Twitter

無料ブログはココログ

« To Dream The World/Nora York | トップページ | Universal Mind/Richie Beirach & Andy LaVerne »

2019/06/11

Too Grand/Richie Beirach & Andy LaVerne

Richietoogrand リッチー・バイラークの共演・参加作の4日目。今日はスティープル・チェイスから出たアンディ・ラヴァーンとの2台のピアノでの共演盤です。この2人では1年後にまた録音していますけど、やはり相性バツグンですね。これぞレに個性はあるのだけど、大きく見ると似ている感じもあって、かつテクニックもあるので、かなりのまとまりを見せています。収録時間は60分以上あるのですが、長く感じさせず、あれ?もう終わったの?という印象でした。当時はこのレーベルも国内盤でけっこう出ていて、アンディ・ラヴァーン関係だけでも10枚ぐらいは出していたんじゃないかな。いずれにせよ国内盤の全盛期だったからであったアルバムでした。

 

Too Grand/Richie Beirach(P) & Andy LaVerne(P)(Steeple Chase) - Recorded November 1992 - 1. Footprints 2. Nature Boy 3. Moonlight in Vermont 4. So What 5. Zingoro 6. Monk's Dream 7. Milestones 8. In Your Own Sweet Way 9. Passion Dance

2人ともビル・エヴァンス派とも呼ばれる事もあるそうですが、その2人の共演盤。曲によっては、これが2台のピアノかと思えるほどの迫力があります。そして、静かな曲はより渋く静かに唄い上げられています。ジャズメン・オリジナルやスタンダード中心で、彼らの曲はなし。ウェイン・ショーター作曲の1曲目、マイルス・デイヴィス作の4、7曲目、マッコイ・タイナー作の9曲目あたりで、ピアノとしてはけっこうクリアながら、割とハードな印象に仕上げられていると思います。何といっても2人のピアノのコンビネーションはバツグン。何だかんだ言っても、キャラクター的には似ているところがあるのかもしれません。ハードなところはよりハードに、しっとりとくるところはよりしっとりと、ある意味硬質な印象もありながら弾いている感じです。

« To Dream The World/Nora York | トップページ | Universal Mind/Richie Beirach & Andy LaVerne »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« To Dream The World/Nora York | トップページ | Universal Mind/Richie Beirach & Andy LaVerne »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト