Twitter

無料ブログはココログ

« ダイアリー2005-2015~藤井郷子の音楽日記~/山岡優子 | トップページ | ネットでのコンテンツの置き場所には期限がある »

2018/11/14

Natural Impulse/Claudio Scolari, Daniele Cavalca, Simone Scolari

Scolaricavalca
イタリアからのCDです。日本ではCDの発売はないようですが、ストリーミング配信とか、ダウンロードとかでけっこう聴けるようですね(私はストリーミング持っていませんが)。日本は未だにCD大国なんですけど、欧米では、ストリーミングやダウンロードがもっと当たり前になっているので、そういう音楽文化の違いを感じました。ここでの音楽もジャズとファンクとが混ぜ合わさったようなサウンドで、一部、マイルス・デイヴィスやウェザー・リポートなどを想起させる部分もほんの少しありますけど、やはり生楽器と電気楽器が合わさった独自のものです。聴いているとシリアスではありますが、なかなか心地よい感じでもあります。ストリーミングを持っている人は聴いてみてください。参考までに、Amazon Jpでのダウンロードサイトをリンクしておきます。

Link Amazon Japan : https://www.amazon.co.jp/Natural-Impulse-Daniele-Cavalca-Scolari/dp/B0796LSWX8/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1541079156&sr=8-1&keywords=natural+impulse

Natural Impulse/Claudio Scolari(Ds, Per, Synth Prog), Daniele Cavalca(Live Synth, Key, P, Vib, B、Ds on 3, 7-8), Simone Scolari(Tp)(Self-Produced)(輸入盤) - 1. Unknown Destination 2. American Skyscrapers 3. Chasing Inspiration 4. Natural Impulse 5. Moon Mood 6. Dear John 7. Updaown Night Trip 8. Insomnia 9. Over The Horizon 10. South Hemisphere

(18/11/14)全10曲とも3人の共作。1曲目の冒頭は電気楽器も交えてフリーで、そこからドラマチックな展開があって、徐々にファンクミュージックとしての形が見えてきます。ある種エスニックで民族音楽的な部分もあり、またフリーに戻ったり、変幻自在に展開。2曲目以降もアフリカンなパーカッションとトランペット、そしてジャズ(ファンク)の要素が強くて刺激的です。生音のトランペット、ドラムス、パーカッションとそれを囲む電気楽器で、ある意味次世代のジャズはこうなる的な方向性を示しているかも。タイトル曲の4曲目はピアノがメインで、周辺の楽器も比較的控えめ。シンプルな編成でやはりフリー色とファンクの折衷。のどかな曲、割と硬派な曲と曲によって変化がありますが、電気楽器と生楽器の融合が心地良いです。

« ダイアリー2005-2015~藤井郷子の音楽日記~/山岡優子 | トップページ | ネットでのコンテンツの置き場所には期限がある »

音楽」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

フュージョン・ファンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Natural Impulse/Claudio Scolari, Daniele Cavalca, Simone Scolari:

« ダイアリー2005-2015~藤井郷子の音楽日記~/山岡優子 | トップページ | ネットでのコンテンツの置き場所には期限がある »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト