掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« Hot/The Paul Bley Group | トップページ | Tango's Time/Roberto Gatto »

2018/08/03

Forever Lovers/George Adams=Don Pullen Quartet + John Scofield

Georgeforever
ジョン・スコフィールドのサイド参加作の9日目。今日は凶暴なアルバムです(笑)。ここまでやってくれたら、聴くのに体力はいるけど、発散しますよねえ。暑い夏に余計暑くなるというか。この当時の演奏だからというか、ライヴだからなのか、ちょっとベースの音が好みではないというか痩せている感じなのですが、それを補ってあまりあるエネルギーです。ジョン・スコが参加していないこのグループのアルバムも他に持っていたはずなんだけど、見つかりませんでした。実はこのアルバムも探すのに奥に入ってしまっていて手間取ってますが。久しぶりに聴いたけど、けっこういいなあ、と思いましたです。


Forever Lovers/George Adams(Ts)=Don Pullen(P) Quartet + John Scofield(G) (Timeless) - Recorded April 4-5, 1985. Cameron Brown(B), Dannie Richmond(Ds) - 1. I.J. 2. Flame Games 3. Forever Lovers 4. Song Everlasting 5. Well, I Guess We'll Never Know

ライヴ。1曲目がジョン・スコフィールドの作曲、2-3曲目がジョージ・アダムスの作曲、4-5曲目がドン・ピューレンの作曲。皆で押しまくるゴリゴリジャズです。吠えるサックス、こぶしでゴリゴリ弾くピアノ、唸るギター、というような感じですが、この時期ジョン・スコはファンク系統の演奏が多いのでこうした演奏は貴重かも しれません。4曲目のように割としっとり系のバラード(力が入っていますが)ももちろんあります。1曲目からアップテンポの4ビートで、これでもかというくらいに飛ばすフレーズは聴くのに体力がいるかも。8ビートなんだけど各フロント楽器が斬りこむ2曲目、8分の6拍子でメロディアスなんだけど、ゴリゴリと演奏する3曲目、テーマ部はラテンピート、アドリブはアップテンポの4ビートの明るい感じで進む5曲目。

(注)’98年11月発売の「ライブ・アット・モンマルトル・ウィズ・ジョン・スコフィールド」(Timeless)も同じ音源のようです。

« Hot/The Paul Bley Group | トップページ | Tango's Time/Roberto Gatto »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/67016350

この記事へのトラックバック一覧です: Forever Lovers/George Adams=Don Pullen Quartet + John Scofield:

« Hot/The Paul Bley Group | トップページ | Tango's Time/Roberto Gatto »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

メールアドレス

友人が運営しているサイト