人はかなり少ないです。人生において興味は移って行くものと思ってますから。私だったらこういう自分と友達にはなりたくない(笑)。まあ、仕事とのバランスと経済的事情がずっと悪くなかったから続けられたというのもありますが。

今、ホームページのアルバムコメントの手直し残り498枚(新譜が多いのとライヴの影響で1か月以上滞ってますが)、これを全部ではないにしても、おおむね終えるのが還暦の頃と予想しています。それが終わったら、まあこれもだいぶ前から言ってますけど、少し更新間隔をあけて、ゆっくりしたいなあ、と考えるようになりました。Webのものは蓄積型なので、情報は残ります。そういうのもアリなんですよね。まあ、何だかんだこういうことを書いていても当面はあまり変わりはないと思いますので、これからもよろしくお願いします。

2018/08/28

仕事のクラウドのことや、ルーター交換(富士通Si-R G110B)のことあれこれ

180828rooter
仕事ではずっとサーバーを使っていたのですが、自分のところでは小規模だし、クラウドが出るというニュースが出てきたとき、真っ先に飛びついて、サーバーをなくしてしまいました。平成24年の12月のことでした。その時TKCのお客で私のところが神奈川県では一番早く導入しました。その後年月が経ち、つい数か月前に、そのクラウドのソフトというかPC内のシステムを新しいものに統一してもらいました。主な使い勝手は以前と同じですけど、既に数年前に使わなくなったソフトなどもその時削除しています。このヴァージョンアップが、後半書いているDHCPに影響してきます。

そして、昨日、ルーターの交換をしてもらいました。以前のものは富士通のSi-R G100で、今回のが富士通Si -R G110B。あまり変わってないので、保守期間を超えて5年8か月も使ってしまいましたけど、いよいよ不調なので、交換してます。確かにインターネット、クラウド関係のスピードが速くなっていて、ルーター間をつなぐケーブルもカテゴリー6以上を勧められました。ところが、担当者が帰ってその夜に気が付いたのですが、メールの送受信ができなくなっている。慌てて次の日の朝連絡して、またその翌日(今日)にも設定の見直しに来てもらいました。

結果、調べてもらったら、メインで使っているPCのIPアドレスが200番を使っていて、これが今回の設定の範囲外になっているとのこと。そこでエンジニアの方からの提案はDHCPで可変IPアドレスを150番から30個選べるようにするので、メインPCの固定IPも外したらどうかとのこと。最近のクラウド関係のソフトは、無線LANの普及に伴い、そこまで進んでいたのでした。結果としてはこれが大正解で、メールも、全て正常に動くようになりました。他のPCなども、いくつか固定IPを外しました。

しかも、以前、固定IPのルーターの下にルーターをDHCPでぶら下げて使っていたネットワークHDDとSonica DAC(これがDHCPでしか使えない)も同一のルーターの中で操作できるようになり、趣味の方でも一石二鳥でした。まあ、これらの設定は長男に今後やってもらいますけど。ただそれでもSonica DACがDHCPでしか使えないというのは今でも疑問です。もう販売されなくなっているので、仕様変更も無理ですしね。

まあ、ルーターの設置で1回ではうまくいきませんでしたが、それが功を奏して、DHCPでネットワークが使えるという、仕事だけではなくて趣味の方のネットワーク全体にまで、いい影響を及ぼしてくれたと思います。担当の方には2度も足を運んでいただいて感謝です。

2017/11/16

ECMがストリーミング配信に進出

ECMがストリーミング配信に進出。TIDALのようなHigh Fidilityをうたっているところとか、Spotify、Apple MusicのようなMP3?音源までいろいろ。本来はCDとかLPがいいんだけど、違法なストリーミングサイトとか、違法ダウンロードとかの対策のためでもあるらしいです。ECM公式の詳細が英語で下記に書いてあります。なんかCDがいらなくなってしまいそう。

https://www.ecmrecords.com/public/docs/ECM_and_Streaming.pdf

私はまだストリーミングをやってないので、やっている人から教えていただいたり、ラインナップを見たりしてますが、いちおう日本のみの販売を含め、CD化されたもの(デジタル音源化されたもの)は網羅しているんじゃないかと思います。情報に修正あったら、ご連絡ください。


(11月17日追記)コメント欄に貴重な情報をいただき、「かなり網羅されていますが,たとえば Keith Jarrett At the Blue Noteなどは全38曲中23曲のみ(?)配信されており,...」とのことでした。別な方のご意見として、調べてもらったら、Spotifyでは(MP3の圧縮音源)23曲、TIDAL(非圧縮音源)では38曲全曲が配信されているという事でした。ちょっとややこしいですが、どうやら、配信の曲数に違うものがあるようです。

2017/09/30

ジャズのホームページが20周年

150929jazzcdno
’97年9月30日にオープンした「ジャズCDの個人ページ」ですが、今日で20周年を迎えました。自分の年齢にして36歳から56歳になるまでの期間なので、人生で一番いい時をジャズ聴きに費やしてしまったかなと思います。まあ、ネットの記録には残っているんで後悔はしていないですけれども。今までで一番長いお休みは、母が亡くなった’14年のことで1か月半ほど(四十九日まで)でした。こういうのって本人にやる気があっても仕事や家庭の事情、あるいは経済的な事情で続けられなくなることも多いので、そういう意味ではラッキーな20年間でもありました。ホームページとブログをCDに関しては更新を連動させているので、ホームページの更新も意外に頻繁です。

レビューや批評になってないという事も時々言われたりしますが、実は自分のための記録と、そしてこれはこういうCDなんだよという事を伝えたい、という思いでやってます。CDを聴いている時間プラスアルファでホームページやブログにアップするための生活の知恵というか、なるべく時間をかけないでホームページ(ブログ)にアップするような仕組みにしたため、ひとりの個人が趣味でやっているジャズのレビューサイトでは日本では掲載枚数が多いサイトのひとつなんじゃないかと思います。内容はともかく。ミュージシャンやレーベルなど、完全ではないものも多いですけど、ECMレーベルやCriss Crossレーベルをほぼ網羅したり、ミュージシャンやグループでも日本でここだけの特集も多いですし。

ただ、今後は新譜は少しずつ減っていくんじゃないかと思います(以前にも何度か書いてますけれども)。ホームページを開設した時に亡くなっていたのは、ビル・エヴァンス(P)とジャコ・パストリアスだけだったのが、このところ、特集しているミュージシャンで亡くなる方が増えていて、ホームページに新しい特集を作ってないので、必然的に追っかけしているミュージシャンの新譜も減ってくるためでもあります。やはり時の流れを感じますね。また、アルバムコメントで’98年以前の短いものを、一部を残して直していきたいこともありますが、これもペースを上げてもあと数年はかかるでしょう。今日現在であと721枚。現実的な数字ですが、まだ多いかなあ。まあ、基本的にはやっていて楽しいという事もありますけど。

いつまで続くかは分かりませんけど、20年続いたんだから、少なくともまだまだやれるんではないかと思います。今しばらくの間、お付き合い願えれば幸いです。20年やってみて、とにかくコツコツ続けていくのがいいんだなあ、と思います。仕事がら、そういうのは好きな方ですし。要は自分が楽しめるかどうかですよね。こんなホームページ(ブログ)ですが、訪問してくださっている方々には感謝してます。今後ともよろしくお願いします。


(10月2日追記)知り合いとやり取りしていて、ネットで活動をしていて最大の収穫は、同好の士のネットの友人がたくさんできたということ、だそうです。ずっとやり取りしている人もいたり、実際に会ったりオフ会をしたりする人もいますが、今は疎遠になっているけど一時期活発にやり取りしていた人もいれば、突然プツっとやり取りがなくなったり消息不明になったり、亡くなったり。でも、その時々において、確かにこれは人生においての財産ですよね。

2017/08/22

仕事のホームページが20周年

今日8月22日で、仕事のホームページが20周年を迎えました。仕事を独立して半年弱のところで、当時(’97年)の8月はあまりにも仕事でやることがないので、お盆の期間中かけて、ホームページのアップのためのトライアンドエラーをしていたことを思い出します。

いまだに独自ドメインでもなく、自作の旧式のホームページですけど。この業界、紹介などの割合が高く、また顧客継続率も顧問契約が多くて高いため、ホームページを外注に出していくら力を入れても、ホームページの少なかった昔ならともかく、あちこちの同業者がホームページを持っている状態では、ホームページ経由の依頼が少なく元が取れないため、予算はなるべくかけないようにしています。比較的近場のお客さんが多くて、同業者も多いため、そんなに遠方の方から依頼が来ないという事もあります。

ホームページ作成業者の人向けに、「あえてレトロな雰囲気で運営してますので、コンタクトしないでください」と書いてあるにもかかわらず、コンタクトしてくる人がいますね。むしろそっちのメールや電話の方が、多いくらいです(笑)。

あとは、ジャズのホームページは9月30日にアップしたので20周年は1か月強先にはなりますけど、当初はこちらの仕事のホームページの一部のコンテンツとしてはじめて、9月30日に分離独立という形をとったので、細かく言ってしまうと、ジャズのホームページも20周年と言えなくもないです。まあ、どっちも元気なうちは続けたいなあ(仕事のホームページはほとんど更新してないですけれど)と思います。

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト