掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Helsinki Songs/Trygve Seim | トップページ | Emanon/Wayne Shorter »

2018/09/15

The Other Side/Tord Gustavsen Trio

2608
ECMレーベル新譜4日目で一段落。ECMはあと4枚HMVには入荷しているのだけど、組み合わせの関係で今月末か来月初旬になりそうです。早く聴きたい。でも、今日のトルド・グスタフセンのように、ECMらしくて、しかも聴きやすいアルバムが出てくれると、割と何度も聴けるので、それもいいかな、と思います。今年は5月からECMが出ないで、このところ急に大量に出てくるので、ちょっとイレギュラーですけどね。北欧関係だと、エレクトロニクスも使いますけど、派手ではなくて溶け込むような感じの使用方法なので、あまり気になりません。人によってはちょっとおとなしいアルバムだな、と思う人もあるかもしれませんけど。


The Other Side/Tord Gustavsen(P, Electronics) Trio(ECM 2608)(輸入盤) - Recorded January 2018. Sigurd Hole(B), Jarle Vespestad(Ds) - 1. The Tunnel 2. Kirken, Den Er Et Gammelt Hus 3. Re-Melt 4. Duality 5. Ingen Vinner Frem Til Den Evige Ro 6. Taste And See 7. Schlafes Bruder 8. Jesu, Meime Freude - Jesus, Det Eneste 9. The Other Side 10. O Traurigkeit 11. Left Over Lullaby No.4 12. Curves

(18/09/14)Ludvig Mathias Lindemen作が2曲目、トラディショナルが5、8(後半)-9曲目、J.S.バッハ作が7ー8(前半)、10曲目で、他はトルド・グスタフセン作曲。他人の曲もアレンジは彼。相変わらず優しいメロディのサウンドが心地よいピアノトリオ。エレクトロニクスも使ってますが、このくらいなら。ゆるい8ビート的になっても、4ビートにはならないところはいつも通り。オリジナル曲とバッハの曲やトラディショナルとの境目もあまりなく、いつもの彼のサウンドとして聴くことができます。ゆったりだけではなくて、ややメロディ的には速めに鍵盤が動く曲はありますが、やはりドリーミングな点は変わらず。ミステリアスな部分や、静かなところにも美を見いだせるのは、さすがという感じの音の出し方です。タイトル曲の9曲目もいい。

« Helsinki Songs/Trygve Seim | トップページ | Emanon/Wayne Shorter »

ECM2601-2650番」カテゴリの記事

ECMレーベル」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

いつもECMの紹介拝見しています
 Tord Gustavsen の深遠であり哲学的でも有り、人間心理の究極の姿を描くが如くの世界は何時も納得のするところです。
 久々のトリオですが、やっぱりいいですね。

>photofloyd(風呂井戸)さん

TBどうもありがとうございます。

個人的にはむしろ分かりやすいピアノ・トリオだなあ、という気もしてますが、この比較的ゆったりした演奏で皆をひきつけてしまうのは大したものだなあ、と思ってしまいます。たぶん今ではECMではなくてはならないピアニストではないかなあ、と思います。

工藤さま、この秋は本当に豊作せすねぇ。
私、豊作貧乏です。って、意味が違うけど。笑

この重みある静謐さとでもいうのでしょうか、、
やはり、一線を画しますね。
ノルウェーのひんやりした空気が流れ込んでくるような静けさ。秋の夜長にぴったり。
そして、3人の相性がとても良いと感じました。

トラバしますね!

>Suzuckさん

TBどうもありがとうございます。

この世界は、やはり彼ならではって感じですよね。もう、ECMに登場して長いですけれども、彼のピアノ・トリオも、時々新譜を出してもらって聴いていたいグループになりました。今回はトラディショナルやバッハがあって新機軸なような気もしています。

工藤さん,こんにちは。TBありがとうございました。

ここのところのECMのリリース・ラッシュは秋の大豊作って感じですが,これも納得の一枚でした。リスナーが期待する音をちゃんと出してくれるところがいいですよね。私は彼の音楽に宗教とのつながりを感じてしまいますが,このピアノ・トリオならば教会で演奏してもしっくりくるかなぁなんて漠然と思っています。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。

>中年音楽狂さん

TBどうもありがとうございます。

今日も4枚のECMを含むCDが出荷されました。これ、届くのが楽しみです。このアルバムはやはりああ、トルド・グスタフセンだと思わせてくれるところへ、バッハやトラディショナル(宗教音楽?)を絡めて来るところなんか、同じことをやっているわけではないということを匂わせておくのが、いいですねえ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/67167806

この記事へのトラックバック一覧です: The Other Side/Tord Gustavsen Trio:

» 久々のトリオで・・・トルド・グスタフセンTord GustavsenTrio「The Other Side」 [灰とダイアモンドと月の裏側の世界]
グスタフセンのピアノが待望のトリオで・・・・・ <Jazz>Tord Gusta [続きを読む]

» ノルウェーの色彩 『The Other Side / Tord Gustavs Trio』 [My Secret Room]
大好きなノルウェーのピアニスト、トルド・グスタフセンがオーソドックスなピアノ・ト [続きを読む]

» Tord Gustavsenによるピアノ・トリオの新作は期待通りの出来。そして彼の信仰心を感じさせる。 [中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar]
The Other Side Tord Gustavsen Trio(ECM) 総帥Manfred Eicherにより,新世代のピアニストも続々と紹介されており,私も結構その世界にはまってはいるが,現 [続きを読む]

« Helsinki Songs/Trygve Seim | トップページ | Emanon/Wayne Shorter »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

メールアドレス

友人が運営しているサイト