私の運営するホームページ

掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

2017/05/29

慣れということ

26日に出荷期限だったHMVの残り3枚、前日に入荷して26日には出荷かな、と甘い予想をしていたところ、1枚が30日に延期になってしまいました。26日の夕方に2枚の分割出荷指示を行い、これで28日には届くかな、とこれも甘い予想で、何と出荷されたのは3日後の今日。HMVには当日配達はないので、明日の到着という事になります。ただ、ヤマトの宅急便だし、外出時間と重なると不在配達で持ち帰り、さらに到着は夕方あたりまで延びるんじゃないかなあと、ブログ更新の予定が大幅に狂ってしまいました。

昨日、6月25日のライヴ(といっても20分間の持ち時間ですけど)のスタジオ練習で、練習をしました。実は20代の若い時は割と単独ライヴなどもやっていて、若いからコワいもの知らずだったんですが、皆その後はプツっと人前での演奏をほとんどやめてしまい、楽器を全く触らない期間も10年以上あったりしました。一昨年の2月でやっと50歳を過ぎて復帰、今度で復帰後6回目のライヴになります。メンバーのうち1人は、別に5年前から3人組のアコースティックグループを組んでいて、それなりにライヴの回数もこなしているので、そちらで持ち曲で出るときには1回の練習で本番に臨む、という事もできるようになってます。自分も早くその域に達したいけど、なかなかそこまでにはなれません。本番は、お客さんが聴こえている音を、モニターがあってもステージでは聴けないわけだし、失敗しても、それを失敗ととらえない聴き手の在り方もあり、練習は精いっぱいやって、本番はそれで終われば忘れるというか、感想はお客さんにゆだねる。YouTubeの音とも実際の音は違うので、臨場感というよりは記録ですし。要は慣れが必要だとのこと。なるほどなあ、と思いました。

ブログの方も、やっぱりマイペースでいくつも書いていると、自分の色合いというか、出てきますね。ああ、この人が書いたんだなあ、というか。で、書いた後はあまり気にしない。似てるんじゃないかな。これも慣れ、といってもいいのでしょうね。急に文体や構成が変わったりしないというのも、発展はあまりないかもしれないけど、慣れ、ですか。意気込んでも結果はついてくるとは限らないし、気楽にやるのが長続きするコツかなあ、なんてことを考えてます。

2017/05/21

ホームページ初期からの音楽サイト(ブログ)の功罪

自分が音楽ホームページをはじめたのが’97年9月(一般の個人がホームページをはじめだしたのは’96年ごろかな?)、分家してブログでもはじめたのが’04年5月(ネットでブログというものがはじまったのは’03年のこと)でした。かなり早い時期からネットに関わっていたわけです。

ホームページの数が圧倒的に少なかった当時は、存在するだけで注目をされたということもありますが、そこでやり始めたのは、自分の場合、ライナー的なバイオとか他の作品との関連は無視して、とにかく、アルバム単位で聴いたままの感想(アルバムコメントと自分では言ってますが)を書いていくことでした。それを積み重ねていって、ミュージシャンないしレーベルを浮き上がらせていく手法です。人によってはそれがニュートラルな視点とか、おほめの言葉をいただいてますけど。その印象を書いていくという手法、自分が始めたのか、当時の周囲もそうだったのかまでは分かりませんが(たぶんこっち)、後発組に影響を与えてしまいました。今でも読み物としてしっかりとしたホームページとかブログが少ないのはそのせいではないかと。でも無料で公開している趣味なのと、有料の出版物と無料のネットの性格上の違いを考えると、当然こういう方向になってくるんではないかと思いますけど。ネットで長文は読みづらいですし。

そう言えば、ブログをはじめた頃にアルバムコメントを掲載していたら、ある人から「ブログは日常を書くところで、アルバム評的なことはホームページでやるもんだ」と言われたこともありましたが、それも昔の話。これまた後発組に影響を与えてしまったのかどうか。

現在、ネットである程度有名な人が出版物で成功している人がほとんどいないのは、そのネットでの手法を身につけてしまっていて、原稿の方も、不具合があった都度、アップしてから何度でも書き直せる、という事に慣れてしまっているからではないかと思います。ネットである程度手ごたえあるけど、次は出版物、という考えのある人もほとんどいないだろうし。まあ、ジャズ批評誌のように、アマチュアに原稿料無料で書かせているのは、話が別ですが。

最近はプロの方からの、ネットへのアプローチも割と盛んになってきて、読み物として読みたい場合はそちらへ、っていうすみ分けはできてきてるんじゃないかと思います。逆に、アマチュアと差別化できないプロは淘汰されていくわけで。

このアルバムがどんな内容なのか、いいのか悪いのか、とか、そう言う点では、僕らのやっていることは無料で手軽で便利ですが、より深く体系的に、となると、今でも出版物(こちらに迎合している一部を除く)か一部のサイト(ブログ)という事にもなってくるのでしょうね。うまく使い分けたいものです。

2017/04/25

そう言えば、スマートフォンへの対応(今さらながら意識)

今まで自分のブログをほとんどパソコンでしか見てなかったでした。アクセス解析によれば3分の1ほどがスマートフォン経由なので、自分でもスマートフォンで確認すると、ブログの見え方が全然違いますね。もちろん、ココログはスマートフォンに対応しているので問題なく見れてますけれども。ただ、パソコンでは見えている本文の両サイドの部分とかは見えてないわけですね。なので、注意書きなどの表記を少し変えました。

これに対して、ホームページの方はスマートフォンに対応してないですし、ホームページビルダーにはその作成のソフトもついているのですが、何度やってみてもうまくできなくて、トライするのをやめてしまいました。まあ、そちらは今となってはデータ倉庫の役割が強いので、「このページはなるべくパソコンで見てください」とでも書いておこうかしら。仮に対応できたとしても、自由に記事の拡張をしているため、その同期に問題が出てきそうです。

そういう点ではブログは何も考えていなくても対応してくれているので、楽ですね。ちょっと昔に比べて、スマートフォンで訪問される方の割合が増えてますし、今後も増えるでしょうし。でも、自分の意識からずっと外れていたというのは盲点でした。本文では、特にパソコンでないと不具合が生じる書き方はしていないとは思いますけれども。

2017/02/01

ブログが150万ページビュー

ブログが150万ページビューいきました。常連の皆さんも、そうでない方も、アクセスどうもありがとうございます。数年前にGoogleの検索のアルゴリズムが変わり、それ以来アクセス数が半分以下になってしまったので、思ったよりは時間がかかってしまいましたが。

以前はブログは4つあって、ECMブログ(’14年10月にこちらに統合)は30万ページビューを超えていたし、’09年7月に「インプレッションズ」という日記ネタを書くブログ(そちらは4万ページビューくらいだった)も統合してしまっています。アマチュアバンドの音源ブログはYouTubeに直接アクセスする人の割合が高く、アクセスものびないので’14年5月に削除しています。統合の時に、そこまでのアクセス数を加算しておけば、という気持ちもありましたけど、あえてそれはしませんでした。急に30万アクセス分カウンターが加算されるのも不自然ですし。そして、仮に足したとしても、まだまだ私なんかよりページビューが多いジャズブログも多いです。

現在ニフティでやっているブログはここ1つだけですけど、複数のブログを持っているよりは管理がしやすいメリットもあります。ニフティで複数やるより料金的にも安いですしね。書いたエントリー数ももうすぐ4,200ぐらいになりますし、いつまで続くかな、と思います。文章はネット上では長いと読まないでスルーのケースが多いと思うので、短めを心がけています。短すぎて書くことが書ききれないこともありますけど、なるべく詰め込んでしまいます。まあ、最近は詰め込まない普通の文章も増えてきましたけど。

もう更新はゆっくりしたいなあ、とも思いますけど、まだまだやりたいこともあって、当分は更新が立て続けだったり、更新しなかったりの繰り返しになるかもしれません。日本でここだけにしかない特集もあったりするので、これからも気が向いたらお立ち寄りください。今後ともよろしくお願いします。

2016/12/25

Google検索に続きYahoo検索でもSSL化(検索ワードが取得できなくなる)

しばらく前にGoogle検索がSSL化されて、ブログ運営者にとってアクセス解析で検索ワードが見れなくなってしまいましたが、まだYahoo検索は見れていたので、それが参考になってました。ところがこの8月から順次Yahoo検索でもSSL化されたようで、特にここ1-2週間で一気に検索ワードがほとんど見れなくなってしまいました。商用サイトではないので、検索ワードで売り上げに一喜一憂するほどのことはなく、次に何を書くかなど参考にするか、あるいはその時期の自ブログのトレンドワードは何か、なんてことを興味本位で見ていただけですが。

GoogleとYahooで、私のところの場合検索されるほとんどの割合を占めているので、アクセス解析で検索ワードの分析ができなくなったのは確かなんで、まあ、ちょっとは困ったかなあ、というところです。少し前に、自ブログの検索ワードの順位も公表するのをやめてしまったので、対外的には影響はないんでしょうけれども。でも、ブログ運営者側にとってみれば、こういうのも知りたかったなあ、と思うわけです。やむを得ないですけれどもね。ホームページの方は、あまり役に立たないホームページビルダー付属のアクセス解析は外してしまって正解だったかな、とも思いますし。

まだどこのページに何回アクセスがあったかとか、その他のことは解析できるんで、ログもあるし、その中でやっていくしかないですけどね、少しつまらなくなったなあ、というのが本音です。今頃商用サイトの人たちは青くなっているでしょうけれども。

2016/11/01

写真の表示の統一

以前、4月にホームページを移転した時に、ここに書いてある文章を全部ひっくり返して、ホームページへのリンクを全部変更したことがありました。その時に、今はここのブログに出てくる写真の形式、パソコンで閲覧するとブログに表示された写真をクリックすると、ポップアップして大きくなるのですが、それが’08-09年のあたりで、ポップアップされないような仕様になっていた部分があったことに気がつきました。

そこを昨夜、今と同じ仕様になるように直したというわけ。前回確認していた時はそんなにページ数がなかったような気がしていたけど、それでも180エントリー前後になって、夕食後からはじめて深夜になってしまいました。まあ、写真をクリックしてみようなんて人はそんなにいないだろうし、そのままにしておいてもいいんだけど、何となく統一したかったので。

直した写真と直す前の写真と、同じものがWeb上ににアップされてしまっているけど、ここまで12年半ブログをやってきてもまだ15%台ぐらいの容量しか使っていないので、その重複の削除までは追いかけるのが大変だし、そこのところは目をつぶるとしましょう。

しばらく、CD聴きのブログ更新をお休みしていたのですが、やっと今日あたり2枚届きそうです。

2016/08/04

ブログ夏休みモード

この4月から、JMTレーベル81枚のホームページからのブログ移行もあって、毎日更新、あるいは1日2回更新が続いていたのですが、実はここ数年間は更新間隔があいていて、毎日更新というのは珍しいことになっています。

2年前の8月は、母が亡くなったこともあって、四十九日までの約2か月間、CDに関する更新はストップしていますし、去年の8月は、後半はアルバムコメント手直しで旧作CD聴きが活発にはなっているものの、前半はやはり仕事の繁忙期のせいか毎日更新ではなかったでした。

昨日の分のアップをもって、手持ちCDがなくなった(8月中に到着する予定のCDも少ない)のと、今年8月は例年になく仕事が忙しくなっていて、お盆休みもとらない予定なので、ホームページから移行のアイデアもいくつかあるにしても、あまり時間をかけている余裕がないので、毎日更新にこだわらないで、再びマイペースの更新に戻そうかと考えています。勝手ながらよろしくお願い申し上げます。

2016/06/04

ブログが4千エントリーになりました

この記事でブログが4千エントリーになりました。とはいえ、今までの例から言って、過去のアルバムコメント以外の日記的なエントリーで、記事の陳腐化したものを随時削除したりしていますので、今後もここがちょうど4千エントリー目になるのかどうかという保証はありませんが。

しばらく前にも、ホームページを移転した時にブログ側からひとつひとつ追っかけてホームページへの本文のリンクを差し替えしていたのですが、その時にも日記的なエントリーを20ほど(もっとかな?)削除しています。また、4千エントリーはこれで初めてではなくて、’14年にECMブログを合併した時にいったん4,200エントリーぐらいになっています。ただし、この時もアルバムの重複エントリーを削除していったら、3,600から3,700エントリーあたりにまで減ってしまいました。

最近ここ数年間は、割とゆっくり更新で、仕事その他が忙しい時には更新もまばらになってしまったりしてます。それを4月ごろから、JMTレーベルのホームページの記事をこちらに再掲載するなど、ホームページの内容をブログにどれだけ移せるかを含め、ちょっと実験もしたりして、更新が再び毎日とか、1日2回とかになって今に至ります。今後の更新ペースはどうなるかは分かりません。今現在、アルバムコメントをしたエントリーの数、はっきりとは数えていないですが、3,500前後はあるんじゃないかと思います。ECMなど、それ以前から聴いてきたものもありますし、聴き直しも含めて、ブログをはじめた’04年5月からそれだけ聴いてきたんだなあ、と、ある意味、感慨もありますね。

ホームページをはじめた’97年が30代半ばでした。今はもう50代半ば。歳をとるわけですね。人生の余暇の時間のけっこうな割合をこういうことに使ってきたことの是非は自分でも考えてみなければなりませんが、一定のものをささやかながら残してきた、という自負はあります。よく飽きないなあ、と思います。楽しんで、気楽に聴きながら書く、がモットーでしょうか。基本的にスタイルも変えていないですし。立派なものをと意気込んでしまうと、たぶん続かなかったと思います。

本当は4千エントリーをブログ12周年の5月30日に合わせようとしましたが、ちょっと前のブログのリンク変更の作業をした時のエントリーの削除が多くて、1日に2回アップしても追いつかなくなりました(笑)。まあ、いいか。今後はたぶんもう少しマイペースで更新していくと思いますが、よろしくお願いします。

2015/12/15

今年買ったCDの枚数とかブログの今後の方向性とか

何年も前はECMとかCriss Crossとか、レーベルごと集めていた時代もあって、CDで興味あるものががやたら出た時でもあったので、年間200枚以上買っていた年もあったと思います。その後も160枚前後の年が多かったかな。この頃は、欲しいCDが少なくなったのか、厳選買いをするようになったのか、徐々に減ってくるんですが。今年は12月のCDが不作で、国内廉価盤が1枚届いたほかは、来年まで持ち越しの見込みです。なので、今年の購入枚数をここに書きます。1-12月分。

ECM   53枚
輸入盤  42枚(ECMを除く)
国内盤  16枚(廉価盤を含む)
中古盤   4枚
DVD    1枚(ECMでした)

計    116枚

割と購入を絞ったつもりがECMがここ数年毎年のように大量に出てくるので、100枚割れはなかったですが。来年も絞り気味でいくと思います。ブログもホームページの過去盤でコメント手直しの必要なものがあと855枚までに減ったことだし(重複を考えると600-700枚ぐらい?)、そのうちBill Evans(p)は全部直すつもりはないので、ちょっとそっちの方に軸足を移動して、新譜と旧譜の割合の軌道修正をしようかと思ってます。

新譜と違ってブログにあげた日に反応がドドッと来ることは少ないですが、旧譜もじわじわと後から来るときもあったりします。また、入手困難だと思っていた盤が、割と近くの日に国内廉価盤や輸入盤で再発されているものがあったりして、そういう面からも、アプローチはあってもいいんじゃないかと思います。それによって、ホームページを’99年時点で思い描いていたように完成(?)させる時期もそんなに遠くないんじゃないかと。それでもあと5-6年はかかりそうですけど。

リマスターの買い替えも、昔の紙ジャケ初期にはけっこうやりましたが、最近も気になるものはあるものの、買い替えても何回聴くか、ということを考えると、ムリしなくてもそのまま買い替えなくてもいいんじゃないか、と思えるようになりました。

(追記)ECMで1枚もれていたので、枚数を追加しました。

(追記12月19日)中古盤が届いたので、枚数を追加しました。出たら買え、の鉄則通り、突然の注文でした。

2015/11/01

ECM Blogを統合して1年あまり

昨年10月19日から21日にかけて、ECM Blogをここのメインブログに統合して1年あまり経ちました。独立したブログがなくなってしまったので、ここに掲載されている枚数がどのぐらいか正確に数えるのが大変面倒になったのですけど、ホームページの方でだいたいの枚数を数えてみました。

ECM本編 1,195枚(複数枚のCDも1枚に数える)
SPシリーズ  1枚
詩      1枚
DVD     11枚
JAPO    16枚

番号不明なコンピレーションは含まない数字です。ECM Blogが発売中のECMに追いついたのが’07年9月(CDがほぼそろったのはそれより少し前ですけど)で、その時は814枚との記録があったので、だいぶ増えてますね。ネット上で、少なくとも網羅する競合ができにくいのもうなずけます。これだけあるとECMしか聴けなくなるので、自分はあまり聴いていない、いい聴き手じゃないのも事実で...。

そろそろECM追っかけからは手を引きたいなあ、と思っても、個々のアルバムでは優れたレビューが書いてあるサイトやブログはけっこうあっても、網羅主義の日本のサイト(ブログ)は、知る限り私のところだけなんですね(未CD化作品がないというジレンマはありますが)。まあ、これだけの枚数になると、なかなかそういうことはやりづらい、ということもありますが。私程度の短めのアルバムコメントでも何年もかかってますし。それでも、当時発売されたアナログで網羅していく進行中のブログ「Kanazawa Jazz days」もありますし、ECMの未CD化作品を重点的に掲載しているブログ「SKETCHES OF ISRAEL」もあるようです。

おかげさまで、移転したのも認知されるようになったし、明らかにECMだけをたどっていく方も何人もいらっしゃるようです。もともとは、複数のブログ管理の手間を減らす目的と、月500円ほどのブログのコース料金の負担軽減が目的だったのですが。ただ、他にこういうサイトないしブログが出てきたときは(私のところの引継ぎということではなくて)、スパッと全部追っかけをやめることができればいいなあ、と思います。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

Criss Cross1001-1050番 | Criss Cross1051-1100番 | Criss Cross1101-1150番 | Criss Cross1151-1200番 | Criss Cross1201-1250番 | Criss Cross1251-1300番 | Criss Cross1301-1350番 | Criss Cross1351-1400番 | Criss Crossレーベル | ECM1001-1050番 | ECM1051-1100番 | ECM1101-1150番 | ECM1151-1200番 | ECM1201-1250番 | ECM1251-1300番 | ECM1301-1350番 | ECM1351-1400番 | ECM1401-1450番 | ECM1451-1500番 | ECM1501-1550番 | ECM1551-1601番 | ECM1602-1650番 | ECM1651-1701番 | ECM1702-1750番 | ECM1751-1801番 | ECM1802-1851番 | ECM1852-1900番 | ECM1901-1950番 | ECM1951-2000番 | ECM2001-2050番 | ECM2051-2101番 | ECM2102-2150番 | ECM2151-2200番 | ECM2201-2250番 | ECM2251-2300番 | ECM2301-2349番 | ECM2350-2400番 | ECM2401-2450番 | ECM2451-2499番 | ECM2500-2550番 | ECM2551-2599番 | ECM5001番-(映画・ドキュメンタリーDVD) | ECM5501番-(音楽DVD)他 | ECM5801番-(ジャズと詩) | ECMレーベル | ECM未分類(雑記含む) | Enjaレーベル | Hatologyレーベル | J-POP | JAPOレーベル | JMTレーベル | Winter&Winterレーベル | ウェブログ・ココログ関連 | オーディオ | クラシック・現代音楽 | ジャズ | パソコン・インターネット | フュージョン・ファンク | ライヴ・コンサート | ロック・ポップス | 携帯・デジカメ | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 映画音楽・サウンドトラック | 書籍・雑誌 | 楽器 | 澤野工房 | | 音楽

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMV検索

  • HMV検索
    検索する
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

メールアドレス

友人が運営しているサイト