掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 昨日はライヴハウスで演奏してきました | トップページ | 井筒香奈江さんのこと(今年のベスト3にちなんで) »

2018/12/03

Lebroba/Andrew Cyrille

2589
11月末近くなってECMの新譜が1枚届いていて、自分たちのライヴも終わったので聴いてみました。実はアルバムを聴く前にプロデューサーはマンフレート・アイヒャーではなくてSun Chungということは知っていた(彼はアイヒャーの後継者とされる)し、私もフリージャズは割と聴いていて好きな方ではあるのですが、このアルバムを聴いて、アイヒャーのような、何かもう一つのマジックのようなものが足りない、と思いました。果たしてブラインドでそこまで判定できるかどうかは分かりませんけど。せっかくこれだけのメンバーを集めているわけだし。個人的には、アイヒャーが引退した時が、自分のECM追っかけの終わりの時かなあ、と漠然と考えてます。


Lebroba/Andrew Cyrille(Ds)(ECM 2589)(輸入盤) - Recorded July 2017. Wadada Leo Smith(Tp), Bill Frisell(G) - 1. Worried Woman 2. Turiya: Alice Coltrane - Meditations And Dreams: Love 3. Lebroba 4. TGD 5. Pretty Beauty

(18/12/02)3人のインプロヴィゼーションが4曲目、Andrew Cyrille作が3、5曲目、Wadada Leo Smith作が2曲目、ビル・フリゼール作が1曲目。フリー・インプロヴィゼーションに近い語り合い、というような趣きで、静かで少しとっ散らかったようなサウンドが興味深い。それでいて1曲目などは、トランペットのちゃんとしたメロディが浮かぶ部分も多い。小刻みなドラムスと、例によって例のごとくのギターとの組み合わせ。2曲目は何となく愁いのあるアフリカを思い起こすようなサウンドが17分間。こういう演奏もアリだと思いますが、自由過ぎて空間表現の融合が今ひとつのような気も。おおむねゆったりした演奏が続きますが、4曲目のように、やや激しめな曲も。ミキシングで少し抑えている感じ。ここが、と言うのがちょっと難しい。

« 昨日はライヴハウスで演奏してきました | トップページ | 井筒香奈江さんのこと(今年のベスト3にちなんで) »

ECM2551-2600番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/67445369

この記事へのトラックバック一覧です: Lebroba/Andrew Cyrille:

« 昨日はライヴハウスで演奏してきました | トップページ | 井筒香奈江さんのこと(今年のベスト3にちなんで) »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト