掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 9/11p.m. Town Hall | トップページ | Colors/Ornette Coleman + Joachim Kuhn »

2018/08/11

Just Friends/Helen Merrill

Helenjust
ヨアヒム・キューンのアルバムの過去盤聴き3日目。今日はヘレン・メリルのアルバムに、例のトリオでの参加のあるアルバム。メリルもホームページ特集を途中まで作ってやめてしまったのが残念です。豪華な経歴やいろいろなミュージシャンとの録音が残っていて、興味はあったのですが、当時国内制作盤で2枚、廃盤で入手できないのがあり(その後、少し前に入手できましたが)、結局あきらめてしまいました。今日のアルバムは、スタン・ゲッツもけっこういいし、キューンのトリオとの演奏なので、味わいのあるところはあるし、激しい演奏は度肝を抜かれるし、と当時けっこう聴いたものでした。こういうアルバムがあるからジャズはやめられない。


Just Friends/Helen Merrill(Vo)(EmArcy) - Recorded June 11-12, 19, July 5, 1989. Stan Getz(Ts), Joachim Kuhn(P), Torrie Zito(P), Jean-Francois Jenny-Clark(B), Daniel Humair(Ds) - 1. Cavatina 2. It Never Entered My Mind 3. Just Friends 4. It Don't Mean A Thing (If It Ain't Got That Swing) 5. Baby Ain't I Good To You 6. It's Not Easy Being Green 7. If You Go Away 8. Yesterdays 9. Music Maker

主にスタンダード集。ヨアヒム・キューンは1-4、8-9曲目に参加。特にアップテンポの4曲目「スイングしなけりゃ意味ないね」は、キューンだけでなく、スタン・ゲッツも、速い流れるようなフレーズの連発で、ましてやヘレン・メリルのヴォーカルともなれば、一度聴いてみる価値はあると思います。驚きます。ゲッツの歌に絡む様子はなかなかのもの。穏やかなワルツの曲で、ゲッツの歌に寄り添うサックスもいい1曲目、明るめのバラードをしっとりと歌う2曲目、イントロがちょっと変わっているけど、ノリ良く4ビートで歌うタイトル曲の3曲目、渋いミディアムの4ビートとサックスが心地よい、有名な曲の8曲目、丁々発止の勢いのある9曲目。5-7曲目はトリー・ジトーとの落ち着いたバラードのデュオ(7曲目は、サックスも参加)。

« 9/11p.m. Town Hall | トップページ | Colors/Ornette Coleman + Joachim Kuhn »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/67041065

この記事へのトラックバック一覧です: Just Friends/Helen Merrill:

« 9/11p.m. Town Hall | トップページ | Colors/Ornette Coleman + Joachim Kuhn »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト