掲示板

Twitter

無料ブログはココログ

« 「Stereo」誌9月号に長男とスーパースワンの紹介記事が掲載されました | トップページ | Famous Melodies/Joachim Kuhn »

2018/08/20

Carambolage/Joachim Kuhn, Daniel Humair, J. F. Jenny Clark, with WDR Big Band

Joachimcaram
ヨアヒム・キューンのアルバムの過去盤聴きの11日目。やはりトリオのアルバムはいいですけど、今回はそれにWDRビッグ・バンドが共演しています。このビッグ・バンド、私のブログでも検索すると南っ枚か出てきますが、けっこう高度なことをやってくれます。このアルバムも久しぶりに聴いたけど、ここまでやっていたとは思いませんでした。4-5曲目はライヴですが、アルバムとして通しての一体感はあると思います。ビッグ・バンドと演奏していても、曲によってはその変幻自在感、やはり彼らならではのものだなあ、と思います。CMPレーベルが続きましたけど、今回はこのレーベルはここまでです。


Carambolage/Joachim Kuhn(P), Daniel Humair(Ds), J. F. Jenny Clark(B), with WDR Big Band(CMP) - Recorded February, March And September 1991. - 1. Zerkall 2. Carambolage 3. Versage 4. No Mood 5. Para

ヨアヒム・キューン作が4-5曲目、ジェニー・クラークとの共作が1曲目、ユメール作が3曲目。5曲で59分。バックのビッグ・バンドを通常ではなく、トリオの演奏を盛り上げる効果的な使い方をしている感じ。スイングするようなバックではなく、現代音楽的というか、譜面が非常に難しそうです。8ビートでジャズ・ロック的になるも途中から4ビートにもなって変幻自在な1曲目、20分で4部構成(キューン作は1-3部、共作は4部)になる勢いもありフリー的にもなるドラマチックなタイトル曲の2曲目、盛り上がって賑やかな4ビートで進行する3曲目、研ぎ澄まされた美しさのあるバラードもビッグ・バンドがうまく絡む4曲目、フリー調の部分も含め、テンション感あふれる出だしからどっしりしたり4ビートもどんどん変化していく5曲目。

« 「Stereo」誌9月号に長男とスーパースワンの紹介記事が掲載されました | トップページ | Famous Melodies/Joachim Kuhn »

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36193/67060260

この記事へのトラックバック一覧です: Carambolage/Joachim Kuhn, Daniel Humair, J. F. Jenny Clark, with WDR Big Band:

« 「Stereo」誌9月号に長男とスーパースワンの紹介記事が掲載されました | トップページ | Famous Melodies/Joachim Kuhn »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

Amazon検索

HMVへのリンク

  • HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

メールアドレス

友人が運営しているサイト