掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« So Near, So Far(Musings For Miles)/Joe Henderson | トップページ | 9/11p.m. Town Hall »

2018/08/09

Creaction/Rolf Kuhn, Chick Corea, Joachim Kuhn

Chickcreac
今日からヨアヒム・キューンのアルバムを14枚((追記)その後重複が見つかり、13枚になりました)、聴いていきたいと思います。先にサイド参加作4枚を聴いていくのがいいかな、と。今日は購入時の邦題では「クリアクション/チック・コリア」とあったので、彼のリーダー作と思っていたら、ジャケットは3人の連名になっているし、’77年録音ではなくて’70年の録音らしいし、ちょっとあいまいな感じの怪しげなアルバムです(笑)。これは、知り合いから情報をいただいていて、可能なところは直しておきました。聴いた感じ、このフリーの傾倒具合などから、私も今では’70年録音説を支持しています。ただ、やはりこの頃のエレキ楽器も導入して、適度な混沌具合、フリー具合から、聴く人を選ぶだろうなあ、とは思いますけど。


Creaction/Rolf Kuhn(Cl), Chick Corea(Key), Joachim Kuhn(P, Org)(Vaan Media) - Recorded 1970. John Surman(Bs, Ss, Key), Alan Skidmore(Ts), Tony Oxley(Ds), Peter Warren(B) - 1. Houndhouse Rock 2. Sad Ballade 3. T.C.B. 4. Going To The Rainbow 5. Racing It Down

ロルフ・キューン作が1、4曲目、ヨアヒム・キューン作が2曲目、アラン・スキッドモア作が3曲目、ジョン・サーマン作が曲目。チック・コリアもヨアヒムもサーマンもピアノやオルガン、エレキ・ピアノで参加していますが、昔懐かしいクロスオーバーっぽい曲から、叙情感あふれる曲、ジャズ的なフリー調の曲まで幅広い感じです。統一性はともかく、よくこのメンバーが集まったものだと思います。ジャズロックの影響を受けつつ、少しストレートに当時の電化ジャズを演奏している1曲目、フリー的なおかずも入ったりして、哀愁のあるバラードの2曲目、アップテンポでアグレッシヴかつモーダルな、時にフリーの雰囲気がカッコよい3曲目、モード調で渋く進んでいく12分台の4曲目、混沌とした感じの強い、かなりフリーな雰囲気の5曲目。

(注)須藤さんからの情報。このアルバムは’77年録音でなくて’70年録音。’70年に発表された"Going To The Rainbow/Rolf Kuhn(Cl) Jazzgroup(MPS)" と同内容とのことです。(01/09/07)

« So Near, So Far(Musings For Miles)/Joe Henderson | トップページ | 9/11p.m. Town Hall »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/67033863

この記事へのトラックバック一覧です: Creaction/Rolf Kuhn, Chick Corea, Joachim Kuhn:

« So Near, So Far(Musings For Miles)/Joe Henderson | トップページ | 9/11p.m. Town Hall »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メールアドレス

友人が運営しているサイト