Twitter

無料ブログはココログ

« Night Food/Brian Melvin's Night Food | トップページ | 「ECM Blog」がやっと2000番到達 »

2019/05/03

Blackbird/Jaco Pastorius & Rashid Ali

Jacoblackbird ジャコ・パストリアスの4日目。アルバムのクォリティはともかく、当時は国内盤でジャコの名前のあるアルバムはけっこう集めてました(これは’91年発売)から、いろいろ出てきますね。このアルバムでもさすがにジャコで、彼しかこういうフレーズは弾けないと思われる部分はあちこちにあるけど、53分もの収録時間で、時々集中力が切れているような場面があるのが、彼の全盛期を知る身としては少々つらいです。時々、ベースのオーヴァー・ダブ(?)があるかな。ビル・エヴァンスとかだと新しい音源がいろいろ出てますが、外れはほとんど無いですけれども、そういうのは特殊事例で、たいていのミュージシャンは波があると考えるのが自然です。自分の感想はこうですけど、果たして他の方が聴いたらまた変わってくるかも。

 

Blackbird/Jaco Pastorius(B, Vo) & Rashid Ali(Ds)(Timeless) - Recorded December 19, 1984. - 1. Broadway Bluse 2. Slang 3. Purple Haze 4. Fannie Mae 5. Blackbird 6. Donna Lee 7. Cntinuum 8. Naima

ジャコ・パストリアスの曲が2、7曲目で、そのほかにオーネット・コールマン作、ジミ・ヘンドリックス作、ビートルズの曲、チャーリー・パーカー作、ジョン・コルトレーン作など、おなじみの曲が並びます。ドラムスとベースのデュオでCD1枚分持たせてしまうのはすごいことですが、演奏自体の完成度を気にすると、なぜこれがCD化されたのか少々疑問です。ドラムスもベースも荒削り(2人の相性はあまり良くないように思います)で、けっこうハッとするようなフレーズがよく聴いていた曲は出てくるのですが、ジャコは手クセに終始しているような気もして、全盛期を知る身としては聴きとおすのが少々つらい。あくまでもこの時期にこういう記録があったということで、ジャコの音源を追いかけたい方向けか。貴重な音源ではあるのだけど。

« Night Food/Brian Melvin's Night Food | トップページ | 「ECM Blog」がやっと2000番到達 »

音楽」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Night Food/Brian Melvin's Night Food | トップページ | 「ECM Blog」がやっと2000番到達 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

メールアドレス

友人が運営しているサイト