Twitter

無料ブログはココログ

« Beyond The Borders/Maria Farantouri/Cihan Turkoglu | トップページ | Eternal Voices/Dave Liebman, Richie Beirach »

2019/07/05

La Misteriosa Musica Della Regina Laona/Gianluigi Trovesi/Gianni Coscia

2652 ECMの新譜の2枚目で、このレーベルは一段落。今回のアルバム、けっこう面白かったです。クラリネットとアコーディオンのデュオなんだけど、あまりECMらしくなく、聴いたことのあるメロディが良く出てきます。温度感も温かめで、なかなかいい雰囲気。中くらいの曲と短い曲とが混ざり合っていて、19曲入っている割にはあまり長くは感じませんでした。このデュオ、ECMでは4作目らしいけど、こんな温かい雰囲気だったかなあ、と思います。過去にライナーを書いてくれた小説家のUmberto Ecoに捧げたアルバムで、それにちなんだ曲も入っているとのことなんですけど。面白いアルバムなので、聴く機会があったら、ぜひどうぞ、ということで。

 

La Misteriosa Musica Della Regina Laona/Gianluigi Trovesi(Piccolo Cl, Acl)/Gianni Coscia(Accordion)(ECM 2652)(輸入盤) - Recorded January 2018. - 1. Interlidio 2. Nebjana I 3. Basin Street Blues 4. Nebjana II 5. As Time Goes By 6. Pippo Non Lo Sa 7. Fischia Il Vento 8. Moonlight Serenade 9. In Cersa Di Te 10. Bel Ami 11. Eco 12. EIAR 13. Gragnola 14. Nebjana III 15. Inno Dei Sommergibili 16. Unberto 17. Vlando 18. La Piccinina 19. Moonlight Serenade (Var.)

(19/07/04)小説家のUmberto Ecoに捧げたアルバムとのこと。2人の共作は、2、4、11、13-14、16曲目、Gianni Coscia作が1、17曲目ですがそれ以外にもグレン・ミラー作の「ムーンライト・セレナーデ」があったり、よく聴いたことのあるおなじみの曲も混ざっていて、これはECMではないのではないか、というサウンドで錯覚するかも。この2人ではECMで他に過去3作出していますが、こういうカラフルな感じのアルバムはこれが一番ではないかと思います。クラリネットとアコーディオンという特殊な編成でも、音的な寂しさを感じることがなく、十分に楽しめます。中くらいの曲に短めの曲も混ざっての19曲なので、あっという間にミラーの8曲目までたどり着いてしまいます。その場面展開の早さも小説的かもしれません。

« Beyond The Borders/Maria Farantouri/Cihan Turkoglu | トップページ | Eternal Voices/Dave Liebman, Richie Beirach »

音楽」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

ECM2651-2700番」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Beyond The Borders/Maria Farantouri/Cihan Turkoglu | トップページ | Eternal Voices/Dave Liebman, Richie Beirach »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト